管理人管理人

「海外旅行の前には絶対にダウンロードしておいた方がいいよ。」と友人にもよく伝えるのがGoogle翻訳。そして、使い方として今回お伝えする”会話機能”はもはや現代版の翻訳こんにゃく。ぜひ、使い方を覚えておくことをおすすめする。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月26日(木)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

Google翻訳の会話機能がこちら

Google翻訳のアプリをとりあえずダウンロードしておこう。

Google 翻訳

無料
(2019.12.30時点)

 iTunes で見る

posted with ポチレバ

次に、アプリを起動させたら以下の会話アイコンをタップ。

すると、以下のような画面になる。私の直近の設定だと日本語とベトナム語になっているので、左をタップすると日本語で、右をタップするとベトナム語を認識してくれる。

中央をタップすると両方の言語を認識してくれる。基本的な会話であれば中央のボタンだけでOK。

かなりの精度で会話ができるので本当に素晴らしい。

こんなアプリを無料で出してくれるGoogleには本当に感謝。

オフラインで翻訳してくれるように言語のダウンロードを

ただし、上記の機能を使うにはオンラインであることが条件となる。国によってはネット接続が不安定だったり弱かったりするので、必ず日本で言語のダウンロードをしておくようにしよう。

アプリトップ画面から言語を選択。

次に言語を選択してダウンロード。まだ、全ての言語には対応していないが、多くの国の言語はオフラインでダウンロードが可能。

まだまだ行ったことがない国がたくさんある。英語の通じない国にもっと行ってみたいなぁ・・・

今日のお告げ「旅の前には」

ついこの前、知り合いが海外出張に行った時に日本の大学生に空港で泣きながら、

「日本人の方ですよね?英語喋れないんです!!助けてください・・・飛行機にも乗り遅れてしまって・・・どうすればいいですか?」

と言われたというエピソードを話された。私の知り合いは優しいのでニコニコと案内してあげたらしい。

空港なら英語は通じるかもしれないが、それ以外の場所だと英語が通じないケースも多々あるので、トラブル防止のためにおGoogle翻訳に現地語を入れておくというのは必須だと思う。

個人的に英語が通じない国ほど冒険心をくすぐるし、独自の文化をキープしている、と信じている。というか「あの国は英語が通じないから〜」などというのは失礼極まりない。そのため、礼儀として基本的な単語や挨拶は覚えてから旅行にいくことが多い。

だけど、どうしても会話をしたい欲求に駆られる時がある。英語が通じない地域にもガンガン攻めたいローカル旅行が大好きな私にとってはGoogle翻訳は欠かせない相棒。最高のアプリ。

ただし、路上でスマホを出しっぱなしで喋りまくるとスマホ盗難に遭うケースも多いのでその点は十分にご注意を!