管理人管理人

MacBook Air(2020)の発売により連日、盛り上がり続けているガジェット界隈。賛否両論はあるが、私は「買い」だと思っている。そんなMacBook Airの評価を当記事では改めて行いたいと思う。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月19日(土)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

結論:本当に買いなのか?

まず、結論から。

間違いなく買い。MacBook Air(2020)は史上最高のエントリー機。

これが私の結論。MacBook Air(2020)が発表されて以降、変わらない私の評価。何度スペックを見返してみても、当ブログ上で多くのコメントを見てみても、やっぱり素晴らしい機種。

価格面に対して、搭載されている「Retina」「各種スペック」「macOS」「本体の美しさ」を考えると史上最高のエントリー機と言ってもいいと思う。

3年前まで、

Retinaが掲載されていれば、MacBook Airをおすすめできるのに…

と嘆いていた時代があったのが今となっては懐かしい。あの願っていた時代がついに到来した。

だが、読者さんたちのコメントによると「MacBook Air(2020)は劣化版」と評価を下す方々もいらっしゃるようだ。各機器に賛否両論は集まるし、完璧な機種など存在しないのだからそう言った意見があるのはご最も。

私はネット上でApple系の情報サイトをほぼ見なくなったので、そのような主張があるというのはあまり知らなかったのだが、おそらくは「スペック」について何かしらの主張がされていると推測できる。

ただ、私はスペック不足などの不安はないと思っているので、その点を以下、説明していきたい。

CPUスペックを比較【2020,2019】

MacBook Air(2020)のスペック面で言えば、主にCPU面で不安を抱えている方が多いと思う。

さて、では、MacBook Air(2020)のスペックは本当に頼りないものなだろうか?

・・・・・

・・・・・

・・・・・

否っ!!!

必要十分な機能を備えている。間違いなく。それほどストレスを抱えることなくサクサクと作業することは可能。

CPU性能に関しては、発売から数日経過した今、いくつかのメディアが先行レビューを行っているため徐々に明らかになってきている。

例えば、以下の記事内では2019年版と2020年版のMacBook AirのCPU(Core i5)を比較している。

【PC短評】「MacBook Air 2020」を一足早く開封。前モデルと性能を簡単に比較してみた – PC Watchより

上記のスペックを見ると、シングルスコアは多少のスペックアップだが、マルチスコアは2倍近くのスコア差があることが分かる。

また、ほぼ同じようにベンチマークスコアの数値アップが以下のメディアにも掲載されている。(こちらはGeekBench5の数値。前者はGeekBench4の数値)

2019年版Core i5→シングル778, マルチ1595
2020年版Core i5→1174, 3253

ベンチマークで分かったMacBook Air (Retina, 13-inch, 2020) のパワーアップ度 – ITmedia NEWS

やや差異はあるが両者ともに、スコア数値が1.7〜2倍ほど向上していることから信憑性があるだろう。

前年度のプロモデルと比較するために、2019年のMacBook Pro (Core i5)の性能をGeekBench Browserでチェックしてみると、

MacBook Pro (13-inch Mid 2019) Benchmarks – Geekbench Browser

つまり、この差異をまとめてみると、

【Geek Bench5上のCore i5の数値】

・2019年版MacBook Air
シングル:778
マルチ:1595

・2019年版MacBook Pro
シングル:957
マルチ:3932

・2020年版MacBook Air
シングル:1174
マルチ:3253

この結果を見ると、2020年版のMacBook Airが確実に性能アップしていることが分かる。少なくともCPU性能のベンチマークスコアに関しては、2019年のMacBook Proにかなり近い性能。しかも、カスタマイズしても12〜13万円ほどで購入可能。

これが、私がMacBook Air(2020)を「絶対に買い!」と結論づける大きな理由の1つ。MacBook Air(2020)はMacBook Proの劣化版どころか、むしろ、「エントリー機としてはやりすぎ」なくらいのスペック、そして低価格を実現した夢のMacだ。

そもそも、あまりにもベンチマークスコアだけを信用して購入するのはあまり良くないことだと私は思っている。

なぜなら・・・

ベンチマークスコアの矛盾

ベンチマークスコアが2倍になったから、普段の作業が全てスピード2倍!
超早い!!
サクサク度が増した!!!

とは、残念ながらならない。

ベンチマークスコアだけを見ていると、1年・2年ごとに「うぉぉ!スコアすげぇ!買い替えか!?」となってしまうので注意が必要。

ベンチマークスコアがいくら良くても体感できるほどにスピードアップしているかと言われればそうではない。

実際、私が使っているMacBook Pro(2016)はまだまだサクサク動くが、現行のMacBook Airよりもスコア自体は低い。


MacBook Pro (13-inch Late 2016) – Geekbench Browser

だからと言って、買い換えようとは思わない。体感差がそれほどないであろうことを自分の経験上わかっているからだ。

あまりにもスコアを追いかけすぎると、ただただ、最新機種だけを追い求めてしまうことになってしまうのでその点は注意しよう。

最も重要なのはスペック差がどれほど体感差に影響があるのかどうか?だ。

体感差

とは言っても、実はCPUのスペック差と体感差を比較するのはかなり難しい。ネット上で調べてもそれほど多くの情報が出てくるわけではない。すべての機種の各CPUごとのモデルを揃えて検証しているメディアもほとんどない。しかも、体感差は個人によってかなり異なる。

