管理人管理人

私の大好きな大好きな大好きなiPad Proたちがついにアップデートされた。ここ数年で言えば超特大アップデートと言えるだろう。では、一体何が変わったのか?新機能を私の批評も加えながら当記事では7つご紹介していこう。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月21日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

7つの新機能を徹底レビュー

さぁ、特大アップデートされた新型iPad Pro(2018)の世界を共に見ていこう。

ちなみに、各機種の比較は以下を参考にしてほしい。

どっちが買い?11インチと12.9インチiPad Pro(2018)を徹底比較

【批評レビュー】新型11インチiPad Pro(2018)を全力でオススメしない10の理由

新機能1、新Apple Pencil

ついにアップデートきたぁぁぁぁぁぁ!!!

Apple Pencilがついに新型へ。噂があまりなかっただけにこれは個人的にはサプライズだった。

新型Apple Pencilで変わったことは以下。

  • 磁石でiPad Proに装着可能
  • 磁石でiPad Proで充電可能
  • タッチ操作でツールの切り替え可能
  • デザイン変更(マットな仕上げ)
  • 価格の値上げ

個人的にはiPad Proに不細工な形で充電しなくて良くなったのが素晴らしいと思う。持ち運びも便利になりそう。

この充電は本当に美しくない。

ただし、10,800円から14,500円 へと値上げされた。これは・・・超高級品。

初代Apple Pencilが発売された当時、アメリカ人と「Hey、これが世界で最も高いペンシルだ!」と言っていたのが懐かしい。さらに高くなってしまった。

もうこの辺りの強気の価格はAppleを避けては通れなくなりそう。。

新機能2、新スマートキーボード

新型スマートキーボードで可能になったことはそれほど多くはない。角度が微妙に変更可能になっただけ。つまり、それほど違いはない。

個人的には打ち心地は好きなので、あまり変更がなくて安心。

新機能3、Face ID

噂されていたFace IDだが、横向きにも縦向きにも対応してくれるようになった。

据え置きで使うことも多いiPad ProだからこそFace IDは非常に強力な味方になってくれそうだ。

新機能4、デザイン

デザインについて個人的に思う変更点は以下。

  • 角のエッジが削り落とされたフラットに
  • 色はシルバーとスペースグレイのみ
  • やや薄型へ

個人的には色のチョイスが少ないのが残念。ゴールドで揃えている人も結構多いんだから、ゴールドは発売して欲しかった。

ただ、新型のデザインは好き。Appleのデザイン力の高さは健在。

新機能5、A12X Bionicでグラフィックス性能向上

新型iPad Pro(2018)の登場により、Appleは拡張現実にさらに大きく一歩を踏み出した。

イベント会場のデモではバスケットボールのゲームアプリで色々と行なっていた。

が、対応アプリがまだまだ少ないのでこれからと言ったところだろうか?

新機能6、USB-C充電可能

これ、一部の人には非常にありがたい。

Macと同じ充電コードで充電ができるようになったので、旅行先などに持っていくコードを減らすことができる。

でも、iPhoneを持っていくのだから結局はUSB-Cもライトニングも必要だが・・・Macを所有している人にはやや便利なアップデートと言えるだろう。

新機能7、ベゼルレス

どう考えても、新型iPad Pro(2018)の目玉はこれ。

より小さく、より大きく!

を目指した末にたどり着いたiPadの完成形のボディがついに完成したと言えるだろう。

特に12.9インチディスプレイについては衝撃。今まではその巨大さゆえに避けられてきた12.9インチディスプレイだったが、大きさも重さも11インチと大差ないのだから、これからは12.9インチ新型iPad Pro(2018)のユーザーがかなり増えそうだ

私は、12.9インチiPad Pro(2017)の愛用者だが、正直心がググッと動いた。小さいボディに大きなディスプレイ。。あぁ、夢が詰まっているなぁ・・・

総評:買い換える価値はないが、新規購入ならあり

私は、新型iPad Pro(2018)は特大アップデートだとは思っているが、それほど購買意欲をそそられるものはなかった。

試したい新機能や、生活を変えてくれるほどのインパクトはないからだ。

初代9.7インチiPad Proが発売された時には、iPad Air 2を使っていたにも関わらず速攻で買い換えた。それは「Apple Pencilは生活を必ず変える。」と確信したし、何よりも試してみたいことがたくさんあったからだ。

しかし、新型iPad Pro(2018)は言い方はキツイかもしれないがベゼルが狭くなっただけ。それだけでは生活は変わらない。

とはいえ、新機能を眺めたり、人が使っているのを見るのは大好きだし興味深い。ぜひ、あなたが新型iPad Pro(2018)を購入された場合はコメント欄でレビューなど聞かせて欲しい。

どっちが買い?11インチと12.9インチiPad Pro(2018)を徹底比較

【批評レビュー】新型11インチiPad Pro(2018)を全力でオススメしない10の理由