管理人管理人

私はアプリオタク、OSオタク。特にApple関連のアプリについては暇があったらいじりまくっている。大体はすべてのアプリに意義を見出せるのだが、Mac版スクリーンタイムにはついてはだいぶ首を傾げている状態が続いている。あなたはどう使いこなしているだろうか?[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月24日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

この機能は何のため?

まず、結論。

この機能って何のため?(緑枠部分)

この部分に使っているMacのアプリ使用時間が表示されるのだが、驚くことに「アプリを実際に使った時間」ではなく、「アプリを開いている時間」がデータ集計されてしまっている

これでは意味がない。

Macは基本的には複数のアプリを起動させたまま使い続けるので、結局はどのアプリも同じ使用時間になってしまう。

私はmacOS Catalinaにスクリーンタイムが搭載されると知った時、「メインウインドウとして実際に使っているアプリの時間が計測される」と思っていたのだが、そうではないと知った時、少し、、、というかかなり残念だった。

iPhoneやiPadは基本的にはシングルタスクで1つのアプリに集中するので非常に効果的ではあるのだが、Mac版はあまり意味がないアプリのように思う。

ただただ、残念。

お子さんがいる方向けの機能?

それでもなんとか有効な使い方がないか考えていたのだが、唯一のメリットはおそらくだが、使用アプリや使用時間を制限できるという点だと思う。

以下の画像は、

・ピンク枠→データを閲覧
・赤枠→アプリの制限設定

というふうになっている。(大まかに説明すると)

この赤枠部分の制限設定を使えば、

  • 夜はゲームアプリを使えないようにする
  • 特定の時間が過ぎたらアプリを使えないようにする

といったことが可能。

つまり、「Youtubeを見すぎる子供のYoutube依存を防ぐ」ということもできるようになる。

さらに、その設定を変更するために必要なパスコードも設定できるため、設定してしまえばその設定を他者が触ることはできない。

スクリーンタイムは「アプリ制御のために存在する」と今の時点では私は結論づけている。

※さらに詳しい使い方は公式サイトが参考になると思う→Mac でスクリーンタイムを使う – Apple サポート

今日のお告げ「マイナーなアプリにも焦点を」

今回、私がこの記事を書いているのには主に2つある。

  1. 読者さんから有効なスクリーンタイムの使い方を聞けるかもしれないから
  2. アプリ制御の設定を知らない方に設定の存在を知らせたかったから

スクリーンタイムはマイナーな機能ではあるのだが、それでも有効に活用される方は絶対に存在する。だからこそ当ブログではそういったマイナーな機能にも焦点を当てていきたい。

とは言っても作業効率化オタクの私には有効な使い方が見つけられず少し残念。