管理人管理人

10.2インチiPad(2019)とiPad Air(2019)の違いについて重要な7つのポイントを当記事では1つずつ比較してみた。そのうえで私が独断と偏見でおすすめするiPadも紹介している。理由については少し意外に思われるかもしれないが、両機の違いがそこまで明確ではないので結論を出すのは難しかった・・・[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月17日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

まず結論。おすすめはこっち!

当記事では10.2インチiPadとiPad Airを比較しているが、最初からダラダラとスペックを並べても眠くなるだけなのでまずは結論から。私が購入をお勧めするのは・・・

10.2インチiPad!ただし、ディスプレイの見え方を店頭で確認してから!!

というもの。

実は両者の違いは本当に微差。その差というのはディスプレイ性能に詰まっているため、ディスプレイの見え方などに不満がないのであれば、個人的にはより安い10.2インチiPadを購入した方が良いと思っている。

余った資金はAirPodsやMacなどに回した方がよっぽど日々の生活の幸福度は上がる。

では、最初に結論を述べたところで、以下、両機の性能について比較していこう。

重要なスペック比較表

個人的に重要だと思う部分には赤ラインを引いている。

公式ページの比較表も必ず確認しておこう→全iPadの比較表をチェックする(Apple公式)

  10.2インチiPad(2019) iPad Air(2019)
ディスプレイ 10.2インチ 10.5インチ
ストレージ容量 32GB, 128GB 64GB, 256GB
価格 ※税別、Wi-Fiモデル 32GB→34,800円, 128GB→44,800円 64GB→54,800円, 256GB→71,800円
大きさ 高さ:250.6 mm, 幅174.1 mm, 厚さ7.5 mm 高さ:250.6 mm, 幅174.1 mm, 厚さ6.1 mm
重量 Wi-Fi→483g, セルラー→493g Wi-Fi→456g, セルラー→464g
Apple Pencil 第一世代のみ対応 第一世代のみ対応
スマートキーボード 対応 10.5インチ版に対応
フルラミネーション 非対応 対応
反射防止コーティング 非対応 対応
プロモーションテクノロジー 非対応 非対応
True Toneディスプレイ 非対応 対応
チップ A10 Fusionチップ A12 Bionicチップ
メインカメラ 8メガピクセル 8メガピクセル
インカメラ 1.2メガピクセル 7メガピクセル
スピーカー 2スピーカー 2スピーカー
SIM eSIMに対応 eSIMに対応
Face ID Touch IDのみ対応 Touch IDのみ対応
バッテリー持ち Wi‑Fiでのインターネット利用:最大10時間 Wi‑Fiでのインターネット利用:最大10時間
オススメ度(管理人の独断と偏見) ★★★ ★★

10.2インチiPad(2019)と新型iPad Air(2019)の7つの違いとは?

比較表で主な違いを確認したところで、次に、私が思う重要な7つの違いを以下解説していこう。この7つの違いさえ抑えておけば購入後に後悔することはほぼないだろうと思われる。

重要なスペックの見方についてはこちらを参考→【初心者さん】初iPadを買うときにスペックは何を見ればいいの?

公式ページの比較表は必ず確認しておこう→全iPadの比較表をチェックする(Apple公式)

iPad Airの重要な仕様はこちら→新型iPad Airまとめ「購入は待て!6つのいい所、4つの悪い所」

1、価格

まずは最も重要である価格について比較していってみよう。 (Wi-Fiモデルを比較。全て税別価格)

・10.2インチiPad(2019) 128GB
32GB→34,800円,
128GB→44,800円

・iPad Air(2019) 256GB
64GB→54,800円
256GB→71,800円

同じ容量で販売されていないので比較は難しいのだが、それぞれの価格差は、

最小容量→20,000円
最大容量→27,000円

となる。

個人的には最低容量だと容量不足になると思うので最低でも128GBにした方がいいと思っている。というか、10.2インチiPadのコスパの良さが圧倒的。

この価格でApple Pencilも使えるなんて神すぎる。

2、容量

・10.2インチiPad(2019)
32GB
128GB

・iPad Air(2019)
64GB
256GB

上記のように容量が選択可能。

ただし、32GBではかなり厳しいし、将来的にほぼ間違いなく容量が圧迫されるので、32GB以外を選ぶようにした方がいいと思う。

3、スマートキーボード対応

・10.2インチiPad(2019)
対応

・新型iPad Air(2019)
対応

無印iPadの最大の変化がこちら。スマートキーボードに対応することになった。これにより、iPad mini以外のすべてのiPadがスマートキーボードに対応することになった。

