管理人管理人

2020年の新型iPhone(おそらくiPhone 12)は大きな革新が来ると言われている。そのため多くのリーク情報が既に出ているが、その中でも信頼の高いものに絞って当記事ではご紹介させていただきたい。[@appleshinja_com]

※当記事内の情報は、最新のリーク情報が入り次第、更新し続けている。安心して読み進めてほしい。

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月21日(月)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

iPhone 12(仮)の発売日・価格は?

まずは誰しもが気になる発売日と価格から。

※名称については現在、最も可能性が高いと噂されているiPhone 12という名称を仮で使用している。名称についての噂が入ってくればその都度更新していきたい。

発売日は?

まだ、詳細なリーク情報は出てきていないが、例年通りであれば、

発表日:9月の第1週か第2週
発売日:9月の第3週

となる可能性がかなり高い。

価格は?

まだ、詳細な価格のリーク情報は出てきていない。しかし、

  • 5G対応
  • 有機ディスプレイ対応
  • 本体デザインの一新

により、価格の上昇が噂されている。

iPhone 12(仮)のスペック

次にスペック情報から。2020年のiPhone 12(仮)は大幅なアップデートなりそうだ。

1、カメラ性能

【変更点】
ToFセンサー搭載
4つのレンズを搭載

ToFセンサーを搭載すれば3次元の情報をより正確に測定できるようになるようだ。今よりも顔の3Dを正確に認識することも可能になるし、VR・AR系に活用することもできるようになる。

ToFセンサーでこれから何が変わるのか?というは具体的にはまだわからないが、これからアプリが普及してくれば、より一層、生活が便利になる可能性はある。

4つのレンズを搭載することについては・・・まだそれほど情報は出てきていないのだが、iPhone 11が示した超広角・ナイトモード以上の革新がくるかもしれない。

Source: Kuo: Key 2020 iPhone upgrades will be all-new design, 5G, and improved cameras – 9to5Mac

2、本体ボディ

【変更点】
金属フレームがiPhone 4のようなデザインへ

デザインについては好みがあるので、一概には言えないが、個人的には上記のデザインに戻るのは歓迎したい。めっっっっっちゃ美しい。

Source: Kuo: 2020 iPhones to Have Redesigned Metal Frame Similar to iPhone 4 – MacRumors

3、モーションセンサー

【変更点】
手を触れずに操作できるようになる

タッチ操作どころかiPhoneに触れずに操作できるようになるらしい。ただ、この技術自体は目新しいものではなく、既にGoogleのPixelシリーズが採用済み。

Pixelシリーズで色々と試してみて、気に入ったらiPhone 12を検討するという考え方でもいいかもしれない。

Source: Attention Required! | Cloudflare

4、ディスプレイサイズ

【変更点】
5.8インチiPhone 11 Pro→5.4インチ
6.5インチiPhone 11 Pro Max→6.7インチ
6.1インチiPhone 11→そのまま

上記のように、iPhone 11 Proはより小さく、iPhone Pro Maxはより大きくなるようだ。もはやここまで大きくなってくるとほぼiPad miniサイズ。

ディスプレイサイズについては好みが分かれるとは思うのだが、個人的には上記ラインナップに加えて春頃にはiPhone SE2がiPhone 8サイズで発売されるという噂なので、ラインナップが豊富になっていろんな需要に応えられるようになっていいと思う。

かつてのわかりやすいラインナップが複雑化してしまい、ちょっと悲しい気もするが・・・

※iPhone SE2の噂についてはこちら→ 【ほぼ確定?】新型iPhone SE2 (2020)の発売日・スペック・価格 | Apple信者1億人創出計画

5、5G対応

【変更点】
4G→5Gへ。

待望の5G対応へ。
ただし、対応するのは5.4インチと6.7インチのiPhone 11 Proシリーズの後継機のみ。エントリー機のiPhone 11の後継機は対応せずLTEモデルになる模様。

米中の5G争いも見ていてワクワクする。ただ、他の国を巻き込んで欲しくはない。

Source: Kuo: Key 2020 iPhone upgrades will be all-new design, 5G, and improved cameras – 9to5Mac

今日のお告げ「5Gに過度の期待は禁物」

私は、5Gに期待しているし、ガジェットオタクとしてワクワクしている。楽しみにしている。

でも・・・具体的に5Gが何を変えてくれるのかまではまだわからない。そもそも、5G対応は3大キャリアから始まるだろうから通信費も高額になってしまう。というわけで、購入は様子見するつもり。

しかし、市場を完璧に支配できたであろうはずの、巨大企業GoogleやMicrosoftでさえもハードウェア面においては、5G市場を支配できないであろうことを考えるとビジネスってやっぱり難しいのだなぁと思う。(まだわからないが。それでも、ハードウェアの開発、販売が上手くいってなさすぎる。)

ファーウェイか?Appleか?

5G覇権争いの行く末もいちガジェットオタクとして楽しみながら見守りたいと思う。