管理人管理人

こちらの記事でSIMフリーiPhoneとキャリアで購入するスマホならどちらが安いかということについては最終結論をお伝えした。今回は格安SIMと話題のDocomoウルトラシェアパックについて比較していこう。[@appleshinja_com]

コロコロと変わるDocomoの最新価格はこちら
【公式】Docomo

スポンサーリンク
もし、あなたが新型iPhone(2018)を検討中なら・・・

9月12日のイベント後、総文字数2万文字の記事を執筆。2晩でコメント総数160件超!新型iPhoneのすべてがココに!!


【在庫がどんどん無くなってます!】iPhone Xs, Xs Maxの予約はこちら→Apple公式Docomo公式ソフトバンク公式au


どこで買うべき?→最安値はどこ?新型iPhone(2018)の価格を比較【Docomo, au, SoftBank or SIMフリー】


全機種を完全比較→購入は待て!Apple信者が新型iPhone (XR, Xs, Xs Max)を徹底比較


iPhone 8, 8Plusと比較→どっちが買い?iPhone 8, 8 PlusとiPhone XRを完全比較


あなたにオススメの新型iPhoneはコレ→3452人にアドバイスしたApple信者が教える新型iPhone(2018)の選び方

はじめに:比較するプラン

私が愛用しているのは「UQモバイル」なので、今回はUQモバイルを例にDocomoのウルトラシェアパックと比較していきたいと思う。

ちなみに、格安SIMについては各社、価格はほぼ横並びなので、回線の安定性などから比較することを私はオススメしている。

どちらが安いの?

では、早速それぞれの価格を比較していこう。

UQモバイルの価格

・オススメのプラン

データ高速プラン(3GB)+音声通話プラン (無料通話なし)
1,680円

・私が愛用中のプラン

データ高速プラン(3GB)
980円

Docomoウルトラシェアパックの価格

・Docomoイチオシの「ウルトラシェアパック30 (30GB)」
13,500円

ただし!上記のウルトラシェアパック30 (30GB)については、データプランの価格。Docomoではこの他にも「基本使用料」「インターネット接続サービス」の料金が必要。

それらを計算すると、

ウルトラシェアパック30 (30GB)
13,500円
基本使用料(シンプルプラン)
980円
インターネット接続サービス
300円
合計金額:14,780円

1GBあたりの料金は?

