管理人管理人

「あなたのiPhoneが直りますように。」「元の状態に戻りますように。」「どうか、またiPhoneを楽しめますように。」そう全力で願いながら当記事を書き上げた。私がiPhoneを完全に直した方法を書き記したのでどうか最後まで読み進めてほしい。直れぇぇぇぇぇ!!![@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


5月29日(金)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年5月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

まず結論「私が改善した方法はこちら」

パニックになっている方も多いと思うのでまずは結論から。Appleへ問い合わせて、指示に従ったところ私のiPhone XS Maxは改善したのでその方法を共有させていただきたい。

その方法とは、

iPhoneをMacへ接続

バックアップを取って工場出荷状態へ戻す

復元せずにiPhoneを再起動

これで改善した。全ての動作が正常に戻った。というかサクサク感が増したとすら思える。感動した。嬉しすぎて泣けた。

上記の操作に詳しい方はご自身で試してみて欲しい。もし、あなたがそれほど詳しくないのであれば、データを守るためにも正しい手順を当記事では1つずつ解説しているので、確認しながら実践していただければ幸いだ。

工場出荷状態へ戻す前に試すべき3つのこと

工場出荷時の状態へ戻す前にあなたにやってみてほしいことが3つある。

  1. アプリのアンインストール、インストール
  2. 設定とコンテンツを全て消去する
  3. 工場出荷状態へ戻して復元せずに再起動

この順番で試した方が良いと個人的には思う。

要は「アプリが原因か?」「一時的な不調なのか?」「バックアップデータ自体に問題があったのか?」という問題の切り分けが必要ということだ。

ちなみに、2番の設定とコンテンツを全て消去しても、その土台であるiOSは初期化や再インストールが行われない。つまり、iOS側に何か問題があった場合は工場出荷時へ戻さないと改善しないということ。

私は1と2を試したにも関わらず改善しなかったので3の工場出荷時の状態へ戻すことを試してみた。戻してみたところ改善したので以下、その方法をお伝えしていきたい。

工場出荷時の状態に戻す方法【完全版】

行うべきことは、

アプリのバックアップを取る

iPhoneを探すをオフへ

アプリのバックアップが取れているか確認する

MacにiPhoneを接続する

工場出荷状態へ戻す

iCloudからのデータを復元せずに起動

任意のアプリを手動でダウンロード・ログイン、Apple Watchのペアリングをやり直す

これらのことを行えば、iOSのバグから解放される可能性がある。私は実際に改善した。それでは上記の操作を1つずつ解説していこう。

0、Appleへチャットで相談する

工場集荷時の状態へ戻す前に…

当記事では、iPhoneを工場出荷状態へ戻す方法をお伝えしているが、iPhoneへ相談するという選択肢もあなたには紹介しておきたい。

【問い合わせ先】
Apple – サポート – 製品の選択

iPhoneを選択

システムパフォーマンスを選択

該当トピックなし

質問内容を打ち込んで送信

チャットを選択

という流れでAppleの公式サポートを受けることができる。

私は個人的にApple製品が高額なのはこういう手厚いサポートがあるからだと思っている。ぜひあなたもAppleの手厚いサポートを体験してみて欲しい。

丁寧すぎて驚くと思う。

では、以下、工場出荷時に戻す方法を解説していこう。

1、アプリごとのバックアップを取る

アプリのバックアップを取る際には以下の2つのことをする必要がある。

  1. Apple純正アプリのバックアップ
  2. 非純正アプリのバックアップ

純正アプリについてはメモ帳やPagesなどが挙げられるが、基本的にはiCloudを経由して自動的に同期されるためおそらくは問題ない。

確実にということであれば、以下のウェブ版のiCloudを確認しよう。ウェブにアップロードされているデータはどのデバイスからでも再び閲覧できるので、バックアップされていることになる。

Web版iCloud

次に、非純正アプリだが、個人的には「ログイン時のIDとパスワード」さえわかっていれば問題ないと思っている。各種アプリ会社はサーバー上に我々のデータを保管してくれているからだ。

ただし、手動でバックアップが必要なものもあるので注意。

多くの人に取って注意が必要なのは「LINE」アプリだと思う。私は「トークバックアップ」「引継ぎ設定をON」の2つを行った上で、工場出荷時のiPhoneへ完全復元することができた。

ログインについてはFacebookで行った。

詳しいLINEのバックアップなどについては以下の記事を要参照。

【最新版】 LINEのアカウントを引き継ぐ方法 : LINE公式ブログ

2、iPhoneを探すをオフへ

「設定」>「ユーザ名」>「探す」をオフへ

公式サイトにもこの操作を行うように書かれているので必ず行うようにしよう。

3、アプリのバックアップが取れているか確認する

当然ではあるが、大切なデータであればあるほど必ずバックアップが取れているか確認しよう。

とは言っても、ほとんどのアプリはiCloudなどを経由してデータを保存してくれているので問題ないとは思う。

私が唯一、バックアップをちゃんと取ったのはLINEだけだった。(逆に言えばLINEだけが圧倒的に不便)

