管理人管理人

マイナーアップデートされた2019年のMacBook Proと2018年版MacBook Proを5つのポイントに着目して当記事では比較していこう。13インチモデルと15インチモデルに分けてそれぞれを比較してみた後、私が最終的におすすめする機種についても結論づけたいと思う。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


10月18日(金)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年10月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

【13インチ版】 2019 VS 2018 MacBook Proを比較

以下、私が思う重要な違いを5つに分けて解説していこう。

まずは、13インチモデルから。

ディスプレイサイズの選び方についてはこちら→13インチ?15インチ?100%後悔しないMacBook Proの選び方

Proモデル以外も含めたMac(ノート型)の全比較記事はこちら→【最新版】今、買うべきMac(ノート型)はコレ!全機種を比較してみた

1、価格

【2019年モデル】
¥198,800 (税別)〜

【2018年モデル(整備済製品)】
¥163,800 (税別)
13.3インチMacBook Pro 2.3GHzクアッドコアIntel Core i5 256GB SSD

→現在の在庫状況はこちら

¥210,600 (税別)
13.3インチMacBook Pro 2.7GHzクアッドコアIntel Core i7 256GB メモリ 16GB
→現在の在庫状況はこちら

デフォルトモデルの価格差:35,000円

基本的には整備済製品は、タイミング次第ということもあるし、カスタマイズの使用によって大きく価格も変わってくる。上記の価格は私がリサーチしてきた参考価格ではあるが、整備済製品の割引率は概ね約15%くらいなので、それくらいを目安位に考えるといいだろう。

※整備済製品の価格は改定される場合もあるので、最新の価格は必ず公式ページにて要チェック

2、CPU性能

【2019年モデル】
2.4GHzクアッドコアIntel Core i5プ‍ロ‍セッサ(Turbo Boost使用時最大4.1GHz)
2.8GHzクアッドコアIntel Core i7プ‍ロ‍セッサ(Turbo Boost使用時最大4.7GHz)

【2018年モデル】
2.3GHzクアッドコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.8GHz)
2.7GHzクアッドコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大4.5GHz)

13インチモデルについてはそれほど変化がない。

後述する15インチモデルは最大8コアを搭載可能なため、衝撃的にスペックを搭載することは可能となった。

3、メモリ

【2019年モデル】
8GB 2,133MHz LPDDR3メモリ

【2018年モデル】
8GB 2,133MHz LPDDR3メモリ

メモリの仕様についても全く同じ。

噂されていた32GBのメモリ搭載も叶わなかった。

4、バッテリー持ち

【2019年モデル】
最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧

【2018年モデル】
最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧

公式サイトを見ると、ほぼ全く同じということだが、実際の数値はそうではないと思う。

読者さんたちからの情報提供をもとに作成した以下の記事をぜひ参考にしてみてほしい。特にTouch Barモデルは電池持ちが悪い。

Mac全機種のバッテリー持ちを検証してみた結果がこちら

5、GPU

【2019年モデル】
Intel Iris Plus Graphics 655

【2018年モデル】
Intel Iris Plus Graphics 655

GPUの性能は同じ。

もし、GPUを最重要視するのであれば、外付けGPUの検討もありだと思う。

→Blackmagic eGPU(Apple公式)のスペックはこちら

【15インチ版】 2019 VS 2018 MacBook Proを比較

次に、15インチモデルを比較していこう。

ディスプレイサイズの選び方についてはこちら→13インチ?15インチ?100%後悔しないMacBook Proの選び方

Proモデル以外も含めたMac(ノート型)の全比較記事はこちら→【最新版】今、買うべきMac(ノート型)はコレ!全機種を比較してみた

1、価格

【2019年モデル】
¥258,800 (税別)

【2018年モデル】
¥214,800 (税別)
15.4インチMacBook Pro 2.2GHz 6コアIntel Core i7 256GB SSD
→現在の在庫状況はこちら

¥247,800 (税別)
15.4インチMacBook Pro 2.6GHz 6コアIntel Core i7 512GB SSD
→現在の在庫状況はこちら

デフォルトモデルの価格差:44,000円

基本的には整備済製品は、タイミング次第ということもあるし、カスタマイズの使用によって大きく価格も変わってくる。上記の価格は私がリサーチしてきた参考価格ではあるが、整備済製品の割引率は概ね約15%くらいなので、それくらいを目安位に考えるといいだろう。

