管理人管理人

実話。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月30日(月)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

2020年1月8日

朝起きる。

いつも通り、Apple Watchのおやすみモードを解除する。

コーヒーを入れる準備をする。

コーヒーがないことに気付きコンビニまでホットコーヒーを買いに行く。

ホットコーヒーを手に朝日を浴びるのは気持ちがいいなぁ、と思いながら自宅へ。

自宅で大好きな食パンをトースターへ。

食パンが焼けるまでコーヒーをすすりながら13インチMacBook Proを起動させる。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

ファイルマークにはてなが表示されたまま、起動しない。最近、少し調子が悪かったのだが、セーフモードで起動させたところ改善したので、

「今日も大丈夫だろう。」

と、思い食パンを取りに行く。

お気に入りの食パンを頬張りながらMacをセーフモードで起動させる。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

起動しない。

そもそも画面に何も表示されない。

これはヤバい・・・

ややパニックに陥る。

すかさずAppleの公式サイトを見る。

とりあえずこの状態になった場合にはOSの再インストールしないといけないらしい。

データは全てiCloudに保存しているため、再インストールできるなら問題ない。

再インストール画面を待つ。

再インストール画面にストレージが何も表示されない。

この時点ですでにパニックだった。もう、、、ダメかもしれない。

本体のディスク状況を確認する。

本来であれば表示されるはずのSSDのストレージが表示されない。

これは・・・

SSDに問題が発生している可能性が高い。

走馬灯

この時点で私の体はパニックだった。

頭ではなく体がパニック。

体が動かない。

脳はクリアだが体が全く動かない。

トラックパッドに手を置いたまま固まった状態。

脳は動けと指令を出しているが、細胞が反応しない。

もう、自分ではどうしようもない状況なのでApple Storeへ持っていく必要がある。

それはわかっている。

でも、体が動かない。

指が少し震える。

今までにMacBook Proと過ごした日々を思い返す。

走馬灯のように。

ビジネスパートナーに裏切られたこと。

海外で痛烈な洗礼を浴びたこと。

失意の中、ふらっと入ったApple Storeで見た瞬間に感動して、すぐに購入したこと。

開ける瞬間にワクワクしたこと。

初日はベッドの横に置いて寝たこと。

心機一転して、このブログを始めたこと。

5カ国以上を一緒に旅したこと。

いつもどこにでも持っていったこと。

そんな考えが頭を巡りながら、なんとか指を動かし、iPhoneでジーニアスバーを予約する。

運よく当日の予約が取れた。

早く。

早く行かないと。

直りますように。
直りますように。
直りますように。

そう願いながら1時間以上をかけてApple Storeへ向かう。

電車に揺られながら、ほんの少しだけど目がウルウルするのが自分でわかった。

次回予告

頭が真っ白。

ということ以外に当時の心境を思い出すことができない。

もはやパニックを通り越して、無の境地だった。

感情も、記憶も、朦朧としながらApple Storeへ向かった私。

そこで、担当の方に告げられたのは、あまりにも受け入れがたい事実だった。

次回予告「おやすみ」

続き→ぼくとMac Vol.2「おやすみ」