管理人管理人

Appleイベント後に、私は「新型iPad Proはそこまで買う価値ないよ。」と私の友人(Apple好き)や、私の仲の良いビジネスパートナーに伝えた。すると、「えっ、マジで!?」と驚かれた。正直すぎるほどに書いたレビュー記事なので、ややあなたのテンションを下げてしまう可能性があるかもしれないが、どうか最後まで読み進めてほしい。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月21日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

新型11インチiPad Pro(2018)のメリットはたった4つ?

まず、私の方から、予定調和的な新型11インチiPad Pro(2018)のメリットをお伝えしておこう。

  • 画面サイズ大きい!
  • Face IDサクサク!
  • USB-Cで充電可能!
  • Apple Pencil 2対応1

この4つがメリットだ。

おそらくは、多くのメディアやレビュワーさんも同じことしか言わないだろう。だって、本当にこれくらいしかメリットがない。(他にも細かい部分はあるが)

だが、こんなことをダラダラと書いてもなんの意味もないし、予定調和のレビューには価値がない。

当記事では、ここまで辿り着いたあなたのために、消費者目線で、そして、Apple信者だからこそ伝えられることをお伝えしていきたいと思う。

新型11インチiPad Pro(2018)を買うべきではない10つの理由

正直に。誠実に。辛辣に。あなたにも私がリアルの知人に伝えている言葉を正直にお伝えしたいと思う。

ちなみに別記事で書く予定だが、12.9インチの新型iPad Pro(2018)は非常にオススメ。

理由1、プロモデルでもやれることは同じ

新型11インチiPad Pro(2018)モデルと、そうではない無印iPadの違いは何か?と聞かれれば、

  • スマートキーボードの対応
  • 4スピーカー対応
  • Face IDの対応
  • ProMotionテクノロジー
  • プロモデルゆえの満足感


などが挙げられるが、これらのうち、あなたの生活を一変させるような機能は一体どれくらいあるだろうか?

ほとんどの人にとっては「嬉しい機能ではあるが、必要不可欠な機能ではない。」という結論になるはずだ。

唯一違うのは、ProMotionテクノロジーくらいだろう。Apple Pencilの書き心地が微妙に違うため、ProMotionテクノロジー対応かどうかを気にされる方は一定数いるだろう。

ゆえに、Apple Storeなどの実店舗でProMotionテクノロジー非対応のiPad(2018)と書き心地を比較するなどすることをおすすめする。

もしくはこちらの記事を読んでみてほしい→ 【レビュー】新型iPad(2018)とiPad ProはApple Pencilの書き心地が違うの?

だが、多くの人にとってはプロだからこそ必要な機能というのはそこまでない。

iPadで行うことと言えば、

  • ブラウジング
  • 動画鑑賞
  • SNS
  • 電子書籍閲覧
  • Apple Pencilによるメモ書き
  • Apple Pencilで絵を描く

これらがほとんどあろう。これらの用途を考えた時、あなたは本当に新型11インチiPad Pro(2018)が必要だろうか?

私はそうは思わない。

個人的には、新型11インチiPad Pro(2018)に資金をつぎ込むのではなく、後述するような価格差を考慮してiPad(2018)や10.5インチiPad Pro(整備済製品)を購入して、AirPodsやMacに資金を投じた方があなたの生活はよりよくなると思っている。

後々、しつこいくらいにお伝えしていくつもりだが、「Mac、iPad、iPhoneは3種の神器」だと私は信じている。3つ揃ってこそApple製品の最大の魅力でもある、連携機能を最大限に使うことができる。

だからこそ、新型11インチiPad Pro(2018)ではなくMacやAirPodsに資金を投じてほしい。

理由2、あまりにも高額だから

新型11インチiPad Pro(2018)の価格は以下のようになっている。

・Wi-fiモデル
64GB 89,800円
256GB 106,800円
512GB 128,800円
1TB 172,800円
・Wi-Fi + Cellularモデル
64GB 106.800円
256GB 123,800円
512GB 145,800円
1TB 189,800円

一方で、無印iPad(2018)の価格はこちら。

・Wi-Fiモデル
32GB 37,800円(税別)
128GB 48,800円(税別)
・Wi-Fi + Cellularモデル
32GB 52,800円(税別)
128GB 63,800円(税別)

10.5インチiPad Proの整備済製品はこちら。

Wi-Fiモデル
64GB ¥58,800 (税別)
256GB ¥73,800 (税別)
512GB ¥91,800 (税別)
Wi-Fi + Cellularモデル
64GB ¥71,800 (税別)
256GB ¥86,800 (税別)
512GB ¥104,800 (税別)

