管理人管理人

私は普段から、周囲の知人を洗脳しApple信者にする事に全力を尽くしている。先日、1人の仕事仲間をiPhoneユーザーにする事に成功した。その友人に「絶対に画面が割れないケースを紹介してくれ。」と無茶ぶりされた。この記事はそんな知人のために最強のケースを探し回った私の軌跡とも言える内容となっている。[@ppleshinja_com]

私の友人が先日、iPhone7を購入した。しかし・・・

「iPhoneの画面は割れやすい。」私の友人ははそれを1番に心配していた。というか、それはiPhoneに限らないのだが。。ネットでいろんな悪い噂を見つけてしまったらしい。

実際、彼は1度iPhone4sを使っていたようなのだが、すぐに割れてしまったこともあり「もう二度と、こんな思いはしたくない。」と思った結果、なぜかAndroidユーザーになったようだ。

ゆえに私はタフなケースを探し回った。ネットを這いずり回った。(Apple信者を1人でも増やすために)

その結果・・・

とうとう出会ったのだ。最高にタフなiPhoneケースと。この記事では私が出会ったそんなiPhoneケースについてあなたに伝えようと思う。

もし、あなたが「絶対にiPhoneの画面をヒビ割れから守りたい。」というならどうか読み進めて欲しい。

スポンサーリンク

ーこのページに辿り着いたあなたへ〜

「おまえ、変態すぎるだろwww」

と、私は常に友人に笑われている。私のApple製品への愛が異常すぎるからだ。(たまにiPadの角を触りながらニヤニヤしてたりするらしい)

8年のApple信者ライフの末にたどり着いた、「究極の記事」をあなたにもお届けしたいと思う。ぜひ、参考にしてほしい。

共に、変態Apple信者になろうではないか。

【2018年4月更新!!】→iPhoneおすすめアプリ38選はこちら

iPad→おすすめアプリ55選はこちら

Mac→神が作りし5つの神Macアプリはこちら

【収益公開中】保有Apple株の現在の収支はこちら

【期間限定】→無料で「神Apple本」が3冊読めるKindleの情報はこちら

※新規ウインドウで開くのでとりあえずクリックしておいて後日読むという感じでも良いと思う。

一番衝撃に強いiPhoneケースはこのメーカー!

iPhoneケースを選ぶとき「デザインがカッコイイものを選ぶ」という選び方をすることももちろん間違いではない。だが、画面割れを本気で防ぎたいのならば「衝撃に強いケース」を選ぶことをオススメする。

この「衝撃に強い」という基準でiPhoneケースを探した場合、真っ先にいきつくのが「Spigen(シュピゲン)」というメーカーだ。iPhoneの画面をクモの巣状のひび割れから守るためには、私はこのメーカーをオススメする。

理由は単純だ。

Spigenのケースには落下時の衝撃を効率良く吸収するための技術が惜しみなく使われている。そのため耐衝撃という点において、もっとも信頼できるメーカーの1つになっている。

このケースやばすぎでしょ・・・

そんなSpigenのiPhoneカバーのなかでもっとも強力なのはこの商品だ。

【Spigen】米軍MIL規格取得タフ・アーマー

これはタフだ。

文字通りタフなアーマーだ。なんといってもこのアーマーは「米軍MIL規格」を取得している。

このマークがなによりの信頼の証。

最強の証?「米軍MIL規格」とは?

