管理人管理人

私が初めてiMacを購入して5ヶ月が経過した。すでに生活になくてはならない存在になっているのだが、今回は5ヶ月目使い続けたからこそ分かった、あなたに伝えたい15の真実をお伝えしよう。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


10月23日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年10月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:27インチiMac「連続」レビュー

当シリーズは27インチiMacは高額だからこそ、しっかりとしたレビューを伝えて、読者さんに後悔のない買い物をしてほしい!という思いから始まった長期間のレビュー。

以下、購入当日からの27インチiMacのレビュー。ぜひ、全てに目を通して頂ければ幸いだ。

開封レビュー→ 【2018】狂気に満ちたApple信者のiMacレビュー|5K 27インチ SSD256GB

1ヶ月目→ 【使用1ヶ月レビュー】27インチiMac(2017年版)の強烈な2つのデメリットとは?

2ヶ月目→ 【後悔100%】27インチiMacを2ヶ月使って分かった9つのこと

3ヶ月目→ 27インチiMac3ヶ月目レビュー「ある生活。ない生活。」

4ヶ月目→ 27インチiMac 4ヶ月使用レビュー「MacBook Proをほぼ触らなくなった。」

最新情報→→iMacの最新の情報をチェックする(Apple公式)

5ヶ月使い続けて分かった15の真実

では、5ヶ月目間、触りまくったからこそわかったことを以下お伝えしていこう。

1、長時間見ても目が疲れづらい

もう、これに尽きると思う。文字が大きい、画面が大きい、2画面にしても表示領域が大きい、綺麗なフォントを大画面で読める、といいことづくめの27インチiMac。

結果として長時間使っていても目が圧倒的に疲れづらい。

私は目の疲れに敏感だし、目の疲れからくる肩こりや首こりに悩まされてきたが、27インチiMacを使い始めてから、かなり楽になった。

というかほぼなくなった。

もし、あなたが長時間の作業をする必要があり、かつ、目の疲れを軽減したいのであれば、27インチiMacは非常にオススメ。

2、作業効率が格段に上がる

毎月、お伝えしているが・・・

27インチiMacは間違いなくあなたの作業効率を上げる。間違いなく。

CPUやメモリなどのスペック面でもそうなのだが、何よりも大きな画面で2画面にしながら作業することによるメリットが計り知れない。

何か情報を閲覧しながら、エディタに入力し続けるのは非常に効率的だ。

昔であれば21インチのディスプレイを並べてデュアルディスプレイにしていたのだが、今はその頃よりも圧倒的に綺麗なRetina27インチディスプレイで作業ができる。

あぁ、幸せ・・・

個人的には英文を書きながら、Safariで英語の表現を見つけたりするのがお気に入り。英文作成がサクサク進む。

3、毎朝起きるたびに「おはよう。」と言いたくなる

おはよう。

そう言いたくなるほどに、27インチiMacは美しい。本当に美しい。こんな顔の女の子がいればいいのに。そう願ってしまうほどに美しい。

毎朝、起きて、27インチiMacの電源をONにして、コーヒーを飲みながらメールチェックをする。これほど幸せなことはあるだろうか?

5ヶ月経ってもなお、購入直後のようなテンションで使い続けられる「美しさ」を持っているのは美意識を重要視しているAppleの製品ならではだろう。

4、動画編集が余裕すぎる

動画編集の頻度が増えた。圧倒的に。

知り合いから頼まれたりすることがあるとき、素材を集めたり、撮影時に気をつけないと後で編集が面倒だなぁ、と思うことが多々あったのだが、最近では「後で27インチiMacで編集すればいいや。」と思うようになった。

エンコードの時間が爆速というのもあるが、何よりも画面が大きいので編集がしやすい。

動画編集スキルのない私でもストレスなく編集することができる。27インチiMacを買ったからこそ、スキルが身につき始めたので、これは私にとっては長い目で見て非常に良い投資になったと思う。