そこで、まずは私のMacBook Pro(2016)に搭載されているCore i5に対して動作の遅さを感じる場面をお伝えしていこう。(ベースクロック数は2.0なのでMacBook Air(2020)と単純な比較はできないかもしれないが参考値として)

私が動作の遅さを感じるのは、

  • 画像を数百単位で編集して書き出す時
  • 40〜50分以上の動画を書き出す時

の2つくらい。ただ、全く動かないということではなく、iMac(2018)と比較した場合の感覚。「iMacと比較すると遅いなぁ。」という程度。

【私が所有しているiMacのスペック】
3.4 GHz クアッドコアIntel Core i5
Radeon Pro 570 4GB
メモリ40GB

まぁ、このiMacくらいのスペックになるととてつもないハイスピードマシンになるのでストレスはほぼない。別のディスプレイにつないで同時作業をしまくってもサクサク。

一方で、13インチMacBook Proでストレスがあるのか?と言われれば全くそうではない。そもそも私は数百枚単位の写真編集・書き出し、1時間弱の動画の編集・書き出しは1ヶ月に1回行うか行わないかくらい。

そのため、ストレスを抱えることはない。ただ、コーヒーでも入れながら待っていればいいだけの話。

また、【2020】スペック不足?MacBook Airは本当に買いなのか?内にて2019年版のスペックと体感スピードについてお伝えした時に以下のような引用を行わせていただいた。

外部モニターにつないだデュアルディスプレイ環境で、ブラウザーでリアルタイム表示系のWebサイトやYouTube動画を含めて常時20個程度のタブを表示しながら、各種アプリを常駐させて仕事をするのが僕の使い方だ。こういう環境でも、意外なほど新型MacBook Airは「マトモ」に使える。十分な性能だ。

新型MacBook Airを使い始めてわかった7つのこと ——「Pro超え」と「Pro未満」が同居する、理想と現実 | Business Insider Japan~

アドビ「Lightroom CC」でこの記事に使った写真の候補81枚の現像(リサイズ、トリミング、プリセットでのカラー変更)を新型MacBook Airと15インチMacBook Pro(Late 2016/Core i7 2.7GHz)で処理した際の違いを以下のグラフにまとめた。

Lightroom CCで、写真81枚の処理時間を計測。クロップ、プリセットによるカラー調整を全ての写真に適用して、長辺1500ドットにリサイズして書き出した時間を計測した。

相手が世代が古いとはいえCore i7のクアッドコアのProというのはそもそも性能に大差があるが、ざっくり3.3倍作業時間が違う。

この数字をどう捉えるか? 今回のように100枚程度の処理ならコーヒー1杯飲む時間の差もない「気にならないレベル」だろう。一方同様の処理を10回繰り返すなら、待ち時間は10分間もの違いになる。そういうパワフルな処理が必要ならMacBook Proを選ぶべき、ということになる。

そう。

この記事の執筆者さんと私は全く同じ気持ち。たまに重い作業を行う程度であれば、CPUスペックを追いかけすぎる必要はない。

私はまだまだ2016年版のMacBook Proを使っていくつもり。

あなたもどうかベンチマークスコアだけに捉われない機種選びを行うことを検討してみてほしい。

【私が13インチMacBook Pro(2016)を使い続ける本当の理由】

13インチMacBook Pro(2016) 3年目レビュー「最新=最高ではない」

最後に「いつの時代も」

最後に。

スペックに関しての大原則を1つお伝えさせていただきたい。

それは・・・

いつの時代も、その年の最上級スペックを使いこなせる人はほとんどいない。

ということ。

ここ数年の話ではなく、これはいつの時代も同じことが起きてきたからこそ断言できる。その時代に最もスペックの高いPCを必要とする人なんてごくごく一部。

というか、CPUのスペックは年々、2倍前後向上していくが、そのスペックを活かすアプリが毎年出るわけではない。そのため、毎年買い替えたとしても体感差はほとんどないに等しい。

そういった点を含めても2020年版のMacBook Airは本当におすすめだ。このスペックなら4年5年と使い続けることができる。というか、この価格でこのスペックが手に入るなんて羨ましすぎる・・・本当に心の底から羨ましい。

そして、もしあなたがMacBook Airへ興味を持っているのであれば、できるだけ早く購入してみることをおすすめする。「何かできるかも。」という好奇心は数ヶ月後、数年後には想像もしていなかった世界へと連れていってくれる。

iPhone 11を買った後、超広角に興味を持ちカメラの世界へ没頭する。
iPadを買った後、気付いたら音楽を作るようになっていた。
Macを買った後、ブログやYoutubeで素晴らしいコンテンツを作るようになっていった。
Apple TVを買った後、インスタライブをApple TV経由で見て毎日を楽しめるようになった。

などなど。

私の周りでは「Apple製品を買った直後」から今までとは全く違う世界へと興味を持ち始め、より人生を楽しい人生を過ごしている人がたくさんいる。

何かしらのApple製品を手に入れると、それがきっかけであなたの世界がどんどん広がる。どうか、ネット上のCPUベンチマークスコアだけに惑わされないように…

繰り返しにはなるが、最も重要で、私がお伝えしたいことは、「Macをとりあえず手に入れてみること。」だ。

Macの世界を一緒に楽しもう!!

【おすすめ関連記事】

資金が少ない人向け!MacBook Air(2020)おすすめカスタマイズ完全版【CPU メモリ ストレージ】