管理人管理人

当記事はApple Watch Series 5のレビューをブログ読者さんとTwitterのフォロワーさんから集めさせて頂いたもの。正直で誠実なレビューを数多く集めたので、ぜひ参考にしてみてほしい。これが本物のレビュー!![@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月19日(土)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

レビュー0「管理人の狂気に満ちたレビュー」

みんなのレビューを集めるといいながら、1つ目に私のレビューを掲載することに。だって、私も参加したいんだもん。

Apple Watch Series 5 チタニウムモデルを購入した私が個人的に思うメリット・デメリットは以下の通り。

【メリット】
・美しい
・美しい
・美しい
・常時Retinaディスプレイが最高すぎる
・身につけているだけでワクワクする

【デメリット】
・なし

という感じ。敢えてデメリットに「価格が高い」ということを並べなかったのは、約10万円もの価値を時計に見出せる人であればメリットの恩恵を受けられるだろうと思ったからだ。

とにかく、美しい、綺麗、かっこいい。毎日身につけているだけで楽しくなる。ワクワクする。

大量の写真付きのレビューについては以下を参考にしてみてほしい。チタニウムモデルは本当に涙が出るほどに美しい。

狂気に満ちたApple信者のApple Watch Series 5レビュー「だから、私たちはAppleをやめられない。」

レビュー1「チタニウムスペースブラックを購入しました!」

初代Apple Watch

Apple Watch series3

Apple Watch series5

と使い回してきたギリ20代の男の「Apple Watch series5 スペースブラック チタニウム」のレビューです。サイズは40mmです。

メリット

・初のチタニウム素材

初代はアルミニウムを使用していました。しかし耐久性に難がありました。マットな質感はgoodですが、ガラスにもフレームにも傷が目立ち、買い換える頃にはボロボロに。。。現場仕事だからかもしれません。

その為Series3はステンレスを選びました。これは素晴らしい耐久性を持っていました。滑らかでツルツルとした素材は女性の手首に合うのでは?と個人的に思っています。

今回出たスペースブラックのチタニウムはそのふたつの素材のメリットを合わせたかのようです。

無骨ながらも圧倒的な高級感。男らしいデザイン。飲み込みたい。バンドを外して飲み込んでやりたい。耐久性は未だ分かりませんが、これでスチールモデル並みの耐久性を発揮したら100000点満点です!

・常時点灯するディスプレイ

作業中にApple Watchを覗き込んでも画面真っ暗、、、というストレスがなくなりました。常に明るいわけではなく、腕を持ち上げて見る時以外はほんのり暗くなって節電対策もなされています。

Apple Watch最大の弱点を完全に克服したと言えます。

・画面サイズ

Series3(38mm)を使っていた私にとって、2mm大きくなってベゼルレスになっただけでここまで違うのか。。。と感動しました。インフォグラフの情報表示量は半端ないですね。

最も効率のいい配置を求め、試行錯誤する日々が続きそうです。

・触覚的な反応を返すDigital Crown

iPhoneやMacBookのトラックパッドのように、擬似的に物理レスポンスを返してくれます。もはやAppleの得意分野でしょう。Series3には無かった機能なのでこれにも感動しました。

・軽い(薄い)?

何となく装着感が良い意味で無くなったように感じます。Series3スチールよりseries5チタニウムの方が軽くなったそうですが、それによるものなのか、薄くなった事の恩恵なのか、、微々たる差ですが、毎日付けるものなのでこの差は重要かと。

・ノイズアプリと海外でも使える緊急SOS

前回登場した転倒感知機能に加え、さらに上記の機能まで搭載。Apple Watchに命を救われたというニュースも多く聞きますし、こういう機能にAppleの我々に対する愛を感じます。

・月経周期

我々男性には分かりませんが、女性の月経は人によっては非常に辛いものだと聞きますので、その記録を付けられるなら良いものなのかな、と。
これは何処かのサイトで見ただけですが、妊娠可能時期?も知らせてくれるんですかね?

不妊に悩む方がいらっしゃれば、僅か数パーセントでも命の誕生の確率が上がるなら素晴らしい事だと思います。

デメリット

・値段

たっかい。
しかし高級時計と比べたら安いし高機能、、、と思います。

・心電図機能はよ

はよ。はよ。はよ!!!!

オススメしたいかどうか

・まだApple Watchの使用経験がない方

series3の一番安価なモデルをおすすめします。改札で切符を買わなくても、カバンを漁って定期券を出さなくても良い。コンビニや自販機もキャッシュレス。これだけでApple Watch自体の購入価値はありますが、やはり人によっては合わない方もいらっしゃると思うので。

・series2をお持ちの方

気に入って使い続けてらっしゃるなら、悪い事は言いません。黙って下記リンク先のページ右上にある青いボタンをポチってください。
apple.com/jp/apple-watch…

・Series3以降のモデルをお持ちの方

Series4をお持ちの方は、series5の購入は必要ないと思います。はっきり言ってseries3の時点で3年以上は使えるスペックに達しています。

僕自身、

「大変大変!税金上がる前に買っとこう!!!」
「米中の貿易戦争で12月に関税が上がる!?今のうちに買っとくべ〜!!!!」

と、様々な理由を無理矢理付けて買い換えた節があります。

僕のようにアルミニウムモデルで物理的にボロボロになった方は一考しても良いのかもしれませんが、基本的に進化は鈍化し始めているように感じます。

レビュー2「今、本当にすごく楽しいです!!」

うぉずさん、初めまして。

いつもブログを楽しく拝見させて頂いて、かなり影響受けてます!

Apple Watch Series 5 GPSモデル-40mmゴールドアルミニウム

レビューですが…私自身ここ2カ月で一気に信者&スマートウォッチデビューしました若葉マークです。生活に変化のあったフレッシュな気分をレビューしようと思います。ハードル下げお読み下さいませ。

メリット

【Apple Watch が褒めてくれる】

アクティビティのログ達成でお褒め頂ける!
ちょっとしたコメントが嬉しい!

出逢って1週間たってないのに、昔からの友人のような凄い信頼関係。褒めるだけではなく、「深呼吸してマインドフルネスしようよー」や、「はいはい、スタンドの時間ですよ」など、やり取りして行動してが楽しい。

【iPhone ポチポチ時間の減少】

メール返事やスケジュール確認→ネットサーフィンやSNSのコンボで時間の浪費。

ここの改善目的のApple Watch でしたが、早速成果が出て来ました。手元確認が出来るので上記リスク回避、iPhone を鞄に入れっぱなしの触らない時間が増えました。勉強時にかなり重宝します!!

【美しい、可愛い…】

皆さま思っていると思いますが、Apple 製品の親しみ易さ、各ガジェットのカラー揃えての充実感。素晴らしいの一言です!

デメリット

【充電のタイミング】

毎日必須で睡眠時は着用したいので、帰宅寝る前まで勝負してます。Apple Watch 先輩方、何か他の充電アイディアありますでしょうか?

【左手着用で改札時に腕ひねる問題】

Suica出す手間が省けて大いに楽になりましたが、左着Apple Watch で一捻り。上手な通過のテンポが、まだ掴めて無いですね。実戦の数で気にならなくなると思いますが…

おススメしたいかどうか?

【おススメしたいの1択】

何故ならばを証明する為に、今日一日Apple Watch を着用しない数日前の生活に戻して見ました。率直に、何か足りない気分になっております。

初心者=誰でも、着けて数日で生活が変化出来るアイテムとして刺激的なので、是非おススメしたいですね。

・最後に
皆んなでワクワクしたい意図でしたので、文面崩しております。ご容赦くださ〜い。。今Apple Watch 凄い楽しい〜!!

