管理人管理人

こちらの記事で私はiPad miniは特に買うに値するような機種ではないことをお伝えした。ただし、それは「初めてiPadを初めて買う人は。」という意味。一方でMac所有者には全力でiPad miniはおすすめしたい。その3つの理由を当記事ではお伝えしていこう。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


4月19日(金)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年4月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

MacユーザーがiPad miniを買うべき3つの理由

以下、iPad miniを購入すべき理由を述べていくが、私はすでに購入済みのためやや甘目の採点になっている点はご了承いただきたい。

※「いつもユーザー視線で記事を書くのもいいですが、うぉずさんの独断と偏見で記事をたまには読みたいですよ!」というアドバイスをくれた読者さんに感謝の気持ちを込めてこの文章を打ち込んでいる。

1、ついにMacとApple Pencilを常に持ち運べる時がきたから

ついに、時がきた。

Macと”Apple Pencil”を常に持ち運ぶことができる。

書き間違いではない。MacとiPadではなく、MacとApple Pencilを持ち運べる時がきた。Mac (ノート型)を所有している人が常にApple Pencilを使うためには、9.7インチiPadか、12.9インチiPad Proを持ち歩くしかなかった。

重さとかさばることを考えると持ち運びに躊躇する人も多かった。だが、iPad miniの軽さと小さななら常にカバンに入れておいても問題はない。むしろポケットにすら入る。

常に持ち運べる最高のApple Pencil対応のタブレット。と言ってもいいくらい、私はApple Pencilに対応しているこの小さいiPadに可能性を感じている。

もはや、iPadはApple Pencilのサブ機になると最近は思い始めた。

2、スペックがモンスタークラスだから

新型iPad miniは、64ビットアーキテクチャ搭載A12 Bionicチップを採用している。ほぼiPad Proと変わらないとんでもない高スペック。

あの小さなボディで、動画編集・画像編集などの高スペックを要するようなアプリをガシガシ使えるかもしれないと考えただけでワクワクする。

Macを所有しているのであれば、好きなアプリを使ってiPadとMacで共に最高の作業効率を実現できる。

3、いつでもどこでもサブディスプレイにすることができるから

Mac (ノート型)を所有している人へ私が強烈に新型iPad mini (2019)をおすすめしたい最も大きな理由がこれ。

Mac (ノート型)を所有している人は、外出先に必ずサブディスプレイとなるiPadを持っていくべきだ。

カフェで数十分作業するだけ、というのであれば必要はないかもしれないが、ある程度の時間腰を据えて作業をするのであれば、間違いなくサブディスプレイがあった方が作業効率は上がる。

  • Macでテキストを入力しながらiPad miniで表示させておきたい情報をブラウザ上やPages上に表示させておいたり、
  • Macで画像編集しながら、素材となるデータをiPad miniで探して、AirDropでMacへ送信したり、
  • iPad miniでYoutubeを見ながらリラックスして作業を行ったり、

いろんなことがサブディスプレイがあるだけで効率的になる。私は自宅では27インチiMacを24インチディスプレイに接続してデュアルディスプレイ体制で作業をしているため、外出先でも可能な限りデュアルディスプレイ環境で仕事をしたいと思っている。

iPad miniなら、カフェでも、仕事先でも、出張先のホテルでも、いつでもどこでもサブディスプレイ環境を構築しやすい。

あぁ、幸せ・・・

買う前に○○の確認を。

ここまでiPad miniの良さについて語りつくしてきたが、1つだけ重要なポイントをお伝えしたい。基本的にはMacのサブ機になるようなiPadは1台は持っておくべきだとは思うのだが、その前にあなたの「愛機」を決めてその愛機を中心にサブディスプレイを構成することをお勧めする。

愛機とは当ブログでは、「何があっても買い換えたくない自分にとって一番大切な名機」だと定義している。

例えば、私は全ての製品の中から一つを選べと言われれば、迷うことなく13インチMacBook Proを選ぶ。常に持ち歩けるものなら持ち歩きたい。そう考えた時に、相棒として一番適しているのが、iPad miniと私は考えている。

私の愛機についてはこちら→ これが本物のレビュー。13インチMacBook Pro(2016)の愛を語ってみた。

ただ、人によっては13インチMacBook ProとiPad miniの組み合わせが最高の組み合わせとは限らない。むしろ、論理的な選択ではないように思う。

軽さとサブディスプレイとしてiPadを求めるのであれば、12インチMacBookを購入して、11インチiPad Proを購入すれば最高の環境が整うだろう。

しかし、私は13インチMacBook Proは買い換えたくない。というか、そもそもそんなに資金を投じる価値も感じない。だからこそ、自分の愛機である13インチMacBook Proに最適な組み合わせであるiPad mini(2018)を購入したわけだ。

どうかあなたもあなたのApple製品にとって最高の組み合わせとなるiPadなどを見つけて欲しい。

【2019】最新のApple製品を全比較!組み合わせ完全ガイド※14,000文字超

今日のお告げ「中級者以降のApple製品買い物術とは?」

ベストな組み合わせは最高のスペック、そして最新の製品を組み合わせることだろう。だが、多くの人は資金的な問題や、自分の愛するApple製品があるゆえに頻繁に買い換えるようなことはないはずだ。 (レビューのために購入するYoutuberさんなどでない限り)

まぁ、色々と書いてきたが、私だって、MacのサブディスプレイとしてiPad miniが適しているのか、9.7インチの方が適しているのかはまだわからない。iPad miniを一度も試したことがないので、試してみたいという気持ちも強い。

レビューについては長期的に当ブログで続けていきたいと思う。

【2019】新型iPad miniまとめ「やめとけ、落ち着け、買わなくていい。」