管理人管理人

先日、友人に教えたところ、非常に喜ばれた”Mac
ユーザーが知ってそうで知らないキーの使い方を2つ”当記事ではご紹介したいと思う。これでさらに作業効率化!![@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


7月22日(月)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年7月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

F7 + Fnキー = 全角カタカナ

F7 + Fnキーを同時に押すと現在入力中の文字が全角カタカナになる。これを知らない知人が多くてびっくりした。

例えば、

あっぷる

と入力したままF7とFnキーを同時に押すと

アップル

になる。

ファンクションキーはApple製品では基本的に再生やキーボードのバックライトを調整するために使われているので使わない人も多いかもしれないが・・・。

Windowsを使っていた人からするとファンクションキーをほとんど触ったことがない人が多いことには驚く。(それだけ、Appleが直感的に操作可能にしてくれているという意味でもあるのかもしれない)

Shiftキーを押しながら日本語入力→半角アルファベット入力

次に紹介したいのはこちらの小技。Shiftキーを押しながら日本語入力すると、半角アルファベット入力される。

例えば、

あっぷる

と打つときにShiftキーを押しながら行うと、

APPLE

となる。

全て大文字にしたくない場合は、最初「A」の部分だけをShiftキーを押しながら入力して、その後の「pple」を入力すれば良い。すると、

Apple

と入力ができる。

まとめ「キーボードの小技はマスターすべし」

今回、紹介した小技は割と基本的な入力の操作なのだが、Macを触り始めて間もない頃はこういった小技もあまり知らない人が多い。

だからと言って私はそう言った人たちのことを無知だとは絶対に思わないし、むしろ私のようなアホなApple信者がもっと発信していかないことが原因だとすら思っている。

これからも作業効率化させるようなキーボードの小技については随時紹介して行きたい。