管理人管理人

SafariとChromeはどっちがいいのか?これは、永遠の論争でもある。しかし・・・私はChromeを6年、Safariを2年使って分かった。Macには絶対にSafariの方が良い。その理由を今回はお伝えしていこう。あなたも今日からSafariユーザーになること間違いなしだ。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク

ーこのページに辿り着いたあなたへ〜

「おまえ、変態すぎるだろwww」

と、私は常に友人に笑われている。私のApple製品への愛が異常すぎるからだ。(たまにiPadの角を触りながらニヤニヤしてたりするらしい)

8年のApple信者ライフの末にたどり着いた、「究極の記事」をあなたにもお届けしたいと思う。ぜひ、参考にしてほしい。

共に、変態Apple信者になろうではないか。

【2018年7月更新!!】→iPhoneおすすめアプリ38選はこちら

iPad→おすすめアプリ55選はこちら

Mac→神が作りし5つの神Macアプリはこちら

今だけ3ヶ月無料→Apple Musicのレビューはこちら

【人気記事】→今さら聞けない7つのKindle活用術!読書効果を100倍にするiPad・Macの設定方法

※新規ウインドウで開くのでとりあえずクリックしておいて後日読むという感じでも良いと思う。

まず、結論から

どのブラウザが一番いいのか?

それは、終わりのない論争だし、実際、日本でも海外でも多くの人がSafariやChromeの良さを主張している。時には嫌いなブラウザを罵倒していることもある。

  • Chromeの時代は終わった
  • Safariは拡張性がなさすぎる
  • Firefoxが一番無難でしょ

なんだか、いろんな意見があってネットを見れば見るほど分からなくなってくるだろう。

しかし、重要なことは「各ブラウザの良い点、悪い点を学び、あなたに最適なブラウザを見つけること。」だと私は思っている。

そして、私は8年のブラウザ比較の末に「MacにはSafariが最高だ。」という結論に至ったわけだ。

この記事では、私の独断と偏見ではあるが、実際にテストをしながら、いかにMacにはSafariが最高の相棒か?という事をお伝えしている。

あなたがこの先ずっと使い続ける最高の相棒が見つかるよう、余すことなく書いたつもりなのでしっかり読み進めて欲しい。

比較1、バッテリー持ち

SafariとChromeを比較した時に一番に挙げられるのが、バッテリー持ちの良さではないだろうか?

バッテリー消費が激しいと、外出先で短時間しか使えないし、そもそも何度も充電するのは面倒だ。

いろんなデータがあるので、それぞれを紹介していこう。

海外のデータ1

日本よりも英語圏の方が活発にデータ検証などは行われているので、参考になるデータをいくつか引用させて頂こうと思う。

こちらのデータは、同じ条件でどれくらいのバッテリーが持つかというのをSafari、Chrome、Firefoxで比較したもの。

CPUとRAMを酷使して高速化させるか、セーブしてバッテリー持ちを良くするか、という点はもちろんあるのだが、以下のデータを見てあなたは何を思うだろうか?

http://www.makeuseof.com/より引用

私は外出祭でも作業することが多いのでこのデータを見ると、やはりSafariに魅力を感じる。

海外のデータ2

こちらのデータは、各ブラウザがどれほどエネルギー影響しているかを、アクティビティモニタで観測したもの。

一般的にエネルギー影響の数値が大きいアプリが、バッテリー消費の大きな原因になっていると言われているため、あまりにもエネルギー消費が大きいアプリは利用を控えた方が良い。

実験の条件は「ブラウザで1タブのみ開いた状態」「1タブ+ユーチューブでビデオ再生」という2つのパターンをテスト。

数値が少ない方が前者で数値が大きい方が後者なのだが、明らかにSafariの方がエネルギー影響が少ない



http://www.guidingtech.com/より引用

私の実験データ

データを引用してばかりでは、Apple信者の名がすたるので、私の方でも実験してみた。

実験データは2017年8月現在最新の「macOS Sierraバージョン10.12.6」、Chromeも最新バージョンを使用している。

アクティビティモニタ内のエネルギータブより検証。(過去8時間ではなく、現在のすべてのプロセスに変更済み)

