管理人管理人

ノイズキャンセリング付きヘッドホンとAirPods Proはどちらがオススメですか?という旨の質問をチラホラといただくので当記事内にて回答させていただきたいと思う。ちょっとだけ結論は意外なものになるかもしれないが…[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月30日(月)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

まず結論

ダラダラとスペックをお伝えしていっても眠くなるのでまずは結論から。私の結論は…

Apple製品を所有していて、かつ、初めてノイズキャンセリング付き製品を買うならAirPods Pro。

間違いなく。絶対的に。100%。

音質やノイズキャセンリング性能を考慮した上でも間違いなくAirPods Proをオススメしたい。

理由は当記事内で徐々に明らかにしていくつもりだが、私は基本的にはAirPods Proを推奨しているということを念頭に記事を読み進めていただければ幸いだ。

5つのポイントを比較してみた

私が重要だと思うポイントは以下の5つ。

ちなみに各製品のそれぞれの単体レビューについては以下を参考にしてみて欲しい。

AirPods Pro→中途半端な性能?AirPods Proを使ってわかった12のこと

WH-1000XM2→WH-1000XM2を1年間、使い続けて分かった14のこと

1、音質

AirPods Pro→初代AirPods、EarPods並
WH-1000XM2→脳が喜ぶ高音質

音質の感じ方については個人差がかなりあるが、上記のような評価は同じものになると思われる。

AirPods Proはお世辞にも聞いた瞬間に「おぉ!」となるような音質ではない。決して悪くはないが、今までAppleが提供していたイヤホンと同じくらい。だと考えた方がいいだろう。

また、WH-1000XM2だけに限らず、ヘッドホンタイプのものはその形状上、音が完璧に閉じ込められる事による快感みたいなものがある。クリアな音が脳に澄み渡る。

一方で、イヤホン型はどうしても音を閉じ込めることはできない。

例えて言うと、

AirPods Pro→肉汁が50%漏れ出た小籠包
WH-1000XM2→肉汁が100%閉じ込められた小籠包

という感じ。前者も美味しいかもしれないが後者はもっと美味しい。閉じ込めれば閉じ込めるほどジュワッと出てきた肉汁をすすることができる。

そんな感覚。(ちょっと分かりづらいかも…)

2、ノイズキャンセリング性能

AirPods Pro→静かなクラシックなどの音楽を聴いているときは外部の音が10%〜30%は入ってくる。通常の音楽を聴けばほぼ無音
WH-1000WH-1000XM2→何を聞いてもほぼ無音

ノイズキャンセリング機能については音楽をかければどちらの製品もほぼ無音を手に入れることができるのでそれほど大きな違いはない。

音楽をかけなければ、AirPods Proの場合は20%前後くらいの外部の音が入ってきてしまうので、音楽をかけずに静寂を手に入れたい場合にはAirPods Proはあまりオススメできない。

逆に、音楽をかけるのであればどちらの製品も、ほぼ無音の状態にすることはできると思う。

AirPods Proの場所別ノイズキャンセリング機能のレビューはこちらを参考にしてみてほしい→AirPods Proのノイキャン性能を電車・飛行機で検証してみた

3、重さ

AirPods Pro→ 本体:5.6g ケース:45.6g
WH-1000XM2→ 約275g

重さについては約200g以上は違う。

たった200gではあるが、WH-1000XM2を入れるとほんの少し鞄が重く感じてしまう。

4、バッテリー持ち

AirPods Pro→ 最大 4.5 時間の再生(ノイキャンON)、最大5時間の再生(ノイキャンOFF)
WH-1000XM2→ 最大30時間(ノイキャンON)、最大38時間(ノイキャンOFF)

数値上の違いで最も大きいのはバッテリー持ちだろう。

AirPods Proは最大4.5時間ほどしかもたない。私が検証してみたところ、大体4時間くらいでバッテリー切れになったので公表値とそれほど大きく乖離はないと思われる。

ただ、飛行機やバスなどの長期の移動の際、AirPods Proは必ず1回は充電が切れるためそこがやや面倒。

ただし、AirPods をケースに入れて 15 分間充電するだけで、最大 3 時間の再生が可能、と公式ページにもある通り、ほんの少し充電ケースに入れておけばまた音楽を楽しむことができるのでそれほど大きな問題ではないように個人的には思う。

5、携帯性

AirPods Pro→ポケットに入る
WH-1000XM2→鞄が必要

言わずもがな。

サイズが違いすぎる。AirPods Proはポケットに入る最小サイズのノイズキャンセリングイヤホン。

この部分に魅力を感じるかどうかがどちらの機種を選ぶかの焦点になることは明白。

WH-1000XMシリーズを買うべき人

  • 音質にこだわる人
  • 自宅での使用が多い人

まず、絶対的に音質にこだわる人はWH-1000XM2やWH-1000XM3を購入した方が良い。

さらに言えば、今までにSONYやBoseなどの音質の良いスピーカーやイヤホン、ヘッドホンを使ったことがある人はWH-1000XMシリーズを狙った方がいいだろう。

素晴らしい音質を味わった後でAirPods Proの音を聞くと幻滅してしまうかもしれない。

私はAirPodsに慣れっこだったので、AirPods Proは自然と気に入ることができたが、当ブログのコメント欄には「この値段でこの音質はあり得ない」という旨のコメントも数件入っている。

