管理人管理人

11インチと12.9インチiPad Proはどちらが買いだろうか?当記事では重要な比較ポイントを3つお伝えした上で、どちらがオススメかを独断と偏見でお伝えしたいと思う。私が全力でオススメしたいモデルは・・・[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月21日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

【結論】オススメのモデルはこっち!

まず、独断と偏見で、あなたにオススメしたい機種をお伝えしておこう。

私がオススメしたい機種はズバリ!!

12.9インチiPad Pro(2018)だ。

もう、これは本当に声を大にして言いたい。私は長らく9.7インチiPadを愛用してきて、12.9インチiPad Proへの買い換えたのだが、一度、12.9インチiPad Proを使うともうやめられない。

その理由については後述するが、とにかく私があなたにお伝えしたいのは、12.9インチiPad Pro(2018)だということを頭に入れた状態で以下読み進めていただければ幸いだ。

※こちらの記事も要参考→ 【批評レビュー】新型11インチiPad Pro(2018)を全力でオススメしない10の理由

何が違うの?7つの比較ポイント

まずは、11インチと12.9インチiPad Proの違いについてお伝えしていこう。

ただし、この辺りはAppleの公式サイトを見ると分かりやすい比較表が掲載されているためそちらを参考にすれば分かる。

→iPad比較ページはこちら(Apple公式)

ゆえに、比較ポイントについては私が思う重要な違いのみをピックアップしていこう。(というか違いは3つしかない)

比較1、価格

・12.9インチiPad Pro(2018)

Wi-Fiモデル
64GB111,800円(税別)
256GB128,800円(税別)
512GB150,800円(税別)
1TB194,800円(税別)

Wi-Fi + Cellularモデル
64GB128,800円(税別)
256GB145,800円(税別)
512GB167,800円(税別)
1TB211,800円(税別)

・11インチiPad Pro

Wi-Fiモデル
64GB89,800円(税別)
256GB106,800円(税別)
512GB128,800円(税別)
1TB172,800円(税別)

Wi-Fi + Cellularモデル
64GB106,800円(税別)
256GB123,800円(税別)
512GB145,800円(税別)
1TB189,800円(税別)

モデルと容量にもよるが、おおよその価格差は2万円と考えると良いだろう。

比較2、サイズ

・12.9インチiPad Pro(2018)
高さ
280.6 mm

214.9 mm

・11インチiPad Pro(2018)
高さ
247.6 mm

178.5 mm

このサイズ感については個々により感じ方は違うとは思うのだが、私はこのサイズ感で12.9インチディスプレイを持てるなら12.9インチを使うべきだと思う。

比較3、重さ

・12.9インチiPad Pro(2018)
(Wi-Fiモデル)
631 g
(Wi-Fi + Cellularモデル)
633 g

・11インチiPad Pro(2018)
(Wi-Fiモデル)
468 g
(Wi-Fi + Cellularモデル)
468 g

重さの違いは163gだ。この重さの違いを感じるかどうかも個々によるとは思うのだが、私は・・・

やっほうぅぅぅぅぅ!!!

こんなに軽く12.9インチiPad Proを持ち歩ける時代が来たぁぁぁぁぁぁ!!!

とワクワクしている。

あなたが12.9インチiPad Proを買うべき3つの理由

なぜ、私が11インチではなく12.9インチiPad Proをオススメするのかをお伝えしていきたいと思う。

理由1、12.9インチiPad Proが素晴らしすぎるから

私は、12.9インチiPad Pro Loverだ。

とにかく、12.9インチiPad Proを愛している。1年間ズタボロになるまで使い続けてきた。

今では傷だらけ。

だからこそ、強く強く言えることがある。絶対に画面サイズは12.9インチの方が良い。実際、私は9.7インチディスプレイサイズを愛用してきたが、もう小型なiPadに戻ることはないと思う。

なぜなら、iPadで行う操作のほとんどは大画面ディスプレイで最大限に効果を発揮するからだ。

あなたがiPadで行うことはなんだろうか?おそらく、私が想定する多くの人のiPadの使い方は以下の操作が大部分のはずだ。

  • ブラウジング
  • 電子書籍閲覧
  • 動画閲覧
  • PDF閲覧
  • SNS閲覧

これらの操作を行うなら画面が大きい方が圧倒的に作業が効率化される。特に12.9インチディスプレイで行う高速ブラウジングは神。

とんでもない情報量を大量に一度にさばけるようになる。

こんな感じ。

(写真では世界一のブラウザアプリ「Smooz」を使っている)

