管理人管理人

本当にタッチバーは失敗だったのだろうか?批判されることも多いタッチバーだが、私はタッチバーの未来には期待している。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月22日(木)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:私の環境

私が愛用しているMacBook Proは以下の仕様。

  • 2016年モデル
  • 13インチ
  • メモリ16GBへカスタマイズ
  • タッチバーなし
  • 512GB

かっこよすぎてヤバイ。とりあえずめちゃくちゃ気に入っている。おそらく、MacBook Proに大きな革新がこない限り、最低でも2、3年は買い換えないだろう。

さて、そんなMacBook Pro愛が強い私だが、リアルの知人にもタッチバーモデルをオススメはしていない。その理由を以下お伝えしていこう。

タッチバーモデルを買ってはいけない5つの理由

私の独断と偏見も入れつつ、友人たちの意見も取り入れたので、ぜひ参考にしてみてほしい。

理由1、電池持ちが悪い

タッチバーありモデルは電池持ちが圧倒的に悪い。Apple側もこの点は十分に分かってはいると思うのだが、とりあえず悪い。

当時、タッチバーありモデル購入した外国人たちの怒りはすさましいものがあった。

「俺の持ってる2013年版のMacBook Proの方がバッテリーが持つぞコラ!!!」

とキレる人もちらほら。

実際、2016年、2017年とタッチバーモデルのバッテリー持ちについては以下のデータが参考になるだろう。

BatteryTruth – your macbook’s battery life information by LuckyIcon Artより引用

  • 赤丸→私が愛用しているモデル
  • 青丸→2017年モデル13インチ タッチバーありなしの違い
  • 黄丸→2017年モデル15インチ

これらのデータを見ると、やはりタッチバーありのモデルを無条件に推奨することはできない。外出先で使う事が多いラップトップなのだから、バッテリー駆動時間については、最低でも7、8時間はほしいところだ。

理由2、ファンクションキーの方が便利

物理キーボードに慣れていた人でもそうでない人でも、タッチバーよりもファンクションキーの方が便利だろう。

タッチバーモデルも、タッチバー部分にファンクションキーを表示させることはできるが・・・タッチバーありモデルには決定的な弱点がある。

それは、「手元を見ないと操作できない。」という点だ。

私は高速でタイピングをしないと落ち着かない人間なので、いちいち手元を確認することはできるだけしたくはない。高速でタイピングする事が多い人にはタッチバーありモデルはあまりオススメできない。

理由3、価格が高い

タッチバーありとなしモデルの価格差は以下のようになっている。

※以下、税込価格
※ストレージは256GBで統一

Touch Barあり Touch Barなし
13インチ 198,800円 164,800円
15インチ 258,800円 なし

上記を見て頂くと分かる通り、13インチモデルに至っては、3万4000円もの価格差がある。

個人的にはタッチバーありモデルを購入するよりも、AirPodsや新型 iPadを購入した方が幸せになれると思っている。

もし、あなたがAirPodsを所有していなかったり、iPadを所有していないなら、一度、購入を検討してみてほしい。本当に、生活が、人生が変わる。

AirPodsを1年間使い続けて分かった23のこと【辛口レビュー】

失敗作?新型iPad(2018)とiPad Proを徹底比較!9つの違いとは?

理由4、まだ開発途中

私はタッチバーはまだ開発途中だと思っている。今の時点では、賞賛することはできないが、「近い将来、劇的に便利になる。」と信じている。

だが、逆に言えば今はまだ買いではない、という事だ。

Appleの素晴らしい挑戦は直近で言えば、

  • イヤホンジャック廃止
  • AirPodsの発売
  • タッチバー

という3つがあると思う。

1つ目と2つ目は私は成功だったと思っている。これから、充電ケーブルも含めてどんどん有線コードは減っていくだろうし、未来を考えさせてくれた。

3つ目のタッチバーについては現在も開発を続けているのだろう。

おそらく、噂されているように、Macのキーボード全面がディスプレイになる日がくると思う。その日がきたらタッチバーありモデルは検討すべき価値があるものになっているかもしれない。

