管理人管理人

Amazonから中華製の充電器などが削除された問題について。あと、Appleサポートの質について。いやぁ、難しいですなぁ。ただ、正直に書くことにも意味があるはずだと思って意を決して書いてみた。[@appleshinja_com]

Apple製品を購入検討中のあなたへ

Amazon公式のApple製品ポイント還元率が凄まじい事になっているのをご存知だろうか?

※現在、品切れの製品も多い上に、還元率は頻繁に変わるので早めにチェックしておこう


M1 MacBook AirM1 MacBook ProM1 Mac mini


11インチiPad ProiPad Air無印iPadiPad mini12.9インチiPad Pro


Apple Watch Series 6Apple Watch SE


安く買うコツ

Amazonの偽レビュー商品が軒並み削除?

Twitterでブログ読者さんに教えていただいたのだが、Amazonで偽レビューを投稿していたと見られる業者が軒並み削除されたようだ。

AmazonがAukeyやMpowに続けてRavPowerの製品も削除 – GIGAZINE

RavPowerは読者さんたちの中にも愛用者が多かったので驚いたのだが、やっぱりレビュー買ってたのね。というか、やっぱり格安極悪製品ばっかりだったのね。

もっと早く対応できたと思うのだが、残念。

ただ、これってやりすぎたから消されただけで、細かく見ていけばもっと酷いものはたくさんあると思う。一部の方が中華系の企業はこれだから・・・と憤っているようだが、確かに中華系も酷いとは思うのだが「消費者が本物の製品レビューを知ることができない。」という本質的な部分に関してはAmazon以外でもそうだと思う。

例えば、

Google検索エンジン上は?
各種SNS上は?

いろんな製品がレビューされているが、自分で買って誠心誠意レビューしているようなコンテンツはほとんど見かけなくなってしまった。

他にも、

ブロガーやYoutuberに製品を配りまくっている企業は?
最近流行りの先行レビューという名の商品貸与をしている企業は?

いずれの企業も本物の製品レビューが出てくることを阻害している。そもそも今の時代、ネット上で純度100%のレビューを探し出すことは極めて難しい。私含めて、広告収益の概念が入ってしまうとやはり純度100%を保つことは難しい。

ただし、提供された製品のレビューコンテンツが当たり前みたいに受け入れられているのが不思議で仕方ない。

自分のお金で買う

だからこそ見えてくるものがある

だからこそ伝えられることがある

これが本物のレビュー

という考えがなくなりつつあるのが不思議。

業者がAmazonで偽物のレビューを集めることも、大企業(Apple、SONYなど)がインフルエンサーに大量の製品を配って偽りのレビューをさせることも根本的には私は同じだと思っている。消費者が不利益を被っている。

AppleもSONYも大好きだけどそのやり方自体ははっきり言って好きじゃない。純度の低いレビューでGoogle検索やYoutubeが埋め尽くされてしまう。

今回の件がきっかけでより真っ当なレビューだけがネット上に残ればいいなぁと思う。ちなみに私は愚痴っぽいこと言いつつも、本物のレビューが出てきづらくなっていることへの不利益はあまり被っていない。

なぜなら、当ブログの読者さんたちのレビューをいつも読ませていただいているから。みんなのレビューこそ純度100%の最高のレビューだと思う。

Appleのサポートの質について

先日、以下のようなコメントをいただいだ。

要約すると、

  • 落としたわけでもないのに画面が割れていた
  • Appleに電話すると保証対象外と言われた
  • 今度Apple Storeの実店舗に行ってきます

という感じ。

それに対する私の回答。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

冷たい。
かなり冷たい回答になってしまったのをずっと悔やんでいた。しろくまさんごめんね。

その後、以下のようにジーニアスバーで対応してもらえたようなので一安心なのだが・・・

ただ、私の立場上「ジーニアスバーに持っていくと新品交換してもらえることが多いですよ。」と言うわけにはいかなかった。

不特定多数の方が見るブログやYoutubeで軽はずみにそういう事を言ってしまうと、

「持って行ったのに交換してくれませんでした、なぜですか?」
「ジーニアスバーが近所にない場合はどうすれば交換してもらえますか?」
「保証対象外と言われて交換対象にならなかった!!!」

などのコメントが入ってくることは容易に予想できる。

そのため、経験則で「あ、マニュアルしか回答できないサポートの人に当たっちゃったなぁ。。電話し直すか、ジーニアスバーに行けば交換してもらえる可能性高いと思うけど。」と思っていても、言えなかった。

ただ、1日半くらい考え抜いてみたのだが、せっかくお金をためて購入したのにも関わらずそんな悲しい気持ちになってほしくないという願いのもと、こういう場合の対処策をまとめたいと思った。

例えば、

  • 電話サポートの人は基本的にはマニュアル通りのことしかできない
  • 一旦切ってからかけ直せば違う人と繋がってうまくいくことも
  • ジーニアスバーに行った時の新品交換率はすごい(ブログ読者さんからの報告多数)
  • 近くにジーニアスバーがない場合は電話サポートの人に何度も電話したり、上席の人に変わってもらえないか頼む

この辺りのことは知っておくと良いと思う。
最近、私の元にも「Appleのサポートの質が落ちた。」と言う旨のコメントがちらほら入るのだが、私の体感で言えば「Appleの一番手前のサポートが完全マニュアル性に移行した。」と言う方が正しいと思う。

マニュアル通りの回答しかされないと悲しくなると思うのだが、それが全てではない。根負けせずにきちんと人に相談できるまでAppleへ電話なり、チャットなりするようにしよう。

今日のお告げ「なかなか難しいけれど…」

今日は少し難しい、というかなんだか筆が進まないような内容を書いてみたのだが、特に2つ目のしろくまさんのような方が一人でも減ればいいな、と思って書いてみた。

どうか、みんなApple製品を楽しめますように…