管理人管理人

高級万年筆を探し求めて、試し書きを何度も何度も繰り返してきた万年筆初心者の管理人。そんな管理人があまりの衝撃に購入してしまった万年筆とは?人生初めての高級万年筆だぁぁぁ!!![@appleshinja_com]

第1話はこちら→高級万年筆を求めてVol1.「衝撃の2本」

第2話はこちら→高級万年筆を求めてVol2.「さらに衝撃の2本」

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月23日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

とてつもない衝撃

店員さん店員さん

では・・・一度、こちらの○○を購入されますか?

うぉずうぉず

は・・・い。
いや、ちょっと待ってください。他の万年筆ももう一度試させてください!

特にM800の茶軸が気になってて・・・めちゃくちゃ美しいんです。

店員さん店員さん

はい、何度でもお試しください!

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

(5分後)

うぉずうぉず

いやぁ・・・ダメです。
もう、、、この○○が忘れられません。
思わず、書きながらニヤニヤしちゃいますね。笑

購入

店員さん店員さん

そうですね〜。
書き心地に好みはあるのは当然なのですが、お客様の場合は、この万年筆を使っている時の筆記スピードが早いですね。笑
書いていて楽しそうに見えます。

うぉずうぉず

いや、、、本当にそうなんです。
書くのが止まらなくなるというか・・・
不思議なんですよね、今までの人生でこんな書き心地は経験したことがありません。

ふわっふわなんですよね。書き心地が。
雲に書いてるみたいな感覚です。

店員さん店員さん

確かにこのペン先は特殊ですね。
最高の万年筆と呼ばれるだけはあります。

うぉずうぉず

ん〜。。。

多分。。。

これを買わなかったら、また買いに来ると思います。
それくらい気に入りました。

わかりました!
これをください。大切に大切に使っていきたいと思います。

店員さん店員さん

はい、かしこまりました。
ありがとうございます。

こうして私はとある製品を購入することになった。

帰り道はスキップしそうになった。

あの書き心地をこれからは毎日味わえる。

楽しみ。

楽しみすぎる。

購入した製品の袋が押しつぶされないように、リュックに入れて大切に大切に持ち帰った。

これから大切に使っていくぞー!

開封

自宅へ到着。

いざ・・・

開封の・・・

刻・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

ドーン!

ドーンッ!!!

ふわわわわわわわ!!!!!!

美しすぎる。憧れのシマシマ模様・・・

これからこのインクと一緒に使っていく。幸せ。

そう、私が購入したのは「ペリカンM1000(中字)」

海外製の中字はかなり太いので手帳に使うのは厳しいのだが、そのあまりの書き心地の良さに衝動買いしてしまった。何に使おうかは考えながらやってゆけば良い。

とりあえず自分の直感が「あ、これやばい。」と思ったので買ってみた。ペリカンに興味もあったし。正直、他の万年筆の書き心地はほとんど覚えていない。全てが吹き飛ぶほどの衝撃の書き心地だった。

色々と教えてくださった読者さんたちのおかげで、いつも迷わずに買い物ができていることに感謝。

最後に「めっちゃ幸せ」

当記事はAppleと関係ない話だけど、万年筆についてはかなり多くの方に色々と教えていただいたのでしっかりご報告せねば、と思いシリーズ化させてみた。

今では、私は万年筆を触らない日はないくらいにハマっている。アナログの時間をこれからも大切に大切にしていきたいと思う。

元々、仕事を詰め込みすぎて体をぶっ壊すクセがあるので時間をゆったりにするツールとしても万年筆は重宝している。

ちなみに、今回の万年筆は高価だったけど、その文具店周辺のポイント制度を利用して安く買えた。今まで家族に貢ぎ続けた結果、貯めたポイントを使う時がきた!!!とばかりに使うことにした。

これからも「万年筆によるアナログライフ」「Apple Pencilによるデジタルライフ」を楽しんでいきたいと思う。

色々と教えてくださる読者さんたち、いつも本当にありがとうございます。感謝です。