ぜひ、下記の記事も読んでみて、12.9インチiPad Proの魅力に気づいて頂ければ
幸いだ。

【完全レビュー】Apple信者が12.9インチiPad Proを1年使ってみた。

理由2、12.9インチとサイズ差がほぼないから

従来の12.9インチiPad Proの欠点は、「サイズ」「重さ」が原因だった。

だが、12.9インチiPad Pro(2018)はベゼルを極限まで狭くしたことにより、11インチiPad Proとほぼ変わらないまでのサイズ差と重量差に仕上げることが可能となった。

実機を見てどれほどの印象を受けるかが重要にはなってくるだろうが、もし、あなたが12.9インチiPad Proに対してそれほど「大きすぎる!」という印象を受けないのであれば、ぜひ、12.9インチiPad Pro(2018)を使ってみてほしい。

大画面で動画を見たり、ブラウジングしたりするのは本当に快感。

理由3、小型iPadが欲しいなら他の選択肢があるから

私は11インチを買うくらいなら、12.9インチiPad Proを買う方をオススメする。

だが、小型なiPad Proが欲しい人もいるだろう。

その場合は、「iPad(2018)」「10.5インチiPad Pro」の購入の検討を強く強くオススメする。

これらのiPadであれば、性能もいい上に、ディスプレイサイズもほぼ変わらないiPadが、11インチiPad Proよりも3万円〜5万円も安く購入することができる。

価格を参考までに紹介すると・・・

・iPad(2018)

Wi-Fiモデル
32GB 37,800円(税別)
128GB 48,800円(税別)
Wi-Fi + Cellularモデル
32GB 52,800円(税別)
128GB 63,800円(税別)

・10.5インチiPad Pro(整備済製品)

Wi-Fiモデル
64GB ¥58,800 (税別)
256GB ¥73,800 (税別)
512GB ¥91,800 (税別)
Wi-Fi + Cellularモデル
64GB ¥71,800 (税別)
256GB ¥86,800 (税別)
512GB ¥104,800 (税別)

いかがだろうか?

11インチiPad Proでどうしても新型Apple Pencilを使ってみたい人以外には私は上記の2製品の検討を強くオススメしたい。

何も「安いモデルを買え!」と言っているわけではなく、無意味に最新の一番高い製品を買うのではなく、「Mac」「AirPods」「Apple Watch」などにも資金を投じて欲しいからこそ私はコスパを重視した買い物術をお伝えしている。

Apple製品は組み合わせてこそ最高の効果を発揮するからだ。高価なiPad1台だけを使うのでは、魅力の50%も味わうことができないだろう。

この辺りのApple製品ならではの連携機能は以下の記事を参考にしてみてほしい。

【2018】作業効率MAX!Apple製品の連携機能14つを完全解説|AirDrop、純正アプリなど

価格差と性能差についての詳しい比較は、以下の記事で行なっているのでぜひ目を通してみて欲しい。

コスパ最強はどれ?iPad(2018)、10.5インチ、9,7インチiPad Proを比較

11インチiPad Pro(2018)を購入した方がいい人

11インチiPad Pro(2018)を買うべき人はこんな人たちだ!

1、持ち運びが多い人

持ち運びが多いのであれば、間違いなく11インチiPad Pro(2018)の方がオススメだ。

重量の違いについては前述したように164グラムほどの違いしかない。だが、この164gがくせ者だ。ほぼ変わらないといえば変わらないのだが、人によっては、ちょっとした時にiPadを持っていくかどうかの分かれ目となる可能性がある。

「今日は使わなさそうだから、持っていかなくていいか。」そう思った時に限って持っていっておけばよかった、と思うことは多々ある。

だからこそ、持ち運びが多いのであれば11インチiPad Pro(2018)がオススメだ。

いつでもどこでも、ブラウジングをサクサクと行い、電子書籍を読み漁り、暇つぶしにYoutubeを見るなど、使い方はいくらでもある。

11インチiPad Pro(2018)を常にあなたの日常のお供にすることで、あなたに入ってくる情報量はどんどん多くなってくるし、その結果、あなたの人生はより豊かになる。常に持ち歩くということは極論を言ってしまえばあなたの人生を変える可能性があるということだ。

さらに、自宅やオフィスで使う時に片手でサクッと持てるというのもポイントが高い

また、重さだけではなく大きさについてもしっかりと目を向ける必要がある。11インチiPad Pro(2018)であれば大体のカバンには入るだろうが、12.9インチiPad Pro(2018)は持ち運ぶためのカバンを選ぶ。

