管理人管理人

短い記事だが、大切なことなのでお伝えさせていただきたい。ちょっとおかしなことが起きている。うーむ。。悩む。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


12月2日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年12月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

新型MacBook Air(2020)の購入を待つべき理由

理由はただ1つ。

近々、13インチMacBook Proにもアップデートが来る可能性があるから。

ただ、それだけ。

現在、新型MacBook Air(2020)がアップデートされたことにより、13インチMacBook Proの魅力がかなり減ってしまった。特に下位モデルのThunderbolt端子2つのモデルとはほぼ同じスペックにも関わらず価格差がありすぎるような状態。

試しにほぼ同じくらいのスペックで価格差を比較してみると、

MacBook Pro。

新型MacBook Air(2020)。

価格差は4万5千円。

とてつもない価格差。対して性能差は、

  • Touch Bar
  • モデルの違いによるCPUの性能差

くらいしかない。

現在、新型MacBook Air(2020)のCPU名は出回っていないが、おそらく前作までと同じ省電力重視のCPUが搭載されると思われる。そうだったとしても、それほど普段の動作で劇的な差が出るわけではない。

それであれば、上記の価格差を考えて13インチMacBook Proを買う人というのはかなり限られそうな気がする。

まとめ「最低でも数日は・・・」

最低でも数日は待ってみた方がいいかもしれない。

13インチMacBook Proも大幅に値下げされて、かつ、性能を向上させたものが発表されるかもしれない。もしくは、13インチMacBook ProのThunderbolt端子2つのモデルがラインナップから削除されるかもしれない。

それは分からないが、少なくとも今は焦って13インチMacBook Airを買うのではなくて、数日はAppleに動きがないか注視してみるというが無難な気がする。

結局はMacBook Airのコスパの方が良さそうな気はするのだが、「知らずに急いで買って後悔している。」という人が後から現れないようにするために記事化させていただいた。

しばらくはサイレントアップデートが気になって眠れない日が続きそう。

※当記事は「可能性があるかもしれない。」という個人の推測であることはご了承ください