管理人管理人

Apple製品は組み合わせてこそなんぼ!と言い続けてはや3年。ずっと三種の神器と言ってきたが、そろそろアップデートしなければならない。Apple Watchを組み合わせた4つの神器こそ最強なのかもしれない。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


7月14日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年7月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

三種の神器 + α

Apple製品は、「Mac」「iPad」「iPhone」を揃えた時にこそ、そのポテンシャルを最大限に発揮することができる。

私は当ブログを開設して以来、ずっとそう言い続けてきた。Apple製品”三種の神器”論「直感は熟考を超える」 内の記事でもそのことについて強くお伝えしてきた。

ただ・・・最近になってApple Watchの重要性がかなり増してきたように思うので、その点について当記事では「三種の神器 + α」としてお伝えさせていただきたい。そう、言わずもがなそのαとはApple Watchを指す。

私個人の話で言えば、Apple Watchをヘビーに使い始めて3年の月日が経過した。そして、Apple Watchはなくてはならない存在となった。やはり、製品を組み合わせた時の作業効率性はAppleがNo,1。

使い分け方

以下、私が思う各機器の使い分け方。

Apple Watch

  • 通知を完全にコントロール
  • 作業効率化アプリで集中力をコントロール
  • 天気、予定を常にチェック
  • 睡眠をコントロール
  • 呼吸・スタンドアプリで健康管理
  • アクティビティアプリで運動計測
  • AirPods Proと組み合わせて音楽再生

などの使い方が私は好き。

特にメリットを感じるのは、通知のコントールと健康管理と音楽再生。

つい、先日、iPhone XS Maxが壊れてしまってしばらくはiPhoneがない生活が続いた。iPhoneがないとApple Watchはまともに動作しないのだが・・・すごく、不便だった。

Apple Watchがないと、

  • 常に通知を気にしないといけないのが莫大なストレス
  • 天気や予定も手元でササっと確認できない
  • 睡眠計測などができないので健康管理が可視化できない
  • 音楽をパパッと聴くことができない
  • 作業効率化アプリですぐに集中モードに入ることができない

とめちゃくちゃストレスを抱えた。それと同時に「あっ、Apple Watchってこんなに生活をより良くしてくれていたんだ。」と気付くこともできた。

iPhoneからの完全解放

1日のうちで空白の時間がたくさん生まれる

他のことに時間をより使うことができる

というメリットは計り知れない。だからこそ当記事でApple Watchを含めた連携を推奨することを思い立った。

それでも、「本当にApple Watchって必要?」と思う方は以下の記事も合わせて読んでみてほしい。

本当に必要?Apple Watch購入を迷っているあなたへ伝えたい7つのこと

iPhone

  • SNS返信
  • 電話
  • ショートカットからの音楽再生
  • 写真撮影
  • Googleマップで美味しいお店探し

もはや、音楽再生機付きの電話機としてしか成り立っていない。最近はブラウザを開くこともあまりなくなってきたので、もはやブラウザを全削除してもいいと思っているくらい。

ブラウジングなどはiPad miniで全て完結させている。

ただし、歩き回っている最中のGoogleマップで美味しいお店探しをするのだけはやめられない。iPhoneの携帯性が大きく活きてくる。

iPad

  • ブラウジング
  • 電子書籍閲覧
  • 動画視聴
  • PDF閲覧・編集
  • Apple Pencilによる殴り書き
  • 写真見直し
  • SNS返信(自宅)
  • 外付けキーボードを使ったアウトプット

という感じで私は使い込んでいる。もはや生活の重要な作業はほぼ全てiPadに依存させている。

私が所有しているのはiPad miniと12.9インチiPad Proだが、簡単に説明すれば、iPad miniは外出用、12.9インチiPad Proは自宅据置用。という感じで使い分けている。

これが本当に便利。iPadの詳しい使い分け方は以下を参照。コメント欄とかめちゃくちゃ面白い。iPad2台持ちの方って実は多い。

最高の組み合わせ?12.9インチiPad ProとiPad miniの2枚持ちレビュー

Mac

  • 文字入力
  • 画像編集
  • 動画編集

アウトプットはすべて君に任せた!

と言わんばかりの使い方。何かしらのアウトプットをするならMacが最適・最高・最強。高性能なアプリも多いため、とりあえずMacを触っていればアウトプット能力が身につくと極論を言ってもいいほど。

iPadでインプットし、Macでアウトプットをする、ということを行うだけでより良い日常を送ることができると思う。

これぞApple!”神”連携機能15選

4つの機種を組み合わせて行える連携機能を以下、列挙してみた。

  • AirDropでMac、iPad、iPhone間で無線でデータをやりとり
  • AirDropで自宅内にいる家族と無線でデータをやりとり
  • ユニバーサルクリップボードでiPhoneでコピーしたテキストをMacに貼り付ける(iPadももちろん可)
  • Handsoff機能でiPhoneで今見ているページをMacで閲覧する
  • Handsoffを使って今iPhoneやiPadで作業中のアプリをMacを使って引き続き作業する
  • 他機器で開いたSafari上の同期されているタブを他機器で開く
  • 純正アプリの自動同期(リマインダーやカレンダーが特に便利)
  • Apple Watch健康管理データをiPhoneでチェックする
  • iPhoneで通知されるものを絞りApple Watchで通知を受け取る
  • MacやiPadでApple Music内のお気に入りの音楽を見つけておき、それをiPhoneで聴く
  • iPhoneからiPadやMacの場所を見つける
  • MacでSDカードから読み込んだ写真をiPhoneでチェックする
  • キーチェーン機能で全ての機器でパスワードを共有する
  • Safari上の共有アイコンからSMSメッセージを送る
  • Apple WatchでナイトモードにするとiPadから音楽が流れる
  • Macで作業中にiPadをサブディスプレイ化させるSidecar機能

思いつく限りでこれくらい。本当はもっとある。

こうやって各機器を連携させる。しかも、難しい設定などは必要ない。ただただ、iCloudで連携しているだけで全ての機能を使うことができる。

これがApple製品の最大の魅力だ。

今日のお告げ「組み合わせなら…」

つい、先日、私が以下のようにツイートしたところ、信じられないくらいの同意をいただいた。

本音を言えば、私はSONYなどの日本製品が頑張ってくれれば全ての機器をそちらに移行させたいと思っている。個人的になんの興味も湧かない米国という国の製品ではなく、せっかくなら日本製を使いたい。今は特に大変なご時世だし日本の会社には頑張って欲しい。

ただ、そんな感情を超えるほどにApple製品は素晴らしすぎる。日々の作業効率をよくするための全てが揃っている。

ハードウェア、アプリ、OSを同じ会社が作り込んでいるゆえの連携性はお見事としか言いようがない。ここまで製品間の連携をしっかりと作り込む企業は向こう10年は現れないと思う。それに加えて、圧倒的な美しさを誇るデザイン。もはや完璧。

Appleのように各種機器を開発することができる可能性があるとしたら資金的にはHuaweiくらいか。ただ、タブレットとスマホの連携はできるかもしれないが、macOSとWindowsを超えるものを作るのはかなり難しいだろう。

そう考えるとMicrosoftに可能性がありそうだけど、Windowsの不安定さといつになっても改善されないフォントの見辛さ、ハードウェ開発の弱さなどを考えるとやっぱりApple1強な気がする。

と、話が逸れてしまったが、以上のことを踏まえると消去法を用いても機器間を連携させるのであればApple以外に選択肢はない気がする。

当記事が、

「今はまだApple製品を1つか2つしか持ってないけど、いつか揃えてみたい…」

とあなたが思えるきっかけになれば幸いだ。