管理人管理人

当ブログでも購入報告が大量に届き、米国でも最も売れたと言われているiPhone XRがアップデートされた。個人的には知り合いにもおすすめしまくっている機種なので、当記事では力を入れて比較してみた。カラフルなiPhoneは美しい。最高。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


12月7日(土)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年12月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

スペック比較表

まずは、私が思う重要な部分だけを集めた比較表を紹介していこう。

※さらに重要だと思う部分は赤文字にしてある

※初代iPhone XRの読者さんたちのレビューは秀逸なのでぜひ目を通してみてほしい→【辛口】iPhone XRのレビューを16名分集めてわかった123のこと

  iPhone 11 iPhone XR
ディスプレイ 6.1インチ 6.1インチ
ストレージ容量 64, 128, 256GB 64, 128GB
価格(ストレージ容量順, 税別) 74,800円, 79,800円, 90,800円 64,800円, 69,800円
大きさ 高さ150.9mm, 幅75.7mm, 厚さ8.3mm 高さ150.9mm, 幅75.7mm, 厚さ8.3mm
重さ 194g 194g
チップ A13 Bionicチップ A12 Bionicチップ
メインカメラ デュアル12MPカメラ(超広角と広角) シングル12MPカメラ(広角のみ)
インカメラ 12MP 7MP
ナイトモード 対応 非対応
動画撮影 4Kビデオ撮影 4Kビデオ撮影
3D Touch 触覚タッチ 触覚タッチ
Face ID 対応 対応
防水/防塵 水深2メートルで最大30分間の耐水性能 水深1メートルで最大30分間の耐水性能
SIM デュアルSIM(nano-SIMとeSIM) デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)
バッテリー持ち ビデオ再生(ワイヤレス):最大17時間 ビデオ再生(ワイヤレス):最大16時間
オススメ度(管理人の独断と偏見) ★★★★★

重要な4つの違いについて徹底比較

知っておいた方がいいと個人的に思う5つの違いについて以下解説していこう。

※新型iPhone(2019)だけの比較記事はこちら→どれが買い?新型iPhone 11, 11 Pro, 11 Pro Maxを比較してみた

1、カメラ性能

・iPhone 11
デュアル12MPカメラ(超広角と広角)
インカメラ→12MP

・iPhone XR
シングル12MPカメラ(広角のみ)
インカメラ→7MP

このカメラ性能が両機種を分ける最も大きな違いだろう。

キーワードは『超広角』。これは今までには備わっていなかった機能。

簡単に言うと写真を少し引いて撮れる機能。

例えば、通常撮影であれば、いちご1つしか映らないところで、広角撮影を行えばその周囲のいちごも映るという感じ。3歩くらい引いて写真を撮影したのと同じような見え方で写真が映ると考えるといいだろう。

ただ、その機能が生かされるのは風景写真の時が主なので、人物や食べ物を主に撮る人はあまり便利さを感じられないと思う。

2、チップ

・iPhone 11
A13 Bionicチップ

・iPhone XR
A12 Bionicチップ

Appleは力を入れてチップ性能の素晴らしさをイベント内で解説していたが正直言ってそこまで大差はない。

正確には、チップの性能差を感じるほどの高性能を必要とするアプリはほとんど存在しない。AR系のアプリや5Gが普及したあとにこういったチップ性能を活かすことができるアプリが出てきそうだ。

それまではチップ性能は気にする必要はあまりない。

3、カラー

・iPhone 11
紫、黄、緑、黒、白、赤

・iPhone XR
青、黄、オレンジ、黒、白、赤

注目はオレンジと青がなくなって紫と緑色に入れ替わったこと。Appleが何も考えずに色の変更を行うとは思えないので、おそらく世界的にいて売れていなかった2色を入れ替えたのだと思う。

でも、オレンジは当ブログでも購入報告が続いていた人気の色なので、廃盤になったのは不思議。

【辛口】iPhone XRのレビューを16名分集めてわかった123のこと

4、価格

・iPhone 11
64GB:74,800円, 128GB:79,800円, 256GB:90,800円

・iPhone XR
64GB:64,800円, 128GB:69,800円

価格差はちょうど1万円。

この1万円の価格差をどう考えるかは人によるとは思うのだが、初期コストだけではなくiPhoneの寿命も考慮すると圧倒的にiPhone 11の方がお得になる。

詳しくはこちらの記事を参考にしてみてほしい→Appleブロガーが教えてくれない新型iPhoneを最安値で買う3大原則とは?

まとめ「買うなら絶対にこっち!!!」

一言で言うと違いは「カメラ性能」と「色」の2つのみ。あとはほとんど同じ。ボディの大きさや重さについては全く同じ。

となるとあとはどちらを買えばいいのか?という話になる。

そのためにはiPhoneの寿命から、1年あたりの費用を計算してどちらの機種のコスパがいいのかを考えると分かりやすい。

OSのサポートが発売年度から4年ほどサポートされることを考えると、iPhoneの購入金額と1年あたりの費用は以下のようになる。()内の金額が1年あたりの費用。

・iPhone 11
64GB:74,800円(18,700円)
128GB:79,800円(19,950円)
256GB:90,800円(22,700円)

・iPhone XR
64GB:64,800円(21,600円)
128GB:69,800円(23,266円)

こう考えるとiPhone XRを買うべき理由というのはお気に入りの色(オレンジ or 水色)がある、という理由以外は考えられない。

もし、あなたがどちらの機種を購入しようか迷っているのであれば迷うことなく、私はiPhone 11をオススメする。

必読→新型iPhone(2019)3種類を批評「やめとけ、落ち着け、買わなくていい」

Proモデルとの比較はこちら→どれが買い?新型iPhone 11, 11 Pro, 11 Pro Maxを比較してみた