管理人管理人

最近、というか、あまりにも多くの方から「11インチiPad Proってなくなるのですよね?」と当たり前のように話されることが多くなってきたので情報源などを調べてみた。ちょっと、、、結果が意外すぎて驚いたが・・・[@appleshinja_com]

Apple製品を購入検討中のあなたへ

Amazon公式のApple製品ポイント還元率が凄まじい事になっているのをご存知だろうか?

※現在、品切れの製品も多い上に、還元率は頻繁に変わるので早めにチェックしておこう


M1 MacBook AirM1 MacBook ProM1 Mac mini


11インチiPad ProiPad Air無印iPadiPad mini12.9インチiPad Pro


Apple Watch Series 6Apple Watch SE


安く買うコツ

ニュースの信憑性が弱すぎる・・・

色々と調べてみて分かったのだが、ニュースの情報源はたった1つしかなかった。

それがこちら。

Source:

Via: 11インチiPad Proの次期モデルはリリースされない? – iPhone Mania

しかも言いたくはないのだが、情報源のアカウントもバシバシと的中させているという感じの方ではない。

有名なiPhone maniaさんがそれを記事にして、おそらくそれを拡散させまくったフェイクニュースメディア(多分、ブロガーかYoutuber)がいて、一気に知れ渡ったのだと思う。

個人的にはこれだけの情報で11インチiPad Proが廃盤になると考えるのはちょっと時期早計だと思う。

それに、11インチiPad Proには廃盤にならないであろう明確な理由も私個人としてはいくつか持ち合わせている。

11インチiPad Proが廃盤にならない3つの理由

書き終えてみて思ったけど、11インチiPad Proを愛用しているが故に若干はバイアスがかかっているかも。

1、黄金サイズ

まず、私が11インチiPad Proが廃盤にならないだろうと考えている最も大きな理由がこれだ。

Appleが、と言うよりはスティーブ・ジョブズ氏が考案し、何度も何度も何度も議論されてできたと言う黄金サイズの9.7インチiPad系譜の11インチiPad Proが廃盤になるのはかなり考えづらいと思う。

もちろん、2020年に発売されたiPad Air 4との差別化が難しくなってきているのは事実ではあるのだが、これから先にディスプレイの革新が待っていると考えればプロモデルには最上級のディスプレイを搭載するというプランは考えられるだろうし、11インチIPadProが廃盤になる明確な噂もない以上、Appleが廃盤にすると明言するのはちょっと疑問。

私の感覚で言えば、11インチ iPad Pro廃盤にして12.9インチiPad Proだけを残すと言う選択は、16インチMacBook Proだけを残してMacBook Proの13インチを廃止するようなもの。

M1チップ搭載のMacBook AirとMacBook Proも積んでいるCPUやGPUのスペックは全く同じではあるのだが、マイク性能や冷却性能などで差別化されているし、そういった細かい部分で差別化を図っている11インチiPad Proには自分の存在意義があるように私は思う。

2、廃盤の噂が少なすぎる

11インチiPad Proが廃盤になるかもしれないと言う噂は前述した通りなのだが、実はあの噂はあの一度きりで、それ以降は有名なメディアや人物が11インチiPad Proに触れた事は一切ない。

触れる事は無い=11インチiPad Proはこのままフェードアウトしていくと考えることもできるのだが、11インチiPadProが廃盤になると言うとてつもないビックニュースであれば多くのメディアや人物が報じているはずだ。

そういったニュースが飛び込んでも来ていないにも関わらず、 11インチiPad Proが廃盤になると考えるのは早計だと思う。

3、革新は最上級モデルから

MacもiPadもiPhoneも革新は最上級モデルから、というのがAppleの戦略の常である。

MacBookがベゼルレスになったのは16インチMacBook Proからで、未だに13インチMacBook Proはベゼルレスには対応していない。

iPhoneに至っては、プロシリーズのみ60fps撮影やApple ProRAWに対応している。

ではiPadは?

この記事を書いている2021年の3月時点ではiPad Airとの差別化がほとんどされておらず、iPad Proを真のプロモデルと定義するの難しい状況だ。しかし、2021年の3月には12.9インチiPad ProがミニLEDに対応するという噂が濃厚。つまり、プロモデルに最新の上級スペックを搭載するという流れは現在も続いている。

あれ?
12.9インチiPad Proだけなら、11インチiPad Proはやっぱりこのままフェードアウェイしていくのでは?と思ってしまうかもしれないが・・・それもまた早計だと思う。

2015年の話になるが、初代Apple Pencilが対応したのは12.9インチiPad Pro (第一世代)のみであり、その半年後に9.7インチiPad Proが発表されて9.7インチモデルにもApple Pencilが対応することになった。(iPadのプロモデルは12.9インチから始まり、当時は9.7インチにプロモデルは存在しなかった)

つまり、Appleの”最上級モデルから革新的な機能を”という戦略は少なくともここ5、6年は続いており、その戦略が今回も適用される可能性が高い。

というわけで、12.9インチiPad Proしか発表されないからと言って11インチiPad Proが発売されないとは限らないだろう。

個人的な見解

個人的には、11インチiPad Proは2022年中にミニLEDディスプレイに対応して発表されると思っている。あくまでも推測でしかないのだが、2021年中に発表される事はないだろう。

その理由の1つとして挙げられるのは、有名なメディアや有名なリーカーと呼ばれる人たちが全くと言っていいほど11インチiPad Proに触れていないからだ。

長年、Appleニュースを追いかけている経験から言えるのは、本物のリーク情報と言うのは最も先の長い予想であったとしても9ヶ月から10ヶ月先位までだということだ。iPhoneであれば1年先のものが出回ることはあるのだが、それも明確な噂ではなくぼんやりとした予想であることが多い。

例えば、11インチiPad Proが2022年の3月に発表されるとしたら、2021年の5〜7月くらいにポツポツと噂が出始めると思う。

というわけで、2021年の中盤あたりから噂が流れ始めたら、これまでの流れと同様、発表は濃厚だと考えてもいいだろう。(あくまでも個人的にはそう思っている)

今日のお告げ「1周回って私の元へ・・・」

11インチiPad Proが無くなるらしいですね!?

とTwitterのリプライやDMや、コメントなどをいただくことが多かったので「そうなの???」と私は思っていたのだが、 調べてみたらたったひとつの薄い情報がなぜか回り回っていると言うことに気づくことになった。

誰かがフェイクニュースを拡散しているのだろうとは思うのだが、それが回り回って私の元へ届くのはなんだか不思議な気がする。広いようで狭い世界。

以前から当ブログでは何度もお伝えしているがニュースを確認する際はそのニュースの根本が信用できるものかどうかを確認するようにしよう。ゴシップ紙を読む感覚で楽しむのであればアリかもしれないが、信憑性の薄い情報に惑わされて機会を損失し続けるようなことはしないことを強く強くおすすめします。