管理人管理人

当記事は無印iPad(2018)のレビューをブログ読者さんとTwitterのフォロワーさんから集めさせて頂いたもの。正直で誠実なレビューを数多く集めたので、ぜひ参考にしてみてほしい。これが本物のレビュー!![@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月18日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

序文

忘れてた。

私が一番オススメしている。。

無印iPadのレビュー募集を忘れてたぁぁぁ!!!

新型の無印iPad(10.2インチ??)が発表間近だからこそ。無印iPadでもこれだけ多くのことができるんだよー!ということを1人でも多くの方に伝えていきたいと思っている。

ぜひ!

どうか!!

あなたの無印iPad愛の詰まったレビューを送ってほしい。(いえ、送っていただければ嬉しいです。お願いいたします)

一緒にiPadを楽しもう!!!

はじめに

現在、レビューを募集中です。

500円のAmazonギフト券もお礼に渡しておりますので、ぜひ気軽に投稿してみてください。

ーフォーマットー

基本的にはどんな書き方でも良いのですが、統一した方が伝わりやすい部分もあると思いますので以下の項目だけは書いて頂ければ幸いです。

  • メリット
  • デメリット
  • オススメしたいかどうか
  • プラスα 画像を1枚
  • 総文字数800文字以上

この5つがあれば、どんな文章でも、他の読者さんに伝わるかなぁと思っています。募集要項の詳細は以下をご確認ください。

重要なお知らせ。レビュー投稿のお願いについて。

投稿は私の方で行いますので、以下の連絡先のいずれかにて送信して頂ければ幸いです。

メール。
appleshinja.com アットマーク gmail.com

Twitter。(DMがベターです)
https://twitter.com/appleshinja_com

当記事の完成例はこちら。iPhone XRバージョン→【辛口】iPhone XRのレビューを11名分集めてわかった85のこと

レビュー1「初心者の方は無印からiPad Lifeを!」

メリット

・iPhoneより画面が大きい

いやまぁiPhoneから比べると当たり前のことなんですがやっぱり画面が大きいです。表示できる情報量が明らかに多いのでブラウジング・YouTube・Twitterが楽です。

・思ったより軽い

これはあくまで個人の意見ですが持ち運ぶ際に軽いなぁと感じます。公式によると469gなのでまぁ軽いといえば軽いです。

・疑似ジェスチャー操作ができる

知らない人も結構いますがXシリーズやProシリーズのようにホームボタンを使わずにホームに戻ったりタスクビューを開いたりできます。私は個人的にiPadを使っているときはホームボタンを使いたくないのでこの機能は結構便利です。

・美しい

Apple製品は美しいのですがその中でも初期の形が残り、今にも通ずる美しさを持っているのはiPadのみです。角とかは本当に美しいです。美術館とかに飾られていてもおかしくないくらい美しいです。

デメリット

・バッテリーの減りが早い

決してバッテリーの減りは早くないはずです。早くないはずですけどiPad 純正機能で画面の明るさ調節があります。それが微妙ですぐ光度マックスにしたがります。そうなるとすぐ減ります。ほんとにすぐです。1分以内に1%減るとかザラです。(もしかしたら私だけなのか…?)

逆に光度さえ気にすればバッテリーは持ちます。かといって下げすぎると画面は本当に見えなくなるので丁度いい光度に個々で調整を。

・高音が微妙

iPad のスピーカーは低音がとても響きます。iPad本体が振動するくらいきれいに響きます。でも、高音がスカスカと言うか割れるというかとにかく良くはないです。YouTube視聴程度には構いませんが音楽鑑賞となると厳しいとは思われます。

おすすめしたいかどうか。

おすすめです。特に初心者の方は無印からiPad Lifeを始めると使い勝手もわかっていいと思います。Proは高いですし、miniはMacUser用のようになっていますからね。