新しいスキルを身につけるのはやはり最高だ。

※私の動画編集の心の師匠は以下の記事でインタビューさせて頂いた方々。

プロフェッショナルのApple製品「iPhone Grapher編」

プロフェッショナルのApple製品「マルチクリエイター編」

プロフェッショナルのApple製品「動画クリエーター編」

5、外出先でMacを触る機会が格段に減る

iMacを使い始めてから気付いたことがある。

私は圧倒的に外出先でMacBook Proを触る機会が減った。iMacで作業した方が圧倒的に作業効率がいいので、「外出先でまでMacを触る必要がない。」と感じたことが大きな理由だろうと思う。

外出先には12.9インチiPad Proを持っていって電子書籍を楽しんだたり、ブラウジングしたりすることによるインプットを重視している。

iMacのサブ機はiPadが最適。

と、オススメしてくれた読者さんの気持ちがめちゃくちゃ分かる。

※iPhone XS Maxを購入したことにより、さらに外出先でMacを触る機会は減った。理由はこちら→ 【48,000文字超】iPhone XS Max完全レビュー。17のメリット、12のデメリット

6、iPadとの組み合わせが最強すぎる

前項でお伝えしたように、私はiMacのサブ機にはiPadが最適だと思っている。Mac OSとiOSを使い分けながら作業をするとより作業を効率化できるからだ。

それぞれの機器で得意なことをするように、作業を使い分けることが最高の作業効率化を実現すると思う。

使う機器が増えれば増えるほどiPadにはiPadに適した厳選された使い方が分かってきた。

7、角度を変えられるのがすごく便利

iMacの角度を変えられるのが本当に便利。

私は長時間座っていると同じ姿勢でい続けることが辛くなってくる体質なので、常に体勢を変えながら作業をしている。

初代Contessaに浅く座ったり、深く座ったり、深く持たれたり浅くもたれたり、色々と姿勢を変えながら座る。

そのため、姿勢に合わせてiMacの角度を変えることが多い。これが本当に便利。よく考えられている構造にあっぱれ!と言いたくなる。

8、掃除が最高にしやすい

デスクトップPCはタワー型とかだと掃除がなかなか面倒だったけど、デスクトップ型の27インチiMacなら、たまに本体をさっと拭くだけでよい。

液晶、そして、モニターアームをささっと拭くだけでいいので、掃除好きの私としてはかなり楽で楽しい。

【参考】あなたのMac汚すぎですよ?3つの掃除用品で今すぐピッカピカに!

9、キーボードを自由に選ぶことができる

当たり前だろう。

と思われるかもしれないが、個人的には本当に最高のメリット。

27インチiMacにはMagic Keyboardが付属しているが、私は現在HHKBを愛用している。

理由としては【レビュー】HHKB 10ヶ月使ってみた。2週間使うのをやめてみたで解説しているが、とにかく自分の好きなキーボードを合わせることができる。

Apple製品でパソコンを買う場合は多くの人はMacBook Proを選択しがちだが、私、そして私の友人に誰一人として現在のMacBook Proに搭載されているバタフライキーボードを好きな人はいない。

その点を考慮すると深いキーボードが好きだったり、あの特殊な形状なキーボードが受け付けられなさそうなら、27インチiMacを検討するのはアリだと思う。特に文字入力を主にする人であればなおさらだ。

【参考】バタフライキーボードで100万文字打ち込んだ僕の辛口レビュー

10、画像の編集がしやすい

動画編集もそうだが、画像編集も圧倒的に行いやすい。

画像を編集する際に、細部まで大きな画面で確認することができるので、サクサクと編集することができる。

もちろん、そのスペックの高さゆえにアプリが落ちたり、もたついたりすることもない。

11、アニメが大迫力

感動するぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!

27インチiMacを使い始めてから、アニメなどの動画鑑賞がマジで楽しくなった。Youtubeなどもそうなのだが、一度27インチのディスプレイで動画鑑賞をしてしまうともうやめられない。

私の大好きなCLANNADやシュタインズゲート、進撃の巨人の動画鑑賞が楽しすぎるぅぅぅぅぅ!!!!!!