ここからは、先程紹介したプランを1GBあたり一体いくらになるのか?ということに重点を置いて計算していこう。

・UQモバイル

データ高速プラン(3GB)+音声通話プラン (無料通話なし)
1,680円÷3GB=560円

データ高速プラン(3GB)
980円÷3GB=326円

・Docomoウルトラシェアパック30

14,780円÷30GB=492円

上記の金額を考慮すると、UQモバイルで音声通話プランを利用するよりも「ウルトラシェアパック30 (30GB)」の方が1GBあたりの方が安いということが分かった。

この結果を考慮して、それぞれ、どちらのプランを利用した方がよいかをあなたにお伝えしていこう。

格安SIMを使った方がいい人

  • 一人で契約する人
  • 音声通話プランが必要ない人
  • 海外へ行くことが多い人

なぜ、これらの人には格安SIMを使った方がオススメなのか?それぞれの理由について解説していこう。

一人で契約する人

一人で契約する人は必然的に格安SIMの方が安くなるだろう。確実に。

Docomoウルトラシェアパックは、家族で共有することを前提としているため、一人で使うと非常に割高になる。というか意味がない。

一人で契約するなら、私のようにUQモバイルを利用するのがオススメだ。

→UQモバイルの現在の価格はこちら

音声通話プランが必要ない人

音声通話プランが必要ない人は絶対に私と同じUQモバイルの通話なし、データ通信のみのプランがオススメだ。

電話番号が付与されないので、国内で電話する分には不便なのだが、国内の電話番号で電話を受けたり、かけたりすることがない人には、非常にオススメ。

私はUQモバイルデータ高速プランと050電話 (月額300円税抜き)を利用している。

月額料金を支払ってもUQモバイルの通話プランよりも安いので私はこの組み合わせを気に入っている。

海外へ行くことが多い人

これも前述の理由と同じにはなるのだが、海外に行くことが多い人は国内の電話番号を持つ必要があまりない。通話プランを契約するだけ、お金の無駄だ。

海外へ行く人が多いなら、格安SIMのデータプランのみ (通話なし)を利用することをオススメする。

Docomoウルトラシェアパックを使った方がいい人

  • 国内通話プラン、かつ大容量を利用したい人
  • Docomoを5年以上利用している
  • Docomo光を利用している

国内通話プラン、かつ大容量を利用したい人

Docomoウルトラシェアパックを使う場合は、何人の家族で支払いを行うのか?1人あたり、何GBを利用したいのか?という点を合わせて考慮する必要がある。

例えば、5人家族で利用する場合は、

14,780円÷5=2,956円(6GB)

となる。

1人あたり6GBを2,956円の価格で利用できるわけだ。

前述したように、1GBあたりの利用料金は、通話プラン付きであればDocomoウルトラシェアパックの方が安い。

というわけで国内で通話プランを利用したい人は、何人家族で、何GBあたりを1人で使いたいのか?ということを考慮して利用を検討するべきだろう。

Docomoを4年以上利用している人

Docomoには「ずっとドコモ割」というのがある。Docomoを長期間使っている人には月額料金を割引するというシステムだ。

例えば、Docomoを15年以上利用している人の場合、月額2,500円もの割引を受けることができる。

しかも、このシステムのすごいところは、グループの代表回線の利用年数に応じた割引になるということ。

自分がDocomoを一度も使ったことがなくとも、父親がずっとDocomoを利用していた、という場合には父親の年数に応じた割引を受けることができるというわけだ。

ずっとドコモ割の割引率については以下の通りだ。

2年以上 4年以上 8年以上 10年以上 15年以上
月額割引額 0円 600円 800円 1,000円 1,200円

と、上記の割引額 (月額)になる。

つまり、4年以上、Docomoを利用している人が家族に1人でもいるならDocomoウルトラシェアパック適用のチャンスということになる。

Docomo光を利用している

Docomo光を利用している場合も割引プランを要チェックだ。

以下、家族割も適用した割引額。(ウルトラシェアパック30)

2年以上 4年以上 8年以上 10年以上 15年以上
月額割引額 0円 2,500円 2,500円 2,500円 2,500円

上記を見て頂いてわかる通り、Docomo光のセット割は一律で2,500円割引だ。

つまり、Docomoの利用年数が短い人でも、Docomo光割を利用すれば、利用年数の長い人と同じ割引額を受けることができる。

言い換えればDocomoは、Docomo光を契約してほしいという思惑があるということだと思う。Docomo光を契約するとかなり料金が安くなるので、検討する価値はあるだろう。

今日のお告げ

割引プランを駆使することができるか?否か?

とにかく割引プランを徹底的に調べ上げることは、Docomoやその他キャリアを検討するときに必要不可欠だろう。

ただ、個人的に言えば、5GB以上の大容量を使う人、かつ5人家族以上の人でない限り、Docomoの恩恵を受けることはないと思っている。今回の例だって、5人家族を例に出したが、その場合は1人あたり6GBも利用できることになる。

はっきり言って、会社と自宅でWi-Fiを主に使う人にはそこまでの容量は必要ない。基本的には格安SIMの方が安いと思って良いだろう。

ただ、Docomoにはそれ以外にもドコモポイントなどのシステムもあるし、随時、料金プランは改悪されたり、値引き額が増えたりするので必ず最新の価格はチェックするようにしよう。

→「UQモバイル」の最新の価格をチェックする

→「Docomo」の最新の価格をチェックする