管理人管理人

まだ、発表もされてはいない機種なのだが、多くの人の注目を集めそうなiPhone 12 miniとiPhone SE(第二世代)を比較していきたいと思う。(最新のリーク情報は反映済み)[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月21日(月)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

iPhone 12 miniを待つべき人

  • Face ID派の人
  • カメラ性能を重視する人
  • 有機ELディスプレイを使いたい人
  • 夢の小型ボディ、大型ディスプレイを試したい人
  • バッテリー持ちが良いiPhoneが欲しい人

以下、それぞれの理由について解説。

ちなみにiPhone 12 miniの詳しいスペックについてはこちらを要参考→今、iPhoneは買うな!iPhone 12を待つべき5つの理由

1、Face ID派の人

指紋認証が反応しづらい方々にFace IDはかなり人気なので、そういった方々は間違いなくiPhone 12 miniを待った方が良い。

ただ、この新型コロナの影響がいつまで続くかわからない状況ではTouch IDの方が便利な場面は多いと言えるかもしれない。

2、カメラ性能を重視する人

おそらく、というかほぼ間違いなくiPhone 12の方がカメラ性能は良くなる。

この辺りまだリークがないのだが、

  • ナイトモード搭載
  • 超広角搭載

の2つは搭載されると思う。

iPhone 11のスペックが継承されると考えた方が自然だろう。iPhone 11以下のスペックになるとは考えづらい。

3、有機ELディスプレイを使いたい人

有機ELディスプレイは一度使うとやめられなくなる魅力がある。発色が綺麗だし、特に黒の色味が全く違う。

iPhone SE(第二世代)は有機EL非搭載なので、搭載機を使いたい人は有機EL対応のiPhone 12 miniを待つ方がいいだろう。

4、夢の小型ボディ、大型ディスプレイを試したい人

iPhoneをより小型に。
でも、ディスプレイは大型に。

という夢を抱いていた人は多くいる。特に、2〜3年前によく出回った「iPhone SE2はベゼルレスになって復活する!」という嘘リーク情報には多くの方が心を躍らせた。そして発表されずに落胆した。

ずっとずっと待っていた小型、かつ、大型のディスプレイを搭載したiPhoneが発表されるかもしれないということには夢があると思う。

5、バッテリー持ちが良いiPhoneが欲しい人

iPhone 12 miniはiPhone SE(第二世代)に比べて間違いなくバッテリー持ちが良くなる。

なぜなら、

有機EL搭載のiPhoneはダークモードにすることにより圧倒的なバッテリー持ちの良さを発揮するから。

これはデータとしても明らかで多くの情報が出回っている。例えば以下の記事とか。

iOS 13のダークモード、有機ELのバッテリー持ちが良くなると実証 – Engadget 日本版

ダークモードはバッテリーの持ちにヨシ!とGoogleがキッパリ。ただし有機ELに限る | ギズモード・ジャパン

ちなみに、iPhone SE(第二世代) だが、私の昨日のバッテリー持ちは、朝11時に自宅を出て、夜12時に帰宅するとバッテリーは10%くらいという状況だった。

購入した直後でこの状態なので、1年後にはモバイルバッテリーがないと外出できないような状態になることは容易に想像できる。

iPhone SE(第二世代)を買うべき人

  • Touch ID派の人
  • カメラ機能を重要視しない人
  • 安いiPhoneが欲しい人

1、Touch ID派の人

Touch ID派の人にはiPhone SE(第二世代)を積極的におすすめしたい。

Touch IDはサクサクだし、マスクをしていても当然解除できるし、画面を見る必要もない。

素晴らしい機能。

iPhone 12シリーズにTouch IDとFace IDの両方を搭載する声も多いようだが、それはなかなか厳しそうだ。両方搭載するというリークも今のところ全く流れていない。

2、カメラ機能を重要視しない人

iPhone SE(第二世代)のカメラ機能はナイトモードや超広角モードが搭載されていない。

基本性能を備えたシングルカメラのみ。

それを十分と捉えるかどうかはあなた次第ではあるが・・・個人的にはこれで十分だと感じている。

参考までに以下、私がiPhone SE(第二世代)で撮影した写真をシェアしたいと思う。

3、安いiPhoneが欲しい人

現在のリーク情報を踏まえたiPhone 12 miniとiPhone SE(第二世代)の価格差は以下の通り。

・iPhone 12 mini(5.4インチ)
128GB:$649(69,848円)
256GB:$749(80,611円)

・iPhone SE(第二世代)
64GB:44,800円
128GB:49,800円
256GB:60,800円

上記は現在のドル円レートをもとに計算したものだが、価格差はおおよそ2万円と考えることができそうだ。

結論を言えば、「カメラ機能」「有機EL」「バッテリー持ちの良さ」などについて価格差の価値を感じることができるかどうかだと思う。

書いていて思ったが・・・

バッテリー持ちの良さを考えるとiPhone 12 miniを待つべきかもしれない。2万円の価値はありそう。

独断と偏見による選び方「重要視すべきポイントはたった1つ」

私が独断と偏見でお伝えしたい選び方はたった1つのポイントで決める方法だ。

それは、

バッテリー持ち性能にのみ着目する選び方。

これには大きな理由がある。

有機ELは慣れる。(ことができる)
Face IDはパスコートで対応できる。

しかし・・・バッテリー持ちだけは機能的に対応不可。常にモバイルバッテリーを持ち歩く必要が出てきてしまう。

特に、Plusサイズや、iPhone Xなどの有機EL搭載のiPhoneを使っている方だとバッテリー持ちが気になる可能性が高い。おそらくだが、2年目、3年目は充電を気にする日々になると思う。

有機ELやFace IDなどの目玉機能には多くの人が目を向けると思うのだが、バッテリー持ちは日々の生活において影響は大きいのだから、iPhone 12 miniを待つべきかどうか検討する際の大きな判断材料になるだろう。

ちなみに、Apple公式のバッテリー交換料金はこちら。

iPhone のバッテリー交換 – Apple サポート 公式サイト

それほど高額ではないのでバッテリー交換を視野に入れて長期的に使うという考え方もありかもしれない。

今日のお告げ「それでも迷う人へ・・・」

もし、あなたがiPhone 12 miniを待つべきか?iPhone SE(第二世代)を待つべきか?迷っているのであれば、

iPhoneは極力待ってから購入すべき。

というアドバイスを最後に送らせていただきたい。

私のように愛機が壊れてしまったのであれば、iPhone SE(第二世代)へ今すぐ買い換えるのはありだが、今、iPhoneを所有しているのであれば、iPhone 12 miniの実機を見るまでは待ってみると良いと思う。

待ったところでiPhoneでできることは何も変わらないのだし、そもそも、色・価格についてはリーク通りにならないことが多い。特にデザインについては実際に見てみないとピンとくるかどうか分からない。

直近で言えば、

  • iPhone 11 Proのミッドナイトグリーン
  • iPhone SE(第二世代)のホワイト

には心を奪われた人が多いように思う。

それであれば、「可能な限り待ってみて実機を見てビビッときた方を買う。」という選び方の方がいいだろう。

個人的にはiPhone 12 miniのデザインが本当に楽しみ。(デザイン以外の情報はほぼリークされ尽くしているので…)