管理人管理人

今日は読者さんから要望があった記事。「うぉずさんのとっさのアイデアを書き留める方法について」という質問にお答えしていきたいと思う。Apple製品を使ったアイディア術とは・・・?[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月21日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

とっさのアイディアを書き留める3つの方法

私がアイディアをまとめる際に主に利用しているのはこの3つ。

方法1、iPhoneのリマインダーへ登録

色々と試したのだが、 私が最も使っているのがこの方法。電車の中や、歩いている時にしょっちゅう行なっている。

ピキーンッ!と何かを思いついたらすぐにiPhoneのリマインダーへ登録する。時間指定をゆるめでいいのでやっておけば完璧。絶対に忘れることはない。

後述するが、私はとりあえずiPhoneのリマインダーに書き込んだものを純正メモ帳に分かりやすく書いたりして、見返せるようにしている。

iPhoneのリマインダーは定期的に見返すし、そこにアイディアがあれば、転機すればいいだけだ。

私の場合は色んなアプリを使った結果、リマインダーアプリにアイディアを登録することが習慣的になった。

方法2、Apple Watchのリマインダーへ登録

お風呂やプールなど。あと、iPhoneを持っていない場合などはApple Watchのリマインダーにアイディアを登録する。

文字入力はできないので、当然ではあるが音声での登録になる。Siriを起動させたら、

「覚えておいて、ブログのヘッダー画像を今日の8時までに変更する。」

などとApple Watchに向かって言えばよい。

覚えておいて、というのはリマインダーへ登録するトリガーになる。そして、だいたい自宅に着くであろう時間を言っておけばその時間にリマインダーが通知してくれるので忘れることもほぼ100%ない。

自宅に帰宅後にそのアイディアを純正メモ帳に写したりすれば、せっかく思い付いた貴重なアイディアを失うこともないわけだ。

方法3、Apple PencilでNoteshelf2に殴り書き

手元にiPad Proがあれば、私は100%確実にApple PencilでNoteshelf2に書き殴る。とりあえず書きまくる。アイディアのすべてを記録に残す。

※Noteshelf2のレビューについてはこちら→ 【保存版】Noteshelf2を完全レビュー!神機能9つを徹底解説!初代との違いは?

好みの問題によるとは思うのだが、私は「ハンドライティング」の方が脳が活性化してよりアイディアが出やすくなると思っている。

1つのアイディアを書き留めると、もう1つ、また1つ、さらに1つ、とアイディアがどんどん止まらなくなることが多い。

これは、キーボードやフリック入力ではあまり起こらないことだ。

さらに、Noteshelf2などのアプリを使って手書きをする場合は自分で図や矢印をどんどん追加して視覚的に分かりやすくするというメリットもある。

私の場合は他人が見ても分からないようなめっちゃくちゃなメモ書きをすることも多いが、自分の中では分かりやすくしているつもり。

また、前述したようにiPhoneやApple Watchで登録したアイディアについてさらに熟考したい場合もNoteshelf2をとりあえず起動させる。

その1つのアイディアをほかのアイディアへ結びつける方法についてだったり、より具体化させる方法、そのために必要な手段などをとりあえず書きまくる。

もし、あなたがハンドライティングでアイディアを書き殴る経験があまりなかったなら手元のノートでもいいのでぜひやってみてほしい。驚くほどアイディアが出てくるはずだ。

余談ではあるが、私はApple Pencilが出るずっと以前から部屋にはホワイトボードを設置して、とりあえずアイディアを書き殴るということを繰り返してきた。それが、今は最高の相棒であるiPad ProとApple Pencilに変わったというだけの話だ。

10年以上の実体験から、私はハンドライティングの重要性を身を以て知っている。本当にオススメ。

【重要】純正メモ帳に「一生涯残したいアイディア」を記録

iPhone、Apple Watch、iPad、と書き留めてきたアイディアを最後に純正メモ帳に分かりやすい形で記録する。

Noteshlef2の画面をキャプチャ画像で撮影してそれを貼り付ける場合もある。

それでもいい。

とりあえず分かりやすい形で残しておくことが重要だ。

私の場合は純正メモアプリに「WEBサイト」「ビジネス」「英語」などのカテゴリーを作っておきそこにどんどんとアイディアをまとめていく。

実は、この「Apple信者1億人計画」も半年以上練りに練った上で出来上がったもの。最初は思いつきからだったが、どんどん純正メモ帳に残していった結果がこのブログの始まりになった。

思いつきはおそらく歩いている時にiPhoneにパパッと書き込んだことから始まったと思う。それが今のこのブログの原型だと思うと、アイディアを残すということが本当に重要なんだと分かる。

今日のお告げ

最後に、私のメモの一部(Apple信者1億人創出計画の計画)を公開してみよう。

iPhoneが発売された頃、私の同僚がiPhoneを買って自慢していました。

みんながそれを見てバカにしていました。

「ダサい。」
「使いづらい。」
「電話じゃない。」

誰もがそんなもの流行らないだろう。
そう思っていました。

でも、今は・・・

もちろんグーグル・グラスのように失敗もあるかもしれません。それでも、Apple製品には革新性がある。

そう思っています。

携帯電話会社に成り下がったと思っていたら最近はタッチバーやエアぽっず、アップルウォッチとかなり攻めの姿勢へ。
これがAppleです。

iPhoneばかりを乗り換え続けてiPadやMacなんて全く気にもかけない人々にAppleの良さを伝える。素直に。正直に。誠実に。1人でも多くの人の生活をよりよくし、スキルを向上させ、1%でも人生を向上させることができるメディアを構築する。

殴り書きをそのまま書き写したりもしているので、ちょっと意味が分からない部分や、漢字の変換がうまくできていない部分もあるが、これが当ブログの始まり。

iPhoneでアイディアを書き留め続けて、iPad Proでそのアイディアを拡張し、Macでそのアイディアをカタチにした。それが当ブログの原点。

そう考えるとなんだか感慨深い。

あなたは自分だけのアイディア術を持っているだろうか?ぜひ、教えて頂ければ幸いだ。