管理人管理人

嬉しい。楽しい。幸せ。ついに!ついに!!ついにぃ!!!iPadOSがライブ変換へ対応!!!全iPad日本人ユーザーの作業効率性が今日、この瞬間から爆発的に向上する。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月20日(日)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

論より証拠

ライブ変換とは?という方もいらっしゃるとは思うのだが、まずは論より証拠。

こちらの動画を見てみて欲しい。

いかがだったろうか?

漢字へ変換するためにスペースキーを押す必要がない。

この機能はmacOS特有の機能として長く多くの方に愛されてきた。2年ぶりのレビュー。ライブ変換に改めて惚れ直したという話の記事でも書いているように私もかなり愛用している。

漢字の変換を今まで行ってきた方々には少し違和感があるかもしれないが、慣れると自動的に変換されていくのは快感でしかない。精度も8割くらいはあると思う。

長文を打てば打つほど前後の文脈で精度の高い変換を行ってくれるため、タイピングミスさえしなければ、無呼吸のまま打ち続けられる感覚すら得られる。

もはや快感。

最高のアップデートすぎる。

補足:Bluetoothキーボードでも可能?

スマートキーボードや新型のMagic Keyboardしか対応していないのかな?と少し心配していたのだが、その心配は無用だったようだ。

私が検証してみたところ、「iPad mini 5と折りたたみキーボード「Ewin」」の組み合わせでも自動的に変換されることを確認した。

これでiPad miniとEwinだけで、いつでもどこでもキーボードタイピングができる。繰り返しになるけど、最高のアップデートすぎる・・・

今日のお告げ「慣れるまでやってみて」

自動変換って今まで慣れていない人にとっては、なんだか奇妙な感じがすると思う。私もそうだった。

ただ、慣れると変換キーを押す事の煩わしさから解放されたという快感と、“圧倒的な文字入力の効率性“を手にすることができる。

単純に考えてスペースキーを押す回数と、正しい変換候補を探す手間が省けるのだから、文字入力のスピードは上がる。

だから、ぜひ慣れるまではiPadOSの自動変換を使い込んでみて欲しい。

ちなみに、当記事は12.9インチiPad Proとスマートキーボードの組み合わせで書いたもの。ふふふ。自動変換で書く記事。幸せ。

よき!