レビュー3「オススメしかしたくありません」

初めまして。Apple Watch Series 5のレビューをしたいと思います。

実はApple Watch Series 5は僕初のwatchとなっています。

購入したときは初めて高校生の時iPhone(5s)を購入したときの感動を思い出すかのような感動に包まれました。

メリット

1.ディスプレイが何といってもキレイ!
Retinaディスプレイを採用しているので当たり前っちゃ当たり前ですが、iPhoneXやMacBook Proを初めて見た時のようなキレイさを感じました。
Appleの特有のディスプレイ美しさを感じて、5分くらい最初は眺めました。

2.Retinaディスプレイを採用してるのに充電割と持つやん
丸1日使ってRetinaディスプレイ使って、この小さい中に1日持つバッテリーがあるっていう驚き。

watch3を使っている方に聞いたらもって18時間と、聞いていたのでそんなものなのか。と思っていたらやっぱり技術は進んでる。

朝起きてお酒飲んで日付回って帰ってもまだ生きている。しかもこれがずっ と画面を点けておいても生きている。ここはwatch3を買わなくてよかったと一番感じた点。

3.小さいのに画面が大きい。
40㎜の画面ギリギリまで画面じゃん!ってくらい以外に大きい。

watch3を見た時の小さいなって感じは受けず文字も読みやすい。ただ、老眼の母親に見せたら見えない言われたのでそれは画面が小さいのでま!ま!そこは仕方ない点かなと。

4.心拍数測定機能が高性能
心拍数の計測が毎分行われていて異常があると表示してくれる機能。

これマジでびっくりしました。watch4にもある機能ではあるが、初めて使用の僕からしたらマジで驚きの機能。これのために5を買ってもいい。

5.軽い
腕時計って良いものになればなるほど、重たいイメージですが、
軽い。
watch、軽い。

今までつけていた腕時計の感覚的には半分の軽さ。どうして今までつけていなかったのか…と、後悔。

6.取り外しを考慮したバンド
毎日取り外すことを考えて作られたバンドデザイン。やわらかい、奢れても指でこすれば落ちる、取り外しも簡単。

デメリット

Apple Watchを付けている人の宿命。毎日の充電。覚悟はしてたけど、やっぱ面倒。

バンドは汗を吸わないので新しく買い替えを検討してもよいかな?

そのくらい。

オススメしたいかどうか

オススメしかしたくない。

職場に来られた営業さんに買うって言ってたら見に来たくらい。二人で「あー、いいっすねー」「いいっすねー」ってずって言ってたくらい。

3を使われてて新しいのを検討してるなら購入してもよいかと。ただ、4だとそこまでの魅力差はないのかな?ってところ。

新しいユーザーにはぜひとも5をすすめたい。僕がwatchの新しいユーザーでたった数日で魅力に取り込まれたのだから。

レビュ−4「健康意識が高まります。本体は最高にかわいいです!」

うぉずさん、こんにちは!Apple Watch series5使いだして1週間くらい経ったのでレビューします。私にとっての初Apple Watchです!アルミGPSの40mmにしました〜!

メリット

・運動意欲の異様な高まり

全く使っていなかったiPhoneヘルスケアを少し前から使いだし、Apple Watchあったらダイエット捗りそうと思い始めたのが購入動機。

アクティビティを見てはニヤニヤ。消費カロリーわかるとやる気でる。毎日ほめてくれる。バッジ欲しさにわざわざ遠回りして帰ることも。痩せたいけどウォーキングとかダルイと思っていたのに今はむしろ歩きたい。隙あれば運動したい。絶対に今より健康になる予感しかしない。

間違いなく今より体を動かす未来しか見えないから結果的に痩せそう。てかもっと早く買えばよかったよApple Watch !!

・なんし時計って便利

時間なんかiPhoneで見ればいい派でしたが。腕時計つけてると便利なんですね〜。当たり前だけどすぐ時間がわかる〜。これからはiPhone置きっぱで気付いたら遅刻ギリギリで焦って飛び出すことも、必死でチャリこぎながらカバンの中かき回してiPhone取り出すこともなくなるはず!多分…。

・睡眠時間の分析

万年寝不足で昼間白目むいてるんですがヘルスケアの睡眠はイマイチ使い方がよくわからないので睡眠改善のアプリを使いたいと思ってました。ひとまずAuto Sleepを使ってみてます。ちゃんと寝て緑色を増やしていきたい〜。これからうまく使いこなせるようになるといいな!

・周期記録

まだ使い始めなのでなんとも言えませんが地味によさそう。記録のためにわざわざ専用アプリをダウンロードすんのも面倒な人にはピッタリ!元から入ってるなら使ってみようってなります。症状は月経期間以外も普段の体調で気になった時にメモとして残しておくのにも使えそう。

デメリット

・重いと一瞬思った

単に私が腕時計をつける習慣がなかったので初めてつけた時に重っ!てなりました。でも今はこの重さが安心する〜!

注意点

これは私がiPhone7を使っている&自宅にWi-Fi環境ないしアップデート面倒くさいからいいやと放置してた&事前の下調べ不足(というかそもそも頭になかった)からなのですが、Apple Storeに受け取りに行った際にiPhone7のiOSではseries5に対応していないのでアップデートが必要ということを知りました。

すぐに使えるとばっかり思っていたのでアップデート完了するまでに少し手間取った時はもういっそiPhone11に機種変したろかなと思ってしまいました(来年の5G対応まで我慢します)。なので購入後2日間は飾ってました。私と同じタイプの方はあんまりいないかもしれないですがアップデートしてから購入をオススメします。

オススメかどうか

激!!!オススメ!!!です!!!

みんなもApple Watchで健康になりましょ〜〜!!

レビュー5「かゆいところに手が届いた Series 5」

Apple Watch Series 5 (GPSモデル) – 44mmシルバーアルミニウム を購入しました。

Series 3を使い始めてから2年が経ち、常時Retinaディスプレイや44mmの文字盤(Series 4~)、文字盤「インフォグラフ」(Series 4~)の情報量の多さに惹かれて購入に踏み切りました。

メリット

①最大のアップデート “常時Retinaディスプレイ”

・一度この快適さを味わってしまったら、二度と非対応のものはつけられなくなると思います。自分で予想していた以上に魅力的だったこの機能は、まさに“かゆいところに手が届く”といった感じです。

例えば、タイピングをしている時や本を読んでいる時、自転車に乗っている時など、ありとあらゆるタイミングでこの機能の素晴らしさを実感します。また、私は人と向き合っているときにあまり”時計を見る”という動作をしたくないので、腕を上げずとも時間を見られるのは非常にありがたいです。

バッテリーの減りが早いのではないかと危惧していましたが、Series 3と大差ないように感じます。朝にシャワーを浴びてご飯を食べる間の1時間で充電をし、それ以外の時間はずっとつけていますがバッテリーがなくなりそうになったことはありません。

②予想以上の変化 “触覚つきDigital Crown”

・正直、購入前まではそこまで期待していませんでした。しかし、実際に使ってみるとこれがもう便利。ミュージックアプリで音量を調節したり、Apple Watch内のApp Storeでアプリを探したりするときなど、細かな調整が要求されるときに触覚が役立ちます。

どのくらい回すとApple Watchが認識するのか、という感覚を掴むのが難しい方もいらっしゃるかもしれませんが、この触覚つきDigital Crownはまるで本当に引っかかりがあるかのような反応を返してくれるので、操作性が格段に高まります。

③Apple Watchを育てよう ”App Store”

・まさに「Apple Watchを育てている」感じです。これまでもiPhoneを経由してアプリをダウンロードすることはできましたが、Apple Watchの中で全て完結する、ということがここまで大きな変化をもたらすとは思いませんでした。

Apple Watch内のApp Storeを開き、便利そうなアプリをダウンロードして使い始めると、「この子はこんなこともできるようになったのか」と成長を見守っている気分になります。必要なのはApple Watchだけなので、ほんの少しの待ち時間でも気軽に見られるのは便利です。

④充電忘れも安心 “バッテリー”

・Series 3との比較にはなりますが、バッテリーの充電速度が圧倒的に速く感じられます。ほんの少しの空いた時間に充電台しても、帰ってくると満タンで待っていてくれます。計測したところ、15分で10%程度充電されるようです。そのため万が一充電をし忘れたとしても、すぐに充電できるので安心だと思います。

⑤入力が快適に “大きな文字盤”

・こちらはSeries 4から変化はありませんが、以前までSeries 3を使っていた私にとっては、たった2mmの差でも大きな差がありました。私は海外に行く機会が多く、両替や買い物をする際にApple Watchで通貨換算をすることが多いのですが、数値を直接Apple Watchに入力する必要があるため、画面が大きくなりさらに快適になりました。

デメリット

なし。はっきり「なし。」と言い切れるくらい素晴らしい製品です。ただし1日のうち7割以上の時間をApple Watch Series 5と過ごせるのなら。

オススメしたいかどうか

私の主観にはなりますが、”Apple Watchをどのくらいの時間つけているか“がオススメできるかどうかの1つの基準になると思います。

◯7割以上の時間、Apple Watchをつけていたい方→ Series 5を強くオススメします!