レビュー2「Surface Proと比較してみました」

はじめまして。日頃から記事を拝見させて頂いております。

さて、先日の8月18日に無印無印iPad(2018) 128GB(2018)を購入致しましたので、レビューさせて頂きます。

拙いレビューではございますが、よろしくお願い致します。

【前提】

・無印無印iPad(2018)(2018)とApple pencil(第1世代)を所有しております。
・さらにWindowsですが、Surface pro 6(128GB)を所有しております。
・さらにさらに、アクセサリのSurfaceペンも所有しております。
ですので、無印iPad(2018)とSurfaceの「ペン」の違いについてもレビューをさせて頂きます。

【無印iPad(2018)を買った主な理由】

・Apple pencilを使って絵を描きたかったから。
 これはSurface pro 6と比べて、どのようにペンの書き味が違うのか試してみたかったからです
 (実際に買って、使ってみないとわからないと判断致しました)。

・タブレットで電子書籍を読みたかったから。
 普段はスマホで見ているのですが、文字が小さくて読みにくいと感じたからです。

・タブレットでアニメを見たかったから。
 スマホでは小さいと思ったからです。

・貴サイトの影響
 そのままの意味ですが、貴サイトを拝見している内に、
 どうせタブレット買うなら無印iPad(2018)かな?みたいな感じになりました(笑)。

無印iPad(2018)を買ってみた時の第一印象
なんというか機械なのに優しいという印象を受けました。
不思議ですね。

メリット

・スマホと比べて電子書籍を読むのに丁度良い。

スマホでも確かに読めるのですが、原本が大きな雑誌を読む場合は、無印iPad(2018)が丁度良いと思いますし、逆にスマホでは読めたものではないと思います。

・スマホと比べてアニメの迫力が違う

当たり前ですが、画面の大きさが全然違うのでアニメを楽しく見ることができます。

デメリット

・スピーカーが2つしかない
 
音の広がりが感じられないと思います。できるならあと2つ欲しいと思いました。

おすすめしたいかどうか

おすすめしたいです。

特に、貴サイトでも良く書かれていることですが、まだ無印iPad(2018)を持った事がない方におすすめしたいと思います。私も貴サイトを拝見して、最初の無印iPad(2018)は無印無印iPad(2018)(2018)にしました。

本当に素晴らしい製品だと思います。

SurfaceペンとApple Pencilの書き心地を比較

書き味についてはどちらも個性はありますが、同じぐらいだと思います。さて、問題はこの後です。

ペンを買った後のケアについて(←重要)私はこれを見落としておりました。まずはApple Pencilから。Apple社のApple Pencilは良いですね。

充電式だし、ペン先は同じ種類を交換できるし、良いことづくめですね。改善の余地はあるかもしれませんが、少なくとも及第点は超えていると思います。

さて、問題はSurfaceペンの方です。

まずは電池から。

調べて頂ければわかるのですが、Surfaceペンの電池って日本では珍しい電池で「無い」んですよね(笑)。

つまり、そこらへんにあるコンビニや、電化製品屋さんでは簡単に買えないんですよね。

これは失敗したと思いました。確かにamazonを使えば買うことはできますが、常備しておかないと、いざ必要になった時に使えなくなるかもしれないですよね。

これは良くないですね。もし新しいペンを開発するなら充電式にすべきだと思います。

次にペン先について。

これも調べて頂ければわかるのですが、Surfaceペンのペン先って、シャーペンの芯みたいに硬さがそれぞれあるのですが、その別の硬さ3種類がまとめて販売されているんですよね。

普通はシャーペンの芯なら、同じ硬さでまとめて販売しますよね?

BならBだけ、HBならHBだけ、というふうに。

まさか、シャーペンの芯をBとHB、混ぜて販売しないですよね?

