管理人管理人

今回の内容は必読だ。もし、あなたがiPhoneを探すの機能をを完璧に設定し使いこなしている自信がないなら必ず読み進めてほしい。あなたの大切なiPhoneとデータを守るために。[@appleshinja_com]

言わずもがな、iPhoneを落としてしまったら一大事だ。パニック!なんて言葉では言い表せないほどのカオスに陥る。

端末内のデータが紛失してしまうことはもちろん、悪意ある誰かに拾われてしまったら悪用されてしまう危険性もある。

そこで「iPhoneを紛失した場合」に備えてiPhone特有の機能、iPhoneを探すの設定をしておき、そしてiPhoneを落とした時にどういった対処をするべきかというのを事前に頭に叩きこんでおく必要がある。

万が一の場合にもパニックを起こしてしまわないように……

スポンサーリンク
もし、あなたが新型iPhone(2018)を検討中なら・・・

9月12日のイベント後、総文字数2万文字の記事を執筆。2晩でコメント総数160件超!新型iPhoneのすべてがココに!!


【在庫がどんどん無くなってます!】iPhone Xs, Xs Maxの予約はこちら→Apple公式Docomo公式ソフトバンク公式au


どこで買うべき?→最安値はどこ?新型iPhone(2018)の価格を比較【Docomo, au, SoftBank or SIMフリー】


全機種を完全比較→購入は待て!Apple信者が新型iPhone (XR, Xs, Xs Max)を徹底比較


iPhone 8, 8Plusと比較→どっちが買い?iPhone 8, 8 PlusとiPhone XRを完全比較


あなたにオススメの新型iPhoneはコレ→3452人にアドバイスしたApple信者が教える新型iPhone(2018)の選び方

iPhoneの紛失対策は「iCloud」の機能の一部

意外と知られていないことだがiCloudの機能には「iPhoneを探す」というものがある。これは文字通り、iPhoneを落としてしまった場合や、iPhoneをどこかに置き忘れてしまった場合に自分の端末がどこにあるのかを探す機能である。

あぁ、神々しい。

この機能を使えば紛失したiPhoneを探すことが可能である。その使い方を1つずつ解説していこう。

「iPhoneを探す」の使い方は?

使い方の設定を解説する前に、1つお伝えしておきたいことがある。以下の設定は必ず行うべきだ。私はiPhoneを紛失して号泣している人(特に女性に多い)をたくさん見てきた。

どうかあなたはそのような事を避けるためにも、必ず以下のiPhoneを探すの設定は行ってほしい。

必ず必要な設定1「iPhoneを探す」

「iPhoneを探す」の機能を利用するためには、事前にiPhone側で設定をしておく必要がある。

設定を行なっていないと、もし、あなたがiPhoneを紛失した場合、泣き寝入るか遠隔操作でクラウドからデータの全削除をする以外に方法がなくなってしまう。それほどに重要なことである。

設定は以下の通りだ。

・ホーム画面の「設定」をタップ

・最上段にある「ユーザー名」をタップ

・「iCloud」をタップ

・「iPhoneを探す」のスライダーをオンにする

まずは、以下の画面でオンになっているかどうか確認しよう。これがはじめの一歩と言えるだろう。

これでひとまずは安心だ。続いて、ほかに設定しておくべき項目を紹介しよう。

必ず必要な設定2、「最後の位置情報を送信」

「iPhoneを探す」のスライダーをオンにしたら、続いてそのすぐ下にある項目「最後の位置情報を送信」もオンにしておくことをオススメする。

ここも必ず「オン」にする!

紛失後にiPhoneの電源が切れてしまった場合にも安心だ。

「最後の位置情報を送信」をオンにしておけば最後にGPSが電波を拾った場所が特定できる。この情報を頼りに、その場所に足を運べば、紛失したiPhoneを拾うことができる可能性がある、というのは心強い。

iPhoneを善意ある誰かに拾われた場合はそれでいいのだが、もし、あなたが人気のないところでiPhoneを落とした場合、あなたのiPhoneは、一生、誰の目にも触れられないかもしれない。そういった事態を防ぐためにも必ず設定しておこう。

設定がオフのままだと手がかりすらなくなってしまう。結果に雲泥の差がでてしまう。

「iPhoneを探す」「最後の位置情報を送信」の2つの設定さえしていれば、まずは設定については完了だ。

次はもし、あなたがiPhoneを落としてしまった時の対処法方をお伝えしていこう。

「iPhoneを探す」の使い方は?

