管理人管理人

iPadをサブディスプレイ化させるアプリとして有名なアプリ「Duet Display」は有名だが、私は購入をオススメしていない。実際、私は2年ほど使ったが、全くと言っていいほど作業効率化に繋がるとは思えなかった。購入前のあなたの参考になればと思い、今回は私のDuet Displayに対するレビュー記事を書きたいと思う。[@appleshinja_com]

Duet Display

1,800円
(2017.12.04時点)

 iTunes で見る

posted with ポチレバ
スポンサーリンク
もし、あなたがApple製品に興味があるなら・・・    

以下の情報は今すぐチェックしておこう。(100%後悔しない買い物をするために)


平均15%安いApple認定整備済製品!(当ブログ調べ)

8月22日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする

私が今、オススメしている公式整備済製品はこちら


60,801人が読んでいる超人気記事→Apple製品購入完全ガイド


製品別の選び方→Mac(ノート型)の選び方iMacの選び方iPadの選び方


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ

なぜ、Duet Displayはオススメされるのか?

まず、選択肢がそもそも無いことが挙げられるだろう。

私もiPad Proのサブディスプレイ化を考えた時に色々と調べたのだが、Duet Display以外の選択肢はほぼなかった。

他の代用アプリを見つけたとしても、動作がカクカクしすぎて使い物にならなかったりする。

また、ネットでオススメされている別の理由としてアフィリエイト報酬を受け取れるから、というのもあるだろう。

Duet Displayはこの記事を書いている段階では2,400円と高価な部類に入るアプリだ。その分、もらえる報酬額も大きくなる。悲しいことにお金目当てに嘘の記事を書く人が多いのも現状だ。

以上のことから、Duet Displayはネット上ではよくオススメされているものと思われる。しかし・・・私はもはや使っていない。というか必要ないと思っている。

むしろ、使い続けているうちにストレスを感じるアプリとなってしまった。

Duet Displayの5つのデメリット

私が、Duet Displayをオススメしない理由は以下の5つのデメリットからだ。

その1.動作がカクカクする

有線で繋ぐとカクカクしづらい、とよく言われているのだが、それでもやはり動作はカクカクする。

MacBook ProとiPadを配線するという事は、トラックパッドでiPadを操作することになるのだが、まぁ、、その動作がカクカクする。

スムーズではないのだ。

私は自宅ではMacBook ProとモニターをHDMIで利用することも多いのだが、その動作と比べたら明らかに動作がカクカクする。

使い続ける上でストレスを感じる動作をするのは長時間の作業には向いていない。ゆえに私はまず、このデメリットに気付いた時にDuet Displayの利用を中する事を検討し始めた。

その2.配線がめんどくさい

これ。

自称、ミニマリストの私からすればストレスでしかない。配線が多いと美しくない。

iPad Pro、MacBook Pro、iPhone、Apple Watch、モバイルバッテリー、と数多くの有線で充電しているにも関わらずこれに加えてMacBook ProとiPad Proを繋ぐのはカオスを生み出すだけだ。

出先で配線するにしても、わざわざ配線を取り出して繋ぐのも面倒だ。

その3.アプリが途中で落ちる

ぐぉぉぉおぉぉぉおぉぉ!!!!!

と叫びたくなるのがアプリが落ちた時だ。

たまにアプリが落ちてしまうのはどうしても仕方ないのだが、ちょっと重い動作を裏で動かすだけでDuet Displayは落ちてしまう。

その際、ウインドウがMacBook Pro側に移行するのは仕方ないのだが、その後またDuet Displayを起動させ、iPad Pro側にウインドウを移動させるのは時間の無駄としか言いようがない。

その4.クリックが多めに1回必要

あまり知られていない事なのだが、実はDuet Displayを使うことにより必要なクリック数が1つ増える。

例えば、今私はiPad ProでYouTubeで音楽を再生させながら、MacBook Proで記事を書いている。つまりアクティブなウインドウはMacBook Pro側にある。

この場合に、Duet Display側でYouTubeの再生を止める場合はiPad Pro側にカーソルを移動させて、1度クリックをしてiPad Pro側をアクティブにする必要がある。

その後、再生を止めたり、別の動画を再生させる動作が必要になるわけだ。

さらにさらに、その後、MacBook Pro側で記事作成を再開させたい場合はMacBook Pro側にカーソルを戻して1度クリックしてから記事を書き始める必要がある。

私は、、この動作に最後まで慣れなかった。直感的ではないし、何よりも作業効率を落としているような気がしてならなかった。

ゆえに、利用をやめた。

その5.そもそも必要ない

これが大きな理由だ。

私は、2,400円もするDuet Displayを購入したのだから、使わないといけない、、と貧乏性ゆえの利用を続けていたのだが、日に日にそのストレスは募っていった。

その結果、私は膨大な時間を無駄にした。

だが、ある日、Duet Displayを使わずにiPad Proだけで利用をしてみた。その結果、、快適すぎて失禁しそうになった。

そもそも直感的に使えるiPad Proなのだから、有線で繋いで操作をする必要もない。それに、サブディスプレイとして使う方のディスプレイはそこまで操作頻度は多くはないはずだ。

ゆえに、Duet Displayを購入する必要はなかった。

※現在の価格は以下のようになっている

Duet Display

1,800円
(2017.12.04時点)

 iTunes で見る

posted with ポチレバ

スマートキーボードを使うと究極の環境が完成!!!

私の環境は上記のようになっている。

スマートキーボードがあるため、もう一台ノートパソコンを並べているような感覚で利用することが可能になっている。

つまり、MacBook ProとiPad Proを持ち歩くだけで私は最高のディスプレイ環境をいつでもどこでも実現できるわけだ。

ちょっとカフェに行くくらいなら必要はないかもしれないが、出張先や旅行など、数日職場を離れるなら効率の良いサブディスプレイ環境は欲しい人は多いはずだ。

それなら、スマートキーボードを装着したiPad Proがベストな選択だろうと私は思う。

もちろんスマートキーボードがなくてもiPadだけでも、快適な環境は構築できる。ただ、よりベストを求めるならスマートキーボードがあったほうが良いという事だ。

今日のお告げ

AppleはiPad Proをノートパソコンの代替え品として売り出したいようなのだが、私はサブディスプレイとして売り出せばいいのに、、と思っている。

もちろんタブレットとしても万能だし、Apple Pencilの書き心地も最高だ。その上サブディスプレイにもなると慣れば万能性としては最高のデバイスと言えるだろう。

話が少し逸れてしまったが、結論としてはDuet Displayは必要ない。

iPadをスタンドで立てたまま利用するだけでも十分サブディスプレイになる。資金に余裕のある人は、スマートキーボードを購入すればさらに快適な環境が手に入る。

Duet Displayを購入しなくてもiPadはあなたの生活を変えてくれる素晴らしいものなのだ。どうか、ネットの嘘に騙されずにあなたに最適なサブディスプレイ環境を構築して欲しいと強く願う。