とりあえず言えることは、まとめて販売するのは別に構わないのですが、同じ種類のペン先をまとめて販売するのも、合わせてお願いしたいということです。

(種類の違うペン先をまとめて販売するのには、何か理由があるのかもしれませんが、少なくとも私には思いつきませんでした)

【まとめ】

・無印iPad(2018)はコンテンツを消費するのにぴったり
・Apple Pencilの書き味についても問題なし
・「ペン」のケアについてもSurfaceペンよりgood

拙いレビューでしたが、お読み頂きまして、ありがとうございました。

レビュー3「もっと早く買っておけばよかったです」

いつも楽しく拝見しています。

iPad購入前まではiPhone(6S Plus)でブラウジングしたり動画見たりでしたが、もう少し大きい画面で楽しみたいとの思いで購入しました。 iPadを購入してまだ3ヶ月の私ですが、感じた事をレビューします。

メリット

・画面が大きいのは見やすくて良い。

これにつきますね。

椅子に座ってゆったりとブラウジング、Kindleで雑誌を読んだり、YouTube動画を見たり。iPhoneで同じ事をやっていた時と比べて、肩コリも無くなりましたしね。

・連携機能。

以前は旅行の時iPhoneで撮った写真を、家に帰ってから見る時は家族みんなで覗き込んで見ていました。しかし、iPhoneと写真共有出来るiPadではそんな必要も無いですし、大きい画面で楽しめます。

・マルチタスク機能

ブラウジングもしたいし…動画の生配信も見たい。

今までは、TVでYouTube見ながら、iPhoneでブラウジングと目線の移動がかなり面倒でした。今はiPadの画面を2分割で両方を楽しめて満足しています。

デメリット

・強いて言うなら、少し重い。

手に持った状態で、使用するには…と言うぐらいですが。もう少し軽ければ言うことなしです。

・高い価格

¥48,800(128GB)…高い。正直なところ今まで買い渋っていたのはこの価格のせい。何度Appleのサイトで「バッグに追加」を押しては、諦めた事か…。

しかし、うぉずさんのブログでApple認定整備済製品の存在を知り、購入を決めたのが、この私です。

オススメしたいかどうか

買いましょう。

iPadを購入して3ヶ月。使いながら思うのは…「もっと早よ買っとけば良かった…。」

そんな少しの後悔をしながら、毎日仕事から帰ってきたらiPadをさわって楽しんでいます。

拙いレビューですが、購入を検討されている方の気持ちが少しでも前進すれば幸いです。

レビュー4「絵を生業の1つにしています」

うぉずさん、いつもブログを拝見致しております。

当方、絵を生業の1つにしている者です。

早速ですがiPad第6世代のレビューを、絵描き目線でさせていただきます。

【スペック】
iPad第6世代 celluler版 128GB

【購入経緯】
何処でも絵を描けるツールが欲しかった。
新幹線の中やカフェの中で絵が描けると、時間の無駄が減るからです。

ただ、いきなりProを買うのも抵抗感があった。値段がそれなりに張る上に、もし自分に合わなかったら…という恐れがあったのです。

そこでまずは、エントリーモデルで慣れようと考え、第6世代を購入しました。

メリット

その1:こんなに安いモバイル液晶タブレットは有り得ない

とにかくこの一点が飛び抜けております。

どこでも商業レベルで絵を描けるツールが、5万円前後で揃うなんてのは革命的でした。
(※ApplePencil含む)

2017年まで、持ち運び可能な液晶タブレットは高価なモノでした。ペンタブで有名なwacom社のモノでも20万円以上。iPad Proでもそれなりに値が張りました。

しかし、第6世代の登場により状況は一変。ClipstudioやProcreate、一部Adobeソフトが使える。ApplePencilは、過去のスタイラスペンよりも遥かに使える。なのに、5万円前後で揃う。そこに驚きました。

