管理人管理人

ちょうど1年くらい前、「iPhoneの2台持ちって何か有効な活用方法はないだろうか?」と考えていた私。企画がそのままになっていたが最近になって新たな活用方法を見出したのでシェアさせていただきたい。すべてのiPhoneを稼働させてこそApple信者。[@appleshinja_com]

Apple製品を購入検討中のあなたへ

Amazon公式のApple製品ポイント還元率が凄まじい事になっているのをご存知だろうか?

※現在、品切れの製品も多い上に、還元率は頻繁に変わるので早めにチェックしておこう


M1 MacBook AirM1 MacBook ProM1 Mac mini


11インチiPad ProiPad Air無印iPadiPad mini12.9インチiPad Pro


Apple Watch Series 6Apple Watch SE


安く買うコツ

はじめに

このシリーズはiPhoneを3台持つことになった私がすべてのiPhoneを稼働させることを目標に進めているもの。第1回と第2回は以下のリンク先から参照してみて欲しい。

iPhone2台持ち部発足Vol1.「大切なiPhoneをもう一度。」

iPhone2台持ち部発足Vol2.「カメラ用。Apple Watch用」

要は、「すべてのiPhoneを稼働させてこそApple信者!」というりんご愛の元、いろんな使い方を模索していこうというシリーズである。

新しい可能性

論より証拠。
こちらの写真を見ていただければ私の今の2台持ち体制が分かると思う。

そう、これが新しいiPhone2台持ちの形。

iPhone SE2にポータブルアンプのFiio Q3を常時接続している。ポータブルアンプについては、有線イヤホン + ポタアン購入計画Vol.最終話「購入。そして、サプライズ。」の記事内でお伝えしているのだが、iPhoneと接続するだけで信じられないくらい音質が向上する魔法の機械。

iPhone SE2

ポータブルアンプ

有線イヤホン

という形で接続している。

iPhone SE2よりも小さい本体ボディなので持ち運びも楽チン。これでiPhone SE2を通じていつでもハイレゾ音源で音楽を楽しめる。

ただし、これだけだとただの音楽プレイヤー。
iPhone SE2にはUQモバイルのSIMカードを差し込んでいるため、外出先でテザリングするための端末としても活用できる。

つまり、iPhone SE2が「音楽プレイヤー + テザリング専用端末」として生まれ変わった。小型だからこそできる素敵な使い回し。

心なしか、iPhone SE2も嬉しそう。

補足レビュー

ポータブルアンプを貼り付けているのはシールではなくポタアン用の粘着テープ?のようなもの。何回か剥がしたりしてみたのだが、綺麗に剥がせそう。

この製品。

透明な粘着テープをiPhone SE2に貼り付ける。

持ち上げても落ちないくらいに強力。

余談ではあるが、iPhone SE2とポタアンを直接重ねていると電波の関係でホワイトノイズが入りやすかったのだが、間に粘着テープが入り込むことによってホワイトノイズも入りづらくなった。

良いことづくめ。

今日のお告げ「すべてのiPhoneを稼働させてこそのApple信者」

私のメインiPhoneはiPhone 12 Proなのだが、iPhone XS MAXとiPhone SE2をサブiPhoneとして稼働させていた。

iPhone XS MAXについてはバッテリー持ちもいいし、小型PCとして両手打ちデバイスとしてたまに外に持ち出していたのだが、iPhone SE2に関しては持ち出す機会も少なく「ごめんね…」という気持ちだった。

今回、ポータブルアンプを手に入れて最初のうちはiPhone 12 Proと接続していたのだが、iPhone 12 Proは外出先で連絡機として稼働させているし、ブラウジングや動画視聴に使うこともある。そのため、別でiPhoneを持ち運ぶことを考えるに至った。

今回、iPhone SE2を「音楽プレイヤー + テザリング専用端末」として再稼働できたのは非常に嬉しく思う。外出先に持ち出してどれだけバッテリーが持つかどうかは今後の検証次第だが、iPhone達とラブラブランデブーな日々を楽しんでいきたい。