管理人管理人

AirPodsを使い続けて2年。気付いたのは10のメリットと5つのデメリットだった。730日間1日も休みなくAirPodsを使い続けたApple信者の完全レビューがここに!(誇張ではなく本気で2年間毎日使用した)[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


10月14日(月)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年10月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

2年間(730日間)使い続けて分かった10のこと【メリット編】

まずはメリットから。はっきり言って最高。

法が許すのであれば、今すぐスクランブル交差点に行って全ての人の耳にAirPodsをつけて回りたい。

Apple公式サイトも要チェック→AirPodsの詳細な仕様はこちら

1年目のレビュー→AirPodsを1年間使い続けて分かった23のこと【辛口レビュー】

1、電話の音声がクリア

2年使ってみて、「一番いいメリットは何かなぁ?」と考えた時に真っ先に頭に浮かんだのがこれ。とにかく、電話の音質がクリア。

これは私だけの意見ではない。受電時にスピーカーで話してから、AirPodsへの接続に切り替えると、電話先の相手に「あれ、音がクリアになった。」と言われることが多々ある。

今では、電話がかかってきたらAirPodsをすぐに装着するほどだ。どこにいてもハンズフリーで電話できるというのはありがたい。

※この設定を行うとさらに便利に→超便利!AirPodsで電話受信時、Siriが電話の相手を教えてくれる設定

2、ダブルタップ操作が最高

AirPodsは本体をダウルタップするだけで操作ができる機能が備わっているのだが、とにかくこれが便利。

ダブルタップの設定としては以下の操作を割り当てることが可能になっている。(設定方法はAirPods接続中に「設定アプリ」→「Bluetooth」→AirPods横のiマーク)

初期設定ではSiriだが、私は以下のように設定。

Siriもしばらくは使っていたのだが、そこまで頻度が高くなかったことから、上記の設定が定着した。ダブルタップするだけで曲を送ったり戻ったりできるので本当に便利。

3、ポケットに入る

AirPodsはズボンのポケットやシャツの胸ポケット、ジャケットのポケットに入る。これによりいつでもどこでも音楽を聴くことが可能。

サッとポケットからAirPodsを取り出して、Apple Watchで音楽を聴けるなんて・・未来過ぎる。

このワクワク感がたまらない。幸せ。

4、充電がなくなってもすぐに聞ける

充電がなくなっても、AirPodsケースに入れておけばすぐに音楽を聴くことができるようになる。

公式ページのよると、

15分の充電で3時間の音楽再生が可能になるとのこと。

正直言うと、15分では1時間半〜2時間くらいしか持たないような気がするのだが、それにしたって素晴らしい。

音楽を常に途切れずにいつでもどこでも聴ける。こんなに小さくて軽いのに、すごい技術だなぁ・・・としみじみ思う。 

5、Apple製品同士の切り替えのしやすさ

さすが、Apple。と賞賛せざるを得ない。AirPodsの切り替えのしやすさは異常だ。特に、iOSとwatchOSとの親和性がヤバい。

「iPad Pro」「iPhone」「Apple Watch」の切り替えが本当にしやすい。

iPadとiPhoneの場合は、コントロールセンターを開けばすぐに接続可能。

watchOSの場合はApple Musicを再生しようとすると自動的に接続してくれる。(たまに接続する機器を選ぶような画面が表示されるが、条件は不明)

設定もなしにここまで使いやすい環境を整えてくれているAppleはさすが。やっぱりOSとハードを同じ会社が作っている強みはすごい。

6、美しい

発売当初は、「耳からうどん」と言われることも多かったが、今ではそんな話も聞かなくなった。

それどころか、美しいとすら感じられるようになってきた。個人的にはAirPodsのルックスがかなり好き。つけているだけでワクワクするし、テンションが上がる。

私のように充電0%のAirPodsをつけている人も多いはずだ。

7、落ちない

AirPodsは頭を振っても落ちないし、走っても落ちない。

ちょっと動いたくらいで落ちてしまうようでは世界中からクレームが殺到しているだろう。

私は知り合いに会うと、とりあえずAirPodsを耳に突っ込む癖があるのだが、「あれ、全然落ちないね。」と褒められることが多い。

ただし!Twitterの方で2名ほど「サイズ感が合いませんでした。」という返信をもらったことがあるので100%フィットするとは言えないのが難しいところ。

実店舗で試せるようなところがあればいいのになぁ。。

8、音質が綺麗

私は音質にそこまで敏感ではないのだが、AirPodsの音質は美しいとすら感じる。

もちろん、並行して愛用しているBluetoothヘッドホンWH-1000XM2と比べると低音の響きや高音の透き通るような音にはかなわないが、AirPodsの音質については十分過ぎるほど。むしろこの小ささでこの音質なら文句はない。

4、5年前のBluetoothヘッドホンの音質と比べると圧倒的な進化だと思う。

【レビュー】ノイキャン素人がWH-1000XM2を5ヶ月使ってみた

9、外すとSTOP,付けると再生

AirPodsは両耳につけている状態で片耳の方を外すと再生がストップする、そして、もう一度耳につけ直すと再生が再開される。

それはApple Musicだけではなく、Youtubeなどの動画アプリでも同じことだ。

私は初めてAirPodsをつけた時にこの機能に驚いた。感動した。心が震えた。意味もなく、ただ無言で1歳の姪っ子を抱きしめた。

それほどの未来感が詰まっている。

10、Apple Watchと組み合わせて最強の音楽再生デバイスに

2年使ってみて私が最も大きなメリットだと感じているのが、これ。

とにかく、AirPodsとApple Watchの組み合わせが最高すぎる。ポケットに入っているAirPodsを取り出して耳に装着し、手元の時計で音楽を聴けるなんて幸せすぎる・・・