・最大のアップデート機能とも言える常時Retinaディスプレイの恩恵を最大限に受けられます。時間を見たり予定をスマートに確認したりするのはもちろん、AirPodsがあれば、組み合わせて音楽を聴いたりオーディオブックを楽しんだりと、Apple Watchがあることで日々の生活が劇的に楽しく便利になります。

◯そこまで長い時間、Apple Watchをつけない方→ Series 3がオススメです。

・Apple Watchをつけている時間の長さは、活用するApple Watchの機能の数と比例する部分もあると思います。あまりつけている時間が長くないのであれば、常時Retinaディスプレイが活躍する機会も多くはなく、アクティビティなどの機能も意識することは少なくなると思います。

Apple Watchの最低限必要な機能はSeries 5もSeries 3も同じです。まずはSeries 3を試してみるのが良いと思います。

◯自分がどのくらいの時間つけるか分からない方→ AirPodsを持っていればSeries 5、AirPodsを持っていなければSeries 3 + AirPods

・やはり、Apple WatchとAirPodsの組み合わせは一度味わってほしい。この組み合わせがあるだけで、用がなくても外出したくなるし、日々の運動も劇的に快適になります。音楽を聴くのはもちろん、iPhoneを取り出すことなく電話に出られたりSiriにリマインダーを登録してもらったりと、この組み合わせで日々気づいていなかった小さなストレスから解放されます。

補足にはなりますが、Series 5の購入を主に検討することべきなのは、Series 3をお使いの方になるかもしれません。もちろん常時Retinaディスプレイという大きな魅力はありますが、その他にSeries 4から買い換えるほどのアップデートは”現時点では”ないように思います。

レビュー6「バンドを3本購入しました」

初めてのapple watch購入です。

これまで興味はあったものの、5までなんとなく見送ってきました。ハワイ旅行中に、当日ピックアップで買えることをapple.comウェブストアで確認できたので、買ってみることにしました。

watch本体への興味だけではなく、一度当日ピックアップを試してみたかったですし、日本では使用できないECG測定をしてみたかったというのが、購入の大きなモチベーションだったかもしれません。

1週間、シルバーアルミニウムケース、サイズ40mm、スポーツバンド(カラー:ストーン)を使用した感想です。

メリット

• 文字盤を変えることができる
• バンドを変えることができる

時計では文字盤は変えられない、バンド交換は、時計によっては可能ですが、手間がかかるのに、apple watchだと簡単にできてしまうことが楽しいです。

文字盤は、その日の気分によって変えています。今日は情報量少なめがいいなと感じる日はシンプルなものに。いっぱい見たい日はうぉずさんオススメのインフォグラフにしています。

バンドについては、3本を追加で購入しました。その日の服装によって、バンドの色や素材感を変えてコーディネートする予定です。今、商品到着を待っているので、とても楽しみです。

• 設定を考えたり、アプリを探しているのもまた楽しい

初めてのwatchなので、用語が分からない時が多いのですが、検索してはぼちぼち設定しています。例えばコンプリケーションは、何を指しているのか想像がつきませんでした。
アプリは、うぉずさんのレビューを読みながら、興味を持ったアプリをダウンロードしています。(まだ1つだけダウンロードしただけですが)
こちらもぼちぼちゆっくり楽しみます。

デメリット

• なんだか重い

これまで使ってきた時計より重いせいだと思いますが、腕に着けてる感じが大きいです。店頭で実際着けて、違和感がないかどうか確認されてから購入の方が安心です。

• バッテリー切れが早い。バッテリーが切れるとただの邪魔なモノになってしまう。なんにも役立ちません。

旅行の帰り道、空港バスに乗る前の待ち時間中に、バッテリーが切れてしまい、やたらと時計を探しました。そしてバスに乗り遅れないかと不安になりました…

オススメしたいかどうか

微妙な感じです。人によってはオススメできそうです。私の思う楽しめるタイプの人は、apple好き且つ、ガジェット好き且つ、面倒くさがりではなく且つ、普段から腕時計を使っている方、であれば、おすすめしても楽しんでもらえると思います。

どれかの条件が1つでもバツであれば、あまり楽しめないように思います。

レビュー7「iPhoneユーザーであれば必需品です」

これまでは、無印 ステンレス42mm → Series3 ステンレス42mm を使用していました。

そろそろ買い替えを、と考えていましたが、今回のエルメスモデルには食指が動かなかったため、Series5では最安の アルミニウム40mm ゴールドを9月20日に入手しました。

なお、Nikeスポーツバンド ブラック/ボルトはビッ○カメラで旧モデルの在庫品を購入しました。

メリット

・安い!
ヘルメスモデルの約 1/3 でエルメス文字盤を除けば同じ機能を使えます。通常モデルのステンレスバージョンと比べてもおよそ 2/3 !!

また、私はiPhoneをY!mobileで使っており、セルラー機能は使えません。GPSモデルであればCellulerモデルよりさらに安くなります。

・軽い&小さい
データロガー、ページャーとして考えた時、邪魔にならない大きさ、軽さ。しかし、表示面積は42mm版より僅かながら大きいので、視認性、操作性は変わらない。

・iPhoneとベストマッチ!!
外装の質感、色がペアになるiPhone6s ローズゴールドと親和性が高く、ベストマッチ。 
 

デメリット

・42mm版のバンドが使えない
セットすることは可能なのですが、本体の左右にそれぞれ1mm位ツノが出ます。

・常時点灯で使用するとバッテリー減りが早い
42mm版より筐体が小さい分、バッテリー容量も小さいのかもしれません。常時点灯しない設定も出来そうなので、バッテリー持ちについては検証して見るつもりです。

・文字盤の種類によっては視認性に難あり
インフォグラフなどの情報てんこ盛り文字盤にすると、小さい文字は一瞥では読めないです。Siri文字盤がもっと進化すれば解決するのかなぁ。

・時計としては存在感が薄い
「軽い&小さい」の反面なのですが、ファッションアイテムとしてみた場合には存在感が、、、。まあ、個人的に「大きい&厚い」時計が好きだからなのですけど。AppleWatch前にはセイコーのガランテしてました。

オススメしたいかどうか

AppleWatchはiPhoneユーザであれば必携アイテムだと思います。

データロガー、ページャーとしての機能を重視する人であれば、ステンレスモデルをオススメします。ファッションアイテムとしてドヤ顔したければ、エルメスモデル、Editionモデルかな。

レビュー8「人生をスポーツに変えるガジェット」

うぉずさん、いつも情熱あふれるブログ、ありがとうございます。

プロローグ~購入に至るまで

以前は「iPhoneとApple Watchを両方持つなんて、懐中時計と腕時計を両方持つようで意味がない」と思っていました。

が、うぉずさんのブログを見ていて、どうしても欲しくなり、初Apple WatchのSeries 5 アルミニウム スペースグレイ 44mm ブラックスポーツバンドを買った身長176cm、手首周り170mmの43歳男です。

この色を選んだのは、小さい画面はフレームが暗いほうが、字が見やすいと感じたからです。

5の発売前に同じサイズ展開の4を家電量販店で試着していたのですが、その時は軽くて着けていることが気にならない40mmがいいと思っていました。

ですが、発売直後の9月22日(日)、台風直撃にもかかわらず満員のアップルストア福岡店で試着していると、店員さんから「あなたの手首なら、44mmがオススメです。画面が大きく、見やすくて、操作もしやすいです!」と、うぉずさんがブログに書かれているのと同じことを言われ、心変わり。

買う!と決めて、店員さんに尋ねると「購入希望者が多すぎて、販売受付を中止してます。」と言われ、家族と来ていたこともあり、長時間待たせることもできず、泣く泣く帰宅しました。

その2日後、福岡唯一のアップルプレミアムリテイラーのC-Smart小倉店に在庫を問い合わせるとあるとのことで、仕事の後に直行。やっと手に入れることができました。

他に持ってるアップル製品はMac book Air 13-inch Mid 2012, iPad Air 2, iPhone SEという昔ながらのアップルファンです。

メリット

1.リマインダー・タスク・スケジュールの通知をバイブで知らせてくれ、忘れずに、すぐに見ることができるのが最大のメリット。

うぉずさんも書かれていましたが、ジョブズがiPhoneのプレゼン時に「音楽に触ることができる」と言ってましたが、このWatchは「時間を感じることができる」ガジェットです。

現在、たすくま、Blink、リマインダー、カレンダーを使ってますが、仕事もプライベートも、マラソン選手が使うGPSウォッチのように、時間を手首のバイブで感じがらペース配分ができます。

アップルのホームページに「ここまでアクティブになれる腕時計があるなんて」というコピーがありますが、まさにそう!