出張等で外で作業する時は、絵のデータをクラウド経由でiPadに保存。そのまま作業を進め、クラウドでデスクトップに戻す、なんてことが可能です。

その2:Microsoft Officeのソフトが無料で使える

10.1インチ以下のタブレットでは、ExcelやWord等は無料版が使える。これ、想像以上に大きいです。知らない人が案外多いポイント。

iPad Pro使っている人にこの事実を告げると、強いショックを受けておりました。

本格的に使い込むのなら有料版がいいのですが…簡単に表を作る、パワーポイントを作るのであればこれで十分。カフェとかでもコツコツと事務作業が出来ます。

その3:バッテリーの保ちが想像以上に良い

イラスト製作系アプリを立ち上げていても、10時間以上使えます。もちろん、環境の安定性次第で使える時間が変わりますが…
一日中使う分には充分でしょう。

動画視聴や電子書籍閲覧だけなら、なおさら余裕があります。

デメリット

とにかくProが欲しくなる。iPad Pro第3世代が欲しくなる。

やっぱりプロモデルと比較すると、エントリーモデルは劣ります。ApplePencil2とPromotionテクノロジー、特殊なディスプレイは優れもの。iPad第6世代とApplePencilの組み合わせとは、描き心地が違います。

あと、最大で128GBしか無いのも地味に痛い。iCloud Driveが無いとすぐに埋まってしまいそうです。

秋の新商品発表次第では、iPad Pro 12.9を購入するつもりです。

オススメしたいかどうか

発売当時だとマストアイテムと言っても過言では無かったですが…

今のラインナップだと、強く勧めにくい。

ちょっと奮発してAir買う方が、コスパが良いように思えます。何故なら、第6世代とAirは発売時期が一年違うからです。

後発のAirの方が、OSの更新でも一年長く使える可能性が高いでしょう。また、miniもあるので、携帯性重視なら第6世代は選択肢に入らないです。

あとは、噂の10.2インチ第7世代がどうなるか。その性能次第かもしれません。

ただ、個人的には買って大満足でした。

スキマ時間の使い方が飛躍的に改善。上記のようにOfficeも使える為、ちょっとした資料作成や事務作業が出来るのが大きい。もちろん、絵の方も電車の中で描く等、何処でも絵を描きたいニーズを満たせました。

この製品をこの世に出したApple、マジ凄いです。

レビュー5「最初に買うタブレットとしておすすめです」

容量は128GB、Apple pencilを併せて購入しました。無くしそうなので、カバーはAmazonでApple pencilを収納できるものを購入。

メリット

・電子書籍が読みやすい
画面がiPhoneより大きいので、電子書籍が読みやすい。iPadを購入してからkindleでの読書率が上がりました。

・すぐに操作できる(PCと比較した場合)
PCだとOFFの状態から電源入れてパスワード入れて、と手間がかかりますが、iPadならTouchID押すだけで準備ができる。
MacBook系とは画面サイズ、持ち運びできるという似通っている点がありますが、この辺が差別化できるかと。

デメリット

・スピーカーが片方しかない
音楽を聴くだけなら特に気になりませんが、動画を見ているとモノラルみたいで気になります。

・Apple pencilの電池残量がわからない
proと違い、第1世代のApple pencilの電池残量がわからず、iPadから充電もできないのでいざ使おうとした時に電池切れということもしばしば。この辺がちょっと面倒に感じます。

オススメしたいか

iPhone所有者が最初に買うタブレットとしてはオススメだと思います。基本的にタブレットでやりたいことはこれで全てできるので、物足りなければiPadProを購入すれば良いと思います。

iPhoneも持っていればwifiのパスワード共有など、いろいろ手間が省けるのでより使いやすくなると思います。MacBook系を持っている人は、上手く役割を分担させれば上手く活用できるかと。

(デスク上、リビングではMacBook、寝室ではiPadなど)

ただし決して安くは無いので、買う前に使い道を考えてから購入した方がいいです。でないと結局ほとんど使わないで無駄になりかねません。

最近は格安SIMのデータのみなら1GB500円〜というのもあるので、外での使用を考えているなら、セルラーモデルにするのも有りだと思います。(契約内容によってはテザリングできるようにするよりもそっちの方が安くなる可能性がある)

