管理人管理人

iMacのカスタマイズは、どのようにするのが正解だろうか?できるだけコストを抑えて、後から後悔しないためにはカスタマイズはどのようにすれば良いだろうか?当記事では私が実際に購入したiMacを元に、オススメのカスタマイズをお伝えしよう。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


10月24日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年10月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:私が行ったカスタマイズ

私が購入したモデルは以下のモデル。

  • iMac27インチモデル
  • メモリ8GB
  • SSD256GB
  • Magic Trackpad

→iMac5Kモデルの価格はこちら(Apple公式)

iMacのレビューについては以下の記事も合わせて参考にしてほしい。

狂気に満ちたApple信者のiMacレビュー|5K 27インチ SSD256GB

おすすめカスタマイズとは?

では、早速、私の行ったカスタマイズとその理由についてお伝えしていこう。

その1、メモリ

メモリはぜっっっっったいに8GBを選択するべき。iMac27インチモデルはデフォルトで8GBのメモリが搭載されている。つまり、iMac27インチモデルを購入する際にはカスタマイズをする必要はないとう事だ。

なぜなら・・・iMac27インチモデルは、自分でメモリをカスタマイズすることができるからだ。

そして、自分でアプリをカスタマイズする方が安い。圧倒的に安い。さらに、最大64GBまで搭載できる。(Apple Storeのカスタマイズは32GBまで)

・Apple Storeでカスタマイズ
8GB→32GB (66,000円)
→iMac5Kモデルのカスタマイズ料金はこちら(Apple公式)

・自分でカスタマイズ
16GBを2枚 (42,280円)
(デフォルト搭載8GBと合わせて合計40GBになる)

価格差は、23,720円。

いかがだろうか?圧倒的に安く、そして大容量を搭載することが分かって頂けると思う。

メモリはよく「机の大きさ」に例えられる。机が広ければディスプレイを3台並べたり、自分の好きなスピーカーを設置したり、大型のキーボードを設置できたりといろんな面で作業効率をアップさせることができる。

パソコンに例えるなら、アプリをどれだけ開いても、ブラウザでいくらタブを開いても、常に動作がサクサクとイメージすれば分かりやすいだろう。

「メモリ増設なんてやったことがない・・・」とあなたは思われるかもしれないが、蓋をパカッと開けて差し込むだけなのでそこまで難しくはない。私が実際にメモリを増設した時の記事は近日公開予定なのでそちらを合わせて参考にしてみて頂ければ幸いだ。

その2、SSD or FusionDrive

私が選択したのはSSDの最低容量の256GBだ。容量は正直、以下の記事で紹介しているようにiCloudをうまく使えば少なくても問題ないと思っている。重要なのは、FusionDriveではなくSSDを選択したという事実だ。

【参考】80GBの容量節約に成功!iCloudフォトライブラリの仕組みを完全解説

一時期、FusionDriveとも迷ったが、結果的にSSDを選択してよかったと思っている。FusionDriveは起動時やアプリ利用時にはSSDを利用し、それ以外はHDDの大容量に保存するという効率のいいストレージ、と言われている。

しかし、私の中では、圧倒的にSSD推しだ。全ての動作が爆速。私はHHD→SSDへの変革の時期をはっきりと覚えている。もう、二度とHDDには戻れない体になっている。SSDは体感ではあるが、「えっ、嘘でしょ?」と思うほどに全てが早い。

そもそも、iMacのFusionDrive1TBにはSSDが32GBしか搭載されていない。すベての動作をSSDに割り当てることは、物理的には不可能なのだから、動作が遅い部分がどうしても出てくる。

iMac購入前に、Twitterで色々な方にFusionDriveについて聞いてみたが、「SSDの方が絶対にいいっすよー。FusionDrive使ってましたけど、やっぱり速度的にちょっとストレスのある部分は多かったです。」というアドバイスも頂いた。

では、一体SSDとFusionDriveにはどれほどの性能差があるのだろうか?

実際に検証したデータがあるのだが、数値上は以下のように違いがある。

(http://barefeats.com/imac12d1.htmlより引用)

さらに詳しいデータ検証や考察については以下の記事を読んでみてほしい。

iMac購入化計画vol3. SSDか?FusionDriveか?何が違うの?

また、iCloudをうまく利用すれば容量は少なくても大丈夫なので、

その3、Magic Trackpad2

iMacにはデフォルトでMagic Mouseが付属しているのだが、操作性を考えると、多くの人はMagic Trackpad2を選択する人が多い。

実際、私も Magic Trackpad2を選択した。

主な理由としては、

  • 直感的な操作が可能
  • 操作領域の広さからファイルのドラッグ&ドロップが容易
  • 指2本、3本と使い分けて様々な操作を割り当てられる

というところが大きいと思う。

実際の私の使用レビューは以下の記事を参考にしてみて欲しい。

56時間使い続けて分かったMagic Trackpad 2の7つのメリットとは?【レビュー】

また、 Magic Trackpad2をさらに魔法のツールに昇華させるために、以下のアプリもぜひ使ってみてほしい。マジで人生が変わる。

全MACユーザーが恋するBetterTouchTool!究極の3つの設定とは?

※私は、「Magic Mouseなんて誰が使うの?」と思っていたのだが、先日、Twitterで「Magic Mouse使っている人ー?」と呼びかけたところ、動画編集者の方はMagic Mouseを愛用しているようだった。

動画編集時の微妙な操作がしやすいらしい。上記Twitterの情報もぜひ合わせて参考にしてみてほしい。私も色々と学びがあった。

今日のお告げ

熟考して熟考して熟考して、後悔のないカスタマイズを!!!

カスタマイズは後から取り返しがつかない。一部、ストレージなどを外付けモデルに対応させることは可能なようではあるが、苦労するし、後からお金もさらにかかる。

最初にきちんと自分に見合ったスペックを見極めて後悔のないカスタマイズをしよう。
→最新のiMac5Kモデルはこちら(Apple公式)