大げさに言えば、人生をスポーツに変えます。ポモドーロもすぐに使えますし。

これまで、紙の手帳とメモ帳で、スケジュールとタスク管理をしていましたが、Watchを身につけることで初めて、iPhoneでの管理に移行できました。

Watch購入後、紙は主に考えごとをする時に使っています。

2.あとは、やはり常時点灯する画面がいいですね。手首を下げていても、下を向くだけで時間がわかるのは便利です。

3.また、心配していた電池持ちも、インフォグラフを常時点灯で使っても、スペック通り18時間は持ちます。

ランチ時に30分でも充電できる環境があれば、より安心です。

4.iPhone SE では使えなかった、Apple Pay のSuica やメルペイが使えるのが最高。電車やバスにサッと乗れるし、コンビニでの買い物も楽。

デメリット

1.Siriの完了が何かと遅いです。起動は一瞬ですが、例えば「靴を磨くをリマインダーにセット」と喋り終わってから、完了まで4秒くらい待ちます。

iPhone SEですら、1秒位で完了するのに。

また、どこでも音声をテキスト化するメモをサッととるために使いたいので、アップルさんには純正のメモをWatchに対応させることと、Siriのスピードアップをお願いします。

今はエバーノートを使ってますが、起動させるのが一手間です。ボイスメモは対応したので、Watch OS7 に期待してます。

2.Watch自体に厚みがあり、特に44mmは大きいので、シャツが引っかかり、袖がもたつきます。アップルの公式ビデオでもほとんど長袖のシャツを着ていない人ばかりでした。

3.それと僕の買ったモデルは男性に人気で、かぶりまくるので、バンドを追加購入しました。

アップルストアなら、バンドとWatchが組み合わせて買えるので、人気が落ち着いた頃に買うなら、おすすめです。

4.車の運転時に通知が来ると、思わず凝視しそうになるので注意。安全運転優先を気をつけましょう!

5.アップルストアにも、購入したプレミアムリテイラーにも、おそらくほとんどの家電量販店にも、姿見(鏡)がないため、そのWatchが似合っているかどうか、他人に写真を撮ってもらうか、恥を捨てて自撮りしないと、わからない。これはアップルサポートに提案済み。アップル初の「アクセサリー」に、店舗が追いついていない。

おすすめしたいかどうか

1.僕がApple Watchをオススメしたい人は「手帳代わりにiPhoneやiPadを使っている方、もしくは使おうと思っている方」です。

そうでなければ、このWatchはあまりオススメできません。音楽をすぐに聞けたり、iPhoneのリモコン代わりにはなりますが、最大のメリットは、スケジュール・タスク・リマインダーの通知を漏らすことなく、すぐに確認できる点です。

うぉずさんのブログを見ている方は、おそらくiPhoneやiPadでスケジュール管理や効率アップを図っている方が多そうなので、合う方が多いと思います。

時間管理が苦手、もっと生活のスピードを上げたいという方、ぜひ試してみてください。

ランニングなどのスポーツ用途だけなら、GARMINの方が、はるかに高機能です。

2.また、3か5で迷われている方は、動作スピードにかなり差があると僕は感じたので、値段は倍違いますが、リセールバリューも考えると5のアルミニウムをオススメします。一度店頭でご確認ください。

レビュー9「AirPodsとワイヤレス充電器も一緒に買いました」

5 GPSモデル-44mmスペースグレイアルミニウムにスペースブラックミラネーゼループを購入しました。大学生のころに初めてiPhone 3GSをゲットしたときの高揚感を思い出しました。

メリット

1.付け心地
見た目に反してそこまで重さは気になりませんでした。ミラネーゼループがベストフィットのところで留められ、付けたところで動かないのも一因かもしれません。汗をかいても蒸れなくて気持ち悪い感じもしないです。

2.常時表示ディスプレイ
初のApple Watchなので今までと比べられないですが、使ってて「これ常時表示じゃなかったら、いちいち腕クイってやらないといけなかったんだ」って感じるシーンがたくさんありました。

3.通知機能
職場が携帯NGかつ妻が妊娠中のため、Apple Watchで通知が受け取れるのにはとても助かっています。(スマートウォッチはOKで携帯は同じフロアのロッカーに入れてあるので接続距離はなんとか)

簡単な返信ができるのも嬉しい点です。

4.健康促進
健康には良く食事と運動と睡眠と言いますが、その内の2つを助太刀してくれます。

運動については、たまに立つの勧めてくれたり深呼吸を勧めてくれたりします。元々体型をキープしたい気持ちもあり、アクティビティリングを完成させるために週2でランニングするようになりました!

睡眠については、このサイトでもお馴染みのAuto Sleepで睡眠分析してます。睡眠借金がある時は昼寝をしたり早く寝るようになりました。

5.マップ
方向音痴なので良くiPhoneで経路案内を利用してますが、いちいち取り出すのが面倒でした。Apple Watchなら手首をチラ見すれば良く、曲がる場所も教えてくれる優れ物です。

デメリット

1.バッテリー
やはり毎日充電しないといけないのが煩わしい。自分の場合は寝る時と外出中は常に付けていたいので、朝起きてから家を出るまでと、家に帰ってから寝るまでの時間に充電してます。

2.改札通過
右利きなので右手でApple Watchを操作したい。そうすると左腕にApple Watchを付ける。コンビニとかバスでは気にならないけど駅の改札は通り辛い。

オススメしたいかどうか

もちろんです!
Apple Watchはほぼ完成形に近付いたと思い購入しました。使いこなせるか不安でしたが、流石のApple!直感で使用できるのが本当に素晴らしいですね。

ミニレビュー「AirPods」

Apple Watchと同時にAirPodsデビュー!Apple Watch購入の勢いでAirPodsもポチッとしました。

<メリット>

1.オンオフ
とにかく便利!ケースから出して耳につけたらオン、ケースに戻したらオフ。ほとんどの商品がボタンを長押しするタイプかと思いますが、この差は圧倒的です。

2.ダブルタップ
右と左で操作を登録できる!自分の場合は、右を次の曲、左を再生停止に設定して使っています。反応も良く一度使ったらもう戻れないとはこの事だと思いました。

<デメリット>

1.ノイズキャンセラー
この機能は無いので、必須で欲しい方はオススメできません。自分もかなり集中したいときには外音をシャットアウトしたいので、ノイズキャンセラーもできたら完璧でした。

<オススメしたいかどうか>

Apple Watchをお持ちの方は是非!
ですが、高音質やその他機能を求める方にはお高く感じそうな気がしました。

ミニレビュー「ワイヤレス充電器 mophie 3-in-1 wireless charging pad」

Apple WatchとAirPodsの購入を検討してから、沸沸とワイヤレス充電器の購入欲が止まらなくなってしまいました。

<メリット>

1.3-in-1
コードが3本から1本になりました。他の方法もあるかもしれませんが、とにかくコンセント1つしか使わないので設置場所は柔軟に対応できます。

2.ワイヤレス
Apple Watchは充電方法変わりませんが、AirPodsとiPhoneは本当に置くだけで充電できる。コードの抜き差しは大体の方両手だと思いますが、置くだけなので片手だし一瞬です。

3.Apple Watch
充電方法も出力Wも同じなので、付属される充電器と全く同じ性能です。メリットと言うより安心材料ですが。

<デメリット>

1.充電速度
当たり前ですが、ケーブルより充電速度は遅いです。それと充電した時の発熱もケーブルに比べて熱くなる気がします。

iPhone XSを使っていて、0%の状態から100%になるまでの時間ですが、ケーブルの場合3時間48分、ワイヤレスの場合6時間3分かかりました。(それぞれ1回づつの計測結果です。バッテリーの状態などにも左右されるため参考までに。)ただ、iPhoneは1日1回寝る時に充電するので、個人的にはこの遅さに不便は感じていません。

それと恐らくですが、最適化されたバッテリー充電をONにしていると、ワイヤレスの場合80%までしか充電されませんでした。平日の5日間試してみましたが、常に80%でした。その内学習してくれるのかはまだ不明です。

<オススメしたいかどうか>

値段を考えると微妙なところです。メリットとデメリットの内容が少しでも参考になれば幸いです。個人的には購入に満足してます!