カバンの大きさと合わせて検討しよう。

2、iPad Proを縦にして使うことが多い人

購入前にイメージはしづらいかもしれないが、12.9インチiPad Proユーザーとして言えることは、縦にして使うと12.9インチiPad Proはやや使いづらいということだ。

なんだろう。

こう。。

視野から飛び出してしまっているので逆に目が疲れる気がする。

ゆえに、私は12.9インチiPad Proを使う場合、95%くらいのケースで横使いだ。

個人的な過去の使い方としては、

9.7インチiPad Pro→縦でも横でも両方使う
12.9インチiPad Pro→ほぼ横で使う

という感じ。

12.9インチiPad Proを横向きで使うのは、「縦にすると持ちづらい」「Split View(2画面機能)を使いたい」という2つの理由が大きい。

特定のアプリでは縦使いの方が見やすかったりするので、その場合には11インチiPad Pro(2018)の方がいいだろう。

3、初めてiPadを買う人

大きすぎて持ち運びが面倒になってきた。

というのが最悪のシナリオだ。iPadはいつでもどこでも持ち運んで、最高の相棒として活躍できるツールなのだから、始めから12.9インチiPad Pro(2018)へ冒険するのではなく、小さいモデルの11インチiPad Pro(2018)を検討するというのは無難な選択としてはありだ。

とは言っても、小さいどころか、十分すぎる大きさなので安心してほしい。

11インチといえば、MacBook Airが以前対応していたサイズなので、「ノートパソコンとしても使えるサイズ感」ということだ。

そんなiPadをいつでもどこでも持ち運めばあなたの人生は確実によくなる。ぜひ、初めてiPadを購入するのであれば、11インチiPad Pro(2018)を。

※ただし、同価格帯なら、個人的には10.5インチiPad Proの整備済製品とAirPodsとApple Watchなどの組み合わせを購入した方が幸せになれると思っている。

12.9インチiPad Pro(2018)を購入した方がいい人

次に、12.9インチiPad Pro(2018)を購入した方がいい人について解説。私は現在、12.9インチiPad Pro(2017)を1年ほど使っているため、実際の使用感も踏まえて書いていきたい。

1、タイピングを行う人

横向きで据え置きにして一気にタイピングを行うのであれば、12.9インチiPad Pro(2018)の大きさは最高だ。

私も2017年版のiPad Proで横向きにして、HHKBと合わせて使っているがこの組み合わせが素晴らしすぎて他のiPadのサイズにはもう戻れなくなってしまった。

もちろん、スマートキーボードを使ってタイピングする際にも12.9インチディスプレイのサイズは作業効率化に大きく貢献する。

私のように、横使いを標準化させてタイピングをしたいなら、12.9インチiPad Pro(2018)は非常にオススメ。文字も大きいし、後述するSplit Viewを組み合わせて使えば、最高の文字入力デバイスとなる。

私のiPadの活用方法はこちら→とある作業効率化オタクの1日【iPadアプリ編】

2、電子書籍を大画面で見たい人

雑誌や漫画を見開き大画面で読めるのは気持ちがいい。

特に私は漫画を横向きにして読むのが好き。9.7インチiPad Proを使っていた時には、変なコマで大事なシーンが切れてしまったりすることがあったが、12.9インチiPad Proを購入してからはそういった事がなくなった。

12.9インチiPad Proで読むONE PIECEや進撃の巨人最高。

3、Split Viewで2画面操作をしてみたい人

これ!!!!!

ちょっと刺激が強いのであまり見せないほうが良いかもと思ったのだが、重要なことなのでご紹介。

iPadは以下のようにアプリを2つ起動させて表示させる事ができる。(一部、非対応のアプリはあるがほぼ全てのアプリが対応)

これが超便利。

  • ブラウザ見ながらApple Pencilでメモを取る
  • ブラウザ見ながらタイピングで文字を打ち込む
  • エディタに打ち込みながらファイルアプリから写真をドラックアンドロップで挿入する
  • 英語辞書を表示させておいて英文を書く
  • ブラウジングしながらメールソフトで返信

