管理人管理人

万年筆沼から脱しようとすればするほど、新たな万年筆が誘惑してくる。本日はお気に入りの文具店でモンブラン149と中屋万年筆のツイストを試してきたのでその感想を…[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


12月2日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年12月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

中屋万年筆TWシガーの試し書きレビュー

  • 持ち心地が神
  • 漆は日本の心
  • 細軟がふわっふわ

中屋万年筆は当ブログの読者さんの中にもファンが多く、私もずっと気になっていたブランドだった。

特に一目惚れしたのがこれ。十角モデルのツイストしてるやつ。

読者さんたちのコメントの中で私に響いたのはこちらだった。

かく言う私は
比較的早く沼から生還(解脱?)しました
私を沼から引きずり出したのは
中屋万年筆というメーカーの漆モデルです
軸やペン先を任意に選択できる(特に軸はスペシャルオーダーも可。ただしあれこれぶっこむとお値段も青天井)のはもちろん、新品購入時にカルテに自分の筆記スタイル(クセ)を記載すればそれに合ったバランスで組み上げて納品してくれます

私は中屋さんの万年筆を購入後、他の万年筆には目が向かなくなりました
以来その1本とだけ向き合い
漆の塗り直しや部分的な再作成のお世話になりながら10年以上使用しております

色々と使用されて、うぉずさんが万年筆に求める具体的な姿が明確になった時には、ご一考に値すると思います
※沼を泳ぐ愉しみを失うリスクがありますのでご注意を

こんな事を友達(読者さん)に言われたら試さずにはいられない。

まず書いてみて思ったのは、「持ち心地が最高にいい。」という事だった。漆が手に吸い付くのはもちろん、ツイスト独自の溝が私の指にフィットして、2度と手から離れないのではないか?と思うほどに書き心地が良い。

また、見た目も当然だがかっこいい。かっこ良すぎる。

店員さん曰く、

店員さん店員さん

使っていると漆の赤が少しずつ見えてきて、経年変化も楽しめておすすめですよ〜。

とのこと。ちなみにこの店員さんは中屋万年筆が大好きらしい。

うーむ。
悩む。

買おうかなぁ。と、思いつつ私は次のモンブラン149を試すことに。

モンブラン149試し書きレビュー

  • 紙に吸い付くような快感
  • 重厚感が素晴らしすぎる
  • 持ち心地が良すぎる

なんじゃこりゃーーーーーー!!!!!

心の中で叫ばずにはいられなかった。ペリカンM1000以来の衝撃だった。M1000は「ふわっふわやないか!」と興奮したが、モンブラン149の場合は、「紙に吸い付くやないか!」と大興奮。

マスクをしててよかった。
多分、マスクの中ではニヤニヤが止まらなかったと思う。

紙とモンブラン149のインターフェイスが融合してしまって2度と離れないのではないだろうか?と思わずにはいられない快感。

店員さん曰く、

店員さん店員さん

お客様は手も大きいですし、この重厚感とバランスが良いのかもしれません。

とのことだった。

いやぁ、、、すごい体験をさせてもらった。さすが万年筆の王様と言われているだけはある。

今日のお告げ「比較してみて」

今日は試し書きに終わったけど、いやはや・・・ダメだ、これは。買ってしまいそうな気がしてならない。

だって、両方とも書き心地が良すぎるんだもん。

ただ、何度も書き比べてみて思ったのは、「モンブラン149の書き心地の良さが忘れられない。」ということだった。あの重厚感、紙に吸い付く強烈な快感。

チクショウ・・・・

日本製を買うつもりだったのに・・・

ドイツ人やるな。

友人のドイツ人(レストラン経営者)が昨年亡くなって以降、ドイツ料理はご無沙汰だったが、今日はドイツ料理屋でも行こうかな。

そう思うりんごおじさんであった。

中屋万年筆を愛する読者さん、モンブランを愛する読者さん。気軽にコメントいただければ嬉しいです。

どっちも最高すぎじゃないですか?