テスト1「Google(www.google.com)のみを1タブで表示」

SafariもChromeもほぼエネルギー消費はしていない。

変動するデータを観測してもほぼ変動なし。

テスト2「テスト1に加えて、YouTube動画を再生」

このデータに注目してほしい。同時にタブを開いた時に圧倒的な差が出る。

少し、時間を経過させても同じように開きがある。

テスト3「テスト2に加えて、Amazonのトップページを表示」

YouTubeで音楽を再生しながらAmazonで買い物するような人も多いと思うのでこちらもテスト。

やはりSafariのエネルギー消費は異常に少ない。

結論「バッテリー持ちはSafariの方が圧倒的に良い」

バッテリー持ちは、様々な要素が加味されるため、計測が難しいところはあるのだが、今回のデータを見てわかる通り、Safariは以上にエネルギー消費が少ない。

macOSのことを考えに考えつくされている最高のOSだというのがエネルギー消費のデータだけでも分かって頂けると思う。

私は、外で作業することも多いので、バッテリー消費も考えてSafariを愛用し続けている。

比較2、拡張性

拡張性ならChromeだ!!!

と声高々に言われている。

私もChromeを使っている時はそう思っていた。が、、Chromeにしかなく、絶対に必要な拡張機能というのは私にとっては1つもなかった。

  • アドブロック
  • Evernote
  • 1password

くらいしかヘビーに使わない私にとっては、あまり大きな問題にはならなかった。

それに、何か拡張したいと思ったときも、Safariにも需要の多い拡張機能は多く配布されているので、あまり問題がないように思う。

もし、あなたが、マニアックな拡張機能をChromeで使っていないならSafariを使うことにより、拡張機能へのストレスを感じることはないだろうと思う。

比較3、ユーザビリティ

さぁ、美しさといえばMac。ユーザービリティといえばMac。

というわけで、私が最もSafariを押す理由をお伝えしよう。

結論から言えば、

  • トラックパッドとの相性が最高すぎる
  • iPhoneやiPadとの連携が最高

この2点だ。

言えば、これら2つのメリットを享受するためだけに、Safariを使うべきだし、Chrome派の人はSafariに乗り換えるべきだ。

では、一体何がすごいのか?具体的に解説していこう。

トラックパッドと連携機能がスゴすぎる!

トラックパッドには様々な機能が、初期状態で割り振られているのだが、Safariでは可能だが、Chromeではできない事が多い。

特に、私がブラウザを使う上で重要だと思うのは、「タブ一覧を一瞬で表示させる」という機能だ。

MacでSafariを使っている場合には、以下のようにトラックパッドを操作するだけで・・・

一瞬でこのような表示がされる。

Chromeではトラックパッドを操作することにより、一瞬でタブを表示させるような標準機能はない。(拡張機能を使えば可能ではあるが、そこまで直感的ではない)

しかも!MacでSafariを使うとiPadやiPhoneと自動同期される機能もある。これが本当に便利だ。一度、ハマるともう二度と他のブラウザに戻れない。

このあたりの仕事効率の熱については以下の記事でも詳しく話しているので、ぜひ参考にしてみてほしい。(ここで書くと2,000文字を超えてしまいそうだ)

【Mac】Safariマニアが教えるオススメ設定・使い方5選

Chromeはクソだ!と叫びたいわけではない

私もChromeユーザーだったので、これだけは強調したいのだが、Chromeは決してダメダメなブラウザではない。むしろ無料で提供してくれていることに感謝しても感謝しきれないほど、素晴らしいブラウザだ。

ただ、MacユーザーはSafariを利用した方が多くのメリットを享受できるというだけだ。

余談にはなるが、本当にクソなのはエクスプローラーであり、それ以外のブラウザは本当に素晴らしい。(エクスプローラーを強制的に広めたことは、マイクロソフトの大罪だと私は思っている)

まぁ、エクスプローラーへの愚痴に関しては、ここで書くと1万文字を超えてしまいそうなのでやめておこう。

1つ言えるのは、もし、あなたがWindowsからMacへ乗り換えたということであれば、一度はSafariを試してみてほしい。使い勝手の良さに驚くはずだ。

今日のお告げ

ブラウザ論争については、終わりがない。

それは歴史を見ても明らかだ。特に拡張機能に関しては、あまりにも多くの機能があるので、友人から教えられて初めてそのブラザウの良さに気づくこともある。

だから、もし、あなたがMacユーザーで「Safariにこんな機能があるよ!」「Chromeならこんなことができるよ!」「Firefoxは一度使ったらやめられないよ!」という意見があれば、ぜひコメントにて知らせてほしい。

一緒にブラウザ論争で盛り上がろう。