管理人管理人

新型のiPhoneが発表された。メディアもブログもYoutubeも新型iPhoneの話題でもちきりだ。発表後はレビューがたくさん並び、煽り合いが始まるだろう。でも・・・それはApple信者としてはとてもとても悲しいこと。どうか、当記事にたどり着いたあなたにだけは真実をお伝えしたい。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月17日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

まず結論。Apple信者が伝えたい真実

ダラダラと私の主観を書いても意味がないので、まずは当記事で伝えたい”核心となる結論”をあなたにお伝えしよう。

ネット上のウェブサイト経由でiPhoneを申し込んではいけない。特に、新型iPhoneの比較を行なっているウェブサイトや、Appleブロガーのウェブサイトからは。

これが結論。

※その中に私のウェブサイトも含まれるかもしれないが、どうかこの1記事だけは最後まで読み進めてほしい

ネット上の多くのウェブサイトは、新型iPhoneを紹介したのちに、

→Docomoで申し込む
→Softbankで申し込む
→auで申し込む

というような広告リンクを挿入することが多い。広告を貼り、広告収益を得てメディアを効率よく運営していくことに関しては真っ当なことだし、別に悪いことではないのだが・・・

実はネット上のリンク先をたどって3大キャリアから申し込むとほとんどの人は大損する。私は大切な友人や恋人や家族に決してそんな方法でiPhoneを買うことはおすすめしない。絶対に。

その理由も踏まえて、当記事ではiPhoneを最安値で買う方法を3つのパートに分けて解説していこう。

iPhoneを最安値で買うための3つの方法

以下の3つを押さえておけば、確実にiPhoneを安く買える。

私が私の大切な家族・恋人・友人にお伝えしていることなので、私の私利私欲のためではなく、本当の真実をお伝えしていることをお約束する。

大原則1、iPhoneの寿命から1年あたりの金額を算出する

現在、Appleは新型のiPhoneに加えて、旧型のiPhoneも販売している。そのため、iPhoneの選択肢は膨大になる。

旧モデルになればなるほど安い価格にはなるが本当にそれはお得なのだろうか?

そう考えた時に重要なのがiPhoneの寿命を知り、iPhoneの寿命から1年あたりの寿命を算出すること。

iPhoneの寿命はOSのサポート期間などを考慮すると発売年度から約4年と当ブログでは定義している。(詳しい細かい計算式はこちら)

つまり、今、新型のiPhoneを買えば4年の寿命。去年発売されたiPhone XRを買えば寿命は3年。というわけだ。

計算式は、

4ー(購入予定年度ー発売年度)

となる。これを考慮すると、1年あたりのiPhone費用が算出できる。

以下、iPhoneの購入金額と1年あたりの費用。()内の金額が1年あたりの費用。

・iPhone 11
64GB:74,800円(18,700円)
128GB:79,800円(19,950円)
256GB:90,800円(22,700円)

・iPhone 11 Pro
64GB:106,800円(26,700円)
256GB:122,800円(30,700円)
512GB:144,800円(36,200円)

・iPhone 11 Pro Max
64GB:119,800円(29,950円)
256GB:135,800(33,950円)
512GB:157,800円(39,450円)

・iPhone XR
64GB:64,800円(21,600円)
128GB:69,800円(23,266円)

・iPhone 8
64GB:67,800円(33,900円)
256GB:84,800円(42,400円)

・iPhone 8 Plus
64GB:78,800円(39,400円)
256GB:95.800円(47,900円)

・iPhone Xs【廃盤】
64GB:112,800円(37,600円)
256GB:129,800円(43,266円)
512GB:152,800円(50,933円)

・iPhone Xs Max【廃盤】
64GB:124,800円(41,600円)
256GB:141,800円(47,266円)
512GB:164,800円(54,933円)

つまり、iPhone 11の64GBを今、買えば1年あたり18,700円の費用になる。

上記の数字を見ると一目瞭然だが、

コストパフォーマンスが最も良い機種はiPhone 11

となる。

新型製品を買うことや旧型製品を買うことがコストパフォーマスがいいと考えられがちだが、こうやって計算するとどの機種が一番コスパがいいか分かってくるので非常に面白い。

あまりにも古い機種だとすぐにOSのサポートが切れてしまうため、キャリアの叩き売りには騙されないようにしよう。

大原則2、長期的な通信料金コストを計算する

ぜっっっっったいに長期的な通信料金コストは計算しよう。

3大キャリアは計算すればするほど、ありえないほどに通信料金が高い。高すぎる。その事実にまずは気付くことが重要。

私の周りで言えば、

  • 母→au契約にて月額7,000円を支払い続けてきた
  • 友人→docomo契約にて月額7,000円を支払い続けてきた

という人たちがいた。なので、私が愛用している「UQモバイル」へと変更させた。(SIMフリーのiPhone購入後に)