レビュー6「ライトな使い方なら絶対にオススメ」

いつも精力的なブログ記事の執筆、お疲れ様です。楽しく拝見させていただいています。

レビューを再び書いてみました

何を書いてるのか分かりにくいかも知れませんし、ヘビーな使い方をできてるわけじゃないのであんまり参考にならないかも知れませんが、よろしくお願い致します。

iPad(2018)を手に入れて1年近くになります。本当に、コスパがよいと感じます。

iPad持ってる人、職場では珍しくありません。若手の同僚は普通にノートがわりに使ってたり、上手に使いこなしてる感じ。若い人たちはPro率が高い気がします。

自分にとっては3代目のiPad。以前はiPad Air(第1世代)、その前はiPad2を使ってましたが、使いこなせていたとは言い難いです。Apple Pencilが使えるようになって可能性の幅が大きく広がったと感じます。

メリット

・たくさんの本や書類が1枚のiPadに収まる
読みたい時に読みたい本が、見たい時に見たい書類が手元にある安心感は何物にも代え難いです。

・Macを立ち上げるほどでないブラウジングなどだと常に起動しているのですぐ使える
ストレスないです。

・Officeが無料でほぼ?全ての機能が使えるのは現行モデルではiPad(2018)のみ
特にPowerPointのデータなど、出先でいじりたくなった時とかに便利です。

・凝ったことをしないのならプロジェクターを使ったプレゼンの時も身軽

・Apple Pencilが使える
ディスプレイがフルラミネーションじゃないのでペン先が筆跡から離れてるのと、リフレッシュレートが遅いので書き味が若干Proより遅延があるのが初めは分かります。が、1年使うと慣れました。そのためにProにしようとは、今は思いません。

・動画を撮ってすぐに誰かに見せたい時、iPadだと画面が大きいので見やすくてとっても便利でした。

・写真を撮って説明をつけてWebにアップするとか、そういう使い方をする時もiPadは便利でした(外付けキーボードとしてHHKBを使用)。

デメリット

・スピーカーが2つなのがちょっと
最近、動画を見ることが増えたのですが、AirPodsをいつも付けてると疲れるので外して聞こうとすると・・・最近気になりはじめました。

・正直言うと、手書きのよさも感じてる人間なので、ノートとしてはまだ使いこなせてないと感じています。手書きで元々A5版のノートを使ってる人だと、このサイズのiPadをノートがわりにしてもしっくりくると思います(画面サイズはA5の縦を1.3cmほどカットしたサイズ)が、B5版がメインだった自分には、少し小さいんです。

画像を貼って、その横にメモを書いたりしたいので。ノートがわりにするには、12.6インチiPad Proがよさそうですが、携帯性とのトレードオフになりますね。あと、上に書いたApple Pencilの違和感がひょっとしたら原因にあるかも知れないなとちょっとだけ思います(ブレてる笑)。

・Apple Pencilで書きながらPowerPointの画面をプロジェクターに映してプレゼンしたことがあるのですが、この状況だとペンの遅延がひどくて使い物になりませんでした。ただ、これをProでやってうまくいく保証もないように思います。

オススメする?

・自分のようなライトな使い方なら絶対にオススメです。

・自分にとってはOfficeが無料で使えることだけ考えても9.7インチのこのモデルの優位性が保たれています。

・財力があるならProを買ってもいいかも知れません。Proのメリットは確実にあると思います。

・iPhone持って、何種類かあるiPadの中で1つだけ持つなら、miniではなくて9.7インチ以上のサイズのものかなと個人的には思っています。

※追記
画像や動画編集などはiPadでは行わないので、その辺のことは分かりません。

レビュー7「初代iPad Airからの買い替え」

私が初めて手にしたApple製品である初代iPad Airがモッサリしてたので、迷わずiPad(2018)が発売されてすぐApple Pencilと共に購入しました。

メリット

●サイズ

写真や動画を観るのは、やっぱりiPhoneよりもiPad!自分だけでなく家族や友人に見せる時でも、とても観やすいので便利です。

あとネットで調べ物をする時も、ちょっとしたことならiPhoneで十分ですが「Smooz」を使って色んなサイトを見る時は、iPadのほうが疲れにくいです。

ゲームも目が疲れにくいので、iPhoneではなくiPadのほうが楽しめます。私はよくSplit Viewで勉強していますが、小さ過ぎず見やすいです。そして持ち運びもあまり苦にならない、ちょうど良いサイズだと思います。