もし、あなたがiPhoneを落としてしまった場合の「iPhoneを探す」の使い方を解説していこう。その場合は、手元にパソコンがある場合とない場合で使い方が異なる。

〇PCがない場合〇
別のiPhoneからAPP Storeにアクセスして「iPhoneを探す」をDLする

〇PCがある場合〇
PC版の「iCloud」メニューから「iPhoneを探す」をクリックする

※ちなみにiPadには「iPhoneを探す」アプリが入っているのでそちらでも可能だ。

以下の画像はPC版の「iCloud」メニュー。

この画面から紛失したiPhoneを探すことができる。赤枠で囲ったすべてのデバイスという部分をクリックしてみよう。

すると、あなたが所有している全てのApple製品が表示される。あなたが紛失したApple製品をクリックすれば現在の所在地がすぐに表示される。

上記の画面で分かるように機能名としては「iPhoneを探す」となっているが、実際には「Apple製品を探す」になっていると思っても良い。

ゆえに、Apple製品所有者であれば必ず利用すべき機能だと言えるだろう。

私のオススメは、iPhoneを落としたらとりあえず漫画喫茶にでも駆け込んで速攻でデータを守るための遠隔操作をiCloud上から行おう。(iPadを所有しているならiPadのiPhoneを探すアプリを起動させるのが最も早い)

では、以下、実際に落としてしまった場合の対処法方を1つずつお伝えしていこう。

iPhoneを落としてしまった場合にやるべき5つのこと

やるべきことはたった5つ。とはいえ、記憶しておくのは難しいと思うのでこの記事は今すぐブックマークに入れておいてほしい。

もし、iPhoneを落としたらこの記事を参考に、落ち着いて対処して頂ければ幸いだ。

対処1.「紛失モード」をタップ(またはクリック)

ここをタップすれば遠隔操作でiPhoneにロックがかけられる。これをまず行ってほしい。ロックがかかれば悪意ある他人に悪用されずにすむからだ。

対処2.ロック画面にメッセージを表示させる

「紛失モード」でロックをかけたあとは、そのままロック画面にメッセージを表示させることができる。以下の文章を表示させれば拾った人が連絡をくれるかもしれないため、試してみる価値は十分にある。

「私が落としたiPhoneです。〇〇〇に連絡をください」

連絡方法は自分が一番取りやすいものを選択すればOKだ。

ただし「警察に届けておいてください」というのはオススメしない。

私の経験上、警察に届いたからといって、警察からは「あなたのiPhoneが届いていますよ」という連絡はこない。これはスマホだけでなく財布などの場合もおなじである(私の友人は以前、拾得物を届けたときに、実際にそういう説明を受けた)。

このような状況から「落とし主が連絡をしなければいけない」というぶん、手間が増えてしまう。

対処3.実際にiPhoneを探しにいく

この地図の情報から現場へ!

ここまでの手順を踏んだら、PCまたは他の端末に表示されているiPhoneの位置情報をもとに紛失場所に足を運ぼう。電源が切れていなければ、そこにiPhoneがあるはずだ。

対処4.「サウンドを鳴らす」

ここをクリックすることでiPhoneから音がでる

この機能を使えば、遠隔操作で端末から音をだすことができる。もし、あなたのiPhoneがサイレントモードになっていても関係ない。しっかりと音がでて周囲にiPhoneの存在を知らせてくれる。

現場についたら、他の端末からこの操作を行えば、iPhoneのありかがすぐにわかるだろう。

あるいはこの音に気づき、誰かが拾ってくれるというパターンもある。そうすれば手元にiPhoneが返ってくる。

対処5.「iPhoneを消去」

このボタンは最終手段なので注意!

画面にロックをかけ、メッセージを表示させ、サウンドを鳴らしても発見できない場合の最終手段である。

「iPhoneを探す」からこの項目を選び「Apple IDのパスワード」を入力すれば端末内のデータはすべて削除される。さらに画面もロックされたままになるので、今後悪用される心配もない。

この作業をしたら警察に紛失届をだし、契約しているキャリアにも紛失届をすぐにだすようにして頂きたい。iPhoneが返ってくる可能性は極めて低いが、悪用される心配もなくなる。

今日のお告げ

iPhoneを落とさないようにする方法が「自分自身で気をつけること」以外にない以上、万が一に備えて準備をしておく必要がある。

そして、もしその「万が一」が起こってしまった場合は、焦らずにこの通りの手順で行動をしてほしい。あなたとともに時間をすごしたiPhoneがふたたびあなたの手に戻ってくるように。

今回解説したように、iPhoneを紛失した場合、最悪データが全部消えてしまう。その際に、多くの人が涙するのは写真や動画データだろう。

データを守るためにはクラウドサービスの利用は必須だ。どうか以下の記事も合わせて読んでほしい。

「iPhoneを探す」と「クラウドサービスの利用」をきちんと分かって入ればあなたのデータはほぼ100%守ることができる。どうか参考にして頂ければ幸いだ。

2TB契約者の僕が伝えたい「iCloudのプランはどれがオススメ?」

80GBの容量節約に成功!iCloudフォトライブラリの仕組みを完全解説

【保存版】5分で分かる!iCloudのすべてをApple信者が語ってみた

この記事だけ読めば大丈夫!iPhone「Dropbox」完全ガイド【使い方・設定】

【iPhone】DropboxとiCloudオススメはどっち?徹底比較レビュー