さて、数字だけ並べてみても分かりづらいので、私がオススメするストレージ容量とWi-fiモデルで価格を比較してみよう。

  • 新型11インチiPad Pro(2018) 256GB 106,800円
  • 無印iPad(2018) 128GB 48,800円(58,800円)
  • 10.5インチiPad Proの整備済製品 256GB 73,800円(33,000円)

()内の金額はそれぞれ新型11インチiPad Pro(2018)との価格差を示す。

理由1でお伝えしたように新型11インチiPad Pro(2018)に絶対必要だという機能はそれほど多くはない。言い換えれば、あなたはこの価格差を払ってまでしてそれらの機能が欲しいだろうか?ということになる。

ぜひ、価格差を考慮して、その資金があれば他の何かに自己投資できないかどうかを検討してみてほしい。(個人的にはAirPodsやApple Watchを手に入れた方が人生が変わると思っている)

【レビュー】Apple Watch Series 4を690時間使い続けて分かった13の真実

AirPodsを1年間使い続けて分かった23のこと【辛口レビュー】

理由3、プロモデルが必要性な人は限られているから

プロモデルである必要がある人というのは限られている。

私が今までに会ったことがあるiPad Proを持つ必要性がある人というのは、

  • Apple Pencilの書き心地に敏感な人
  • 最新製品を使いたい人

くらいだ。

あなたがいずれかに当てはまるのであれば、新型iPad Proを購入しても良いだろう。逆に当てはまらないなら、あなたには新型11インチiPad Pro(2018)はオーバースペックになる可能性が高い。

そもそも、iPadで出来ることは限られているし、仕事に使えるようなアプリは少ない。私はiPadは人生を変えると強く信じてはいるが、それは「インプット用のマシンとして」だと思っている。

「アウトプット用のマシンとして」ならMacが最適なので、新型iPad Pro(2018)ばかりに目を向けるのではなく、Macに目を向けることもオススメする。

Apple Pencilの書き心地にこだわりたいのであれば、新型11インチiPad Pro(2018)ではなく10.5インチiPad Proの整備済製品はコスパも優れているし非常にオススメだ。

コスパ最強はどれ?iPad(2018)、10.5インチ、9,7インチiPad Proを比較

理由4、Apple信者用の製品だから

Apple信者が新型11インチiPad Pro(2018)を買う理由としては以下のものが考えられる。

  • ベゼルレスのiPadを試してみたくなったから
  • 最新のFace IDを搭載したiPadを体感してみたくなったから
  • とりあえずAppleの製品は大好きなので試してみたいから

これらの理由が主になるだろう。

あなたはこれらの共通点が分かるだろうか?

そう、全ての理由に「試してみたいから」という理由が入っている。「必要だから」「仕事で使うから」という理由はあまり考えられない。

私の周りを見ても、積極派のApple信者と思われる人たちはためらいもなく新製品をバンバン購入しているが、それは一部の裕福なApple信者だけだろう。

一般の人という言い方は悪いかもしれないが、Apple信者でもない人には新型11インチiPad Pro(2018)は本当に必要なのか・・・?私にはそうは思えない。その価格に見合った満足感があるとは思えない。

ここで1つ断っておきたいのだが、新型11インチiPad Pro(2018)を購入することは悪いことではない。

Apple製品は魅力的だし、機能性以外にもブランド力が欲しくて買う人も大多数いるだろう。これは特有のブランドにハマった人に見られる傾向でもある。

ヴィトンやグッチなどで全身を固めたり、車を何台も所有する人たちは、もはや機能性ではなく自己満足感で購入しているパターンが多い。

高額な新型11インチiPad Pro(2018)もその部類に入ると思う。

ただ、1つ注意すべきなのは、そういったブランド製品のとんでもない価格と比べるとまだ新型iPad Pro(2018)は手に入りやすい価格に分類される。さらに、ネット上でレビュワーが煽りまくるため購買意欲がそそられやすい製品だ。

買ってしまいたくなる気持ちも分かる。

だが、落ち着いてほしい。

それは、一時的な購買意欲の高まりである可能性が高い。

Apple製品は、iPhoneとiPadとMacを組み合わせて使ってこそ機能を最大限に発揮する。これは私だけの意見ではなく、様々なプロにApple製品の使い方をインタビューしてきた経験から断言出来る。

