管理人管理人

当記事はあなたが学生であろうとなかろうと、動画クリエーターに興味があろうとなかろうと、必ず最後まで読み進めて欲しい。「好き」「楽しい」という気持ちがどれほどスキルアップに繋がるかをわかっていただけるはずだ。大好きな製品を使い込んでスキルを上げる!これぞ本物のApple信者!![@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


3月22日(金)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年3月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:当シリーズについて

当シリーズは、様々な職業の方に「どうやってApple製品を使いこなしているのか?」という事に焦点を当てて書いていくシリーズ。

とある読者さんからの提案があり、「それは絶対やったほうがいい!!!」と強く共感した事が当シリーズのきっかけだ。

もし、あなたが何かしらのプロフェッショナルなお仕事をされているのであれば、お礼として500円分のアマゾンギフト券をお渡しするので、ぜひご協力頂ければ幸いだ。

募集要項はこちら→ープロフェッショナルの「◯◯」シリーズお手伝い募集要項ー

では、早速いってみよう!!

現在のメインマシン、サブマシン

メインマシン:MacBook Pro 15インチ(2017)
プロセッサ 2.8 GHz Intel Core i7
メモリ16GB

サブマシン:iPhone XS
Apple Watch Series 2

なぜ、このApple製品を使っているの?

うぉずうぉず

まずは、メイン機の使い方から教えていただけますでしょうか?

中学生(動画クリエーター)中学生(動画クリエーター)

はい。
まず僕は「ヲタ芸」や「サイリウムダンス」と呼ばれる、
いわば”踊ってみた”のような動画を作ってYouTubeで公開しています。

MacBook Proは、その動画の編集はもちろん、BGMとして使う曲の編集や、サムネイルの作成、動画を撮影するときのモニターとしても活躍しています。

うぉずうぉず

えぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!

そうなんですか!?

めちゃくちゃ興味のある分野です。へぇぇぇぇ!!!動画作っているのですね。踊ったりはしないのですか?それとも、踊ってみたの動画を作る人ですか?かなり興味深いです。

いくつか質問があります!

1、動画編集アプリはなんでしょうか?

2、BGMの曲編集をするアプリはなんでしょうか?

3、サムネイル作成の編集はどのアプリで行われているのでしょうか?

4、動画を撮影するときのモニターとして活躍、とはどういう利用方法でしょうか?カメラの映像がMacに映るということですか?

質問ばっかりすいません。笑

初めてお会いするタイプの方なのでめっちゃテンション上がってますv( ̄∇ ̄)ニヤッ

中学生(動画クリエーター)中学生(動画クリエーター)

僕も踊りますよ!
友達と何人かで踊ってそれを動画にしています!

動画編集は、Final Cut Pro Xを使っています。
このジャンルの動画では結構重要な「トランジション」という、画面切り替えのエフェクトがあまり多くないので、ネットからプラグインという、いわゆるサードパーティ製のエフェクトを入れて使っています。

BGMの編集は、Logic Pro Xを使っています。
はじめはガレージバンドを使っていましたが、Logicにはたくさんのサウンドエフェクトなどがあって面白いです笑

サムネイルは、AdobeのPhotoshopを使っています。
写真の編集だけではなく、文字を入れたり、少し変わった加工をするときに、すごく使いやすいです!

(実はYoutubeに上げたりはしていませんが、親も動画を作っていて、上の3つのソフトは親にもらったり、共有のアカウントで使っています。)

Macを動画撮影の時のモニターにすることについて、練習の時の動画はiPhoneでサクッと撮ってしまうのですが、しっかりとした作品を撮るときには、一眼を使って撮影しています。

一眼についている液晶小さく、撮影した動画を細部まで確認するのは難しいんです。

そこで、一眼とMacを優先でつなぎ、専用のアプリを使って、現在撮影しているものを、Macに表示できるようにしています。
一眼の液晶と違って、そこそこ画面が大きいので、動画の確認もすごくしやすいです!

うぉずうぉず

えっ。。ちょ・・・

中学生・・・の方ですよね?

Final Cut Pro Xを完璧に使いこなされているとは・・・驚きです。すごすぎです。リスペクトが止まりません。

しかも、フォトショップまで。。とんでもないですね。。

しかも、しかも、一眼レフまで。。。

すげーーーーーー!!!!!!!!