レビュー10「スペースブラックチタニウムを買いました」

うぉずさん、初めまして!

私も昔はアップル嫌いでしたが、家内の影響で今ではすっかり信者です。アップルに取り込まれる快適さを味わったら離れられませんね。

では拙いですが、Apple Watch Series 5をレビューさせて頂きます。参考になれば幸いです。

これまでApple Watch歴は、Series 2 NIKE 42㎜ → Series 5スペースブラックチタニウム 44㎜をです。なので主にSeries 2との、そしてアルミとの比較になります。

メリット

1.アプリの立ち上がりが早い!

趣味のジョギングでは「NIKE RUN CLUB(以後、NRC)」、同じく趣味のゴルフでは「Arccoss CADDIE」アプリを使っていたのですがSeries 2では立ち上がりに時間がかかり、時にはクルクル回ったまま立ち上がらないことがあってストレスでした。
  
それがSeries 5になった途端サクサクで感動しました。同じ3年でも、iPhoneよりApple Watchの方が進化をより感じられますね。

時間と通知の確認だけならSeries 2でも問題ありませんが、アプリを使用される事が多い方でしたら絶対に買い換えをお勧めします。

2.ガラスが強い!

Series 2 のNIKEモデルはアルミのため軽くて最高でした。が、唯一気に入らなかったのがION-Xガラスでした。この三年間でかなりガラスに傷がついてしまい、画面を見る度に悲しい思いをしていました。

今回のSeries 5では絶対にサファイアガラスモデル、と決めていましたのでガラスの傷を気にしなくて良くなりました!

3.GPSの精度UP!
コンパスが入ったお陰かは分かりませんが、GPSの精度がUPしたような気がします。ジョギングした後にマップでルートを確認すると、以前よりブレが少なくなっています。

4.画面が大きい!
42㎜→44㎜とたった2㎜の違いですが、ベゼルレスとなったお陰でより見やすくなりました。老眼の身には大変ありがたいです。

デメリット

特に無し!と言いたいところですが….やっぱり高いですよね。

まぁ、今回は3年間使用する前提でスペースブラックチタニウムを購入しましたが、アップルには「アルミ+サファイアガラス」のモデルをぜひお願いしたいです。

それ以外にデメリットは見当たりません!

それから、正直なところノーマルチタンモデルが一番欲しかったのですが、スペースブラックの方がDLC加工されているから傷に強いだろう、という事で購入しました。

が、購入して10日余りで早くもケースの上部に傷が(涙)。

スペースブラックチタニウムだからと言って油断は禁物ですね。はじめて「AppleCare+に入っておいて良かった」と思いました。

オススメしたいかどうか

オススメ以外の答えがあるでしょうか?

とは言え、安くなったSeries 3を購入して、自分自身に必要かどうか?を確かめてから次のSeries 6を購入するのもアリだと思います。

因みに、私自身はApple Watchを使うようになってから、それまでの腕時計は殆ど使わなくなってしまいました。

レビュー11「チタニウムモデルの高級感が最高です」

うぉずさんの購入記事に煽られて、Apple Watch Editionチタニウムモデル44mを購入し、2週間ほど使用しましたので、レビューをしてみたいと思います。
なお、私のApple Watch 歴はseries3のステンレスモデルからスタートしており、series4はブラックアルミニウムモデルを使用して、今回にたどり着いています。

Apple Watch を使用する前は腕時計が好きで、グランドセイコー等、50万超の時計を数本持って使いまわしていましたが、今はこれらの時計はまったく使わなくなり、オンもオフもApple Watch 一筋という状況です。

仕事柄、デスクワークが中心で、常にPCを触っています。また、クライアントの社長や部長クラス等とも会ってお話しする機会も程々にあるため、身なりにはある程度気を着けています。

メリット

Apple Watchを使用したことがない人向けで書かせてもらえれば以下です。

①電子決済が便利
suicaやiD決済を常に使用しているので、財布を取り出す機会が少なくなって非常に便利になりました。また、お金を下ろす機会もだいぶ減ったので、銀行のATMに行く機会もかなり減りました。ATMが長蛇の列になっているのを見るとこの時間も浮かせられているのだなぁと思います。

②気付いたらライフログが残っている
私は週に1回のランニングをしたりしていますが、これらがしっかりと残され、iPhoneにシームレスに残るのは非常に便利ですね。Apple Watch を使用する前はEPSONのスポーツウォッチを使用していましたが、いちいち同期を取らないといけないなど、使い勝手はあまり良くなかったです。また、睡眠の記録等も詳細に残っているのもいいですね。

③文字盤を変えられる
その日の気分で文字盤を変えられるのは、腕時計にはない最大のメリットですね。特に新しい文字盤のカリフォルニアは個人的に大ヒットです。仕事の時はこれを多用しています。逆にオフの時は、インフォグラフモジュラーですね。

series4アルミニウムモデルとの対比では以下のメリットを感じます。

①常時表示ディスプレイはやはり便利
ふとした瞬間に時間を確認したいなと思っても目線を下にするだけで、時刻が表示されているのは、やはり便利です。特に、打ち合わせでタイムキーパーもしつつとなる時にさっと時間を確認できるのは良いですね。普通の腕時計であれば当然なんですけどね。。。
個人的にはこれだけで買い替えた価値があります。

②チタニウムモデルの高級感
高級感に関してはうぉずさんのレビュー写真が参考になると思いますが、いやらしい光沢もなく、スーツやジャケットスタイルにばっちり合います。また、サードパーティーのレザーバンドも合いますね。仕事をしていてもテンションがあがります。

③edition文字盤の高級感
チタニウムモデルには限定の文字版の色editionがあります。これが、高級腕時計のような色合いで個人的に非常に気に入っています。

デメリット

デメリットは充電が必要というくらいでしょうか。

また、電池の持ちは、購入当初は1年使ったseries4よりも悪くなったと思いましたが、最近は安定してきたのか、常時表示ディスプレイオンでもseries4と遜色なくなってきました。

まぁ機械式時計も使用するか巻き上げないといけないので、一手間かかるという意味では一緒ですけどね。

おすすめしたいかどうか

Apple Watchを購入して、ランニングをもっとしたいと思うようになったり、出かける際の荷物削減に寄与したりと間違いなく生活が変わりましたので、持っていない方には間違いなくおすすめです。

また、series3までとは液晶サイズや動作の速さも改善されていますので、series3以前との買い替えも間違いなくおすすめです。

逆にseries4からは常時表示ディスプレイやeditionでの新素材に興味がないのでしたら、買い替えの必要はないと思います。でもチタニウムモデルの高級感は止められませんね!

長くなりましたが、参考になれば幸いです。

レビュー12「念願の初Apple Watch」

去年のSeries 4から気になっていたものの、MacBook ProやiPhone XSを購入したので買えなくなり…やっと手に入れました!!

