管理人管理人

AirPods Proがアマゾンプライムデーのセール対象になるということで盛り上がっている。ただ、個人的には2つの理由からそれほど購入に適した時期ではないと思っている。その2つの理由を当記事ではお伝えさせていただこう。[@appleshinja_com]

Apple製品を購入検討中のあなたへ

Amazon公式のApple製品ポイント還元率が凄まじい事になっているのをご存知だろうか?

※現在、品切れの製品も多い上に、還元率は頻繁に変わるので早めにチェックしておこう


M1 MacBook AirM1 MacBook ProM1 Mac mini


11インチiPad ProiPad Air無印iPadiPad mini12.9インチiPad Pro


Apple Watch Series 6Apple Watch SE


安く買うコツ

今、購入をおすすめしない2つの理由

まずは結論から。私がAirPods Proの購入をおすすめしない理由は以下の2つ。

  • アマゾンプライムデーにて大幅に割引されそうだから
  • 他社製のワイヤレスイヤホンも検討すべきだから

これら2つについて今から1つずつ詳しい理由をお伝えしていこう。

理由1:アマゾンプライムデーで割引されるから

アマゾンプライムデーは1年に1回しか開催されないAmazonが開催する特大セールなのだが、そこでAirPods Proをセール対象にすることが発表された。以下のリンク先から確認できる。

→プライムデー対象製品の一覧はこちら

「うーん、プライムデーって言ってもそんなに安くならないでしょ?」

と思うかもしれないが、アマゾンプライムデーは私が知る限り”新品のApple製品を最も安く買う方法”だ

(今はそこまで安くはない)

例えば、去年はApple Watch Series 5のステンレスモデルが半額に近いような価格で売られていて、ネット上が「ふぁっ!?」となった。

そこまで安くはならないにしても5,000円引とかになる可能性も十分にあるので知っておいた方が良いと思う。

理由2、他社製のワイヤレスイヤホンも検討すべきだから

私はApple信者だが、Appleの最高の傾向として「iPhone」「HomePod」「AirPods」に関しては他社の後追いである感が否めない。

AirPodsやiPhoneに関しては先駆者的に発売したのだが、その後他社から安かったり、独自の性能や音質のものが出てきてApple側が逆に追いかけるパターンになりつつある。

そんな中、つい先日、SONYがワイヤレスイヤホンのWF-1000XM4を発表した。

WF-1000XM4 | ヘッドホン | ソニー

かなりぶっ飛んだ仕様になっていて、

  • LDAC対応(ハイレゾ音質)
  • DSEE Extreme対応(ハイレゾ非対応機種でもハイレゾ相当の音質)
  • ノイズキャンセリングがさらに進化

と私も正直言って欲しい仕様になっている。

私は、XM4というヘッドホンを所有しているのだが、それのワイヤレスイヤホン版が出たと思うといいと思う。

さて、この仕様に対抗してAppleが何もしてこないかと言われると決してそうではないと思う。Appleは先日ロスレス・ハイレゾにApple Musicを対応させたこともあるため、Apple側も新しい仕様(もっと綺麗な音で聞けるような仕様)を搭載させてくる可能性は高い。(あくまでも個人的な予想)

そのため今、他のイヤホンやヘッドホンを持っている人はAirPods Proを無理に買うのではなく、SONYやゼンハイザーなどのいイヤホンを検討してみるのもアリかもしれない。

AppleのAirPods Proは必要十分な音質とノイズキャンセリング性能だと私は思っているのだが、それでもなお、新型がこれから出てくることを考えると「今すぐ買いなさい。」と手放しに言えない時期になりつつあるのは否定できない。

ただし、AirPods Proの第二世代が発表される噂は私が知りうる限り入ってきていない。ということは今買ってもいいのかな・・・あれ悩む。

今日のお告げ「煽られちゃダメ」

まぁ、ぶっちゃけて言うと、買っちゃってもいいと思う。というか、時間的損失を避けるのであれば今すぐに買うべきだとすら思う。ただし、当ブログの愛すべき読者さんたちには当記事の内容はどうしても伝えたい事だった。なぜなら、

アマゾンプライムデーは1年に1回の特大セールであり、1年に1回の煽りDayでもあるから。

間違いなくApple好き以外の人たちも「AirPods Proがくるぞー!くるぞー!くるぞぉぉぉぉぉぉ!!!!」と煽りまくる。煽られて買っちゃうのも悪くはないと思うのだが、今は他に良いワイヤレスイヤホンもあるのでそちらも含めて検討することをおすすめしたい。