管理人管理人

今日は、要望のかなり多かったMacのお掃除の話。Mac(ラップトップ)を持っているそこのあなた!ディスプレイとキーボードを今すぐ綺麗にしよう![@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月21日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

私が購入した3つの掃除用品

今回、私が購入した掃除用品は3つだ。

掃除用品その1:精製水

ディスプレイを拭き取る際に重要な精製水。

水道水もアルコールも、拭き取りに使用すると変色や後に何か残ったりする可能性があるらしいので、私はこちらの精製水を購入。

掃除用品その2、ホコリ取りブラシ

ホコリを取るため、あと、静電気を除去するためにこちらのブラシを購入。サンワサプライ製なので安心。

ホコリを取るだけならエラダスターで良かったのだが、私は今後のことを考えて静電気をサッと除去できるものが欲しかったのでこちらを購入。

掃除用品その3、キムワイプ

画面に傷をつけずに掃除ができる!という魔法の紙。

実はこの魔法の紙は研究室では当たり前に使われているものらしい。私は全く知らなかったのだが、読者さんに教えて頂いた。 (いつもありがとうございますm( )m)

どこのレビューを見ても絶賛する声が多かったし、研究室で実際に使われているのであれば高品質であろうと信頼して購入。

掃除開始ぃぃぃ!!

では、早速掃除を開始していこう。ちなみに掃除前の私のMacBook Proはこんな感じ。

ディスプレイ。

キーボード。

隙間。

実は、今回の検証のために1ヶ月くらい掃除せずにいた。やっと掃除できるぅぅぅ!!!

0、事前準備

アプリをすべて終了させて電源をオフにしよう。

人によってはキーボードタッチを無効化するアプリを入れたりするようだが、私はそこまではやっていない。

1、ブラシで埃を取る

では、さっそく静電気除去ブラシで掃除していこう。

ゴシゴシゴシ・・・

・・・・・

・・・・・

そこそこきれいになった!!!ディスプレイにほぼ埃は残らない。

キーボードも綺麗に。(油汚れ以外は)

隙間部分はちょっと埃が残っているのでもうすこし念入りにする必要があるかも。

2、キムワイプをほんの少し湿らす

次にキムワイプを少し精製水で湿らそう。

私はこんな感じで湿らせた。

3、画面を拭く

いよいよ、この汚いディスプレイを拭き拭き。(結果は後述)

4、キーボードを拭く

次にキーボードをゴシゴシ。ちょっと汚れが強いので力を入れて拭く必要がある。

5、ピッカピカ!

結果・・・ピッカピカに!!!

ディスプレイがほぼ新品!!私のパジャマ姿もバッチリ映っている。

キーボードも信じられないくらいに綺麗に。ふわぁ。。綺麗・・・

埃が溜まっていた箇所も綺麗に。MacBook Proという文字が神々しい。

今日のお告げ

掃除はこまめにしよう!!

これに尽きる。私は検証の意味も込めて放置していたが、放置すればするほど、汚れは強固になる。

しっかりこまめに掃除して、あなたの愛用のMacをこれからも長く使っていけるようにしよう。

私は、今のMacBook Pro (2016版)を後3年は少なくとも使っていく予定だ。これからもよろしく!MacBook Pro!!!