※整備済製品の価格は改定される場合もあるので、最新の価格は必ず公式ページにて要チェック

2、CPU性能

【2019年モデル】
2.6GHz 6コアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大4.5GHz)
2.3GHz 8コアIntel Core i9(Turbo Boost使用時最大4.8GHz)
2.4GHz 8コアIntel Core i9(Turbo Boost使用時最大5.0GHz)

【2018年モデル】
2.2GHz 6コアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大4.1GHz)
2.6GHz 6コアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大4.3GHz)
2.9GHz 6コアIntel Core i9(Turbo Boost使用時最大4.8GHz)

13インチモデルについてはそれほど変化がない。

後述する15インチモデルは最大8コアを搭載可能なため、衝撃的にスペックを搭載することは可能となった。

3、メモリ

【2019年モデル】
16GB 2,400MHz DDR4オンボードメモリ

【2018年モデル】
16GB 2,400MHz DDR4オンボードメモリ

デフォルトでは、16GBまで。カスタマイズすれば32GBのモンスタースペックを搭載可能。

4、バッテリー持ち

【2019年モデル】
最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧

【2018年モデル】
最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧

この公式データのバッテリー持ちについてはかなり疑問視されている。

読者さんたちからの情報提供をもとに作成した以下の記事をぜひ参考にしてみてほしい。特にTouch Barモデルは電池持ちが悪い。

Mac全機種のバッテリー持ちを検証してみた結果がこちら

5、GPU

【2019年モデル】
2.6GHz
Radeon Pro 555X(4GB GDDR5メモリとグラフィックス自動切替機能を搭載)
Intel UHD Graphics 630
オプション:Radeon Pro 560X(4GB GDDR5メモリ搭載)に変更可能

2.3GHz
Radeon Pro 560X(4GB GDDR5メモリとグラフィックス自動切替機能を搭載)
Intel UHD Graphics 630
オプション:Radeon Pro Vega 16(4GB HBM2メモリ搭載)、またはRadeon Pro Vega 20(4GB HBM2メモリ搭載)に変更可能

【2018年モデル】
2.2GHz:Radeon Pro 555X
2.6GHz:Radeon Pro 560X
オプション:Radeon Pro Vega 16 or Radeon Pro Vega 20

独断と偏見でおすすめするのはこっち!

私がおすすめするのはズバリ!

2018年モデルのMacBook Pro(整備済製品)!!!

もうぶっちぎりでこっち。

超ハイスペックの15インチMacBook Pro(2019)の8コアが欲しい人以外はぜっっっっっっったいに、2019年モデルではなく2018年モデルの整備済製品を待ったほうがいい。

それほどスペックも変わらない。

しかも、第三世代バタフライキーボードの最高のうち心地と静音性が手に入る。

【比較レビュー】違いはなに?第三世代と第二世代バタフライキーボードの3つの違い

一方で、私が愛用している2016年モデルや2017年モデルは比較的に手に入りやすいのだが、第二世代バタフライキーボードということもあり、静音性は良くない。個人的にはあまりうち心地も好きではない。

2019年モデルもバタフライキーボードは2018年モデルからさらに改良されたようだが、大幅なアップデートではないのでおそらくマイナーなアップデートであることが予測される。(海外メディアの検証が待たれる)

それであれば、価格差3万円〜4万円ほどあるのだから、2018年モデルを購入した余った資金でiPadやAirPodsを購入した方がぜったに幸せになれる。

と、私は思っている。

今日のお告げ「僕とMacBook Pro」

2年のブログ運営を経て、16,645件のコメント欄のやり取りを経て、私は”Macの究極の選び方”のようなものを大げさではなく、自信を持っているようになってきた。

Macの究極の選び方とは、

気に入ったMacを手にして、使って使って使って使いまくること。

ただ、それだけ。本当に大好きなMacを使っていれば、新しい製品が出ても羨ましいとは思わないし、むしろ買い換える気なんて一切なくなる。自分の体の一部になった気がする。毎日、起動させるたびにワクワクする。結果、すべての作業が効率化される。

この辺りの大切な”愛機”についての考え方はこちらの記事をぜひ読んでみて欲しい→これが本物のレビュー。13インチMacBook Pro(2016)の愛を語ってみた。

どうか、あなたにとっての最高のMac選びの一助に当記事がなれば幸いだ。