管理人管理人

先日、愛機のiPhone XS Maxが壊れてしまった。その際に修理代金について色々と調べてみたので、その時の記録を備忘録的に残しておきたいと思う。愛機が壊れるって辛い…[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


5月29日(金)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年5月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:

もし、あなたがiPhoneが水没してしまって困り果てているのであれば・・・あなたの気持ちが私には分かる。痛いほどに。私も先日、iPhoneが故障してしまって悲しみの底まで落ちた。辛かった。

当記事では、私が1日半調べ続け、さらに民間業者3社に見積もりを出してもらった料金について共有しているのでどうかあなたのiPhone修理の一助にしてみて欲しい。

ちなみに、私のiPhone XS Maxの症状は主に「水没が原因と思われるディスプレイの故障」だった。

症状としては、

  • 電源は入る
  • ディスプレイは真っ暗(電源オンにすると一瞬真っ白にはなる)
  • 音楽再生などはApple Watchから可能

という状態。つまり、ディスプレイに主に原因があると思われる。

詳しい経緯は、さようなら、iPhone XS Max Vol1.「君はもう動かない」にて記載している。コメント欄にはたくさんの解決方法が書かれているのでそちらも要参考。

では、修理料金について以下、私がリサーチした結果を共有していこう。

水没修理の場合

以下、iPhone XS Maxの場合の料金。高額機になればなるほど修理代金も高額になる傾向にある。

・A社
約4万円:ディスプレイ修理・内部洗浄)

・B社
約4万円:ディスプレイ交換

・C社
約55,000円:3ヶ月保証あり
約45,000円:保証なし

・Apple
35,800 円:ディスプレイのみiPhone の画面修理·画面交換 – Apple サポート 公式サイト
64,800 円:ディスプレイ以外にも故障箇所がある場合iPhone 修理 – Apple サポート 公式サイト

上記の価格を比較すると、「民間業者が圧倒的に安いというわけではない。」ということが分かるはずだ。

そのため、まずはApple公式のジーニアスバーか、Apple認定のお店へ相談しに行くのが無難と言える。

注意1:点検費用がかかる

民間業者のうち、2社からは「点検してみて、修理不可と判断した場合でも点検費用はいただきます。」という返答をいただいた。

・A社
点検費用については言及なし
ただし、「修理後も不具合が出る可能性がある。その場合は保証できない。」との注意あり。

・B社
基板のショートなどの場合は修理不可。その場合は点検費用5,000円。

・C社
修理不可と判断した場合でも点検費用は7,700円。

・Apple公式(ジーニアスバー)
店頭でおおよその見積もりを出してくれる。本体交換の場合はその場で対応してくれることも。また、修理センターへ送ったあとも予想以上に料金がかかる場合などは連絡をくれる。

個人的には民間業社の中ではA社が一番良いように感じた。後から壊れた時に苦情を避けるためとも取れるが「ディスプレイ以外が原因の場合はどうしようもないんです。」という意図も汲み取れる。

注意2:メイン基板が原因なら本体交換に

メイン基板が原因の場合は本体交換になるようだ。

民間業者→修理不可。保証なし。もしくは短期間の保証のみ。
Apple→修理可能?おそらく本体交換。(Appleに要確認)

という感じで考えると良いと思う。

民間の修理業者の意向をまとめると、「修理はします。ただし、ディスプレイ以外の部分に問題がある場合は直せません。」という感じ。

Appleの場合は、割とiPhoneの本体交換を行う。推測するに「修理して色々と調べて直すコストよりも本体交換した方が良い。」と判断している気はするが、事実として本体交換はよく行われる。

私もAppleの初期保証内でiPhoneの本体交換をしてもらったことが2度ほどある。

そもそも、メイン基板が壊れてしまって、ディスプレイも映らず、、、となるともはや本体とバッテリーくらいしか残らない。そのバッテリーも水没が原因で何かしらの症状が出る可能性が0とはいえないのであれば、本体交換してしまった方がいいという判断になってもおかしくはない。

私は・・・本体に愛着を持つタイプなので本体交換になってしまったら一気に悲しくなってしまう。お気に入りの革製品を新品のものに変えてもらっても、その愛用していた製品自体の経年変化などは失われてしまう。そんな感覚に陥る。

これだけ抑えておけば大丈夫!

まとめると、以下のことを知っておけば大丈夫ということになる。

  • 民間業者もそれほど安いわけではない
  • ディスプレイ箇所以外の修理は民間業者では厳しい
  • 基本的にはAppleか、Appleサービスプロバイダに相談すべき

ということになると思う。

Apple Storeが近くにない場合でも、

・カメラのキタムラ
・ビックカメラ

の2つにはAppleサービスプロバイダがあることが多いので近くの店舗を確認してみることをおすすめする。

今日のお告げ「結局はどれがいいの?」

私が調べて調べて調べてたどり着いた結論はこう。

Appleにとりあえず相談する

修理費用を見て、修理するか買い換えるかを判断する

というもの。シンプルだけどこれがベストな選択だと思う。

今、この記事を書いている現在は新型コロナウイルスの影響でApple Storeは全店閉店しているため相談はできない状態だが、基本的にはAppleに相談した方が良い。絶対に。(正確には相談可能ではあるが、唯一の頼みであるサポートセンターに一切電話がつながらない状態。パンク状態)

民間業者の場合は料金もそんなに変わらない上に、「修理後に何か起きても保証されない。」というデメリットが存在する。それならAppleに全てを委ねた方が安心だ。

余談ではあるが、私が困り果てて涙を拭いながら一生懸命ネットで調べていても、

  • お勧め業者5選!→業者の広告リンクが並んでいるだけ
  • 正規店では修理するな!→業者が自店舗へ誘導するため

という記事ばっかりが出てきて頭の中のりんご汁が沸騰しそうになった。

ぐぬぬ!

困っている人の足元はみちゃダメ。

この記事で結論が出るかは分からないが、私のリサーチがあなたのお役に立つことを心の底から願っている。繰り返しになるけど、iPhoneが壊れるって本当に辛いので…