管理人管理人

つい先日、Twitterのフォロワーさんから「新しいmacOSの機能って一部のものはIntel製チップ搭載のMacでは使えないんですね。」という旨のコメントをいただいたので調べてみたところ、いくつかの機能が使用できないということがわかったのでシェアさせていただきたいと思う。[@appleshinja_com]

Apple製品を購入検討中のあなたへ

Amazon公式のApple製品ポイント還元率が凄まじい事になっているのをご存知だろうか?

※現在、品切れの製品も多い上に、還元率は頻繁に変わるので早めにチェックしておこう


M1 MacBook AirM1 MacBook ProM1 Mac mini


11インチiPad ProiPad Air無印iPadiPad mini12.9インチiPad Pro


Apple Watch Series 6Apple Watch SE


安く買うコツ

Intel Macでは使えない4つの機能

この4つの機能。
それほど重要だとは思えないので気にする必要はそれほどないかも。

新機能についてはこちらの公式サイトで必ずチェックしておこう→macOS Monterey Preview – Apple

1、FaceTimeボケ

FaceTimeで話している際に、背景をボカしてくれるポートレートモードの機能。

はっきり言って個人的には必要を感じない。

おっさんを際立たせても意味がない。
逆ならいいよ。
おっさんボカして自慢の家具を引き立ててくれるのであれば。でも、実際はそんなことはない。

と私の主観はさておき、多くの人はFaceTime中のボケ機能ってそれほど重要ではないと思う。

2、ライブテキスト

写真内にある文字を読み取ってそのテキストをコピーしたりすることができるようになる機能。

これぇ!!!
これは多くの人にとって素晴らしい機能になる。

・・・

・・・

・・・

はずだった。

残念ながらこの機能は日本語に非対応。イベント中、私の言葉が一番荒ぶった瞬間でもある。

Apple Pencilで日本語を書いた際にテキストとして認識するスクリブルという機能は1年遅れて日本語対応したのでライブテキストも1年遅れで対応するかもしれない。

3、3Dマップ

観光地などを3D?で見れる機能。
個人的には必要性を感じない。
Googleマップのストリートビューの方が便利。

4、地球儀?マップ

Interactive globeという機能があるのだがよく分からん。
地球儀?を見れる機能のようなのだが使い勝手は今の所謎。

今日のお告げ「別にM1でなくてもいい時期があと1年は続く」

以上、紹介してきたように、M1チップのMacでしか使えない重要機能はほとんどない。そのため焦ってM1 Macに買い換えたりする必要はないと思う。

Apple自体も昨年にAppleシリコン完全移行までは2年くらいかかると言っているので、あと1年くらいはM1 Mac専用の機能というのはそれほど搭載されないだろう。

というわけで、しばらくはスペック上の魅力や、バッテリー持ちの魅力を感じない限りはM1 Macへ買い換える必要はなさそうだ。