管理人管理人

256GB、Wi-Fiモデルの価格差は24,000円。この価格差にどれだけの価値を見出すことができるか?当記事では11の違いについて言及し、最終的におすすめの買い物術についてお伝えさせていただきたい。結論はちょっと主題とズレがあるかもしれないが・・・[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


5月29日(金)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年5月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

まず結論

スペックを比較し続けても眠いだけなので、まずは結論から。

おすすめは、iPad Air(2019)!

これが結論。理由については後述していくが、私の結論は揺るぎない。ただし、人によってはiPad Proの方がいい場合もあるのでその点については当記事では触れていきたい。

ちなみに、iPad Air(2019)は6月のWWDCあたりでアップデートされる可能性もある。その点は知っておくべきだろう。

また、発売からある程度時間がかかっているため、Apple製品が最大15%安く手に入る整備済製品としてたまに入荷されることもある。必ずその日の入荷分はチェックしておこう。

→本日の整備済製品入荷分【Apple公式】

では、以下重要なスペックを比較していきたいと思う。

これだけ抑えておけば大丈夫!11の違い

以下の仕様と価格についての違いを抑えておけば、買い物してから後悔するということはほぼあり得ない。逆に言えば、最低限、これだけは知っておこうという意味。

その仕様の違いがこちら。

  • チップ
  • LiDARスキャナ
  • 最大ストレージ量
  • Magic Keyboard, Smart Folio
  • 第二世代Apple Pencil
  • USB-C
  • Liquid Retinaディスプレイ
  • ProMotionテクノロジー
  • 超広角撮影
  • 4Kビデオ撮影
  • ポートレートモード
  • 4スピーカー
  • Face ID

Apple公式サイトの比較ページは要チェック→iPad比較ページ

機能的な面で比較していき、最後には価格差について触れ、「なぜ、iPad Air(2020)の方が買いなのか?という結論をお伝えさせていただきたい。

1、チップ、LiDARスキャナ

・11インチiPad Pro(2020)
A12Z対応
LiDARスキャナ対応

・iPad Air(2019)
A12対応
LiDARスキャナ非対応

チップ性能とLiDARスキャナについてはセットで考えるべきだと思う。なぜなら、現行のアプリではA12Zクラスのチップ性能を使いこなせるものがほとんどないからだ。

一方で、LiDARを活かすようなアプリが出てくれば、A12Zのチップ性能を活かすようなものが出てくるかもしれない。

ちなみに、LiDARとは、

LiDAR(Light Detection and Ranging:光検出と測距)は、光が対象物に到達してから反射して戻るまでの時間を測定して距離を割り出します。NASAが次の火星着陸ミッションで使用する先進的な技術です。そのLiDARを、薄くて軽いiPad Proの中に収めました。
専用に設計されたLiDARスキャナは、ダイレクト・タイムオブフライトという方式を利用して、屋内外で最大5メートル先から反射した光を測定。光子レベルで機能し、ナノ秒のスピードで動作し、拡張現実とその先の可能性を大きく広げます。

と公式サイトでは解説されている。

つまり、物体を3D的に把握して、位置を正確に測れるようになったため、AR系のアプリで効果を発揮する。(ことが期待されている)

ということだ。

まだまだ発展途上の機能ではあるのだが、これからどんどんと進化していけば面白いものになる可能性はある。

そういった「ガジェットの未来」を楽しみたい方はiPad Pro(2020)を選択する価値は十分にあるだろう。

2、最大ストレージ量

・11インチiPad Pro(2020)
1TB

・iPad Air(2019)
256GB

本体にガッツリとデータを保管しておいて、何かしらの作業をiPadでされる方にはこの差は大きいだろう。

ただ、私は個人的には256GBで十分だと思っている。iCloudを使えばほとんどのデータは本体に入れる必要はないわけだし・・・

3、Magic Keyboard, Smart Folio

・11インチiPad Pro(2020)
対応

・iPad Air(2019)
非対応

評価が分かれそうなMagic Keyboardだが、プロモデルのみ対応。使ってみたいという好奇心が抑えられない場合はiPad Proを購入するしかない。

ただ、Magic Kyeboardに関しては無理に買う必要はないと思う。その辺りは以下の記事で私の考えを書いているので参考にしてみてほしい。

購入はおすすめしない。iPad Pro用Magic Keyboardを評価してみた

ノートPCとしてiPad Pro + Magic Keyboardはアリなのか?