すると、月額料金がおおよそ2,000円ほどになった。

つまり、

7,000円-2,000円=5,000円

が毎月節約されることになる。

年間コストは60,000円。仮に3年使ったとすれば、180,000円ものお金が浮く計算になる。

これを考えると3大キャリアを使うのは馬鹿らしいとは思えないだろうか?

iPhone本体を安く買うことだけではなく、iPhoneの通信料金も踏まえてiPhoneを選択することを強くおすすめする。

※3大キャリアでもネット回線と併用したりや家族割、長期割などを組み合わせればUQモバイルなどとほぼ同じ金額で利用することは可能だが、その場合は複雑な料金プランを完璧に把握する必要があるので注意が必要。

【参考】

【毎月更新中】実はdocomoの方が安い?UQモバイルとの違いを完全比較

【毎月更新中】auの方が実は安い?UQモバイルと比較してみた

大原則3、ポイントサイトを活用する

最後の3つ目。

これはちょっとしたコツだけど、UQモバイルを契約する際に、ポイントサイトを活用するとほんの少しだけど、キャッシュバックされる。

例えば、有名なサイト「モッピー」だと4,000円分も還元される。

※条件があるので注意。この記事を書いている現在は通話込みプランのおしゃべりプランなどのみキャッシュバック対象。

上記のようなポイントサイトを使うだけで、4,000円もらえる可能性があるのであれば、有効活用すべきだと思う。

→モッピー公式サイトから無料登録する

ただ、重要なのは大原則1と2で伝えたこと。ポイントサイトによるキャッシュバック金額はそれに比べれば大した金額ではない。(上記のリンク先から私にいくばくかのポイントが入るようにはなっているが、それも大した金額ではない)

補足:なぜ、私はこの記事を書いているのか?

iPhoneを毎年買ってもレビューするだけで、その購入金額以上の収益が発生するから、プラマイプラス。

みたいな風潮がここ数年強かった。Youtuberさんの増加によりその傾向はさらに強まっている。中にはiPhoneを紹介するだけで1年間食べていけるくらいの金額を稼いでいる人たちもいる。

それは別に私には関係ないことだし、別に否定はしない。

ただ、私はそれが悲しい。

Appleが大好きだからこそ、レビュワーさん、Youtuberさんたちが金のなる木のようにiPhoneを扱っているのが悲しかった。

広告が悪いのではなく、広告至上主義が悪い。ということ。だからと言って、私は正義ぶって「ネットの闇晒します!」的な感じで記事を書いているわけでもない。

私が、当記事を書いている最大にして唯一の理由は「あなたに本当のApple製品の楽しみ方を伝えたいから」。

ただそれだけ。

多くの人は最もアクセスが集まり、報酬を得やすいiPhoneにのみ目を向けているが、Apple製品の最大の魅力は「Mac」「iPad」「iPhone」の3つを揃えた時にのみ初めてその潜在能力を引き出すことができる。

これが絶対法則。

iPhoneだけでは不十分だ。いや、むしろiPhone単体で使うくらいであればAndroid機の方がいいくらい。

実際、当ブログでは、「Mac」「iPad」「iPhone」3つのことを”三種の神器”と定義している。

この理論については当ブログに残っている約20,000件のコメント上で多くの賛同をいただいている。iPhoneだけではなく、どうかあなたもiPadやMacにも目を向けてみてほしい。

それが私の心からの願いだ。

※まずはiPadを導入してみるのがおすすめ→1枚で人生を変えろ!iPadを購入すべき42の理由

最後に「もし、あなたがiPhoneを安く買ったら・・・」

当記事内で紹介した3大原則に沿って、もしあなたがiPhoneを安く買うことができたのであれば、前述したように次はiPadやMacを検討してみてほしい。

  • iPhoneは生活を変える
  • iPadは人生を変える
  • Macは仕事を変える

これがApple製品をそろえる際の大原則。そして、当ブログですでに1,000回以上は伝えたきた理念。どうか、iPhoneだけではなくiPadやMacにも目を向けるきっかけに当記事がなれば幸いだ。

あなたが良いiPhoneを、良いiPadを、良いMacを手に入れて日々のAppleライフを楽しめるようになることを願っている。

一緒にAppleを楽しもう!!!

【おすすめ記事】

69.1%の日本人へ。iPhoneの次に買うべきはiPad?Mac?

1枚で人生を変えろ!iPadを購入すべき42の理由

PC音痴の母にiPad Proをプレゼントして気づいた9つのこと