管理人管理人

天下のIBMがMacを従業員に支給し続けると発表してから4年。ついにIBMはMacを導入することの驚くべきデータを公表した。これはもう・・・Macを使うしかないのでは・・・?[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


12月15日(日)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年12月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:IBMが公開したデータ

IBMは2015年に世界中のIBM従業員にMacを支給するということを発表し、それからも従業員に支給し続けてきた。29万台を配備することになり、、、

その後、調査を行なったところ以下のような効果があったことがわかったようだ。

  • 仕事で使用する端末を従業員に選ばせると75%がiOS、72%がMacを選択する
  • 離職率が17%低い
  • 人事評価は22%高く
  • 高額取引の規模16%増加

とてつもない生産性。Macを導入しただけで、圧倒的な作業効率化を実現できている。

これ以外にも、

社内のヘルプデスクに支援を求める従業員の割合は、普通のPCを使用している従業員では40%なのに対し、Macを使っている従業員ではたったの5%なので、サポートスタッフがカバー可能な従業員の数も1人当たり242人から5400人へと大幅に増加。

というデータもあるようだ。

WindowsはOSの更新が難しく、サポートが必要になる。まともに仕事ができなくなる。非常に厄介な仕様。

一方で、MacはOSのアップデートなどはAppleに身を委ねていればOKということだろう。(最近のOSはやや不安定だが、それでもWindowsよりはよっぽどマシ)

Source: IBM Announces Research Showing Mac Enables Greater Productivity and Employee Satisfaction at IBM | Jamf

IBM: Mac users perform better at work compared to PC users.- 9to5Mac

Via:「PCよりMacの方が社員の生産性や満足度が高い」とIBMが過去4年間のApple製品導入プログラムの成果を発表 – GIGAZINE

Macを使うと作業を効率化できる”3つの理由”

前述のデータわかるように、Macを使うことにより作業が効率化される理由は以下の2つ。

  • OSの安定性
  • OSの使いやすさ

これら2つは記事にあるとおり。ただし、私はこのデータには直接は現れてはこない“第3の理由”があると思っている。

それはMacを触っている人たちは「Macを愛している」からこそ良い仕事ができるようになった、ということ。私の主観も入ってはいるがあながち間違っているとは思えない。

まず、72%の人々がMacを選択するという時点でMacが愛されていることがわかる。

それは、興味や好みや、自分が昔からMacユーザーだったのが理由かもしれない。もしかしたらOSではなく、ただ見た目が好きだからという理由で決めたのかもしれない。それは分からない。

ただ、事実として、72%の人がMacを選択したということに違いはない。そして、その最初の選択が後に良い効果を生み出していることもまた事実。

例えば、

大好きな製品を使う

毎日が楽しくなる

作業効率性が上がる

より良い価値を社会に提供できる

会社も自分も成長し続けられる

という好循環のループが発生しているとも考えられる。

その循環のループが「大好きな製品を使う」ということから始まるというのが非常に興味深い。今回のIBMの調査によりその効果が明かになったと私は思う。

ジョブズは何を思ふ?

IBMと言えば初期のヤンチャ時代のジョブズがズタボロに言いまくったAppleの敵でもあった企業。

1984

という初代マッキントッシュを発表したイベントのプレゼンは神が降臨しているかの如く圧倒される。いや、本当に。

IBMには天下をとらせねーぜ!!!

というジョブズの勢いはとてつもなかった。思えば、パーソナルコンピュータ創世記からずっとIBMとAppleは競い合ってきた。

そのIBMがMacを導入し、Macを導入する効果を絶賛するデータを知れば彼は何を思うだろう。

答えは分からないけど彼がやっていたこと、そして作り上げたものは何も間違っていなかったのだと私は思う。

最後に「Macなら…」

やはりMacは素晴らしい。

Macを使うだけであらゆることが効率化される。それが今回のことで証明された。

”製品を愛して使う”ということがどれほど大切で、重要なことであるかも証明されたのだと私は思う。

最後に私の大好きなジョブズ氏の一節を紹介させていただきたい。

Macは愛されている。製品を愛するなんて滅多にできる経験ではない。でも、Macならそんな経験が可能なんだ。素晴らしい製品を作って世の中に広める。それが人類の能力を増幅する方法だよ。(スティーブ・ジョブズ1995~失われたインタビュー~より)

私はこれからも大好きなMac、iPad、iPhone、Apple Watchたちを使い続けていきたいと思う。それこそが自分の能力を増幅させる方法だと信じて…

※誰かこういうデータ系の情報を知っていればぜひ共有してください。データが全てだとは思っていませんが、知らない人を説得するのに最も有効な手段はまずはデータを示すことだと思っています。いいデータについては記事化していきたいです。