4、MacにiPhone接続

公式ページによるとWindowsのiTunesでも可能なようだ。

私は13インチMacBook Proで行った。

5、工場出荷状態へ戻す

きちんとバックアップが取れているかどうか確認したら工場出荷状態へ戻す操作をしよう。

操作自体はMacで行うのだが、macOSのバージョンにより若干操作が異なる。

macOS Catalina 10.15→Finder
macOS Mojave 10.14 以前→iTunes
Windows→iTunes

出荷時の操作は必ず以下の公式サイトを参考に行うようにしよう。

iPhone、iPad、iPod を工場出荷時の状態に戻す (初期化する) – Apple サポート

私の場合は30分くらいで工場出荷時の状態へ戻った。ちなみにデータが消えないかちょっと震えた。

でも、「新しくiPhoneを買った状態へ戻るだけ」と考えれば特に怖くはない。iPhoneを買った時もiCloudへログインして、ちょっと操作するだけで以前と同じ状態で使えていた経験を思い出せばためらうこともない。

ただし、「お願いします。直りますように。」とiPhoneを撫で撫でしてあげることは重要。

6、iCloudからのデータを復元せずに起動

1年ぶりのHola。

次に、iPhoneをセットアップしていこう。ただし、ここで重要なことがある。iCloudからデータを復元するとまた問題が生じる可能性がある。バックアップデータに何かしらの問題が生じている可能性があるからだ。

セットアップは基本的には画面の指示に従っていくだけでいいのだが、私が行ったセットアップの手順であなたへ共有したいことが2つある。

  1. iPadや旧iPhoneを近くに置いて同期させる操作はやってもいい
  2. iCloudからの復元はせずに新しいiPhoneとして設定を行う

他にAppleデバイスを持っている方は「iPadやiPhoneがある場合は近くへ置いてください。設定します。」というような表示がされたらその表示に従って同期させてOK。私の場合は問題なかった。

その後、以下のような画面が表示されたら、「新しいiPhoneとして設定」というような項目を選択しよう。


(公式サイトの画像には表示されていないが、私がセットアップしているときにはそのような表示があった)

これで新しいiPhoneとしてセットアップ完了だ。

7、うまく動作しなかったアプリを試す

今の状態はiPhoneを購入した直後の状態。

この状態でうまく動作しなかったアプリを操作してみよう。もしくは、動作しなかった操作を試したりしてみよう。

私の場合は断続的にWi-Fi接続が切れる症状があったのでしばらく繋いだままにして様子を見てみたりした。

この状態で問題がなければ、バックアップデータと新OSの互換性的な問題だったことが明らかになる。

もし、この状態で問題が発生すればiPhone本体の問題である可能性が高くなる。Appleへ一度問い合わせてみよう。

8、元の状態へ戻す

最後に、iPhoneを元の状態へと戻していこう。30分〜1時間くらいはかかる。

私が行ったのは、

  • iPhone上に使っていたアプリをダウンロード
  • 各種アプリのログイン
  • アプリの配置をもとに戻す
  • Apple Watchのペアリングをやり直す

ということ。

使っていたアプリの再ダウンロードは以下の項目より可能。

アプリストアのアプリを開く。右上の自分のアイコンをタップしよう。

購入済みを選択すると今までにダウンロードしたアプリの一覧が表示される。

これでiPhoneを以前と同じ状態で使うことができるようになった。

これからもよろしくiPhone!

と優しく撫でてあげよう。

補足:ブログ休止も考えました

余談ではあるが、私はiOS13へアップデートしてから、

  • 純正アプリが落ちまくる
  • 純正アプリがフリーズする
  • Wi-Fiが断続的に切れる
  • ミュージックアプリが起動しない
  • ショートカットアプリが起動しない

などの問題を抱えていた。

もし、この問題が工場出荷時に戻ったiPhoneでも発生するのであれば、本体原因ということにはなる。それは分かる。

ただ、iOS13へアップデートした瞬間にそのような症状になることが考えられるだろうか?

答えはわからないが、そんな不安定なデバイスを私は友人や家族にはおすすめできない。そして、大切な人におすすめできないものを当ブログでは紹介できない。

そのため、改善がなければブログ休止も考えていた。幸いにも直ったがこれからはOSのアップデートにはさらに慎重になろうと思った。

まとめ「慎重に、かつ、出来るだけ早く」

私は数々の問題を抱えたままiPhoneを約1ヶ月続けた。MacとiPadとApple Watchが生活の大部分を占める私にとっては仕事に支障は出なかったけど、やっぱりストレスだった。

恥ずかしながら工場出荷時に戻す操作を今回、初めて行ったので多くの方の参考になればと思い記事にしてみた。

この記事を参考にあなたのiPhoneが元の状態になることを全力で祈っている。どうかあなたのiPhoneも直りますように…