管理人管理人

かなり評価が分かれそうな製品が発表された。その名も「Magic Keyboard」。iPad史上初のトラックパッド付きの純正カバーが発売された。さて・・・その評価は・・・[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月19日(土)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

まず結論

発売もされていないうちから評価を下すのはどうかと思うが、今の時点での私の評価をお伝えさせていただきたい。

私(Apple信者)のiPad Pro用Magic Keyboardの評価は・・・

素晴らしい製品ではあるが、間違いなくApple製品上級者向けの製品。自分が行う作業が”完璧”に明確な人に限り有効な製品であり、初めてiPadを買う人や、ただの興味で買うことはおすすめできない。

というのが私の個人的な評価。

Apple初の試みなので色々と評価が分かれてくるとは思う。そういうのをワイワイと言い合うのもAppleを楽しむ醍醐味だと思うので、当記事では好きに書かせていただきたい。

注目の3つの新機能

iPad Pro用Magic Keyboardの注目すべき機能は以下。

  • シザー式キーボード搭載
  • トラックパッド搭載
  • iPad Proのパススルー充電

どれもこれも魅力的。

シザー式キーボードは多くの人にとって馴染みやすいタイピング感になるだろうし、iPadOSに最適化されたトラックパッドは新しい可能性をみせてくれそう。

そして、注目すべきはiPad Pro用Magic KeyboardにはUSB-Cポートが搭載されている点。公式ホームページをみると以下のように記載されている。

iPad Proを充電できるUSB-Cポート。iPad Pro上のポートをほかのアクセサリとの接続に使えます。

つまり、iPad Pro用Magic Keyboardを通してiPad Proを充電しながら、iPad Proのポートには外部ストレージなどを接続して利用ができる。と解釈できる。

この辺りまだ実機が出てきていないので推測にはなってしまうがおそらくそういうことになるだろう。iPad Proにさらなるプロ感が増す。

では、そんなプロ感を増幅させるiPad Pro用Magic Keyboardを買うべき人とはどんな人だろうか?

iPad Pro用Magic Keyboardを買うべき人

  • iPadを使って自分のやりたいことが完璧に決まっている人
  • iPad1台で作業を完結できる人

これらの人にとっては、iPad Pro用Magic Keyboardは最高の相棒になると思う。

いつでもどこでも文字入力ができて、さらに、Apple Pencilで書き込んだり、電子書籍を読んだりあらゆることをiPad1台で行える。荷物も、作業スペースもミニマムにして生活していくことができるだろう。

ただ、このような人はApple製品を使っているような人の中でも本当にごく一部になると思う。

iPad Pro用Magic Keyboardを買うべきではない理由

前述したように、「iPadを使って自分のやりたいことが完璧に決まっている人」以外はiPad Pro用Magic Keyboardを導入してもあまり効果を感じることはできないだろう。

それに、私はそういう人たちにとってiPad Pro用Magic Keyboardの購入はおすすめしない。

なぜなら・・・

iPadはiPad。質の高い作業をしようとすれば、ほとんどのジャンルでMacが必要な時期が来る。それなら無理にiPad1台で行おうとしたり、iPad Pro用Magic Keyboardに投資するのではなく、早めにMacに目を向けておいた方がいい。

という強い理由があるからだ。

iPad Pro用Magic Keyboardは美しい。iPad1台でなんでもできるような気にさせてくれる。

しかし、iPadには残念ながらほぼ全てのジャンルにおいてハイクオリティなものを作り出すアプリが存在しない。

当ブログでは何度もお伝えしているが、結局はMacとiPadは両意を補完させながら使っていくのが非常に便利だし、最も作業効率性の高い使い方になる。それは断言できる。

ぜひ、以下の記事も合わせて読んでみて欲しい。

2年間もがき続けたApple信者の答え「iPadとMacは両方持ち運ぶべき」

また、価格も、

11インチ→¥31,800 (税別)
12.9インチ→¥37,800 (税別)

とかなり高額。

この資金があれば、Apple Watch・AirPods Proなどの製品へ自己投資することもできる。資金的な面を考慮しても、iPad Pro用Magic Keyboardは積極的におすすめはしづらい製品だ。

補足:ライブ変換モード対応について

先日、以下のような記事を書いた。

【速報】iPadOS, iOSに革命がクル!?ライブ変換に対応か?

要約すると「macOSにしかこれまでは搭載されていなかったライブ変換機能にiPadOSが対応するかも。」というニュース。

もし、それが実現して、かつ、iPad Pro用Magic Keyboardと一緒に使うことができたら、文字入力デバイスとしてのiPad Proの可能性が大きく変わるかもしれない。

特に、11インチiPad Proの評価が大きく変わりそう。

サッとカバンに入れて外出先で文字を入力するのに最高のデバイスとして価値が高まりそう。個人的にはその使い方であればアリだと思う。

まだ、実物を見ていないのでなんとも言えないが、文字入力が主な方には今回のアップデートはものすごく魅力的なものになったと思う。

最後に「ディスりたいわけではない」

iPad Pro用Magic Keyboardは可能性の詰まった製品だし、大好きなAppleの製品なので私は絶賛したい。

だが、何度も何度も何度も頭の中でシミュレーションしてみたが、iPad Pro用Magic Keyboardが必須の人のイメージができなかった。iPad1台でレポートを書いたり、文字入力を主にする人はいいかもしれないが。。

結局は後からMacが欲しくなってしまう可能性がかなり高い。いや、欲しくなるというよりは、Macでしか使えないアプリの必要性を感じる可能性はほぼ100%だと断言してもいい。

Macはその歴史の深さゆえに素晴らしいアプリが数多く存在するからだ。

資金が潤沢な人は全てをプロモデルで揃えればいいかもしれないが、そうではない人は限られた資金を分散していくことになるのだから、iPad Pro用Magic Keyboardを検討するのではなく、初めの段階でMacの導入を検討した上で資金を分散させていった方がいい。

そして、将来的にMacを導入した後、本当に必要性を感じてからiPad Pro用Magic Keyboardを購入検討するのが良いと思う。

Apple製品は組み合わせて連携させてこそなんぼ。(作業効率MAX!Apple製品の連携機能14つを完全解説|AirDrop、純正アプリなどを参照)

そもそも、

11インチ→¥31,800 (税別)
12.9インチ→¥37,800 (税別)

という価格に価値を見出すのはなかなか難しそう。

あと、公式ホームページにまだ重さが掲載されていないのも気になる。もし、13インチMacBook Airと12.9インチiPad ProにMagic Keyboardを搭載したものの重さがほぼ同じになるのなら・・・Macを持ち運ぶ人の方が多いだろう。

ただし、iPadOSの進化でどんどん便利な機能が搭載されていきそうなので、これからの展開には期待。