今はまだAppleの挑戦を静観すべきだろう。(そもそもAppleの初物にはトラブルがつきもの、というのは覚えておいてほしい。徐々にユーザーの要望を叶えてくれるので気長に待とう)

理由5、友人がマジギレしていた

最後に。Apple信者の私の意見ばかり載せてもあれなので、Windows派であり、Apple嫌いの友人の意見を1つ載せておこう。

仕事の関係でMacBook Pro15インチ(2017年モデル)を与えられた彼だが・・・

「なんすか?このタッチバーモデルって。使いづらいうえに価格も高い。しかも電池持ちが悪すぎる。こんなもん使い物にならないでしょ?ジョブズがいなくなってからAppleは・・・ウンタラカンタラ」

という感じだった。

かなりキレていた。彼のMacBook Proは埃をかぶった状態で部屋のすみに乱雑に置かれていた。電池持ちの悪さとタッチバーの使いづらさが許せなかったようだ。

Apple信者はニコニコしながら使うことはできるかもしれない。が、初めてMacを買う人は彼のようにマジギレする可能性は十分に考えられる。

ゆえに、もし、あなたがMacを初めて購入するならタッチバーなしモデルを選択することをオススメする。

余談ではあるが、私の友人はApple嫌いではあるが、ジョブズ時代のAppleを高く評価している。というかジョブズ氏をより高く評価しているのはWindows派のような気がする。

実際、彼が復帰後のAppleは歴史上まれにみる革新的な製品を連発した。かつてのソニーのように。もう一度あの時代がくるのだろうか・・・

さて、余談がすぎたが、オススメできない理由を5つ伝え終わったところで、次に結論をお伝えしよう。その結論とは・・・

本当に、タッチバーは失敗作だったのか?

あなたは覚えているだろうか?

タッチバーが搭載されたモデルを発表する際に、Appleが打ち出した広告コピーを。2016年10月27日、Appleは以下のようなコピーのもと大規模なイベントを行った。

hello again

これには深い深い意味と、歴史がある。スティーブ・ジョブズ氏が世界を変える製品「初代Mac」を発売したイベントでマッキントッシュに「hello」と話をさせて、会場を大いに盛り上げた。

つまり、Appleにとって「hello」は大きな意味を持つ。安易に使ってよい広告コピーではない。それをAppleも分かっているはずだ。

【参考】究極のApple本はどれ?【100年先まで残したい書籍7選】

にも関わらず、helloというコピーを使ったという事は、タッチバーモデルの発表は社運をかけたものだった可能性が高い。今頃、エンジニアたちがタッチバーをさらに昇華させたものを作っていることだろう。

私は「タッチバーモデルを買うべきではない。」と主張してはいるが、それはAppleの技術を批判しているわけではない。製品は批判されながら磨き上げられていくし、Appleなら何かやってくれるという期待も希望もある。

失望するにはまだ早い。

タッチバーはまだ成長過程だ。これからもAppleの挑戦を厳しい目を持ちながら暖かく見守りたいと思う。

今日のお告げ

タッチバーなしモデルで様子見を!!!

とりあえず今買うなら「MacBook Pro13インチタッチバーなしモデル」というが私の結論だ。

しかし、こちらの記事でも書いたように、2018年中にMacBook Airの改良版がエントリーモデルとして発売される可能性は高い。

もし、発売されれば、MacBook Pro13インチタッチバーなしモデルよりもコストパフォーマンスの点で考えて、圧倒するような新型MacBook Airになる可能性が高い。

今は、MacBook Airを待つ、そしてMacBook Proのタッチバーについては、Appleの革新的なイベントを待つというのがベターな選択になると、私は信じている。

Macの選び方については以下の記事も参考にしてほしい
↓↓↓
248名へアドバイスしてきたApple信者が教えるMacの完璧な選び方|MacBook Pro、Air、無印12インチ