●Apple Pencilが使える
私は文字を書いたり絵を描くことはないのですが、勉強する時にPDFに線を引くのが便利になりました。
(アプリはGoodNotes 5を使用)

あと写真を加工する時に指だと細かい作業が難しいですが、Apple Pencilなら細かいところもキレイにできます。

●バッテリー
使い方にもよりますが、私は週一ぐらいのペースで充電しています。
私はiPadしか使ったことがないので知らなかったのですが、友人や家族の話によると「iPadは他社のタブレットよりバッテリーの減りが格段に遅い」と言っていました。

●価格
これだけ色んなことができるタブレットが約5万円なのは安いと思います。
整備済製品なら約4万円!
♪───O(≧∇≦)O────♪
最強です。

デメリット

●スピーカー
動画を観るのに便利なiPadですが、音が一方向からなのは…(ー ー;)

●Touch ID
個人的にFace IDよりも好きなので、ほんとは「メリット」なのですが…

私の場合、冬限定で「デメリット」になります。手が荒れているからか、冬場は全然ロック解除できません(TT)荒れた手で指紋を登録し直しても無理。

去年まで使用していたiPhone 7 PlusのTouch IDは年中普通に使えていたので、なぜこのiPadだけ冬場はロック解除できなくなるのか不思議です。

オススメしたいかどうか

iPadを購入したことがない方、今使っているiPadの動きが鈍くなってストレスを感じている方、iPhoneユーザーの方、出費を抑えたいけどタブレットが欲しいと思っている方には特にオススメだと思います!

私は発売後すぐ自分用に購入、整備済製品が出てから母用と友人用にも購入して、とても喜ばれました。「こんなに便利なら、もっと早く欲しかったー!」だそうです(笑)

ちなみに写真の右側(スペースグレイ)は私のiPad、左側(ゴールド)は母のiPadで、母はこのゴールドのカラーがとても気に入っています。

そしてAndroidのスマホを使っている友人は「スマホの調子が悪くなったら、次は絶対iPhoneにする」と言っています。

iPhoneを持っていない人がiPadを持つと、iPhoneが欲しくなるようですね。私は、このiPadで動画編集をしていてMacが欲しくなり、MacBook Pro(2018)15インチを購入しました…。他のApple製品が欲しくなる可能性があるので、要注意です(笑)

レビュー8「半年使ってみてわかったこと」

無印iPad(WiFiモデル)。購入半年のユーザーのレビューです。

メリット

・iPhoneを使わなくなる
3年前に買ったSEでまったく問題なし。こちらのサイトで推しているiPad+安iPhoneという組み合わせで間違いありません。

・Apple Musicの検索
iPhoneより断然検索しやすいしジャケットの確認もしやすい。ちなみにクラシックのマイナーな作品の検索を仕事で頻繁にしています。iPadで検索し、ちょっとだけ再生しておいて、iPhoneで再生履歴から再生、というのが個人的には超便利です。iPhoneに再生を任せるのはApple Watchと連携しているから。もちろんイヤホンはAirPodsです。

・DAZNで野球多元中継
テレビとiPadで2試合同時に見れます。テレビ(Apple TV接続済)がメイン、iPadがサブ。iPadの画面の大きさが丁度いいのです。またDAZNは小窓再生が出来るので、仕事しながら試合の行方も追えてしまいます。

・NoteShelf 2 で紙メディア卒業
こちらのサイトで教わった画期的なノートアプリにより、手帳やノートを完全に電子化できました。Apple Pencilがとても心地いい。もう紙には戻らないでしょう。

・ファイルが使える
WebページをPDFで保存したり、Pagesで作成した書類をMacBookと同期したり、期待してなかったけど凄く使えます。仕事で助かってます。

・モレスキンのカバー
個人的には使い心地、高級感という点でモレスキン以外には考えられません。もともとモレスキンの紙の手帳を愛用していたので、なんだか嬉しいですね。

