管理人管理人

また、友人から基礎的な質問が飛んできた。しかし・・・最近は友人からの質も員は勉強になるなぁとしみじみ思っている。iPhoneに初めて乗り換えたり、久々に初期設定をすると分からない部分も多々あると思う。今日はそんな中から「Apple ID」について解説しよう。[@appleshinja_com]

「Apple IDってなに?」

先日、iPhoneを購入したばかりの友人からそんな質問が送られてきた。

その質問に私は簡潔に答えた。

「Apple IDとはiPhoneでアプリをダウンロードするために必要なものだ」

厳密にはiPhoneだけではなく、どのApple製品においても必要なものであるが、ここでは便宜上そう伝えることにした。

私は思う。

Apple IDの取得は正式にAppleユーザーになるための第一歩であると。人はApple IDを作って初めてApple信者への第一歩を踏みだせるのだ。

これもすべてApple信者1億人創出計画のためである。

私はApple IDの登録方法と、登録前に知っておくべき5つの重要なポイントを彼に教えた。(かなり詳しく話したので、彼も納得したようだった)

スポンサーリンク

ーこのページに辿り着いたあなたへ〜

「おまえ、変態すぎるだろwww」

と、私は常に友人に笑われている。私のApple製品への愛が異常すぎるからだ。(たまにiPadの角を触りながらニヤニヤしてたりするらしい)

8年のApple信者ライフの末にたどり着いた、「究極の記事」をあなたにもお届けしたいと思う。ぜひ、参考にしてほしい。

共に、変態Apple信者になろうではないか。

【2018年7月更新!!】→iPhoneおすすめアプリ38選はこちら

iPad→おすすめアプリ55選はこちら

Mac→神が作りし5つの神Macアプリはこちら

今だけ3ヶ月無料→Apple Musicのレビューはこちら

【人気記事】→今さら聞けない7つのKindle活用術!読書効果を100倍にするiPad・Macの設定方法

※新規ウインドウで開くのでとりあえずクリックしておいて後日読むという感じでも良いと思う。

Apple IDとは?

Apple IDは「iPhoneアプリの購入」や「iPhoneアプリの無料ダウンロード」を行うために必要なIDである。

これがなければiPhoneに「snow」や「ツムツム」などの人気アプリをダウンロードしてインストールすることはできない。

iPhone自体は Apple IDがなくても使用することができるが機能が限定されてしまう。使用できるアプリがプリインストールされているものに限られてしまうからだ。そのため、iPhoneユーザーには必須のものといっても過言ではない。

そんなApple IDを取得するうえで、まず初めに知らなければいけないことある。それが以下の5つの項目である。

Apple IDについて知らなければいけない5つのこと

  • Apple IDの登録は本名でなくて偽名でもOKなのか?
  • Apple IDは1人で複数持つことができるのか?
  • 登録した名前はあとから変更できるのか?
  • 一度登録したApple IDの変更はできるのか?
  • 使わなくなったApple IDは削除できるのか?

新規iPhoneユーザーの場合、Apple IDについてはこの基本を知っていれば安心だ。

そして、これらのポイントを説明したら、最後に新規登録の方法を紹介する。この順番通りに、基本を知ってから登録をすれば「失敗した」という結果にはならない。それでは、それぞれの注意点を細かく説明していこう。

1、Apple IDの登録は本名でなくて偽名でもOKなのか?

管理人管理人

回答
Apple IDは偽名でも登録できる。かならずしも本名でなくても良い。

登録名を偽名で登録したからといってなんら問題はない。むしろ私は偽名の方がより良いとさえ考える。

なぜなら、iPhoneをパソコンのiTunesに接続してページをひらいた場合、画面に大きく登録名が表示されてしまうからだ。これはプライバシーの問題からあまり好ましい状態とはいえない。

反対に登録名を偽名にすることで困ることはなにもない。クレジットカードや送付先の名前などは別の項目で本名を入力することができる(こちらは画面に表示されない)ので、そういった点も安心してほしい。

2、Apple IDを複数持つことはできる?

管理人管理人

回答
Apple IDは1人で複数持つことが可能だ。そうすることにより様々なIDを使いわけることができる。

Apple IDは1人で複数持つことができる。ただし登録には一点だけルールがある。それは「1つのメールアドレスに対してApple IDは1つしか持てない」というものだ。

そのためApple IDを2つ以上持ちたい場合は、2つ以上のメールアドレスを用意する必要がある。必要なIDぶんのメールアドレスがあるのならば、なんら問題なく1人で複数のApple IDを所持することができるのだ。

3、一度決めたApple IDの表示名は変更できる?