初のApple Watchということもあり、1番安価なゴールドアルミニウムケースの40mm(GPSモデル)を購入しました。

※スペースグレイで統一してきた私ですが、後々母に譲ることも考えゴールドにしました。

メリット

●軽い!
着けているのを忘れるというか、もう体の一部になっていて充電中の着けていない時がめちゃくちゃ違和感あります。

「ステンレスは重い」というレビューを見るけど、ステンレス44mmでも苦にならないのかな〜?と他のモデルにも興味があります(笑)

●画面がキレイ!
正直、ここまでキレイだとは思っていませんでしたm(._.)m
こんなにちっちゃいのに…感動(ToT)

●バッテリーの持ち
よく「毎日充電しないといけない」というレビューを見て覚悟していたからかな?私の場合まだ使いこなしていないので、ほぼ1日置きで充電しています。意外と持つんだなーと思いました。

●交換可能なバンド
気分やTPOに合わせてバンドが替えられるのは便利!

でも、純正のスポーツバンドは大丈夫なのに非純正のスポーツバンドでアレルギー反応を起こしたので、肌の弱い方やアレルギー体質の方は注意が必要だと思いました。あ、あとSeries 4の時とは違ってケースとバンドを自由に選べるようになったのは、すごく嬉しかったです。

●文字盤の種類が豊富
こちらもTPOに合わせて変えています。

これは常時表示されているゆえ、インフォグラフで色んな情報を他人にジロジロ見られたくないので、ミーティングの時などは時間のみの文字盤にしています。

●PayPay支払い
私がよく利用するコンビニはセブンイレブンなんですが、セブンイレブンアプリの会員コードやクーポンをiPhoneで表示させて、支払いはApple Watchでできるので、わざわざiPhoneの画面を切り替えなくて良い♪

店員さんにも「カッコイイ〜」と言われます(笑)

※私はApple Payを使っていませんが、Apple Payの使用に関しても”メリット”になるんだろうなと思います。

●健康意識が高まる
もともと健康管理アプリを幾つか入れていたぐらいなので健康意識が低かったわけではないですが、さらに高まりました。
自分の睡眠状態を知ることができて、満足しています。

●iPhoneを出さなくても良い
仕事中LINEがきた時も手首を見るだけですぐに確認&返信すべき内容か見れるし、家事をしている時にかかってきた電話もすぐとれます。

●有料アプリの代わりになる
私は「Runtastic Road Bike Pro」をずっと使っていたんですが、いつぞやのアップデートから調子が悪くなり、ちょくちょくワープするように…(°_°)

まともな記録がとれないので代わりのアプリを探していましたが、Apple Watchがあればワークアウトで記録できるので最高。

●転倒検出機能がある安心感
自転車の乗り降り時、時々ふらつくことがあり実際に自転車ごと倒れて怪我をしたり、家にいる時でも立ちくらみや貧血で倒れて怪我したこともあるんですが…(笑)

倒れて意識を失ったりした時には緊急通報してくれるので安心だと思います。

デメリット

●心電図機能や血圧測定ができない
これができたら、もっと良いのに〜!同時に即、母にも買って着けさせるんだけどなー(>_<)

●Siriが遅い!!
これはiPhoneを出して、iPhoneのSiriに頼んだほうが早いです。

でも車の運転中など、iPhoneを触れないので今まではiPhoneに聞こえるように叫んでいましたが手首にそっと話しかけるだけでSiriが使えるのは便利です(笑)

●周期記録が少し使いづらい
以前から他のアプリを使っていて、そっちが使い慣れているということもありますが…
症状の種類が少ないのと、服薬記録を残せないので今まで使っていたアプリが使いやすいなーと感じています。

これからもっと使いやすくなっていくことに期待!

オススメしたいかどうか

健康管理をしたい方には間違いなくオススメ。あとは、iPhoneを置きっぱ or 入れっぱにして着信に気づかないことが多くて困っている方や主婦の方にもオススメです。

レビュー13「中学生です。」

・自己紹介

日本在住中学生です。親にスマホを買ってもらえなかったことに怒りを覚え2018年にiPod touchを購入しました。その時から、Appleについて興味を持ち始め、たまたま読んでたスティーブ・ジョブズの本の影響もあり、Apple信者になりました。

2018年秋に発売されたMacBookAir2018を購入し、2019年秋には、AppleWatch series5と、iPhone11 Proをこ運輸しました。

Apple Watchは初めてです。

・現在所持しているApple製品
MacBook Air2018 Retina Display スペースグレイ、ストレージ256GB、メモリ8GB
iPhone11 Pro スペースグレイ、ストレージ256GB
AppleWatch series5 スペースグレイ、アルミニウム、ブラックベルト、44mm
Air Pods 第1世代
iPod touch 第6世代
(Beat X ブラック)

メリット

今回購入してメリットに思ったのは、4つあります。3つは、どのAppleWatchにも共通開いているかもしれませんのでご了承ください。
 
1つ目は、エクササイズで体をたくさん動かせるということです。iPhoneでも歩数とかは測ってもらえますが、学校にいるときなどは鞄に入れていていつも持っているわけではありません。また、運動量とかも測れません。

しかし、AppleWacthだと常に身につけているので、少し動くのも測ってくれるし、運動量が足りないと思ったら下校途中でいろんなところを回って行ったりするので、運動量が増えました。

2つ目は、普通の時計でなく通知をしてくれる時計だということです。普段通知が来たときだとiPhoneを開いてしまったり、通知が来てるか確認するために開いたりします。

しかし、一旦開くと画面には魅力的なアプリで埋め尽くされています。その欲望に勝つことは無理です。

しかし、AppleWatchに通知が来るとiPhoneを開かないでいいので無限の泉に引っ張られるkとはありません。もし、その通知が大事だったり、すぐに返信すればいい時はiPhoneを開けばいいし、必要ないなと思ったら家に帰ってからまとめて返信すればいいです。

そんなこともあり購入した後のスクリーンタイムと前のスクリーンタイムを比べると、購入後の方が1時間ほど減っています。また消オンモードだと振動での通知なので大事な話し合いを邪魔なく進められます。

3つ目は簡単に時計のバンドを取り外しできることです。ランニングとかを体育の授業などで行いすぐにバンドを洗いたいけど、本体はできればぬらいしたくない時に、便利です。

4つ目は常時点灯機能です。僕が学生だからかどうかわかりませんが、学校の授業中とかに文字盤をつけるためにタップは注視したりしていると先生に勘違いされたりするのでちょい見ができるのはすごく便利です。

また、公式HPにあるように通学時に混雑している電車で時間を確認するのも簡単です。そして何よりも、暗いところで、明るい色で常時点灯されると困りますが、見てない時は、暗い色でバッテリーの消費を抑えた表示方式なので部屋の封印気を交わさないでいいです。

デメリット

デメリットは3つあります。

1つ目は、スポーツバンドのマット感やデザインは一番好きなのですが、ランニングなどのワークアウトをすると、汗がたまってしまうことです。

バンドを交換すればいいだけの話ですが、スポーツバンドを購入しようと思っている人にとったら大事かなぁと思ったので書きました。ちなみに、つけ始めてから1週間くらいは、腕がその影響で荒れて汗もができました。(僕が肌が弱いだけだと思いますが。)

2つ目は、本体の裏面にあるセンサー類のガラス部分が、指紋や、腕についてる微量の皮脂油とかで汚れることです。位置も外す前にきれいにするのですがそれが面倒です。でもしないのも汚くなってしまって嫌なので、もうちょっと素材を考えて欲しいなぁと思います。

3つ目は、机の上で付属の充電ケーブルを置いて充電していると、AppleWatchのスピーカー部分のあたりに埃がたくさんくっついてしまうことです。ずーと奏しているといつか壊れそうなのでそこは心配です。しかし、埃がないところで充電すれば大丈夫です。

オススメしたいかどうか

オススメしたいのは下記の人たちです。

・今までの生活から決別して新しい自分になりたい人
・無駄にスマホを見てしまって時間を奪われている人
  
買わないでいいのではと思う人。
 
・あまりスマホを見ない人
・時計を充電するなんてふざけるなって思っている人
・Androidが好きな人

【最後に】

iPhoneを使っている人は、AppleWatch series5を購入して損はしないと思います。僕は4を購入してないので、どのくらいアップデートしているかわかりませんので、4からの買い替えが良いとは言えません。

そこを了承した上で購入していただけたらなぁと思います。Apple製品の購入をサポートできたことを嬉しく思います。

レビュー14「自分の意識を変えてくれます」

うぉずさんこんにちわ!