4、第二世代Apple Pencil

・11インチiPad Pro(2020)
対応

・iPad Air(2019)
非対応

充電方法が特に素晴らしい第二世代Apple Pencilはプロモデルのみが対応。

使い方も微妙に違う。

私は初代Apple Pencilユーザーで不便はしていないのだが、読者さんにレビューを送っていただいたところいろんなメリットがあることがわかった。

以下の記事は必読。

Apple Pencil (第2世代)のレビューを8名分集めてわかった59のこと

5、USB-C

・11インチiPad Pro(2020)
対応

・iPad Air(2019)
非対応

こちらは充電方式。

iPad Proなら、Mac(ノート型)と同じUSB-Cで充電ができるので、持ち運ぶケーブルが少なくて済むというメリットがある。

6、Liquid Retinaディスプレイ

・11インチiPad Pro(2020)
対応

・iPad Air(2019)
非対応

Liquid Retinaディスプレイはすごく綺麗なディスプレイ。らしい。

ただ・・・個人的には店頭で確認してみても普通のRetinaとの違いがあまり分からなかった。

7、超広角撮影、4Kビデオ撮影、ポートレートモード

・11インチiPad Pro(2020)
対応

・iPad Air(2019)
非対応

iPadをカメラとして使う方がどれくらいいるかは分からないが仕様上、これらの違いはある。

個人的には超広角撮影が羨ましい。

8、4スピーカー

・11インチiPad Pro(2020)
対応

・iPad Air(2019)
非対応(2スピーカー)

もっと大々的に違いをアピールすべきでは?

と思っているのがこのスピーカー機能の違い。4スピーカーになると音の立体感や迫力が一気に増す。

2つスピーカーが加わるだけでこれだけ違いが出るというのは興味深い。

簡単に説明すると、

4スピーカー→Bluetoothスピーカーいらず
2スピーカー→iPhoneと同じくらいのスピーカー性能

という印象。

私は、9.7インチiPad Pro、12.9インチiPad Pro(2017)の2機種で4スピーカーを経験しているが、iPad mini(2019)の2スピーカーを使うのは正直に言ってややストレスを感じる。

当ブログ読者さんたちも同じような感想をコメントしてくださることからも私の体感差だけではないと思う。

9、Face ID

・11インチiPad Pro(2020)
対応

・iPad Air(2019)
非対応

好みが分かれるであろうFace IDの搭載・非搭載。

両者便利な場面と不便な場面があるので、どちらがいいとは言えない。好みによる、としか言えないだろう。

10、ProMotionテクノロジー

・11インチiPad Pro(2020)
対応

・iPad Air(2019)
非対応

両者の機能差で最も重要で、かつ、その性能さが顕著に出るであろう機能がこの「ProMotionテクノロジー」だ。

私は当ブログ上で、新製品が出るたびにProMotionテクノロジーの性能差についてお伝えしまくる「ProMotionテクノロジーおじさん」と化しているが、それだけ重要で、かつ、あまり他メディアが取り上げていない機能なので繰り返しお伝えさせていただきたい。

ProMotionテクノロジーに対応していると、

  • ページのスクロールがスムーズ
  • Apple Pencilの書き心地が滑らか

という2つの大きなメリットがある。

ただ、これらの性能差については体感差がかなり大きい。「決定的な違いを感じる!」という人もいれば、「うーん、言われてみれば確かに?」レベルの人もいる。

実機にて確認してみるべきだろう。

ちなみに私は、ページスクロールのスムーズさはやや感じるが、Apple Pencilの書き心地についてはそれほど気にならない。という印象を持っている。

Apple Pencilの書き心地については以下の2記事を参考にしていただくとより詳細な比較が知れると思う。

Apple Pencil (第2世代)のレビューを8名分集めてわかった59のこと

【レビュー】新型iPad(2018)とiPad ProはApple Pencilの書き心地が違うの?

もし、あなたがPromotionテクノロジーの性能差について気になるなら近くの家電量販店や、Apple Storeで書き比べてみることをおすすめする。

ただし、当ブログに集まるコメントや、Twitterでいただくリプライを見ていると、絵を描く方々は繊細なタッチが必要になるのでPromotionテクノロジー対応のiPad Proを推奨する声が多い。

絵を描く、もしくは、絵を将来的には描いていきたい、と考えている人は11インチiPad Proを検討した方がいいだろう。(サイズ的には12.9インチiPad Proがベターという声も多いが)

11、価格差

・11インチiPad Pro(2020)
Wi-Fiモデル
128GB84,800円(税別)
256GB95,800円(税別)
512GB117,800円(税別)
1TB139,800円(税別)

・iPad Air(2019)
Wi-Fiモデル
64GB54,800円(税別)
256GB71,800円(税別)

両機の価格差をストレージ容量256GBで比較してみると、その価格差は24,000円となる。

11インチiPad Pro(2020)を買うか?iPad Air(2019)を買うかどうかは、突き詰めていけば、この24,000円の価値を11インチiPad Pro(2020)に見いだせるかどうかでもある。

そして、私の結論は冒頭でもお伝えしたようにおすすめはiPad Air(2020)。つまり、11インチiPad Pro(2020)には24,000円を出す価値はない。ということ。

