管理人管理人

iPhone XSのSIMフリー版が家電量販店で約4万円引きで販売開始!というようなニュースが飛び込んできた。とてつもなく安く感じるが本当にお得なのだろうか?当記事では独自の計算式を用いた上で、最新機種と比較してみた。結果は・・・[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月23日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

セール会場はこちら

ビックカメラやヨドバシカメラなどの大手家電量販店のウェブサイトでセール価格になっているものが確認できる。

色々とチェックしてみたところ、ヨドバシカメラが一番見やすい価格表記だったためそちらを紹介させていただきたい。

【64GB】
ヨドバシ.com – アップル Apple iPhone XS 64GB ゴールド SIMフリー [MTAY2J/A] 通販【全品無料配達】

【256GB】
ヨドバシ.com – アップル Apple iPhone XS 256GB ゴールド SIMフリー [MTE22J/A] 通販【全品無料配達】

とてつもなく安く感じる。

値引き額としては、

64GB→31,600円
256GB→39,280円

となる。

今すぐ衝動買いしてしまいたくなるくらいに安く感じるが・・・ちょっと落ち着いてみよう。

ちょっと待って!本当にお得なの?

ここからは冷静に「本当にお得なのか?」ということを計算していきたいと思う。

そのためには、iPhone XSの実質の寿命を仮定した上で、1年あたりの実質価格を最新機種と比較してみるのが良い。

1年あたりの実質価格の計算式としては、

4年ー(発売経過年数)=実質の寿命

と当ブログでは定義している。つまり、価格に対してこの実質の寿命を割ったものが1年あたりの正味価格となる。(4年という寿命に関してはOSのサポート期間、本体の動作快適度を考慮した年数)

計算式の詳しい算出方法についてはこちらの記事を要参照→【毎月更新中】今買うべきはこのiPhone以外ありえない!全モデル徹底比較

では、一体どれくらいお得になるのか?

最新のiPhoneと比べてみよう。

※家電量販店の価格は税込価格、Apple Storeの公式価格は税別価格表記になっているため、ここではわかりやすくするため、税別の価格に統一してある。

※()内の価格が1年あたりのコスト

・iPhone XS
64GB:68,000円(22,666円)
256GB:77,090円(25,696円)

・iPhone 11
64GB:74,800円(18,700円)
128GB:79,800円(19,950円)
256GB:90,800円(22,700円)

・iPhone 11 Pro
64GB:106,800円(26,700円)
256GB:122,800円(30,700円)
512GB:144,800円(36,200円)

・iPhone 11 Pro Max
64GB:119,800円(29,950円)
256GB:135,800(33,950円)
512GB:157,800円(39,450円)

・iPhone XR
64GB:64,800円(21,600円)
128GB:69,800円(23,266円)

・iPhone 8
64GB:67,800円(33,900円)
256GB:84,800円(42,400円)

・iPhone 8 Plus
64GB:78,800円(39,400円)
256GB:95.800円(47,900円)

結果として、コストパフォーマンスだけでいえば、iPhone 11に次ぐ機種ということになった。

では、iPhone XSではなくiPhone 11を買うべきなのだろうか?

今、一番買うべき機種は・・・

私の独断と偏見も入っているが、Apple信者として最新のApple事情も踏まえて考えると、今、iPhone XSを買うのは十分ありだと思う。

iPhone 11とどちらを買うべきか迷ってしまう人も多いと思うのだが、それぞれ、買うべき人は。

・2020年以降に発売される5G対応iPhoneに興味があり、数年以内に少しでも早く買い替える予定がある人→初期コストの安いiPhone XS
・5G対応iPhoneに今のところ興味はなく、かつ、カメラ機能(ナイトモード、超広角モード)の2つに魅力を感じる→iPhone 11

という感じで両者を分けるべきだと思う。

独断と偏見に満ちまくった結論

と、ここまで冷静に色々と書いてきたが、最後に私の独断と偏見をさらに盛り込んだ結論をお伝えさせていただきたいと思う。

私が強く強くおすすめしたいのは・・・

iPhone XS (SIMフリー版)は無視して、iPhone 11を買うこと。

理由としては、iPhone 11がただただ素晴らしいからに尽きる。細かい違いは色々とあるのだが、大きな理由は「カメラ機能」「バッテリー持ち」が素晴らしすぎるから。

iPhone 11の素晴らしさを箇条書きすると、

  • ナイトモードが素晴らしすぎる
  • 超広角モードは日々を楽しくさせてくれる
  • バッテリー持ちが異常に良い

という感じになる。

そもそも、iPhone 11とiPhone XSの価格差は64GBなら6,800円の価格差しかない。

6,800円は大金ではあるが、夜に綺麗な写真を撮れることを考えれば、これから思い出を積み重ねることができる、とも考えられる。それであれば、6,800円を出してiPhone 11を買う価値は十分にあると思う。

補足:3月末のiPhone SE2について

3月末にはiPhone 8サイズで、iPhone 11のCPUスペックを搭載すると言われているiPhone SE2が約44,000〜約49,000円の価格で販売される可能性が比較的高い。(確定ではないが、リーク情報があまりにも多すぎるため)

もし、iPhone SE2がその価格で発売されたら既存の旧iPhoneは今ほどは売れなくなるだろう。

邪推かもしれないけど、もしかしたら、iPhone SE2の発売が近いので、iPhone XSの在庫を減らすために各家電量販店がセールを開始したのかも・・・?

と考えずにはいられない。

【2020】いつ発売?iPhone SE2 発売日・価格・スペックまとめ

今日のお告げ「私はiPhone XS Maxユーザーだけど…」

私はiPhone XSのディスプレイ巨大化バージョンのiPhone XS Maxユーザーだ。

だからこそ、強く言える。

iPhone 11のナイトモード、超広角モード羨ましすぎぃ!!!

私のiPhone XS Maxもカメラ性能は素晴らしいのだが、やはり夜になると写真撮影ができないと思った方がいいレベルで撮れない。

そのためコンデジやミラーレスカメラを私は普段から持ち歩くことが結構多い。だが、iPhone 11があれば、夜でも綺麗な写真が撮影できる。知り合いたちから送られてくる写真を見ると「いいなぁ。」と思ってしまう。

もちろん、今回のセールでiPhone XSの初期コストの安さに魅力を感じたのであれば、購入はアリだと思う。

iPhone XSの価格に関する話がいつの間にかiPhone 11への羨望トークに変わってしまった気がするが、それくらいiPhone 11はiPhone XSと比較して素晴らしい機種だということ。

ただし、当記事は私の経験から来る独断と偏見に満ち溢れている点はご了承いただければ幸いだ。