質問が2つほどあります。

1、Final Cut Pro XやPhotoshopの使い方はどのように学ばれたのでしょうか?
2、一眼レフはどのようなものを使われていますか?(これは私の興味です。笑)

いやぁ、、、将来が楽しみな学生さんですねぇ。ワクワクしますv( ̄∇ ̄)ニヤッ

中学生(動画クリエーター)中学生(動画クリエーター)

ぜんぜんまだまだ使いこなせてなんていませんよ笑

1.Final Cut Pro XとLogic Pro Xは、もともとそれらのソフトを使っていた親に教えてもらいました。
Photoshopは、親も使っていなかったので、「Photoshopの使い方!!!」みたいな本を買ってきたり、YouTubeにある編集のやり方の動画を見たりして、勉強しています。

2.一眼は、画質の良さと、暗さに強い、またボケ感のある動画が撮れるという良さがあるので、使っています。
(もちろん普段は写真をパシャパシャ撮ったりもしてますよ笑)

ヲタ芸は、夜に暗いところで撮るので、iPhoneなどで撮ると、どうしてもノイズといって、暗いところがザーッとなってしまいます。

最近のiPhoneはだいぶ良くなってきてはいますが、一眼ほどではないです笑(当たり前です笑)

またiPhoneのポートレートモードは、写真のみ対応で、動画は撮れないので、ボケ感のある動画を撮りたいのなら、一眼は必須です!

うぉずうぉず

素晴らしい両親ですね。エリートApple教育じゃないですか!!!羨ましいです・・・笑

ボケ感は確かに、iPhoneではまだまだですからねぇ。。まぁ、レンズに革命が起きない限りはこれ以上はなかなか難しそうな気がします。

うぉずうぉず

では、次の質問です。

サブ機のiPhone XSの使い方についてお聞かせいただけますでしょうか?

中学生(動画クリエーター)中学生(動画クリエーター)

iPhoneXSでは、主に3つのことをしています。

まず、1つ目は基本的な連絡手段。

2つ目は、ヲタ芸の動きを作ることです。
256GBのモデルなので、たくさんの曲や動画が入るため、曲を聴きながら動きを考えたり、他の人が投稿しているヲタ芸の動画を保存して、それを見て研究したりしています。

また考えた動きは、メモに記録しています。

実は以前iPadを使っていたことがあったのですが、そう言う点では、iPadのほうが使いやすかったです。(一眼の購入資金のために、売却してしまいました…)

しかしiPhoneの中でもXSは、8などより少しボディは大きいものの、インチ数ではPlusシリーズを上回るほど画面が大きくなっています。なので、動画を見るときも、メモに記録するときも、とても使いやすいです。

3つ目は、動画を撮ることです。

ヲタ芸にはテンプレート化された、いくつもの「技」という動きと、それらをアレンジさせたり、一から動きを作るフリームーブという動きがあります。

友達とヲタ芸ヲタ芸するとき、事前に動きの説明をします。

その時に「技をする」と伝えたい時は、技の名前を伝えれば良いですが、フリームーブを言葉に表現することは、結構難しいです。その際に、そのフリームーブの動画を撮り、友達ち送っています。

ちゃんとした作品を撮るときは一眼を使いますが、そういったフリームーブの撮影や、練習などの時は、iPhoneでサクッと撮ってしまいます。

XSは、一眼ほどではありませんが、暗所にも強いので、ある程度わかりやすい動画をとることができます。また一人でその動画を撮るときは、Apple Watchのリモート機能を使っています。画角の調整などに、とても便利です。

この3つが、iPhone XSでやっていることです。

うぉずうぉず

私の知識不足ゆえか、7回ほど読まないと完全に理解できませんでした。笑

オタ芸・・・深いですねぇ。。やはり極めていくとどの世界も凡人には???の領域にいきますね。聞いていて楽しいですv( ̄∇ ̄)ニヤッ

Apple Watchのリモート機能というのは、iPhone XSをどこかに固定してカメラモードをコントロールするということでしょうか?

撮影の際はiPhone XSのみで他に外部機器は使われていないのでしょうか?三点脚立のようなものとか・・・勝手なイメージですが、こだわればこだわるほどiPhoneに外部レンズを付けたり、色々とされているかたが多いイメージがあります。

中学生(動画クリエーター)中学生(動画クリエーター)

iPhoneXSは、三脚に固定して使っています。
なるべく高性能なリアカメラを使いたいがために、Apple Watchを使っています。
外部機器は特には使っていません。三脚に固定してとるだけです笑

うぉずうぉず

えぇぇぇぇぇ!!!
すごいですね。
撮影風景を見てみたいものです。

ちなみにApple Watchはどのシリーズのものでしょうか?何か他に便利だなぁ、と思う使い方をされていたりしますか?