などなど、様々なことに使える。

11インチiPad Pro(2018)でも可能なのだが、やはり画面が小さいとそれぞれのWindowsが小さくなってしまうので見づらい。

マルチタスクを行うのであれば、圧倒的に12.9インチiPad Pro(2018)の方が良いだろう。

4、大画面で使いたいアプリがある人

大画面で行なった方が操作しやすいアプリというのはいろんな種類のものがある。

私の元へ届いている報告だけでも、

  • 画像編集
  • 動画編集
  • 絵を描く

などのアプリに関してはできるだけ大画面の方が操作もしやすいらしい。

中には、12.9インチiPad Pro(2018)を使ってゲームをする人もいるくらい。ただし、たまに12.9インチiPad Pro(2018)のサイズにアプリが対応していない事があるので、使いたいアプリがある場合は、サイズに適応できるかどうかを必ず確認しておこう。

5、他の人へ見せる事がある人

私は外国語を勉強する際に、先生や友人に自分が説明したいことを絵にしたり、ライティングで表現したりする。その際に使うのがiPad Pro12.9インチとApple Pencil。これが非常に便利。

サクサクと会話がテンポよく進んでいくし、お互いの理解も早い。

さらに、当ブログで様々な方にインタビューする「プロフェッショナルのApple製品シリーズ」の中では税理士さんが客先でiPad Pro12.9インチに表示されるファイルを見せてあげると非常に喜ばれると話してくれた。

プロフェッショナルのApple製品「税理士編」

誰か他の人と画面を見ながら話す事が多い人には12.9インチiPad Pro(2018)の方が良いだろう。

6、絵を描く人

最後に。

絵を描く人に関しては、12.9インチiPad Pro(2018)の方が良いようだ。画面が大きい方が描きやすいというのもあるとは思うのだが、絵を描くことを仕事にしている方曰く、

Split Viewで参考になる資料を見ながらApple Pencilで絵を描くのが便利すぎる。

とのこと。確かに何か参考にしたい題材があるのであれば、Split Viewで表示させておけば、かなり効率よく絵を描けそう。

絵が好きで描くことに興味があるなら、12.9インチiPad Pro(2018)のディスプレイサイズの大きさを最大限に活かせるだろう。

余談「私は怒っている。」

10.5インチiPad Proを出すべきではなかった。

11インチiPad Proの存在意義が薄れたし、そもそも10.5インチiPad Proを購入した人を馬鹿にしているとしか思えない。

なぜか、毎年買い換えるのを前提にしている人が多いからなのか怒っている人が少ないのが信じられない。ぷんぷん怒っているのは私だけなのだろうか?

もし、私がApple製品にあまり詳しくなく、憧れていたiPadを一生懸命貯めたお金で10.5インチiPad Proを購入していたら・・・怒っていたと思う。大幅なアップデートを控えているのに。。なぜ発売したの?と疑問に思うだろう。

10.5インチiPad Pro発売後の動きは以下のような感じ。

  • 4月にiPad(2018)が発売される→プロモデルだけに許されていたApple Pencilに対応して10.5インチiPad Proの存在意義が薄れる
  • 10月に11インチiPad Pro(2018)が発売される→10.5インチはただのベゼルレスまでの過渡期にある製品として中途半端な製品となる

私は10.5インチiPad Pro発売当時から、「なぜ、ただ少しベゼルを狭くしただけのiPad Proを?」と否定してきたが、それは顧客を無視した販売戦略を行なっているように見えたからだ。

それが少し悲しい。

新型で10.5インチiPad Proを買うと金額だってバカにならないのに。。整備済製品では買うのはありだが、昨年10.5インチiPad Proを購入した方が怒っても無理はないように思う。

総評:カバンに入らない以外は12.9インチがオススメ!!

物理的にカバンに入らないということがない限りは12.9インチiPad Proの方が良い。というか、本気でオススメ。

当ブログには12.9インチiPad Pro愛用者さんたちからの声がたくさん届くが、彼らと私の意見はこうだ。「一度使ったら9.7インチのサイズには戻れない。」

どうか、先入観を捨てて一度、12.9インチディスプレイサイズのiPad Proを使ってみて欲しい。本当に人生が変わる。

ちなみに、私は12.9インチiPad Pro(2018)を買わない。まだ自分の2017年版の12.9インチiPad Proが現役だしサクサク動いているからだ。

だから、もし、あなたが12.9インチiPad Pro(2018)を購入された場合はレビューを聞かせて欲しい。あのサイズ感であのディスプレイサイズ。はっきり言ってめちゃくちゃ羨ましいぞぉぉぉ!!!

11個のカバンを徹底比較!Apple製品に合う究極の鞄はどれだ?【Mac,iPad,iPhone】

【完全レビュー】Apple信者が12.9インチiPad Proを1年使ってみた。