やっとこさ買えたApple Watchもそろそろ3週間〜経ったのでレビューを投稿させて頂きます!

・私が買うに至った経緯

うぉずさんはご存知のように、iPadかApple Watchどちらを買うか迷っていて質問した経緯がありました。(うぉずさんのblogに詳しく記載あり)

当時はMacBookpro2018の8gbとiPhoneXRを所持。結論はうぉずさんにApple Watchがおすすめと言われたにもかかわらずiPad Airを先に購入しました。

ちなみに、スペースグレーの40mm アルミを買いました。44はデカすぎて店員さんに止められました。

メリット

1.便利andお洒落

社会人になると腕時計はマストになってきます。そんなときに時間はもちろん、気温、自分の睡眠の質問…この子一つでなんでもわかる…めちゃくちゃ便利なうえに、見るだけでテンションが上がる!基本ドヤ顔になります。

2.Suicaの便利さが半端ない

私は右手に Watchをつけているので改札、コンビニでのSuica払いが半端なくスムーズです。

特に駅でサッと何か買いたい!(営業の移動中で時間があまりない!)というときに財布を探す、取り出す手間が減るだけで、なんというストレスフリー!を感じるとことができます。

iPhoneやSuicaのカードも同じでしょ?と考える方も多いと思うのですが、何かを取り出す動作がないというのは、思っている以上にストレスを感じないものです。出来うるものならApple Storeで買い物レビューとかできるイベントあればいいのに…

3.ボイスメモ北ー!!!!

Apple Watchのボイスメモ!!!!
これ!!!!ほんとおすすめです!!!

私は仕事上、議事録が必要な会議、営業が大量にありそのたびにメモを取っていたり、iPhoneを持ち込んでバレないように録音…などしていたのですが、、メモ→会話早すぎて書ききれない。

iPhone→ぶっちゃけでかい、スーツから見える。操作するタイミングが難しい。
など問題山積みでした…

しかしApple Watchなら…?

スッ…ポチッ…録音…

擬音ですみません。でも本当こんな感じ。

できれば1時間くらいの議事録もボイスメモから文字に変換できるアプリなどが出てくれるとApple Watchは神の子になります…どなたかご存知ないでしょうか…

4.あとはみんな言ってるんですが健康面など

このあたりは皆さん仰ってるので割愛しますが、だらけてるときに、キエさん、昨日はあまり動いてませんね?と叱られるとドキドキしますね…笑

有難いです。

デメリット

1.充電が思ったより早く減る

私の充電のタイミングが悪いのか…お風呂の時と仕事中に30分ずつは充電しないと一日は保たないですね。(残り20%ギリギリになると焦るのもあります。)

寝ている時も計測したいので…営業で外回りの時が大変です。

2.これはデメリットと言えるのか…

①LINEの通知が来ない?!

私は仕事や友人の関係で殆どの連絡がLINEです。

うぉずさんにも相談したのですが、LINEの通知がバグっていて、うぉずさんや皆さんが言ってるみたいに、通知がしっかり来てiPhoneいらないよ〜!までは到達してません。

ん?なんかきてた??くらい…
みんなどうやってるの???

*LINE社に相談したところ、なんでこのバグが起きてるかわからんとのことでした。

②ボイスメモがiPhoneと同期しねえ!!

Appleのコールセンターにも相談しましたがなぜか Watchで録音したボイスメモがiPhoneに行きません!!これは死活問題!!Apple Watchのボイスメモは早送りができないんです!!なのでじっくり聴きたいときはiPhoneから聞くしかないのに…

なぜかiPadには同期されるので、iPadから聞いてますが、我が社はiPadの持ち込み禁止。家で作業しなきゃいけないのが残念です…

③諸々の設定に時間がいる

どのガジェットにも当てはまりますがApple WatchだけでなくMac等の同期がうまくいかずいろんなアプリでうまく連携しない時があります。これは、しっかりApple製品と向き合って設定する時間が必要なのですが、なんせ時間がない。

しかし、おすすめのアプリ取ろう〜!

あれ?うまく同期しないぞ?なんで??

というのはなかなか時間がないと辛い…できることなら3日ほどうぉずさんと共にすごして全てのApple製品の設定を教えてもらいたいと思うくらいです。あかんけど。

④ズボラの限界値を超えていると健康面のメリットを潰す勢いで意味がない

これは私のズボラが原因ですが、 Watchにいくら言われようが運動しない人はしません。Watchを買ったから運動するようになった!

は元から自分のやりたいこと等に時間を割ける方、時間の使い方が上手だったり、習慣化することに長けていたり…しっかり生活できている方です泣!

極度のズボラの方がこれをつけたから生活が一変するわけではありません。

Apple Watchはあくまで、サポート。最後は自分の意志です。(これ全部私の話です。なので小さな習慣の本買おうと思います。泣)

オススメしたいかどうか

デメリットめっちゃ書いてますけど、おすすめします。いわば、Apple Watchは自分の意識を変えてくれる一助になります。

  • スケジュール管理をしてみよう
  • 運動してみよう
  • ライフハックを試してみよう

人が何かを動き出す理由をくれます。

既に上記のことが出来ている方は、相棒として生活の細かなストレスを除いてくれる存在になります。私がズボラで怠けすぎて、そこまでの設定ができてないんですけども!!!泣

なので、私のようなタイプにはまず意識を変える手助けをしてくれます。充電だけは忘れないで…

レビュー15「おそらく史上最も、使い手の人生に寄り添うコンピューター」

【前文】

「AppleWatch Nike Series4」から「AppleWatch Nike Series5」に買い替えました。

このブログでは最も推奨されていない買い物の仕方です(苦笑)。

しかし全く後悔はしていない。

メリット

• 念願の常時点灯ディスプレイ!
Series4までイチイチ腕を大仰に動かさなければ時間確認できなかったのが、ヒョイと覗き込むだけでOKになりました。

特に公共交通機関の中で、吊り革に捕まっている時には大いに助かる機能です!

もっとも、腕時計として当たり前のことがようやく出来るようになっただけとも言えますが。

• 電話を絶対に取り逃がさない
これはSeries5に限らずAppleWatchそのもののメリットですが、手首の振動で電話の着信を教えてくれるので、まず気付かないという事が有りません。

iPhoneだけだとバイブに気付かないという事はしばしばでしたし、かと言って着信音を高らかに鳴り響かせるのも周囲に対し憚られました。

• 痩せます、絶対に
正確には「積極的に運動をしたくなるので、結果的に健康な体を手に入れることができる」ですが。

自分は約一年前、Series4を手に入れたのとほぼ同時期に、近所のプールに通い始めました。

ほぼ毎日通い続けて一年の時が経ち、気になっていた脇腹のタプタプはすっかり削げ落ち、反対に肩や二の腕には程よく筋肉がついて体全体のバランスが良くなりました。周囲にも「なんか痩せたね」と言われるようになりました。

基本モノグサな自分が、一年もの長きに渡ってこれだけの運動を続けることが出来たのは、間違いなくAppleWatchのお陰だと断言できます。なんせ来る日も来る日も飽きもせず、アクティビティリングを閉じるよう叱咤激励してくれましたから…

デメリット

• 日差しの下では時間確認がしづらい
特に常時点灯モードの時ですが、日中の屋外では文字盤がほとんど見えず、アクティブにして確認するという事がよくありました。

バッテリー持続時間とのトレードオフで仕方のない部分ではありますが、今後の技術革新に期待したい所です。

オススメしたいかどうか

そもそも論になってしまう様で大変恐縮なのですが、ここまでお読みいただいた読者の方は、どちらかというと「買うか買わないか」ではなく「九割方買う意志はあるんだけど、もう一つ背中を押してもらいたい」と考えているのではないでしょうか?

そんな悩めるあなたに、自分から送る言葉はただ一つ。

「迷わず買えよ、買えば分かるさ。」(まんまパクりやん)

…いや、その、マジで一度使えば手放せなくなること受け合いですよ?

なお現時点でSeries3とSeries5を選択することができますが、自分としては”5″が断然オススメです!