デメリット

・特になし

おすすめしたいかどうか

・超おすすめ

自分もそうでしたが、こういう記事を読むこと自体、iPadが気になっている証拠。気になっているなら無印iPadは破格の安さといえるモノなので買って損はないと言い切れます。

レビュー9「場合によってはiPad Air (2019)かiPad mini 5(2019)がおすすめです」

うぉずさんこんにちは。いつも楽しくブログを見させていただいてます。

無印iPad(2018)のレビューを投稿させていただきたく思います。128gb版を使用しています。

ApplePencilを使用して論文を読むデバイスとして使用しているので、その機能を中心にレビューさせていただきます。

メリット

・最も安価でApple pencilが使えるiPad

多くの方がそうだと思いますが、私もこのiPadを購入すると共にApple Pencilとカバーを購入しました。
Apple Pencilは私がiPadを購入するきっかけとなったとてもよいデバイスで、これが使えると使えないでは天地の差があります。

2017年のiPadも安いのですが、pencilが使えないという時点で私の購入候補からは外れました。なぜpencilが重要なのか、次のメリットで説明します。

・Apple Pencilをつかって遂行できるペーパーレス化

私は論文をよく読むので、PDF編集アプリであるGoodnote5をよく使って、Apple Pencilでメモを記入しています。

いままでは論文をプリントアウトして直接記入していたのですが、iPad(2018)を買ってからはプリントする機会が大分減り、書類の整頓が簡単になりました。

また、pdfファイルは拡張出来るので、細かいメモを書き込むことや、プリントでは見えづらい小さい文字も拡大して見ることが出来ます。

私としては、この二つのメリットだけでiPadを購入するのに十分でした。

デメリット

・クラウドサービスの無料で使える容量が限定されている

論文をGoodnoteで読み取る場合、ICloudなどのクラウドサービスにパソコンからまずアップロードする必要があるのですが、

元々使える容量が数Gbしかないため、使い方によっては容量をアップグレードしないといけないかもしれません。

・チップがA10 Fusion

ここは以外と重要なポイントなのですが、無印iPad(2018)はA10 Fusionで, IPhone7と同じです。つまり、iOSのサポートがいつまで続くのか不明で、早ければ来年・再来年で打ち切られる可能性が高いです。

発売された当初の2018年であれば、3-4年は使えるという感じですが、今からでは2年程しかiOSがサポートされないかもしれません。

おすすめしたいかどうか

私は無印iPad(2018)を愛用していますが、今から買うのでしたらiPad Air (2019)かiPad mini 5(2019)を残念ながらおすすめします。

なぜなら、これらはA12チップというIPhone XS等と同じ物を使用しています。それだけで、iOSのサポート期間が無印iPad(2018)の2-3年は長く見込まれます。

iOSのサポート期間が終わると、iPadで出来ることが段々と減っていってしまいます。

無印iPad(2018)が安いと言っても3万円はするので、もう1,2万を追加投資して上記二種を検討することを私としてはおすすめします。

ですが、もし純粋に私のようにPDFリーダーとして使用するのが目的であれば、無印iPad(2018)はとてもよいデバイスであることを重ねて主張させていただきます。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

最後に:ただ楽しみたいだけ by管理人

私はたくさんのレビューを集めたい。

それは、読者さんのためになる。というのも理由の1つではあるが・・・

何よりも私が皆さんのレビューを見たい。いろんな人の意見が聞きたい。ただ、それだけ。

もし、あなたが無印iPad(2018)を持っているのであれば、ぜひ、レビューを投稿してみてほしい。いや、お願いします。本当に楽しみにしています。どうかよろしくお願い申し上げますm( )m

みんなのレビューを見ながらみんなでワイワイするの楽しそうだなぁ〜!とワクワクしている。

一緒にAppleを楽しもう!!!

レビューの投稿はこちら。

メール。
appleshinja.com@gmail.com

Twitter。(DMがベターです)
https://twitter.com/appleshinja_com