大人でもApple Watchを買うかどうか、本当に便利なのかどうか?迷って踏み込めない方が多いので、ぜひ、Apple Watch世代としての意見をお聞かせください!笑

中学生(動画クリエーター)中学生(動画クリエーター)

Series 2の38mmアルミニウムケースのモデルです。

すごく便利なのは、やはり通知を確認できるところですかね。iPhoneをポケットや小さめのバッグに入れている時でも、Apple Watchが通知を表示してくれるので、とても便利です。

またApple Watchを買う前は、電話が来ていても、バイブに気付かずに、いつのまにか不在着信になっていたなんてことがありましたが、Apple Watchのバイブは直接体に触れているので、そんなことはなくなりました。

他には、音楽を聴いている時、再生・一時停止、次の曲を再生などコントロールできたり、Digital Crownを回すだけで、直感的に音量のコントロールができるのも、とても便利です。

結局、Apple Watchの良いところは、
「わざわざiPhoneを出すようなことではないことを、スマートにできる所」
ですかね。

うぉずうぉず

かっこいい・・・

完璧に使いこなされていますね。もはや、年齢詐称されているのではと疑ってもいいレベルです。笑 

一通り所有されているApple製品の使い方を聞かせていただいたのですが、「娯楽系のアプリ」で使い込んでいるものなどはないのでしょうか?

割と、学生さんはゲームとか、SNS系とか、あと私の全く知らないようなアプリを使われている印象があります。

中学生(動画クリエーター)中学生(動画クリエーター)

そうですね…
SNS系だったら、LINE、Twitter、Instagramがメインですかね。その他にもYouTubeや、ピッコマというアプリで、漫画を読んだりもしています。
ゲーム系は、友達もやっているものなど、いろいろ入れていますね。

うぉずうぉず

ピッコマいいですよね!!!
私も使っていました。

やはりSNSは使いこなされているのですねー。私は全然ついていけていません。。汗

勉強が捗るためのアプリなどは入れられていますか?読者さんの中にはとんでもなくアプリを使いこなされていて、猛烈に勉強されている方がちらほらいらっしゃいます。

中学生(動画クリエーター)中学生(動画クリエーター)

教科書などに書いてある漢字の読み方がわからないときなどに、筆順というアプリを使います。画面上をなぞって漢字を書き、それに合った漢字やそれに近い漢字の情報を出してくれるので、結構便利です。
Photomathというアプリは、数式をカメラで写せば、その数式と答えが出てくるというものです。解き方がわからない時によく使います。
あとはGoogle翻訳は欠かせませんね笑

うぉずうぉず

おぉぉぉぉ!!!
ありがとうございます。。知りませんでした・・・そんなにすごいアプリが。。やはり学生さんはうまくアプリを使いこなされていますねぇ。。

「中学生になる方」「現役中学生」へオススメしたい製品は?

うぉずうぉず

では、続いての質問です!!

これから中学生になる方、現役中学生の方にオススメのApple製品はなんでしょうか?

オタ芸や、動画編集に興味がある人に向けて「このスペックは必須!」みたいなものもあればぜひ教えてください。多くの人にとって参考になると思います。

中学生(動画クリエーター)中学生(動画クリエーター)

機種に問わず、Macはあったらいいと思います!

動画編集をしない人にとっても、Macは色々なことを体験できるいい機会になると思います!

無料の動画や音楽編集ソフトもあるので、興味本位程度でもいいのでいじってみてもらいたいです!

サイズも、MacBookやMacBook Airなら少し大きい教科書程度なので、持ち運びもしやすいと思います!

ヲタ芸などの動画編集をする人にとっては、スペックはとても大事だと思います。その中でも、CPUのコア数と、RAMの容量、GPUの性能は特に大事だと思います。CPUはi5かi7かよりも、何コアのものかということを気にするべきだと思います。

これは僕の意見ですが、頭のいい2人で作業するよりも、ちょっと頭は悪いけど4人で作業する方が、効率的だと思います。
RAMは、16GBはあった方がいいんじゃないかなと思います。多くの仕事を同時にしなくてはならないこともたくさんありますから。

GPUの性能は、動画編集の効率にそのまま繋がると思います。GPUの性能が足りないと、編集のプレビュー画面がカクカクして、少し編集するのにも、すごく時間がかかってしまうと思います。

動画編集をされる方でMacの購入を考えられているのなら、

・CPUのコア数
・RAM
・GPU

に注意して選ぶといいと思います!

うぉずうぉず

丁寧にカスタマイズについて言及していただきありがとうございます!