これは米軍MIL規格とは「米軍に納品される際の1つのガイドライン」のことであり、この規格を取得するためには製品に対して様々な試験がおこなわれる。

たとえば「急激な温度変化に耐えることができるか」や「衝撃に対して耐えることができるか」などが規格取得の条件だ。

もちろんそれだけではない。MIL規格取得のためには落下試験もおこなわれる。

落下試験は人の目線の高さ程度の1.52m地点から落下させる実験だ。しかもただの地面ではない。下はなんと鉄の床だ。そこに26回も落下させ、その耐久性を調べる。

この説明だけでもタフそうだなというのが十分に伝わるだろうと思う。

そんなタフアーマーの最大の特徴は、とにかくゴツイこと。そして二重構造になっていることも特筆すべき点である。

【大量画像】タフアーマーをオススメできる3つの理由

私がリアルの友人にタフアーマーを推奨した理由は以下の3つだ。詳しくみていこう。

理由1、二重構造

iPhoneをぐるりとカバーするのは衝撃吸収の役割を果たす柔軟なTPU素材。

そしてそのうえにハードなポリカーボネート素材を鎧のようにまとっている。この二重構造が万が一の落下時に威力を発揮する。

具体的にはポリカーボネートの鎧が端末を破損から守り、TPU素材が画面や本体にかかる衝撃を吸収し分散してくれる。

理由2、内側に隠された衝撃分散の模様

また、この機構にはさらなる秘密もある。

実はTPU素材の内側にはバスケットボールのような模様がはいっているのだ。これが本体にかかる衝撃を分散してくれるための秘密だ。

この素材&機構があなたのiPhoneを徹底ガードしてくれるというわけだ。

理由3、サイドボタンとの噛みあわせもバッチリ

もちろん、サイドのボタンもしっかりとガードしている。

音量ボタン電源ボタンともにTPU素材でがっちりと覆われている。

しかし、それだけではない。がっちりとカバーされているにもかかわらず、ボタンがすんなり押せる。電源のオン/オフはもちろん音量調整もスムーズにできてストレスを感じることがない。

ケースとボタンがしっかりと噛み合っている。いや、神あっている。

タフアーマーはAppleマークの部分が丸く穴あきになっている。これによりカバーを付けていても、しっかりとこの端末がiPhoneだということを主張できる。

おそらく(というよりこれは推測の域をでないのだが)いくらタフでもここを隠してしまったのでは意味がないということをメーカーもわかっているのだろう。

iPhone信者ならば、いつでもAppleのリンゴマークを見ていたい――そんなニーズにも応えてくれている。ここが本気で素晴らしい。

リンゴマークが常に見える。これも私がタフアーマーを選んだ理由の1つである。(Apple信者を1億人創出するために、その辺りは抜かりなくチェックしている。)

今日のお告げ

もしあなたがiPhoneを画面割れの危機から本気で守りたいのならば、このタフアーマーを本気でオススメする。

→【Spigen】米軍MIL規格取得タフ・アーマーの価格はこちら

ちょっとやそっと落とした程度ではびくともしない。

もちろん落下によるひび割れからiPhoneを守るためには、本体と地面を設置させないことがもっとも重要になってくる。タフアーマーはTPU素材が画面よりも高い場所まで張りだしているうえ、側面もすべてガードしている。

さらにカメラレンズもはみ出すことなくケースのなかにおさまっている。そこにMIL規格のテストをクリアしたという信頼性と前述の二重構造がプラスされている。まさにタフなアーマーだ。これ以上の徹底防御はなかなかない。

私の友人も大満足しているようで何よりだ。

ちなみに、耐久テストの動画ならこちらを見ると分かりやすいと思う。ここまでやって耐えられるなら。普段使いなら全く心配ない事がわかるだろう。

ーあなたはApple公式サイトの製品比較ページを見たことはあるだろうか?ー

もし、あなたがApple製品を購入検討中なら、後悔しない買い物をするためにも、必ずチェックしておこう。

「えっ!こんな違いがあったの?」と驚く、あなたが知らない重要な性能差が見つかることもある。(ProMotionテクノロジー、感圧タッチトラックパッド等)

以下のリンクをクリックする事で製品比較ページをチェック可能なので、この機会にしっかり目を通しておいて欲しい。(私も何度もチェックしている)

公式→Mac比較ページ

公式→iPad比較ページ

公式→iPhone比較ページ

Apple公式サイト(TOPページ)

あなたの1フォロー、あなたの1いいねが
1記事更新の励みになりますm(_ _)m

↓ ↓ ↓

Apple製品を検討中のあなたへ

2017年に発売された全ての最新製品をレビューしました。購入後に後悔しないためにも、以下の記事を読んでおく事を全力でオススメします。

【最新】Apple製品購入完全ガイド!絶対に後悔しない買い方まとめ