と、言いたいところなのだが・・・実はそうではない。私の主張はそれとはやや異なる。11インチiPad Proは素晴らしい機種だ。24,000円出す価値は十分にある。

それでも、私はiPad Air(2019)を推奨している。その最たる理由は・・・

11インチiPad Pro(2020)を1台買うよりも、「iPad Air(2019) + AirPods Pro or Apple Watch」の組み合わせを購入した方が日々の幸福度はより高くなる。

11インチiPad Pro(2020)を1台買うよりも、「iPad Air(2019) + AirPods Pro or Apple Watch」の組み合わせを購入した方が日々の幸福度はより高くなる。

11インチiPad Pro(2020)を1台買うよりも、「iPad Air(2019) + AirPods Pro or Apple Watch」の組み合わせを購入した方が日々の幸福度はより高くなる。

ということだ。(重要なことなので3回言ってみた)

Apple製品は組み合わせてこそなんぼ。

そのため、たった1台のスーパーマシンを買うよりも、自分でそれなりに満足できる機種を組み合わせて購入する方がより日々が楽しくなる。間違いなく。

ゆえに、私は11インチiPad Pro(2020)ではなくiPad Air(2019)を推奨している。

寿命について

スペックの比較とは別の話になるのだが、iPad Pro(2020)とiPad Air(2019)は発売年度が1年異なる。

そのため、寿命が1年ほど変わってくる。(使い方にもよるが)

iPadを長く長く使っていつもりであれば、以下の寿命についての考え方も知っておこう。

iPadの寿命は何年?iOSサポート期間と、買い替え期間を算出してみた

補足:Apple製品を買うときの1つの”大原則”

Apple製品を買うときには、たった1つの、いや、唯一無二の大原則がある。(あくまでも個人的に思っていること)

それは・・・

資金を分割して組み合わせて買うべき。

ということ。

前述したように、Apple製品は組み合わせてこそなんぼなので、絶対に最初から組み合わせを検討した上で、資金を分割していった方がいい。

例えば、資金が10万くらいの人は、iPad Pro1台ではなく、iPad Airや無印iPadとAirPods Pro。資金が15万くらいの人は、MacBook Pro1台ではなく、MacBook Airと無印iPad、というように。

限られた資金を使って「そこそこのスペックのものを組み合わせていく。」という感覚で買い物をした方が良い。

そして、それらを長く長く愛用していく方が幸福度は高い。Apple製品はOSのアップデートで全く違う次元の製品になるのだから長く使えるというよりは、「長く使いたくなる。」と言った方が正しいかもしれない。

私だって、最上級のMacBook Proをスペック山盛りで買うのではなく、2016年に購入したMacBook Proと2017年に購入した12.9インチiPad Proをいまだに使っている。

もちろん、最初から「Youtuberになるぜ!」というような意気込みがある人はスペック高めのMacを買った方がいいとは思うのだが、ほとんどの人にとって最上級スペックは必要はない。

それなら、限られた資金をApple製品を組み合わせて購入することに目を向けようというのが私の主張だ。

Apple製品同士の組み合わせのメリットについては以下の記事がおすすめ。

【2020】作業効率MAX!Apple製品の連携機能14つを完全解説|AirDrop、純正アプリなど

27インチiMac6ヶ月目レビュー「iPadとの連携が便利すぎて気絶しそう。」

今日のお告げ「でも、一番大切なことは・・・」

iPad Pro(2020)とiPad Air(2019)は一見、似たようなスペックであるため迷ってしまう人が多いかもしれない、と思って当記事をここまで書いてきた。

ただ・・・最後に。一番大切なことをお伝えさせていただきたい。

それは、「とにかく、なんとしてでもiPadを手に入れてみること」だ。

当ブログでは、Mac・iPad・iPhoneの3つを”三種の神器” として推奨している。

それは何も〜の神器とカッコつけて言いたいわけではなく、ただただ、私が感じたことを素直に伝えているだけ。そして、年々、連携機能が強化されていくOSを見ていると「Apple製品は組み合わせて使うべき。」という私の信念も強化されていくように感じる。

iPad Pro(2020)か?iPad Air(2019)か?という記事にも関わらず、最終的には他のApple製品も推奨するApple沼への誘いとなってしまって申し訳ない気もするが…iPadを検討するときには、ぜひ、他のApple製品も合わせて検討してみて欲しい。

【おすすめ関連記事】

【レビュー】AirPods Proを1ヶ月毎日使ってわかった8つのこと

AirPods Proのレビューを19名分集めてわかった142のこと

狂気に満ちたApple信者のApple Watch Series 5レビュー「だから、私たちはAppleをやめられない。」

Apple Watch Series 5のレビューを15名分集めてわかった107のこと