管理人管理人

ありがとう、スティーブ・ジョブズ。ありがとう、ジョブズさん。[@appleshinja_com]

Apple製品を購入検討中のあなたへ

Amazon公式のApple製品ポイント還元率が凄まじい事になっているのをご存知だろうか?

※現在、品切れの製品も多い上に、還元率は頻繁に変わるので早めにチェックしておこう


M1 MacBook AirM1 MacBook ProM1 Mac mini


11インチiPad ProiPad Air無印iPadiPad mini12.9インチiPad Pro


Apple Watch Series 6Apple Watch SE


安く買うコツ

ありがとう、スティーブ・ジョブズ

本日10月5日はスティーブ・ジョブズ氏が亡くなった日。
2011年のあの日から10年が経過した。
時が経つのは早い。

Appleの公式サイトではジョブズ氏の肉声をまとめた動画があげられている。

Apple(日本)

世界中でジョブズ氏を思い返すようなコンテンツが溢れかえっている。いまだに愛される偉人であることが分かる。

本当に影響力がすごい人だった。

それゆえか、私の知り合いにはスティーブ・ジョブズ氏が亡くなった後のAppleに見切りをつけてApple製品を買わなくなった人がちらほらいる。それくらい彼の存在は大きかった。本当に。

さて、そんなスティーブ・ジョブズ氏だが、彼がいなくなって10年が経過した今のAppleは云々・・・という話は巷に溢れかえっているのでここでは彼なら”今、何をしたか?”ということを妄想をしたいと思う。

まず、私は彼のことをユーザーと無機質な機械を結びつける天才だと思っている。

実際、彼はパソコンを発明したわけでもないし、音楽プレイヤーを発明したわけでもないし、電話を発明したわけでもない。タブレットもそう。あらゆるものを彼は”再発明”した。

実際、iPhone発表のイベントでは”reinvent”という言葉を使っている。

ただし、彼が凄まじくすごかったのはreinvent = ”誰でも使うことができるように再発明する”ということだった。iPhoneで言えば、当時はスマートフォンはすでにある程度普及していた。一部の賢い人たちの間では。

感覚的には、今の折りたたみスマホみたいな感じ。凄いし、可能性は感じるけど、一部のオタクだけが騒いでいるような。

ただ、iPhoneが優れていたのは「誰でも簡単に操作できるようなOS・タッチパネルの操作感」だった。本当に神がかっていた。触った瞬間に震えるデバイスというのは後にも先にもまだ私は出会ったことがない。触った瞬間に「未来だ。」と心の底から思った。

当時、私はiPhoneが欲しくてたまらなかったけどお金もなく買えなかった。職場の後輩がお金を貯めて買ったというiPhoneを触らせてもらって、その日からこっそりと週末しか入っていなかった夜勤のアルバイトを増やした。体がぶっ壊れてもいいから1日でも早くiPhoneが欲しかった。

そうやって購入したiPhoneだからこそ嬉しかった。
電話できて、音楽が聴けて、地図が見れて、ブラウジングができる。未来を本当に感じた瞬間だった。

多分、その感覚が昔からのApple信者の方々だとMacintoshにもあったのだと思う。

こうやって書くだけだと「凄いなー。」くらいにしか思えないのだが、よくよく考えると世界の頂点と言ってもいいほどのビジネスパーソンになった”とてつもなく賢い”彼が我々のような凡人の一般人でも扱えるようなモノを作れるって不思議でもある。

賢い人が喋ることは難しいし、作るものは難しいし、なんだか取っ付きづらい。そんな製品が今も世の中にはたくさんある。しかし彼が作るものにはそうった種類の製品は少ない。(もちろんゴミみたいなものもたくさん作ったが)

その精神を支えたのが全てをシンプルにするという考えであり、その中枢にあったのが東洋のマインドだったというのは興味深い。特に日本の禅がコアとしてあったのは面白い。

と、話がだいぶ脱線してしまったが、では、今の時代に彼がいたらどんなデバイスを再発明して我々ユーザーと密接に結びつけてくれるだろうか?

今、存在するデバイスの中でオタクが使っていて一般人がそれほど興味を示さないような少し高度なものがあれば、彼なら彼の魔法で素晴らしいものに変えてくれると思う。

全てをシンプルにしたがっていた彼であれば、おそらく・・・もう一度「These are not sapareted.」と言ってMacとiPadとiPhoneを1つのデバイスにしてくれていたかもしれない。

折りたたみスマホなんて美しくないものは粉々しそうな彼のことだから、凄まじく美しいデバイスを生み出して、信じられないほど使いやすいOSを乗せたデバイスを生み出してくれそうな気がする。

また、AIの面でも革新を起こしていたと思う。
実際、彼は亡くなる前に「Siri」「教育業界へのiPad普及」「Apple TV」の3つに注力しようとしていたことが伝記の中でも書かれている。

今はAmazonやGoogleよりも遅れていると言われているSiriちゃんだけど、もしかしたら彼がいたら全く別の次元の何かに変わっていたかもしれない。

ただ、残りの2つはティムさん率いる現Appleが叶えてくれているので、残る1つのSiriに関しては彼の意思が残っているのであればこれから新たなものに変わっていくのかもしれないし、それに関しては今後のAppleに期待するほかない。

あぁ、書いていてなんだかワクワクもするけど、喪失感も・・・そうは言っても私は今のジョブズ氏の意思が残っているAppleも大好きなのでこれからもAppleを好きでい続けると思う。

最後に私が一番好きな彼の言葉を、

「死んだ後も何かが残るって考えたいんだ。いろんな体験や経験をして知恵がついたのにそれがふっと消えるなんてなんだかおかしな気がする。だから何かが残ると考えたい。もしかしたら自分の意識がずっと続くのかもしれないって。

でも、もしかしたら電源スイッチみたいにオンオフがあるのかもしれない。パチッとするだけでその瞬間にサッと消えちゃうんだ。

だからなのかもしれないね。
僕がAppleの製品にオンオフのスイッチをつけたくないと思ったのは。」

〜引用〜
伝記;スティーブ・ジョブズ2
著者:ウォルターアイザックソン

今日のお告げ「ありがとう、スティーブ・ジョブズ」

もう、今の若い方は「ジョブズ???」となっている方も多いかもしれない。iPhoneが当たり前に存在し、iPhoneで当たり前のように世界中の人が繋がる世界。その根源を作ったのはスティーブ・ジョブズ氏だったということくらいは知っておいてほしいなぁとおじさんは思ってしまう。

とは言っても、そのうち教科書には偉人として名前が刻まれるだろうから、全ての人がその名を知ることにはなるだろうなぁとも思う。テストに「スティーブ・ジョブズ」とフルネームで回答する日も遠くはないかもしれない。

これからもAppleにはAppleであり続けて欲しいと思うし、Appleが作った今のこの世界を楽しんでいきたいと思う。Appleがなければ、パーソルコンピュータもスマートフォンもタブレットもスマートウォッチもワイヤレスイヤホンもここまで普及しなかったかもしれないし、いまだに音楽業界は違法ダウンロードサイトに苦しんでいたかもしれない。

Appleが時代を切り開いてきたことは事実である。

最後に。

ありがとうジョブズさん。
今日は大好きなiPhoneとiPadとMacであなたの動画を見たいと思います。
いつかあなたが好きだったという京都のお寿司屋さんとお寺に行くのが夢です。