4、ディスプレイサイズ

・10.2インチiPad(2019)
10.2インチ

・新型iPad Air(2019)
10.5インチ

両者の違いはほとんどない。それについては特に言及する必要はないだろう。ただし、1点注意点がある。

両iPad共に無料でマイクロソフトオフィスのアプリを使って編集をすることはできなくなった。つまりオフィスを使う場合は有料になってしまうということだ。

詳しくはこちらを参考→新型10.2インチiPadを待つべき?価格・オフィス無料について考察してみた

5、反射防止コーティング

・10.2インチiPad(2019)
非対応

・新型iPad Air(2019)
対応

反射を抑えて画面を見やすくする機能。iPad Airは対応。

6、フルラミネーションディスプレイ

・10.2インチiPad(2019)
非対応

・新型iPad Air(2019)
対応

この仕様は重要。

実際、当ブログ読者さんたちの中にも「フルラミネーション対応じゃないとヤダ!」という方はチラホラいらっしゃる。

iPadの液晶とガラス面の隙間をなくす技術なので、光の反射が抑えられるうえに、Apple Pencilの書き心地の向上にも繋がる。

ただ、その性能差は微差と感じる人もいるので店頭で見比べたり、書き比べたりすることが重要。

7、チップ性能

・10.2インチiPad(2019)
A10 Fusionチップ

・新型iPad Air(2019)
A12 Bionicチップ

両機共にかなりハイスペックなチップを積んでいる。サクサク感であればどちらも優秀。普段使いで違いを感じることはない。

そのハイスペックを限界ギリギリまで使うようなアプリはほとんどないため体感差を感じることはないと考えて良いだろう。

補足:両機共に対応していない機能

  • ProMotionテクノロジー
  • 第二世代Apple Pencil
  • スマートキーボードFolio

これらの機能はProモデルの特権としてAppleは定義したようだ。

個人的にこの中で重要だと思うのはプロモーションテクノロジー。この機能に対応していると、

  • Apple Pencilの書き心地が向上する
  • ページのスクロールがスムーズになる。

というメリットがある。

ただ、その体感差にはかなりばらつきがあり「違いが分からない。」と言う人もいる。ちなみに私もそこまで両者の違いについては感じない。

詳しい比較については以下の記事を参考にしてみてほしい。

【レビュー】新型iPad(2018)とiPad ProはApple Pencilの書き心地が違うの?_

10.2インチiPad(2019)を買うべき人

  • 初めてiPadを買う人
  • 店頭で見比べてみてディスプレイの見え方に違いを感じない人
  • AirPodsを持っていない人

初めてiPadを買う方は可能な限り初期コストを抑えたいと思うので、まずは10.2インチiPadから始めてみることをおすすめしたい。

前述したように両機の最も大きな違いはディスプレイの仕様だ。

その点について差を感じるかどうかの”体感差”には個人差があるため実際に店頭で見比べてみるしかない。もし、見比べてみて差を感じないのであれば10.2インチiPadの方を購入しても全く問題はないだろう。

そして、浮いた資金で他のApple製品、例えばAirPodsなどを検討してみてほしい。

→AirPodsの価格はこちら

→初代AirPodsを2年間(730日間)使い続けて分かった15のこと

ほんの少しディスプレイ性能がいいだけのiPad Airを買うよりも、AirPodsと10.2インチiPadの組み合わせを手に入れたほうが圧倒的に生活は良くなる。

新型iPad Air(2019)を買うべき人

・ディスプレイの性能差を感じられる人

前述してきたように、両機の主な違いはディスプレイ性能にある。

見比べたりApple Pencilで書き心地を比べたりしてみて、iPad Airの方が心地よいのであればiPad Airを検討しよう。

注意

10.2インチiPadもiPad Airも、両機ともにマイクロソフトのオフィスは無料で使えない。もし、使いたい場合は有料となるので注意が必要。

新型10.2インチiPadを待つべき?価格・オフィス無料について考察してみた

【最新】Macでオフィス(Word Excel)を動かす3つの方法を完全解説

総評レビュー「怒ってる!!!」

なんで春にiPad Airを発売したの?

というのがイベント直後の私の率直な感想だった。

10.2インチiPadとiPad Airにはほんの少しの性能差しかない。それであればより安い方の10.2インチiPadの方が売れやすいだろう。では、なぜAppleはiPad Airを発売したのだろうか?

iPad Airを購入した人たちは、より安価なiPadが発売されてどう思うのだろうか?

謎は深まるばかりだ。

ちなみに、さらに安くiPadを購入する方法として「Apple認定の整備済製品」を手に入れる方法がある。新中古品のようなものなのだが、約15%ほど安くなるので非常にお買い得。

ここには2018年の無印9.7インチiPadが並ぶこともある。

→iPad整備済製品の本日入荷分はこちら

入荷するかどうかは運次第ではあるが、もし、見つけたら購入してみるのはありだと思う。

と、ここまで色々と性能差を比較しまくってきたが・・・最後に私が伝えたいのは、「とりあえずiPadを手に入れることが重要」ということだ。

iPadには無限の可能性がある。特にインプットをするにおいては世界最強のタブレットだと私は信じている。

iPadでいろんな知識を吸収する

もっといろんなことを知りたくなる

さらにiPadを使い込んでいく

気付いた時には深い知識が身についている

という好循環は間違いなく存在する。さらに言うのであれば、Macも所有していれば最高。当ブログでは「Mac」「iPad」「iPhone」の3つを三種の神器として定義しているが、それはiPhoneで生活を支え、iPadでインプットを加速させ、Macを使ってアウトプットをして何かを作り上げていくという最高の連携を行うことができるからだ。

Apple製品”三種の神器”論「直感は熟考を超える」

ぜひ、あなたもiPadを入手した暁にはMacにも目を向けてみてほしい。この組み合わせを知ってしまったらもうApple以外を使う気にはなれなくなる。

当記事があなたの初めてのiPad選びの一助になれば幸いだ。

公式ページの比較表は必ず確認しておこう→全iPadの比較表をチェックする(Apple公式)