詳細は、「プロフェッショナルのApple製品」シリーズを参照。

だからこそ、私は「iPad(2018)、もしくは10.5インチiPad Pro(整備済製品)」と「いずれかのMac」の組み合わせを強く強くオススメする。

理由5、おそらくバグが発生するから

そして、おそらくというか、新型11インチiPad Pro(2018)にはほぼ間違いなく何かしらのエラーやバグが出る可能性が高い。Appleは今回、初めてiPadのベゼルを取り払い、Face IDを導入した。

Apple信者の間では当然のように言われていることなのだが、Appleの初物にはバグがつきもの。だから、慎重派の人は手を出すな。というのが安全な買い物術。

実際、ここ数年であれば、

  • 初代バタフライキーボードは故障連発
  • 第二世代バタフライキーボードも故障連発
  • MacBook Pro(2018)は冷却性能が足りずに性能を発揮できず
  • iPhone XのFace IDの精度が悪いとズタボロに言われる

などなど。

Appleは優良企業なので、ユーザーからのフィードバックを元により良いものに仕上げていく傾向にあるのだが、裏を返せば、「新しい性能が搭載された製品にはエラーを覚悟するべし。」ということだ。

こういったエラーに自分で対応できたり、Appleのアップデートを適切に自分で調べて対応出来るのであればいいが、それができなかったり面倒であれば、最低でも11インチiPad Proの購入は1年は待ったほうがいいだろう。

理由6、やれることは一緒だから

はっきり言って初日からこんな事を言うのは多くの人の購買意欲を削ぎそうだしテンションを下げる可能性があるため言いたくはないのだが・・・

新型11インチiPad Pro(2018)を購入しても、無印iPad(2018)を購入しても、やれることは一緒だ。

革新的な機能があるわけではないので、あなたの作業効率が変わるわけではない。

例えば、iPadで行うことといえば、

  • ブラウジング
  • 動画視聴
  • 音楽を聴く
  • 電子書籍を読む
  • 手書きのノートを作成する

などが挙げられるだろう。これらに、新型11インチiPad Pro(2018)でないといけない理由はあるだろうか?

ディスプレイサイズが大きくなることは良いことだが、そこまで生活が変わるほどではない。

まぁ、新しいものが好き好きでたまらない人にとっては生活を毎日ワクワクさせてくれる素晴らしいものになるかもしれないが・・・

理由7、有機ELバージョンが2019年か2020年に発売されるから

これぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!

ほぼ間違いなくくると言われている、神アップデートがこれ。

新型11インチiPad Pro(2018)には有機ELが搭載されていないが、iPhone Xには搭載されている。iPhone XSシリーズにも搭載されている。つまり、そのうち、AppleはiPadにも有機ELを搭載する予定だろう。

しかも、それは遠くない未来だ。おそらくは2019年か2020年に。

有機ELになるメリットは数々あるが、大きなメリットは、

  • バッテリー持ちの向上
  • 目が疲れなくなる
  • 圧倒的に綺麗

というメリットがある。長時間、ブラウジングをしたり、動画視聴することが多くなるであろうiPadだからこそ有機ELのメリットはiPhoneよりも大きいと私は思っている。

1年後か2年後にそんな最高のiPadが発売されるのであれば、まだ買いは待ったほうがいいとは思わないだろうか?

理由8、結局はiPadもMacも欲しくなるから

私は当ブログで3500件以上のコメントに返信してきた。

その経験から断言できる。

絶対に。

絶対に。

絶対に。

あなたはiPadを購入してもMacも欲しくなる。確実に、だ。

だからこそ、高度な作業などを行わないであろうiPadに関してはプロモデルを買うのではなくiPad(2018)を買うなどしてその資金をMacに回すのが賢い。それが、効率的な自己投資方法になる。

私は「プロフェッショナルのApple製品」シリーズで、様々な職業の人々にApple製品の使い方を聞いているが90%以上の人々が「MacとiPadを組み合わせてこそApple製品は効果を最大限に発揮する」と口を揃えて語ってくれている。

もし、あなたがApple製品の最大の魅力である製品を組み合わせて使うことの可能性にほんの少しでも興味があるならこちらの記事を参考にしてみてほしい→ 【2018】最新のApple製品を全比較!組み合わせ完全ガイド※14,000文字超

理由9、コスパ抜群のiPad(2018)があるから

iPad(2018)はiPad史上最大のコストパフォーマンスを誇る名機だと私は信じている。

初代iPad Proが発売され、Apple Pencilが発売されて以来、私はずっとiPad Proを知人にオススメしてきた。なぜなら、無印iPadではApple Pencilが使えなかったからだ。