12、メモリを大増設できる

メモリについてはあればあるほど良い。(27インチiMacのデフォルトの仕様はこちら(Apple公式))

私はメモリは16GBは最低限積むべきだ、と常に当ブログで伝え続けているのだが、それはあくまでも最低限であり、人によってはそれ以上のメモリが必要になることはある。

【証拠画像】MacBook Proメモリ8GBは絶対に買うな!3つの理由とは?内でもその重要性を訴えている。

特に私の場合はWindowsを動かすためにparallelとうい有料ソフトをMacBook Proで使っているが、その間、動作的にはまぁ、ギリギリといった感じだ。それ以上に重い動作を行うとやや動作が厳しくなる。

しかし、27インチiMacではメモリを64GBまで積むことができる。私は40GBへメモリを増設しているため、動画編集しながら、他の作業をしたりしても、全く動作上問題ない。

むしろ、いつも通りのサクサク感で操作ができる。これから、どんどん重い作業もさせていくつもり。

【2018】iMac27インチのおすすめカスタマイズは?|メモリ・SSD・FusionDrive

メモリについてはこちらの記事を昼時→ プロフェッショナルのApple製品「税理士編」

13、カフェ代金が浮く

私は27インチiMacを購入してから、こう思うことが多くなってきた。

「財布の中身が減らなくなったなぁ。」

そう、なぜなら、私はカフェでの代金支払いは現金で行なっていたから。(外食時はクレジットカードが多い)

カフェ代が1日500円以上かかっていたとすると、私は1ヶ月に1万5000円〜2万円を使っっていたことになる。

そのうち、おそらく1ヶ月1万円くらいは使わなくなった。自宅に最高の作業効率化環境を実現してくれる27インチiMacがあるからこそ、カフェに行く意味がなくなったからだ。

あれ?

そう考えると、1ヶ月に1万円は浮く計算になる。

ということは・・・

27インチiMacを2年(24ヶ月)使えば、元は取れるということか。。仕事をするためにカフェに行くことが多い人は、その資金と比較して27インチiMacの購入を検討してみるのもありかもしれない。

14、机の周りが片付く

圧倒的。

圧倒的に机の周りが片付く。

iMacは疑うことなく。美しい。圧倒的に。美しいからこそ、私はその美しさを損なわないために机の周りを片付けるようになった。

これは思わぬ副産物だったが、今では机の上が完璧に整理された状態で、毎日気持ちよくiMacを使うことができている。

Apple信者がデスク周りに設置しているもの9選 for iMac and MacBook Pro

15、スキルをさらに身に付けたくなる

27インチiMacのようなハイスペックなPCを持っていると、「このハイスペックを活かすために何かもっと使い込みたい!!」と思うようになってくる。

最近では、「動画編集」「Windows上で動くアプリ、フリーソフト」「画像編集」などへの興味が増すばかり。

やはりスペック上の制限がないだけで、人はやりたいことが増えてきたり、どんどん新しいことがしたくなるのだなぁ、と改めて思った。

当ブログでも何度もお伝えしている、「Macはワンランク上のスペックを選ぶべし。」ということを自分で改めて再認識することになった。

注意点:唯一無二の強烈なデメリット

停電が怖いっ!!!

本当にそう思うようになった。私は5ヶ月の間に1度だけ停電を経験したのだが、その瞬間、27インチiMacの電源が落ちた。画面が真っ暗になった。私の頭は真っ白になった。

「ヤバい!せっかく書きまくった文章が消えてしまった!!!」

そう思ったのだが、幸いにもデータは残っていた。でも、これが動画編集の最中とか画像編集の最中とかで、かつそれらが数時間かけて編集したものだったら・・・と考えるだけで恐ろしい。

27インチiMacの唯一無二のデメリットといっても良いだろう。

5ヶ月目総評レビュー「本当に買ってよかった」

毎月のように言っているが、27インチiMacを買って本当によかった。心の底から思っている。

9月21日のAppleイベント後に、約8記事2万文字近くを書くことができたのは、間違いなく27インチiMacのおかげだ。その圧倒的「美」のおかげで眠い目をこすりながらも書きたいことを全て書くことができた。

当然、持ち運ぶことはできないが、もし、あなたが自宅で作業をする時間が多いのであれば、27インチiMacの購入を検討してみることを強く強くオススメする。(間違いなく元は取れる)

→iMacの最新の情報をチェックする(Apple公式)