質問が2点あります。

1、iPadよりはMacがオススメでしょうか?
2、MacならMacBook AirとMacBook Proのどちらがオススメでしょうか?

このあたり、学生さんから多い質問なのでぜひ教えて頂ければ幸いです。

現役の方の意見が気になります!!!

中学生(動画クリエーター)中学生(動画クリエーター)

1. Macがオススメですね。
やはり対応しているソフトもiOSよりはるかに多いので、拡張性に優れていると思います。

2. 僕ならMacBook Airをオススメします。MacBook Proを使っていて思うのが、「とにかく重くてデカい」ということです笑
家で編集をしてる分にはいいですが、外で編集したり、使う時などに、リュックにMacを入れているのですが、そのリュックを1日背負っていると、どうしても肩は痛くなります笑

MacBook Airは、Proに比べれば非力かもしれませんが、ものすごく軽いです。なのでどこにでも持ち歩くことができると思います。

「重さなんかよりスペックだ!」っていうような人にはProが向いていると思いますが、「少し編集もできて、持ち歩きたい」なんて人には、Airをオススメしたいです。

うぉずうぉず

確かに・・・

おっしゃる通りです。

重さとの兼ね合いにはなりますが迷いますよね。。

私は今iMacを所有していますが、私の用途なら12インチMacBookがベストだと思っています。

持ち歩きが憂鬱だと意味ないですからね・・・

最後に。

うぉずうぉず

では!!!

最後の質問です。

これから中学生になる方、現役中学生の方に一言お願いします!

ぜひ、熱いApple愛を込めて思いの丈をぶちまけてくださいv( ̄∇ ̄)ニヤッ

中学生(動画クリエーター)中学生(動画クリエーター)

はい!

中学生のうちから、色々なことにチャレンジするのは、とても大事なことだと思います!

特にPC関係のことは、大人になっても使う機会があると思うので、無駄にはならないと思います!

僕はよく親に、
「なんで中学生のうちからそんなにすることあるの?」
と言われますが、その答えは、
「好きだから。」
です。

ヲタ芸をするのも、動画を撮ったり、編集したりするのも、そしてAppleも、全部好きだからです!なので、「好き」と思ったことを、自分がやりたいだけやればいいと思います!(勉強もしなくちゃ…)

そしてその楽しさの中に、Apple製品を組み込んでいければ、最高だと思います!きっとApple製品は、自分のやりたいことをする、手助けをしてくれるはずです!

それと、是非僕たちがヲタ芸をやっているチャンネルを見ていだきたいです…ヲタ芸がさらに広まって欲しいですしね!

[ヲタ芸plus – YouTube]

今回は、インタビューを受けさせていただき、ありがとうございました!
とてもいい話ができたと思います!

うぉずうぉず

本当に最後の最後まで熱い言葉をありがとうございます!!!

・好きだから
・楽しいから

で突っ走るのも大切ですよね。私はもうおっさんですが、その気持ちを忘れずに突っ走っているので非常に共感できました。

オタ芸にも興味が湧きましたので、動画チェックしまくりますねv( ̄∇ ̄)ニヤッ

本当に素晴らしいインタビューをありがとうございました!!

中学生動画クリエーターさんの動画チャンネルはこちら

絶対観てほしい!!!私はニヤニヤが止まらなかった。

オタ芸と聞くと暑苦しいおじさんが叫んでいるイメージしかなかったのだが、これは・・・新しいジャンルのダンスのような感じがした。

ダンスも、サイリウムも綺麗だし、動画編集も超ハイスペック。見ながら本当にニヤニヤが止まらなかった。

青年たち!!青春してるなぁ!!!

と、見ていてなんだか嬉しくなった。

後日談

ハイスペックすぎて、なんだか終始圧倒されっぱなしだった気がする。

というか、最近、このプロフェッショナルのApple製品シリーズで中高生にインタビューをさせていただく機会が増えてきたが、最近の若い子はこんなに丁寧で真面目で何かを追いかける美しい子たちばかりなのだろうか?ただただリスペクトが止まらない。

今回、インタビューさせていただいた中学生の方も、「好きだから」「楽しいから」が原点であり、その結果として動画編集スキルがどんどん伸びていっているようだ。

こういう方が、4年後、5年後、とんでもないスキルを持った大型新人としてWeb業界に入ってくるのかなぁ、とか思ったりもした。

私は、新しい世界を知るのが本当に大好きなので、今回のインタビューも本当に楽しかった。これを機にオタ芸の良さに気づいたので、動画をいくつか見回ってみたいと思う。

本当に素晴らしいインタビューをありがとうございました!!!