Apple Pencilはどんな人の潜在能力をも引き出してくれる最高のツールだと思っているし、せっかくiPadを持っているのであれば絶対に利用して欲しい。(実際、私は絵を書かないがApple Pencilを日々愛用している)

【レビュー】1年間Apple Pencilを使い続けた僕が気付いた5つのこと

だが、3月に発表されたiPad(2018)はApple Pencilに対応した。それだけではなく価格もかなりの低価格。

もはや、オススメしない理由の方がない。

常々、私は「Mac」「iPad」「iPhone」を所有してこそAppleの世界を楽しむことができると思っているので、購入するのであれば、

  • Mac→あなたが必要とするスペックを積んだMac
  • iPad→無印iPad(2018)、もしくは10.5インチiPad Pro(整備済製品)
  • iPhone→どれでも良い

という選び方がコストを抑えつつも最大の効果を発揮する選び方だと思っている。

iPhoneとiPadはスペックに左右されるほどの作業をすることはほぼない。だが、Macであれば、スペックに左右される作業をすることが多くなる。持ち運びを優先させるなら軽量なMacBook、スペックを優先するのであればMacBook Proの選択肢もあるだろう。

だからこそ、新型iPad Pro(2018)に資金を投じるにではなく、Macに資金を投じるのが効率の良い自己投資の方法だと私は強く強く信じている。

理由10、10.5インチiPad Proの整備済製品のコスパが最強すぎるから

これが、私は11インチiPad Proをオススメしない最も大きな理由とも言えるだろう。

ディスプレイサイズがほぼ変わらないながらも、コスパ抜群の10.5インチiPad Pro(整備済製品)が今のApple Storeには存在する。

新型11インチiPad Pro(2018)の見た目が美しいことや、Apple Pencil 2に対応していることなどは評価できるのだが、それでやれることが大きく変わったわけではない。

それに加えて、10.5インチディスプレイとはほぼ変わりないディスプレイ領域。さらにさらに!前述したように、価格差は、33,000円にもなる。

多少のベゼルレス化のためだけに新型11インチiPad Pro(2018)を買うのはApple信者だけで十分だろう。

コスパ最強はどれ?iPad(2018)、10.5インチ、9,7インチiPad Proを比較

繰り返しになるが、資金投資はできるだけ抑えて、その資金をMacに回すことを強く強くオススメする。

新型11インチiPad Pro(2018)を買うべき人とは?

私が思う新型11インチiPad Pro(2018)を買うべき人とは、

  • 新しいものを使いたい
  • ベゼルレスのiPadを使ってみたい
  • 新型Apple Pencilを使ってみたい
  • USB-C充電に魅力を感じる

ということくらいだろうか・・・あまり思いつかなかった。

ちなみに私は12.9インチiPad Proを愛用しているが、買い換えるつもりはない。

前述したように有機EL対応のiPad Proは将来的に必ず発売されるだろうし、それならその時まで資金を置いておくべきかと思う。

あと、今のiPad Proがまだまだ現役なので、買い換える意味も理由もない。

まとめ:あなたが買うべきものはどれ?

iPadへの投資はそこそこにMacへの投資を!!

これが私が常に伝えていることだ。どうか、この記事をきっかけにあなたに私の買い物術が少しでも響いていれば幸いだ。

だが、私はあなたに1つ謝らなければならない。せっかく、新型11インチiPad Pro(2018)が発売されたのにこのようなテンションの下がる記事を書いてしまったからだ。申し訳ない。

決して、新型11インチiPad Pro(2018)を購入予定の人をバカにしているわけではないし、むしろ購入される方のレビューはめちゃくちゃ読んでみたい、聞いてみたい。

しかし、私は当ブログを「iPhoneは所有しているが、iPadやMacは持っていない。興味はあるけど買っても使いこなせるか分からない。」というようなApple初心者さんを対象にして運営している。

それは、機械音痴の私の家族や、無駄にiPhoneを買い替え続ける私の友人のような人たちのことを指す。だからこそ、彼らにも伝えていることを嘘偽りなくあなたにも伝えたつもりだ。

と、かなり長文になってしまったが、どうか、当記事が、新型11インチiPad Pro(2018)だけではなく、Macの世界にも足を踏み入れる「あなたのきっかけ」となれば幸いだ。

Macの選び方、Apple製品の組み合わせ方はこちらの記事を要参考→ 【2018】最新のApple製品を全比較!組み合わせ完全ガイド※14,000文字超