管理人管理人

回答
Apple IDのユーザー名やメールアドレスは変更することが可能だ。

もしあなたがこの記事で紹介している注意点を知らずに本名で登録してしまっていた場合も名前の変更が行える。方法は以下の形だ。

・ホーム画面から「設定」をタップ

・一番上にある「Apple ID」をタップ

・「名前、電話番号、メール」をタップ

・名前の入力欄をタップ

・好きな名前を「姓」と「名」に記入すればOK

これだけで変更ができる。

また、ここで名前を変更してもApple Storeで購入した商品の送付先や領収書の名義に影響は起こらない。そちらは前述の通りに別項目で記載されているため、登録名が変更されたからといっても変更されないので安心してほしい。

もし送付先や領収書の名義の変更したい場合は「設定」→「一番上に表示されているApple ID」→「支払いと配送先」をタップすればOKだ。そこから簡単に変更ができる。

ここでは住所の変更もできるため、引っ越しをした場合などにこの部分を変更することをオススメする。

4、一度決めたApple ID(メールアドレス)は変更できる?

管理人管理人

回答
問題なく変更することができる。

手順は以下の通りだ。

・ホーム画面から「設定」をタップ

・「iTunes StoreとApp Store」を選択

・「現在使用しているApple ID」と「パスワード」を入力

・「サインイン」をタップ

・「Apple ID」をタップしてポップアップから「Apple IDを表示」を選択

・表示されたメールアドレスの部分を編集(新しいアドレスを入力する)

・「終了」をタップ

これでApple IDの変更は完了だ。

またApple IDを変更したあとに「購入するには支払い情報の確認が必要です」という文言が赤い字で表示された場合は、カードのセキュリティコードを入力すればOKだ。

万が一、Apple IDが変更できない場合はどうしたら良いのか?

その場合は以下の2つをチェックしてみてほしい。

  • サインアウトしていないか?
  • iOS以外の端末から操作していないか?

どちらかの場合(あるいは両方の場合)はApple IDが変更できないことがある。そのため、もしあなたがApple IDの変更ができなかった場合は、「iOS端末(iPhoneでOK)を使用」して「サインイン」してから変更することを試していただきたい。

ただしこれらを完璧に行っても変更できない場合がある。

それはIDに登録したメールアドレスの末尾が以下の3つの場合だ。

@icloud.com
@me.com
@mac.com

これらのアドレスは一度登録すると変更することができないので注意が必要だ。あなたが将来的にApple IDを変更するかもしれないと思ったら、初めからこの末尾以外のメールアドレスで登録することを強くオススメする。

5、Apple IDは削除できる?

管理人管理人

回答
Apple IDは削除することができない。ただし、事実上、無効化することは可能だ。

Apple IDは一度作成したら削除することができない。そのため、登録したIDをもう二度と使わない(使えないわけではない)状態にしたい場合は以下の方法をとる必要がある。

・捨てアドを取得する(Yohoo!メールなど無料のものでOK)

・登録してあるApple IDを取得した捨てアドに変更する

こうすることで、事実上、そのIDは無効化されたことになる。
ただしその場合は、Apple IDと紐づけされているクレジットカードなどの登録情報も削除しておく必要がある。

以上の5つのポイントを踏まえて、Apple IDの新規登録をしてみてほしい。やり方は以下の通りだ。

Apple IDの新規作成方法

・ホーム画面から「設定」をタップ

・「iPhoneにサインイン」をタップ

・「Apple IDをお持ちでないか忘れた場合」をタップし「Apple IDを作成」を選択

・「生年月日」を入力し「次へ」をタップ

・「名前」を入力(偽名でOK)

・メールアドレスを入力(アドレスはなんでもOK。ただし今後変更したい場合は「@icloud.com」「@me.com」「@mac.com」以外のものを選ぶこと、また情報メールの購読については任意でOK)

・「パスワード」を入力(英字の大文字、英字の小文字、数字が入ったパスワード)

・「質問」と「質問の答え」を入力

・「生年月日」を入力し「次へ」をタップ

・支払方法(クレジットカードやプリペイドカードの登録)をする(しないでもOK)

これで無事、Apple IDが作成できた。

あとは思う存分、App Storeの上質なアプリをダウンロードして自分がiPhoneユーザーであることを満喫すれば良い。

今日のお告げ

ようこそ、Appleの世界へ!!

AppleIDはこれからiPhoneを使用していくうえで、なくてはならないものだ。そのため基本的なルールや変更方法を知ってから作成することをオススメする。

さあ、恐れることはなにもない。今、この瞬間からApple IDを取得してみよう。

これであなたもApple信者の仲間入りだ。(私の友人のように)