音質派の人はそもそもApple製品のイヤホンではなく、SONYやBoseから出ている製品を狙った方がいいと思う。

AirPods Proを買うべき人

  • Apple製品を2台以上使っている人
  • 初めてノイズキャンセリング付き製品を買おうと思っている人
  • 短時間の通勤・通学電車で使いたい人
  • どちらの製品がいいか迷っている人
  • すでにノイズキャンセリング付きヘッドホンを何か持っている人

AirPods Proは高速でApple製品間を切り替えることができる。iPhoneでペアリングしてたものをMacやiPadに切り替えてすぐに音楽を聞くことができるのはApple製品ならではの魅力。

また、短時間の乗り物であればAirPods Proはサッとつけてサッとしまうことができるため非常に便利。

個人的には初めてノイズキャセリング付き製品を買う人にはAirPods Proが最もいいように思う。友人に試しに貸してみたところ「おーすげ!!」と言っていたのでノイズキャンセリングの機能に関しては初めての方でも感動できるレベルだと思われる。

また、ヘッドホンと違い、ポケットに入るイヤホンのため、”いつでも””どこでも”使えるという最大のメリットがある。WH-1000XMシリーズのようなヘッドホンは鞄から出したり、ペアリングする時間を考えると出すのが億劫になることが正直ある。

私は、WH-1000XM2とAirPods Proを2つとも持ち歩くことがあるが、利用頻度が高いのは圧倒的にAirPods Proだ。ポケットからサッと出して、すぐに使えることは音質やノイズキャンセリング性能を超えるメリットがある。

独断と偏見でオススメしたいのはこっち

間違いなくAirPods Pro。

もう、これは確実。WH-1000XM2は大好きだし、これからも使っていきたいとは思っているのだが、ポケットからサッと取り出してイヤホンでノイズキャンセリングを使い、Apple WatchやiPhoneで音楽をすぐに聴けるこの感覚を味わってしまうともう他の製品は使えない。

以下の記事でも伝えたように、AirPods Proには大きなメリットがたくさんある。

中途半端な性能?AirPods Proを使ってわかった12のこと

すべてのApple製品ユーザーは今すぐにAirPods Proを買うべき。

と断言してもいいレベルだと思う。

  • いつでもどこでも音楽を楽しめる
  • 充電ケースに入れれば即充電される
  • ノイズキャンセリング機能による集中力の向上

などを考慮すれば買う価値は十分にある。

ただし!!!

すでにSONY、Boseなどの音質の良い製品を深く使い込んでいる人の場合はAirPods Proの購入は少し待った方がいいかもしれない。

音質だけではないと思うのだが、人は一度知ってしまったり、経験した快適度を下げることはできない。(と、私は思っている)

例えば、当ブログではたびたび物議を醸すのが「iPad Proモデル」「それ以外のモデル」とのApple Pencilの書き心地の違い。前者の方がいいと感じる人もいれば、別に後者でも問題にならない、と思う人もいる。

それは個人的な感覚によるが、1つだけ絶対的な法則がある。それは「iPad Proモデルしか使ったことがない人は、非プロモデルを使った際に違和感を感じる。」ということだ。

今までに使っていたものが優れすぎていたため少しでも性能が落ちるものを使うと不快感を感じてしまう。

これは、音質についても同じことが言える。

今までに脳が喜ぶほどのクリアな音質で音楽を楽しんでいた人たちが、初代AirPodsとほぼ同じ音質のAirPods Proで満足できるかと言われれば、「かなり難しい。」という回答になってしまうだろう。

実際、私はAirPods Proを使っているし、めちゃくちゃ気に入っているが、自宅やオフィスや腰を据えて作業できるカフェではWH-1000XM2にどうしても手が伸びる。

ノイズキャンセリングというよりも、密閉された空間に鳴り響く音を楽しむのであれば、WH-1000XM2は最高の相棒になるからだ。

今までにあなたが高級なヘッドホンを使って高音質を楽しんだことがあるかどうかも含めて選ぶ必要があると言えるだろう。

今日のお告げ「まずはAirPods Proから」

私はノイズキャンセリング性能付きの製品をWH-1000XM2で初めて買ったのだが、本当にノイズキャンリングというのは素晴らしい。いつでもどこでも自分の好きな場所に自分だけの空間を作り上げることができる。大好きな音楽を楽しみながら自分の集中力を意図的に向上させ、仕事や学業に集中することができる。

それをポケットに入れることができるサイズで楽しむことができるAirPods Proは素晴らしい製品だと言えるだろう。

ただし、”音楽を聴く”という行為をどのように捉えるかによってもAirPods Proの評価は分かれると考えることもできる。私の場合は音楽を深く楽しむというよりは仕事を楽しむために音楽を聴いているところがある。

そのため、

集中力を維持するために音楽を聴くか?
音楽を純粋に楽しみたいか?

のいずれに当てはまるかどうかというのも判断基準の1つになると思う。

もちろん、両方に当てはまる場合もあるとは思うが、メインの理由がどちらかというのは重要。どうか、当記事を参考に後悔のないノイズキャンセリング付きの製品を検討していただければ幸いだ。

【おすすめ記事】

AirPods Pro→中途半端な性能?AirPods Proを使ってわかった12のこと

WH-1000XM2→WH-1000XM2を1年間、使い続けて分かった14のこと