管理人管理人

「Apple製品に興味はあるんですが、iPadかMacどちらを買うべきか迷っています。一体、どちらを買うべきでしょうか?」という漠然とした質問を私は頻繁にいただく。というわけで当記事ではその問いに対する答えを私なりに出したいと思う。1人でも多くのApple信者を生み出すために。[@appleshinja_com]

Apple製品を購入検討中のあなたへ

Amazon公式のApple製品ポイント還元率が凄まじい事になっているのをご存知だろうか?

※現在、品切れの製品も多い上に、還元率は頻繁に変わるので早めにチェックしておこう


M1 MacBook AirM1 MacBook ProM1 Mac mini


11インチiPad ProiPad Air無印iPadiPad mini12.9インチiPad Pro


Apple Watch Series 6Apple Watch SE


安く買うコツ

Youtubeの投票結果が面白い!

Youtubeにて「iPhoneしか所有していない人へiPadとMacのどちらを先におすすめしますか?」と質問をしてみたところ以下のような結果になった。

うぉぉ!
5000票近くアンケート結果が集まったことにも感謝だが、何よりもそのコメントの熱量に驚いた。楽しすぎ。

おおよそではあるが、1:2の割合でiPadをおすすめする人の方が多い。これはちょっと意外だった。iPadよりもMacこそApple製品というイメージが強い気がするのだが、もはや、iPadはかなり市民権を得ているように思う。

個人的に思うこと

これは完全に個々の独断と偏見が出てしまうし、ポジショントークにしかならないのだが、私が思うのは、

最初に勧めるべきは絶対にiPad!

ということだ。

もちろん、Macを先に購入するのは悪くはない。Macを購入して日々触っていれば、何かやりたいことも出てくるだろうし、その結果たくさんの新しい技術が身につく可能性は高い。

ただ・・・

生活に馴染みやすい。
触っている時間が長い。

というのは間違いなくiPadだと思う。iPhoneしか買ったことがない方であれば、iPadが生活に馴染まないという可能性はほとんどない。

感覚的には、14インチのテレビから27インチのテレビへ買い替える感覚に近い。

それまでは14インチのテレビでも不満はなかったかもしれないが、27インチテレビの感覚を知ってしまうと「もう14インチテレビでは見れない。」と思うはずだ。14インチは小型ゆえに設置場所の限られる寝室など専用になるかもしれないがメイン機は27インチテレビになるはず。

iPadを導入するのはこの感覚に似ている。

  • ブラウジング
  • ネットショッピング
  • 写真閲覧
  • 動画視聴

は絶対にiPadの方が快適。

さらに、iPadがあれば、

  • Apple Pencilの活用
  • 外付けキーボードを使った文字入力
  • 簡単な画像編集・動画編集

などもできるようになる。

この辺りの導入の容易性、生活の馴染みやすさを考えると先に導入すべきはiPadだと思う。

そして、iPadを導入することのメリットはもう1つある。それは・・・

どーせどっちも買うことになるなら先に手に入れるべきはiPad

私は当ブログでずーっとApple製品”三種の神器”論「直感は熟考を超える」 という記事でお伝えしているように「Mac」「iPad」「iPhone」を組み合わせて使うことをおすすめしている。

Apple製品ならではの連携機能を最大限に享受するには3つの製品を揃えた方が良いからだ。

そう考えたとき、先に揃えた方がいいのは確実にiPadの方だと思う。なぜなら、

  • iPad→インプット用
  • Mac→アウトプット用

の使い分けが自然と今後、進むことになるだろうからだ。私は調べ物はほとんどの場合、iPadで行う。その方が早いし快適だ。Macと違い自宅のソファーやベッドの上でもリラックして使えるので重宝している。電車の中でも使いやすい。

その時に調べ物(仕事や趣味)を済ませて、必要があればMac側でアウトプットを行ったり、その情報をまとめるようにしている。

iPhoneの次のステップとしてMacを購入するのはありかもしれないが、やりたいことがまだそれほど決まっていない人がいきなりアウトプットのメリットを享受するとは思えない。

それなら、まずはiPadに触れて、生活に馴染ませて、インプットの質と量を爆発的に向上させた方がいい。その方がその人の生活はより良くなるだろうと思う。

iPadに触れる時間が増える

iPadから得られる情報量が増える

やりたいことが明確になってくる

Macを導入したくなる

という流れは多くの人に発生するだろう。

インプットの質が上がっていろんな情報に触れているとどんどんやりたいことが増えてくる。その時がMacの買い時だ。iPadでいろんなインプットをしたからこそ、Macを選択する際のスペックの選び方も容易になっているはず。

それに、私の周りでは初めにiPadを導入してどハマりしてからは、「うーん。iPadだけで十分かも。なんでもできるし。」という人は少なくない。

iPadの方が生活に馴染みやすい分、購入してから後悔する可能性は低い。だからこそ、私は周囲の人にはiPadの方を先におすすめすることの方が多い。

今日のお告げ「あくまでも今回の話は・・・」

今回の話は「初めてiPhone以外のApple製品を買う予定の人で、かつ、やりたいことが決まっていない人」を対象にして色々と書き連ねてみた。

やりたいことが決まっている人であればスペックの話をすべきなのだが、まだ決まっていない人にそんな話をすると「なんだか難しそう。」と思われてしまうことが多いので、「iPadならほとんどのことは何でもできるし、iPhoneとほぼ同じ使い方だから楽しいよー。」とゆるーく伝えてあげることが大切だと私は思っている。

みなさんはどうだろうか?
ぜひ、色々と実体験などを含めてコメントいただければ幸いだ。