電車、人との待ち合わせ場所、カフェなどでサッと音楽を聴くことができる。

本当にすごい。画期的。まだまだ、Apple Watchは発展途上のデバイスだけど、AirPodsとの組み合わせのためだけに買ってもいいのではないかと思うほどだ。

※Apple Watchのレビューはこちら→【2ヶ月目レビュー】Apple Watch Series 4を買うべき7つの理由「Appleは時計を再定義した」

2年間(730日間)使い続けて分かった10のこと【デメリット編】

次にAirPodsのデメリットについて解説していこう。2年使ったからこそ分かったデメリットも多い。

1、相変わらず汚れはひどい

購入して1ヶ月目くらいから私が言い続けてきたことだが、AirPodsケースの汚れがとにかくひどい。

こんな感じ。

砂鉄?のようなものがついてまわる。Twitterで聞いてみたところ、そんな汚れがついたことはないと言う人もいるし、汚れますよねー、と言う人もいるので、持ち運び方法や個々の収納場所によるのかもしれない。

ちなみに私は掃除することは諦めて最近は放置気味。

2、若干だが、ペアリングが遅くなってきた

AirPodsの最大のメリットは耳に装着してすぐに音楽が聴けること。にも関わらず、最近私のAirPodsは右側のペアリングだけができず、左側だけで音楽が再生される状態になることがある。確率は10%くらい。

何回付け直しても直らないが、一度AirPodsケースの中に入れると改善する。

経年劣化なのか、根本的に私の使い方が悪いのかは分からないが、購入当初はそういったことは一切なかったので前者の可能性が考えられる。

3、ノイズは入りまくる

AirPodsにはノイズキャンセリング機能はついていないため、ノイズは入りまくる。

カフェや電車の中で使うとわかるが、人の会話はガンガン聞こえる。

ただ、完璧なノイズキャンリングになると歩いているときに危なくて使えないし、個人的には気になっていない。

4、冬服時に落ちやすい

要注意!!

と、叫びたくなるのがこのデメリット。

冬場は、パーカーやマフラーなど、首回りが暖かい服を着がちなので、脱いだり外すときにそれが引っかかって落ちやすい。

私は何度か落ちてパニックになった。

5、ポケットに入れると再生が始まる

仕様なので仕方ないことなのは分かっているのだが、AirPodsは片耳を外すと再生が止まりつけ直すと再生が再開される。

ただし、密閉された暗い場所でその機能は働くので、例えばコンビニやレストランで一旦片耳のAirPodsを外して、ポケットに入れたり手のひらで握りしめたりすると、つけている方の片耳側だけで音楽再生が再開されてしまう。

一時的に外したい場合は両方外すか、ダブルタップで音楽再生自体を止める方が望ましいだろう。

Apple信者が強調したいAirPodsを買うべき”3つの理由”

私が思うAirPodsを買うべき理由は以下の3つに集約される。

  • 電話する時に便利すぎる
  • 音楽を24時間いつでもどこでも聴ける
  • Apple Watchで音楽を聴くことができる

とにかくそのサイズ感と、充電の容易性ゆえに音楽をいつでもどこでも楽しむことができる。大切な電話をハンズフリーで行えるのもありがたい。

また、Apple Watchとの連携性も抜群だ。もはや、AirPodsのためだけにApple Watchを買ってもいいのではないか?と思うほどに素晴らしい。

やはり、各機器の連携性においてやっぱりAppleは最強だ。

総評レビュー「心の底から本気でおすすめ」

2年前。

AirPodsは入荷してもすぐに品切れになり、購入がかなり困難だった。実際、私は入荷をTwitterで知りカプセルホテルのカプセルの中で予約争奪戦に負けすすり泣いたことがある。それくらいに購入が困難だった。

当時はAirPodsは貴重で物珍しかったし、街でAirPodsを使っている人同士がすれ違うと微笑み合うというAirPodsシンパシーのようなものさえ発生していた。(あくまでも個人的に)

そして、あれから2年。

多くの人がAirPodsのメリットに気付き始めている。ある人は音楽を楽しむために、ある人は仕事の効率性のために、ある人はiPhoneのサブ機として使っている。

ぜひ、以下の記事にも目を通してみてほしい。私が思うAirPods使いのプロたちにインタビューさせていただきた時の記事だ。

プロフェッショナルのApple製品「運送ドライバー、兼事務職編」

プロフェッショナルのApple製品「高校生編」

AirPodsは新型の発売が噂されているが、私は新型が発売されれば速攻で購入したいと思っている。それくらい、AirPodsのない生活は考えられないし、素晴らしい技術が詰まっていると信じている。

ぜひ、あなたもiPhoneやiPadを所有しているのであれば、AirPodsで音楽を楽しむ生活を味わってほしい。

→AirPodsの詳細な仕様はこちら