管理人管理人

先日、私の大好きなiPhone XS Maxが故障した。地の底まで落ち込んだ。その原因は”お風呂”で使ったことだった。その時の状況と耐水性能について当記事では共有させていただきたい。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月20日(日)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:お風呂で使って壊れました

さようなら、iPhone XS Max Vol1.「君はもう動かない」の記事でも書いたように私のiPhone XS Maxはお風呂へ入った直後へ壊れた。

以前にも2回ほどお風呂へ連れていったこともあり、油断していたのもある。私がアホなのもある。

しかし・・・石鹸が入らないように、水がかからないように細心の注意は払っていたつもりだった。

こちらの図のようにiPhoneは浴槽の端に置いていたので泡が入ったとは考えづらい。

濡れた手で触ったのが原因か、水蒸気が原因か?何が原因かは分からないが少なくとも、私のiPhone XS Maxが壊れたのは事実。

これを読んでいるあなたにはこんな辛い想いはして欲しくない。という願いで当記事を書いている。

ぜひ、周りの人にも「お風呂では絶対に使わないように。」と教えてあげて欲しい。

曖昧な基準?耐水性能とは?

公式サイトには、iPhone 7 以降の防沫・耐水・防塵性能について – Apple サポートにて詳しく解説されている。

その中で、やめてほしい事として、

– iPhone を着用したまま泳ぐまたは入浴する
– iPhone に水圧が強い水や流速が大きい水をかける (たとえば、シャワー、ウォータースキー、ウェイクボード、サーフィン、ジェットスキーなど)
– iPhone をサウナやスチームルームで使う
– iPhone を意図的に水没させる
– 推奨される温度範囲外、または極度に湿度の高い条件下で iPhone を動作させる
– iPhone を落とすなど、衝撃を与える
– iPhone を分解する (ネジを外すなど)

ということが列挙されているのだが・・・ほぼ全てだと思う。

ということは「雨にちょっと濡れる」「汚れたから水で洗い流す」という程度なら大丈夫、ということなのだろうか。

さらに、私が無知故に知らなかったのだが、iPhone修理を行っている民間の業者さんから「耐水性能は徐々に劣化しますので、それが原因の1つかもしれません。」と教えていただいた。

上記ページをよくよく読むと以下のように書かれている。

防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。

「何をすれば壊れるのか?」
「耐水性能はどれくらいのペースで低下していくのか?」

ということは”曖昧”だと言わざるを得ない。

最後に「耐水を過信しないで!」

私がアホだったと言えばそれまで。ただ、失敗を共有することには価値があると思い、記事化させていただいた。

どうか、耐水を過信しないで欲しい。お風呂はもとより、海やプールに持っていくのもやめたほうがいいかもしれない。プールだと塩素が入っているだろうし、海は塩水だし。

真水で常温であれば大丈夫だとは思うのだが、水道で洗うくらいしか私には思い浮かばない。

どうか、耐水を過信して私のような辛い思いをする人がいなくなりますように・・・