確かに”3″の19,800円は魅力的ですが、いざ買ったとして、3日ほど使った後に「やっぱり”5″にしとけば良かった…」と思わないとも限りませんから。

やはり文字盤は見たいときにいつでも見られるのが、想像以上に使い勝手に影響すると思います。

いずれにせよ一人でも多くの人が、その身にAppleWatchを装着して街中を闊歩する。そんな明日の世界を、現行ユーザーの端くれとしては強く願って止みません。

どうかそこにいるあなたが、その新しい一人となってくれますように。

以下駄文。

この一年、AppleWatchを使い続けてきて、自分なりに何となく分かってきた事があります。

それは冒頭のタイトルでも触れましたが、そもそもAppleWatchの本質とは、かつてないほどに「使い手の人生に寄り添うコンピューター」なのではないかという事です。

現在、全世界の人類にとって一番身近なコンピューターといえば、言わずと知れたスマートフォンですが、それすら一旦手から離れてしまえば単なる板と化し、ユーザーとのつながりは絶たれてしまいます。

しかしAppleWatchは違います。一旦手首に巻けば、その瞬間から使い手の心拍を検知し、常に入力データとしてプログラム内で処理し続けます。

心拍=心臓の鼓動とは、言わば「人間の命」そのもの。

つまり我々は、「命」を通じてAppleWatchというコンピューターと繋がっていると言っても過言ではないのです。

昨今、AppleWatchの心拍センサーにより、世界のあちこちで命が救われたという素晴らしいニュースを目にする機会が増えました。

AppleWatchは常に使い手の健康状態を見守り、我々が一分一秒でも長く活動的に生きてゆくためのサポートを請け負ってくれます。

しかもAppleWatchは(機能が限定された専用デバイスと違って)小さいながらもあくまで汎用コンピューターなので、プログラム(アプリ)の追加によりアイデア次第で無限の拡張性を備えています。

これはいささか極端な例ですが、心拍の間隔が徐々に開いていく状態を検知することで、使い手の命の火が消えたことを判断し、ネット上でつながる人たちに向けてお別れのメッセージを送信するという事すら、実現することが可能なのです(自身は実行結果を知る由もないのが大変残念ですが)。

この手首の上にチマっと乗っかった小さなデバイスには、それを世に送り出したAppleの「人々の人生を幸せに導く手伝いをし、それにより人類社会をより良いものに変えていこう」という確かなメッセージが込められている気がしてなりません。

かつてスティーブ・ウォズニアックがAppleIを完成させたとき、それを見たスティーブ・ジョブズがこれを一部のマニアだけではなく幅広い一般の人達にも使ってもらうことで、コンピューターによる「知の拡張」を世に広めようとし、結果AppleIIが誕生しました。70年代半ばの事です。

続く80年代にはMacintoshによるGUI操作で、人々を難解なコマンド操作から解き放ちました。

90年代にはPowerBookでコンピューターを使う場所の制約すら解き放ち。

2000年代にはいよいよiPhoneの登場で、遂にコンピューティングを手のひらにまで手繰り寄せました。

そして2010年代、AppleWatchによってAppleは「コンピューターと人間との、より高度で密接なつながり」、言わば「Computer 2.0」という概念にその足を踏み出したと言えるのではないでしょうか。

そう考えると、今も手首の上でじっと静かに佇んでいるAppleWatchに対し、この時代に出会えたことへの感謝とともに、底知れぬ畏敬の念すら湧いてくるのです。

以上、取り留めもなく書き綴りましたが、いい加減長くなりすぎましたので、
そろそろキーボードを叩く手を休めたいと思います。

ここまでお付き合いいただき、本当にありがとうございました。

レビュー16「最高。とにかく最高。」

まずはじめに、このような機会を提供してくださったうぉずさんに感謝いたします。

発売から遅れること8ヶ月、Apple Watch Series 5を購入しましたのでレビューします。私はApple Watch Series 4も購入していたのですが、画面が傷だらけになってしまって萎えたので勢いでSeries 5も購入してしまいました。購入したモデルはSeires 5 40mmアルミケースのGPSモデルです。一番安いやつ。(笑)

メリット

・美しい
まずとにかく美しいですね。画面といい、アルミの側面といい、とにかく最高です。つけてるだけでテンションが爆上がりです。

・動作がサクサク
私はSeries 4も所持していますので、4とはほぼ一緒ですが、3以前のモデルと比べると明らかに動作がサクサクです。アプリ一覧を表示するときや、アプリを起動する時、スクロールする時などどの操作でもサクサクです。3以前だと、動作に引っかかりがあったり起動が遅かったりして意外とストレスになっていたので、やはり素直にこの点は嬉しいです。

・使える文字盤の種類が多い
これもSeries 3との比較になってしまうのですが、使える文字盤の種類が圧倒的に違います。どの文字盤も非常に美しくて素晴らしいのですが、やはりおすすめはインフォグラフです。情報量が非常に多く、この文字盤を使っていればあまりアプリを開く必要がありません。あとはカリフォルニアですかね。デジタルデトックスもできるし、あまりスマートウォッチ感がないので最高。

・常時表示が最高
Seires 5の目玉機能はやはり常時表示Retinaディスプレイです。今までは、「別に腕を傾ければ画面がつくんだからいいじゃん」って思っていましたが、使ってみるともう常時表示以外は考えられません。一番いいのはチラ見ができることですね。時間を気にしてると思われなくて済みますから。

あと、自転車に乗っているときも、ワークアウトの画面が見やすいですね。今までは時間や心拍数などを見ようとすると一度止まるか腕を傾ける必要があったので、これがなくなるだけでもSeries 5に買い換える価値はあると思います。

・コンパスで道に迷わない
あと、意外とコンパスが便利です。マップなんかで進む方向を迷わなくなりました。

デメリット

・バッテリー持ちは少し悪くなった
やはり常時表示オフのSeries 4と比べるとバッテリー持ちは悪いですね。Series 4の時はワークアウトを記録しないで普通に使うと寝る前に60%ぐらい残っていて、その次の日も充電せずに使えましたが、Series 5で常時表示をオンにすると同じ使い方をしても50%ぐらいしか残らないので、今は毎日充電しています。(もしかしたら美しすぎてずっと触ってるからかもしれませんが)

・心電図まだ?
早く認可してください、厚労省!

ただ、上の2つはあえて挙げればという感じなので、私的には大きなデメリットは「なし!」

おすすめできるかどうか

・Seires 4を持っていて、腕を傾けて時間を見ることにストレスを感じていない
すぐに買い換える必要はないかも。ただ、Series 5で追加されたチタニウムやセラミックなどの素材に魅力を感じたのなら買いましょう(笑)

・Series 3 以前を持っている
やはりこの場合は使える文字盤の種類が増える、動作がサクサクになるといった点で買い換える価値はあると思います。また、この場合だとバッテリーがヘタってきていることが多いので、ヘタリを感じていれば買い替えたほうがいいと思います。

・Apple Watchを持っていない、他社製のスマートウォッチを持っている
この場合はかなり安く併売されているSeries 3と迷うと思います。ただ、Seires 3の場合、Apple Watch の紹介ページなどで掲載されている文字盤は使えないものがほとんどです。Seires 5の広告に載っている文字盤が使いたい!といった場合はSeries 5をおすすめします。Apple Watch が生活に馴染むかわからないといった場合はとりあえず安く売られているSeires 3を買ってみましょう。

まとめ
何が言いたいかというと、最高、とにかく最高。これに尽きます。

最後に:ただ楽しみたいだけ by管理人

私はたくさんのレビューを集めたい。

それは、読者さんのためになる。というのも理由の1つではあるが・・・

何よりも私が皆さんのレビューを見たい。いろんな人の意見が聞きたい。ただ、それだけ。

もし、あなたがApple Watch Series 5を持っているのであれば、ぜひ、レビューを投稿してみてほしい。いや、お願いします。本当に楽しみにしています。どうかよろしくお願い申し上げますm( )m

みんなのレビューを見ながらみんなでワイワイするの楽しそうだなぁ〜!とワクワクしている。

一緒にAppleを楽しもう!!!

レビューの投稿はこちら。

メール。
[email protected]

Twitter。(DMがベターです)
https://twitter.com/appleshinja_com